ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 

『晩夏に捧ぐ<成風堂書店事件メモ・出張編>』大崎梢

4488017304
晩夏に捧ぐ<成風堂書店事件メモ・出張編>
大崎梢/東京創元社
友人からの手紙で、地方の老舗書店の幽霊騒動を探りに出かけた杏子と多絵。そこで待ちかまえていたのは、四半世紀ほど前に弟子の手で殺されたという老大作家の死に纏わる謎であった…!

元書店員さんが書くミステリということで話題になった前作『配達あかずきん』。短編ひとつひとつ書店や本にまつわるミステリが盛り込まれてあり、そこには本に対する愛が溢れていてミステリ好きだけでなく、本好き、書店好きの読者までも惹きつけた。少々主人公と性格が合わなかったけれど(笑)とても素敵なミステリだった。
待っていた第2作目は長編。さて一体どんな事件が待ち受けているのか、とわくわくしていたら何やらオカルトちっくな事件らしい。老舗書店に幽霊、しかもその幽霊は27年前の殺人事件と関係しているのではないかと言うからますます面白そう。

今回もバイトの多絵ちゃんの推理が大活躍。冒頭の謎からもう惚れ惚れする探偵ぶりを見せてくれる(この冒頭が実はちゃんと作中に活きている。なかなか天晴れな演出なのである)。そう、今回彼女は探偵として信州の老舗書店で起きている幽霊騒ぎを解決しにいくのである。でも相手は幽霊である。しかも27年前の殺人事件が絡んでいるらしい。果たして多絵ちゃんに幽霊の正体を暴けるのか。
トリック云々はこの作風からはどうこう言うつもりはなく、ただどう解決に導いてくれるのかな、とそれを注目して読み進んでいた。途中杏子と多絵コンビのドタバタにちょこっとイライラしながらも(でも前作ほどイラつきを感じなかったのは慣れてしまったからなのか)、著者が紡ぐ文章の美しさを楽しんだ。大崎さん、前作の短編では描く機会のなかったであろう自然の描写がとても上手いのだ。そしてこれはもう本領発揮か老舗書店まるう堂の描写はうっとり惚れ惚れ。とにかくこのまるう堂が素敵。きっと実際にあったら通いつめてしまうであろう。「生きた棚」が「話しかけて」くれば耳をすませきっとそれに答えるだろう。どんなにか素敵な空間であろうか。それこそ何時間でも過ごしてしまいそうだ。だからこそ杏子の気持ちが痛いほど分かる。この時ばかりは杏子の気持ちに共感するのだ(前作の感想で杏子とは根本的に合わないなどと書いたんで…)。幽霊騒ぎで心穏やかでない店主の気持ちが見えてしまうからまた心が痛い。

事件の背景にある人間の闇が色濃く彩られていて、それが濃ければ濃いほど哀しさも増す。ミステリを読みなれた読者ならば何となく未消化な終え方かもしれないが(実際そう思えたが)、ここに流れる哀しみの温度が上昇もせず下降もせずそのまんまを保っていたのが逆に好感を持てた。特にラストの1行は素晴らしい。その余韻にしばし浸った。
次回3作は連作短編集になるそう。また書店にまつわる謎が楽しめるかな。

読了日:2007年1月10日

関連記事:『配達あかずきん』感想(2006/7/31)


前作が連作短編集で今回長編に挑んだということで楽しみにしていました。杏子と多絵のコンビが成風堂を飛び出して信州へ〜。そこで待っている事件は何やら暗い暗い闇を抱えていてその深さは底なしのよう。解決したはずの事件、そこに何があるのか。
オカルトちっくな出だし、そこにまつわる背景、とても良く描けていたと思います。元々こういう雰囲気のものが好きな私にとっては満足のいくものでした。ミステリというとついいろいろと求めがちですが、それを全て配しているから満足なのかといえばそうでもない。そこは読者によって感じ方も受け止め方も違うので難しいものですが、少なくても私は好きです。
そしてどれだけ大崎さんが本を書店を愛しているか、その深さが読んでいると手に取るようにわかります。それはもう愛おしいという感情なのでしょう。だからこそ読み手は大崎さんの書店ミステリに惹きつけられるのかもしれません。
…ただやっぱり杏子さんとは合わないな、と実感してしまいました。今回は共感はしたけれど「んん?」と引っかかる部分があまりにも多くて。でも多絵ちゃんがいるから我慢できたかな(笑)多絵ちゃんの不器用さ加減は可愛かったです。
さて、次作はいつお目見えするかな。楽しみに待つことにしましょう。
かりさ | 著者別あ行(大崎梢) | comments(8) | trackbacks(8) | 

