ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 

『巨匠とマルガリータ』ミハイル・A・ブルガーコフ

巨匠とマルガリータ (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 1-5)
巨匠とマルガリータ
ミハイル・A・ブルガーコフ 水野 忠夫・訳/河出書房新社
モスクワに出現した悪魔の一味が引き起こす不可解な事件の数々。20世紀最大のロシア語作家が描いた究極の奇想小説。

いや〜これぞ読書の醍醐味。もう充実過ぎるほどの至福の時間をいただきました。
始めこの分厚さに慄き、えっと、これ読めるのかな?と心配でしたけれども、読み始めましたらば気難しそうな印象は気持ち良く払拭。

とある日の春のモスクワの公園、悪魔の一味の降臨にてその事件が勃発。
作家協会議長ベルリオーズとペンネーム<宿なし>の詩人・イワンがキリストの実在性について論じていると第三の男が登場し、不吉な予言を言い放つ。「ベルリオーズの首が切断される」と。その予言通りちょん切られ転がるベルリオーズの頭。
衝撃的な展開に目が離せなくなりまして、そのグロでファンタスティックな世界にすっかり魅了されてしまいました。
その後のめくるめく展開…ローマ総督ポンティウス・ピラトゥスの物語、黒魔術、しゃべる黒猫(シュールで可愛い)、魔女、大舞踏会、悪魔の圧倒的な存在感。
とにかく様々なジャンル盛り沢山で次々に現れる登場人物たち、彼らに降りかかる奇想天外な事件たち、次は一体何が起きるのか、物語の着地がどうなってしまうのか続きが読みたくてもう止まりません。

たぶん主人公なのであろう巨匠(それはタイトルで推察されるけれど、全くもって物語の知識がなかったので一体誰が主役なのかさっぱりな頭で読むから濃霧の中を歩いているみたいなふわふわ感でした)が登場するのは中盤に差し掛かる頃。ヒロインのマルガリータにいたっては後半になってようやく。
そこまでページ数でいえばかなり遅い登場になるのですけれど、これがその長さを全く感じさせず、そこにいたるまですっかり堪能させられているので、もう両手広げて喜んで受け入れてあげられる余裕さですよ。

こんなにも面白い奇想小説ですが、実際にはソビエト時代では長きにわたって刊行禁止だったそうです。禁書によって文壇から葬られてしまった巨匠、それはブルガーコフ本人であったのかもしれません。
自分の書いた作品が公にされることなく葬られることの無念さ、作品が活字になることへの切なる願いが、巨匠の物語が灰の中から奇跡的に蘇るというところに切々と感じてしまって切なくなってしまいました。
好きな書物を何ら制限なく読める奇跡とも呼べる幸せ、こんなにも恵まれていることに感謝せねば、と強く思ったのでした。

読了日:2010年1月11日

【関連記事】
「世界文学全集」一覧(覚書)
「世界文学全集」河出書房新社
かりさ | 世界文学全集 | comments(0) | trackbacks(1) | 

世界文学全集 池澤夏樹=個人編集

池澤夏樹さん個人編集の「世界文学全集」(河出書房新社)です。

以下覚書。
(リンク先は感想です)

第1集(全12巻)
オン・ザ・ロード (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 1-1)
『オン・ザ・ロード』ジャック・ケルアック

楽園への道 (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 1-2)
『楽園への道』マリオ・バルガス=リョサ

存在の耐えられない軽さ (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 1-3)
『存在の耐えられない軽さ』ミラン・クンデラ

太平洋の防波堤/愛人 ラマン/悲しみよ こんにちは (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 1-4)
『太平洋の防波堤/愛人』マルグリット・デュラス
『悲しみよこんにちは』フランソワーズ・サガン

巨匠とマルガリータ (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 1-5)
巨匠とマルガリータ』ミハイル・A・ブルガーコフ

暗夜/戦争の悲しみ (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 1-6)
『暗夜』残雪
『戦争の悲しみ』バオ・ニン

ハワーズ・エンド (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 1-7)
『ハワーズ・エンド』E・M・フォースター

アフリカの日々/やし酒飲み (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 1-8)
『アフリカの日々』イサク・ディネセン
『やし酒飲み』エイモス・チュツオーラ

アブサロム、アブサロム! (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 1-9)
『アブサロム、アブサロム!』ウィリアム・フォークナー

アデン、アラビア/名誉の戦場 (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 1-10)
『アデン、アラビア』ポール・ニザン
『名誉の戦場』ジャン・ルオー

鉄の時代 (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 1-11)
『鉄の時代』J・M・クッツェー

アルトゥーロの島/モンテ・フェルモの丘の家 (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 1-12)
『アルトゥーロの島』エルサ・モランテ
『モンテ・フェルモの丘の家』ナタリア・ギンズブルグ

第2集(全12巻)
灯台へ/サルガッソーの広い海 (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 2-1)
『灯台へ』ヴァージニア・ウルフ
『サルガッソーの広い海』ジーン・リース

失踪者/カッサンドラ (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 2-2)
『失踪者』フランツ・カフカ
『カッサンドラ』クリスタ・ヴォルフ

マイトレイ/軽蔑 (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 2-3)
『マイトレイ』ミルチャ・エリアーデ/『軽蔑』アルベルト・モラヴィア

アメリカの鳥 (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集2)
『アメリカの鳥』メアリー・マッカーシー

クーデタ (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 2-5)
『クーデタ』ジョン・アップダイク

庭、灰/見えない都市
『庭、灰』ダニロ・キシュ
『見えない都市』イタロ・カルヴィーノ

精霊たちの家 (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 2-7)
『精霊たちの家』イサベル・アジェンデ

パタゴニア/老いぼれグリンゴ (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 2-8)
『パタゴニア』ブルース・チャトウィン
『老いぼれグリンゴ』カルロス・フエンテス

フライデーあるいは太平洋の冥界/黄金探索者 (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 2-9)
『フライデーあるいは太平洋の冥界』ミシェル・トゥルニエ
『黄金探索者』J・M・G・ル・クレジオ

ヴァインランド (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 第2集) (池澤夏樹=個人編集世界文学全集2)
『ヴァインランド』トマス・ピンチョン

『ブリキの太鼓』ギュンター・グラス 2010年4月予定
『賜物』ウラジーミル・ナボコフ 2010年6月刊行予定
第3集 2010年7月刊行開始予定
かりさ | 世界文学全集 | comments(0) | trackbacks(0) |