ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 

『二枚舌は極楽へ行く』蒼井上鷹

4575007544
二枚舌は極楽へ行く
蒼井上鷹/双葉社
妻を事故で亡くした夫が、事故前夜一緒だった友人達の一人に妻の死の原因があると独り合点。謎の飲み物を飲ませて自白を強要する『野菜ジュースにソースを二滴』など、蒼井流コージー・ミステリー12編。

デビュー作『九杯目には早すぎる』が気に入ってすぐに積読の山を崩し読み始めた。こういうときああ買っておいて良かった〜としみじみ思うのである。積んでおくのも悪くはないな(笑)

『九杯目には早すぎる』はブラックユーモアが洒落ていた作品だった。決して読後感は爽やかではないのだけど、その黒い笑いというものには不思議と魅力を感じる。特に捻りの効いた着地点が容易に想像出来ないような、出来ないどころかそんなの自分の頭の中にミジンコほどもなかったよ!なんて驚嘆させられ妙にはまる。
で、この『二枚舌は極楽へ行く』である。これがまた秀逸だったのである。前作とは一味違う味わいを楽しめて大絶賛のうちに読み終えたんである。
今回はシニカルな彩りを持ち、より本格化している。ミステリ色が色濃くかなり堪能できるはず。本格化といっても短編集ということもあり、そこに仕掛けられるものは大掛かりではないし、派手な演出もないけれども、そこここに散りばめられた伏線や繋がり、それを発見したときのほくそ笑み、いやいや油断はならぬぞとまた気を引き締め読み進み、最後で驚きと仕掛けを用意してくれていることに「やっぱり見抜けなかったかぁ」と悔しいながらも上質な作品に心底堪能している自分がいる。

短編全12編という豪華さ。ちょこちょこおつまみのようにつまんで読むには最適、なんて思いながら読み始めるもかなりの吸引力で引き込まれ、あれよという間に一気読みしてしまった。『九杯目には早すぎる』から読んでいればにんまりすること間違いなしのさり気ない演出も嬉しい。
それぞれ楽しめたのだけれども中でもお気に入りは、「野菜ジュースにソースを二滴」「待つ男」「ラスト・セッション」「懐かしい思い出」。「野菜ジュースにソースを二滴」は蒼井さん持ち味の"情けない男の滑稽さ"や、やがてじわじわくる何とも言い難い暗い感じが前作と引き続いて楽しめる。「待つ男」は謎がどう明かされるのかドキドキ。その謎が明かされたときの、そしてさらに待っていた仕掛けが素敵でかなりのお気に入り。「ラスト・セッション」はシリアスに仕立てられ、最大の謎が明かされていく展開はすごい。予想していなかったレベルの高さに感嘆のため息さえ漏らしてしまった。「懐かしい思い出」はショートストーリーなのだけどものすごく好みな作風。この居心地の悪さがたまらない。そして表題作の「二枚舌は極楽へ行く」もそのタイトルの意味を知った時の薄気味悪さに少し背筋をゾッとさせ、その結末に情けなさと哀れさを感じる。

用意されている驚き(時に驚嘆に変わる)や仕掛けは決して派手ではないけれど、そこに至るまでの物語の流れが絶妙で充分に満足して読み終えるのである。うんうん、良いよこれは。こちらも是非是非ご堪能あれ〜。

読了日:2007年1月7日

関連記事:『九杯目には早すぎる』感想(2007/1/6)


思った以上に面白かったです。久しぶりのミステリがこの作品で幸せでした。この作風はかなり好みです♪
『九杯目には早すぎる』『二枚舌は極楽へ行く』どちらから読んでも大丈夫とは思いますが、これから読む方は『九杯目には早すぎる』から読まれるといいかな〜と思います。楽しみも倍増するかと思いますので。
この2作を読んだだけでもいろんな引き出しを持った作家さんということが分かったので、これからが本当に楽しみです。
かりさ | 著者別あ行(蒼井上鷹) | comments(8) | trackbacks(7) | 