『配達あかずきん』大崎梢

4488017266
配達あかずきん
大崎梢/東京創元社
「いいよんさんわん」―近所に住む老人に頼まれたという謎の探求書リスト。コミック『あさきゆめみし』を購入後、失踪した母の行方を探しに来た女性。配達したばかりの雑誌に挟まれていた盗撮写真…。駅ビル内の書店・成風堂を舞台に、しっかり者の書店員・杏子と、勘の良いアルバイト店員・多絵のコンビが、さまざまな謎に取り組んでいく。初の本格書店ミステリ、第一弾。

元書店員さんが書かれたと言う、ほぼ初の書店ミステリ。ありそうでなかった書店で起こるミステリを描いている。うん、なかなか面白かった。書店員さんならではの視点で描かれたミステリは新鮮であった。まず表紙が大変凝っていて面白い。良く見るとミステリ・フロンティアシリーズの表紙たちなのだが…んん?あれ?ふむふむ…へぇ〜となる(なんじゃそりゃ)。それはぜひ手にとってみてご確認を。

「パンダは囁く」「標野にて 君が袖振る」「配達あかずきん」「六冊目のメッセージ」「ディスプレイ・リプレイ」5編の連作短編集。
駅ビル内にある書店「成風堂」を舞台にした書店ミステリ。書店員の杏子とアルバイト店員の多絵、このコンビが書店で起こる謎や事件を解決していく。日常系ミステリの書店版といった感じ。大掛かりなトリックがあるわけではないが、書店で起こる事件がなかなかに興味深い。特に「パンダは囁く」はスリリング。これを解いた多絵ちゃんはすごい!ここから彼女の名探偵ぶりが発揮されていくのである。読み始めるとパンダの正体はすぐに分かるはず。特に本好き、文庫好きならば。そうそうあのパンダよ〜。そして老人から頼まれたという謎の探求書リスト。ここから明らかにされていく本のタイトルが…いやいやドキドキさせられる。それにしても書店員さんは大変である。こんな謎解きを日々こなしているかと思うとつくづく大変なお仕事だな、と思ってしまう。逆にこれを楽しんでいる店員さんもいるかな。
一番好きなのは「六冊目のメッセージ」。人にオススメ本を選ぶ時はうんうんと悩みながらもどこか楽しかったりする。が、お見舞い用の本となるとこれが意外に難しい。相手の今の状況、精神的なものまで考慮せねばならないから。それを考えるとここに登場する選択は実に上手い。写真集から入るのはいいよね〜。そして数冊目から自分の好みが入ってしまうのはご愛嬌。相手も自分も楽しめるオススメ本の選択。難しいながらも楽しい作業である。そしてあのラスト。ああ!いいじゃないか、こういうの。羨ましいぞー。
「標野にて 君が袖振る」に登場する"あさきゆめみし"は懐かしい。えっと私が中学生くらいだったかな?小学校高学年〜中学生の頃だと思うが、それはそれは好きな漫画でどっぷりこの絵巻に浸かっていた。恥ずかしい話し、友達ともどきの創作までしていた。私が文章を書き、イラストの得意な友達がそれに絵を添えていく。そこから古典に興味を持ち、「源氏物語」「枕草子」「古事記」など古典ものを買ったこともある。函入りの立派なものを選んだためおこずかいが足りず、親から足りない分を出してもらったりした(うちの親、本代は惜しまず出してくれた。これらはまだ実家にあるはず)。古典だから読みづらいもののそこは好きなものだから訳を見ながら読み進んだ。何という地味な少女時代だろうか(笑)だがこれが良かったのか高校の古典は好成績。地道な作業がこんなところで発揮されるとは。いやいや〜暗いなー引くよねぇ。とは言っても別に詳しいわけではないし、今じゃすっかり忘れている。…そんなことを思い出しつつ、ちょっと切ないこのお話しに感情移入してしまったようである。
ひとつひとつの短編に対して感想を書いてくと上記のように自分の思いを織り込んでさらにさらに長くなりそうな予感がするので、ここら辺でやめておくとして…。

実は書店勤務の経験がある。短期間のアルバイトだったがなかなか刺激的だった。学校内の書店だったため一般の書店とは異なり、扱うのは専門書ばかりという環境だった。見たことも聞いた事もない本のタイトルを覚えるだけでも苦労した覚えがある。「配達あかずきん」のように本を配達に出かける事もあったし、それを取り分ける作業、請求書の確認、集金などもこなしていた。本屋の仕事って大半が力仕事。自分の本好きが活かされることなんて正直ない。ここで学んだのは本好きだからといって書店の仕事に直接それが反映されることはないんだなーということ。もちろん正社員になって自分の得意分野のコーナーを任されて、レイアウトを自分の判断で出来る!なんてことになったら思いっきり楽しんじゃうのだけど…。たぶん私には書店のバイトは無理っぽい。ただ以前働いていた専門書を扱うようなマニアックな書店はすごく楽しかった。もう一度やってもいいかな、と思うほど。でも一般の書店はダメかもなー。自分が好きな場所の職場なのに、好きが反映されないって辛そう。仕事なんだから割り切れるとは思うけどね。その前に体力がなくてクビになりそうだ。

書店員さんが読むときっと同感することが多くて楽しめると思う。書店勤務経験のない人でも日常系ミステリとして楽しめるかとも思う。が、ところどころ疎外感を感じてしまうのは否めない。あまりに書店という仕事に密着し過ぎているため実感が湧かないのが現実。それでもなかなかの好感触で読み終えたのだ。ちょっと否定的なことも書いてしまったが、日々の忙しさに紛れてしまうようなちょっとした謎や事件をすくいとって描いたこの書店ミステリ、なかなかオススメですぞ。

関連サイト
ここだけのあとがき(Webミステリーズ!)
本格書店ミステリ誕生!大崎梢さん(インタビュー)

読了日:2006年7月30日


…実はここに登場する書店員の杏子が、性格的に合わずとても残念な思いをしています。何というのかなー根本的に私とは合いそうにないな、と読んでいて思ってしまったのです。彼女本をあまり読まないという設定になっているんですが、それはいいの、でも本好きからしたらちょっと「んん?」と思うようなことがちょこちょこと引っかかりを感じてしまって…。ああーとっても素敵な作品なのですがそんな個人的なことでマイナス面を持ってしまうなんてー。むぅ〜残念。
そうですねぇ、一つ上げるとすると「六冊目のメッセージ」でお見舞い本として選ばれた『宙の旅』。林完次さんのこのシリーズは大好きで私も数冊持っているのですが、杏子さんこの本を一目見てすぐにお見舞い本として疑問を持ってしまっているんですね。早過ぎるだろう!と。決してこの表紙暗いというわけでなくむしろ暗闇の向こうに輝く光がとても綺麗で幻想的なんです。そう思っていた私にとってはこの態度ちょっとムッとしてしまったんですねぇ。もちろんお話しですし、いちいちそんなことで引っかかっていたら作品自体面白く感じなくなってしまうのでそう思ってしまうのはいけないことなんですが…そういう感じなものがいくつか本当にささくれ程度なんですが、あったんです。そんな違和感がどうにも居心地悪くて…。
私の勝手な思いなんでこれを読まれている方はそんなことに惑わされず、どうぞ手に取ってみてくださいね。とてもとても素敵な書店ミステリには違いありませんから。
大崎さんは今後本屋を舞台にした作品を描かれるそうですので、次作も楽しみにしています。
かりさ | 著者別あ行(大崎梢) | comments(16) | trackbacks(13) |