『九杯目には早すぎる』蒼井上鷹

457500748X
九杯目には早すぎる
蒼井上鷹/双葉社
休日に上司と遭遇、無理やりに酒を付き合わされていたら、上司にも自分にもまるで予期せぬ事態が―第26回小説推理新人賞受賞作『キリング・タイム』を始め、第58回日本推理作家協会賞・短編部門の候補作に選ばれた『大松鮨の奇妙な客』など、ユーモラスな空気の中でミステリーの醍醐味を味わえる作品の数々。小気味のよい短編集をご堪能あれ。

やや、ややや!これは久々の大ヒットなのではないか?ここ最近ミステリからすこーし遠ざかっていた私。今年初めのミステリは初挑戦の作家さんにしようと、蒼井上鷹さんのデビュー作『九杯目には早すぎる』を選んでいたのであった。これがまぁ何と言うのだろう痛快とはかなり程遠い読み終えてしこりが残る、あるいは黒い染みがじわじわと広がりゆく、そうしてほくそ笑む自分がいることにさらにほくそ笑むというような読後感。簡単に言ってしまうと黒い笑い、つまりブラックユーモア。そうそう!ブラックユーモアの混じった小気味良いミステリに仕上がっているのだ。
短編に差し挟まれたショートストーリーがこれまた秀逸でさらにさらにブラックに仕立てられている。

短編「大松鮨の奇妙な客」「私はこうしてデビューした」「タン・バタン!」「見えない線」「キリング・タイム」、ショートストーリー「においます?」「清潔で明るい食卓」「最後のメッセージ」「九杯目には早すぎる」それぞれ5編ずつ収録されており、それぞれが奇妙に捻ったラストを用意している。読み始めると妙にはまってしまう。それぞれに登場する普通の人々が暗い闇に巻き込まれるさまが可笑しくも悲しく描かれており、その妙さ加減にはまってしまえば後はノンストップで楽しめること間違いなしの面白さなのだ。
特に最初の「大松鮨の奇妙な客」が私にとっては秀逸。ここではミステリにありがちな結末を思い描いていたら必ず「きょとん」となってしまう。そのどんでん返しのさらにどん返し(「どん」だけど「でん」までいかない半端な妙な着地。なんだそりゃ?ですよね?でも読んだらきっと分かってもらえるはず)が待っていてその驚きと居心地悪さがこれまた面白くて、私はもうここでかなりの満足を得てしまったのだ。で、「私はこうしてデビューした」である。順調に読んでいて「んん?」となり「あれ?」となって「なんと!そうだったのか!」んで「ははぁん、なぁるほどねぇ」となるのである。読んだら分かる、ええ。ここまで読んで作者のカラーが見えてくる。そうかこういう描き方をするのか。そうなると一筋縄ではきっといかないであろうとどこでどう捻ってくるのかわくわくしてくる。そして最後の「キリング・タイム」でこれまた見事ブラックに締めてくれるのだ。
短編では「大松鮨の奇妙な客」「キリング・タイム」、ショートストーリーでは「清潔で明るい食卓」「九杯目には早すぎる」がお気に入り。

誰しもが内側に潜めている点のようにポツリとある小さな悪意を上手く描き、そこにユーモアさをスパイスさせた軽快な作風。各短編の最後に記されている参考作品も興味深い。そこからさらにミステリへの扉が開かれる楽しさも味わえる秀逸な短編集。いやいやなかなかの味わいですぞ。是非ご堪能あれ。

読了日:2007年1月5日


Web文芸総合誌「文華」別館にて蒼井上鷹さんのデビュー前のショートストーリー作品集が紹介されています。今回ショートストーリーがお気に入りだったこともあってこちらも充分楽しめそうです。これからゆっくり読んでみようと思っています♪
かりさ | 著者別あ行(蒼井上鷹) | comments(10) | trackbacks(3) |