ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 

『袋小路の男』絲山秋子

4062126184
袋小路の男
絲山秋子/講談社
指一本触れないまま、「あなた」を想い続けた12年間。
<現代の純愛小説>と絶讃された表題作、「アーリオ オーリオ」他1篇収録。
注目の新鋭が贈る傑作短篇集。
第30回川端康成文学賞受賞
2編連作の「袋小路の男」「小田切孝の言い分」を読み終えてふぅん…と唸った。これは純愛になるのかな?純愛って一体なんだろう?これをやりだすとずぶずぶと深みにはまりこんでなかなか出てこられなくなってしまうのですけど、それぞれの定義が違うだろうから純愛とはなんぞや、と始めたって意味のないことなのかもしれない。

「袋小路の男」では「わたし」の大谷日向子の視点で描かれる。日向子は1年先輩の「あなた」を思い続けて12年。片思いであるこの思いはどんなことをしても「あなた」に届くことはない。それでも一人の男性を思い続ける。一方的な恋、それでも相手が少しずつ自分を覚えてくれ、会ってくれるようになって…でも「あなた」は「わたし」に触れることはない。
「小田切孝の言い分」ではその「あなた」である小田切の日向子に対する思いが描かれている。片思いであったかのように思えたこの恋、でも実は互いに思い合っていてもう切っても切れない関係になっているんだなぁ、とちょっとほのぼの。
純愛と言われる理由としてこの二人の間に肉体関係がない。だからって純愛?と私は思ってしまうのだ。純愛って簡単に言うけどもっと言葉に出来ないような繊細な部分のことを言うんじゃないだろうか。上手くいえなくてもどかしい。だから最初に書いた「純愛って何?」になってぐるぐるそれこそ袋小路に迷い込んでしまうのだ。
この二人、お互い気になる存在であり、もう離れることなんて出来ないのだろう。でも恋人同士が行う互いの思いの深さを確認する行為には至らない。手も触れない。正確には割り勘のおつりのやりとりで指先が触れた時くらい…体を寄せ合うことがなければ指先が触れただけでもう大事件でしょう。そりゃぁもうときめくに違いありません。まるで思春期の恋みたいなドキドキ感がここにあります。
この不思議な関係、実際自分が体験したとしたらもう辛いだろうなぁ。相手を好きでたまらないのだとしたら。でも男と女が夫婦でない限りずっと側に居続けるということはそういうこと(触れ合わずにいる)なのかもしれない。読み終えた後も悶々とそれについて考え続ける。もっと二人のことを読みたい。ラストは特に好き。

3編目の「アーリオ オーリオ」。てっきり小田切孝の続きかと思ったら違った。この二人にすっかり慣れてしまった後だったので拍子抜け。でも読んでいくうちにああ、こういう話しもいいなぁとすっかりお気に入り。
松尾哲とその姪・美由の手紙のやり取りがとても良い。静かなる宇宙の営み。その壮大な下に存在する私たち。その抱える問題など宇宙の大きさに比べたら塵ほどにも満たない。ちっぽけな私たちは星の瞬きとその瞬きの何万光年先のことに思いを馳せてみる。悠久なる時空のことを。

読了日:2005年8月14日
かりさ | 著者別あ行(絲山秋子) | comments(12) | trackbacks(9) | 

『逃亡くそたわけ』絲山秋子

4120036146
逃亡くそたわけ
絲山秋子/中央公論新社
21歳の夏は一度しか来ない。あたしは逃げ出すことにした。軽い気持ちの自殺未遂がばれて、入院させられた病院から。逃げるのに思いつきで顔見知りを誘った。24歳の茶髪で気弱な会社員。すぐに「帰ろう」と主張する彼を脅してすかして車を出させた。東へ。そして南へ。おんぼろ車で九州の田舎町を駆け抜けるふたりの前にひろがった暑い夏の物語。
第133回直木賞候補作。
ちょっと眠る前に読んでみようかな、と紐解いたが最後、物語のスピード感に乗っかってどんどん疾走してしまうはめに。眠る前に半分、朝起き掛けに布団に寝転がりながら残りの半分を一気読み。色んな感情の入り混じった複雑なものを感じながら2度寝したら夢の中で私は花ちゃんになっていた。

バリバリの福岡弁を話す躁病の花ちゃんと名古屋出身なのにそれを隠し、東京にこだわり標準語に徹する鬱病のなごやん。福岡弁も名古屋弁も現在どちらも私の身近にあるので、違和感無くすらすらと読めました。
というのも夫は愛知出身(名古屋弁というよりも三河弁なんですが)。今住んでいる社宅は九州から来ている人が実に多く、三重県にいるのに三重弁よりも九州弁を聞くことの多い毎日。特に仲良い友達がこれまたバリバリの福岡弁で話すので、本書の方言はほとんど聞いたことのあるものばかり。と、書いている私は東京出身。東京で生まれ育ち、数年前初めて東京を離れ三重で暮らしていますが、地方に住んでいて標準語しか話せないのは結構肩身の狭い思いをします。私がしゃべると「あ、東京の人でしょう」と言われ疎外感を感じることに。方言の中にいて実感するのは標準語、特に東京弁ってとても冷たい印象だな、と。それに比べて各方言ってすごくあったかい感じがするんですよね。相手との距離が一気に近くなる感じ。だから花ちゃんの話す福岡弁はとても魅力的で可愛らしく、思わず声に出して花ちゃんの台詞を読んだりしていました。

本書に出てくる"なごやん"と"いきなり団子"、どちらも食べたことあります。"なごやん"は夫の親戚宅で。2年前くらいだったかな?黄身餡の入った饅頭をまじまじと見て「これ初めて食べる…」と言う私に「マジで?」と驚く夫。似たようなものは食べたことあるけど「なごやん」なんてネーミングの饅頭は初めて。黄身餡がほろほろと優しい甘さで美味しい。以来結構好物です。"いきなり団子"は社宅の熊本出身の友達が作ってくれたことがあってやはりそのネーミングにビックリ。「いきなりなの?何で?」とビクビクしながら塩風味の白いものを口に運んだら中にはサツマイモと餡子が!へぇぇぇ〜こんな食べ物があるんですか!と驚きながらもサツマイモと餡子の甘さの共演、それを包む塩味の生地にすっかり心を奪われました。花ちゃんが見つけて感動したのわかる〜。

2人のはちゃめちゃな逃避行はハラハラしながら大笑いしながら楽しめた。その反面、真面目な話しになるけどこの病気で苦しんでいるある人のことを考えて深刻にすらなった。薬の名前に詳しくなるなんて全然威張れない。花ちゃんやなごやんが苦しむようにその人も毎夜苦しんでいるんだ、と思ったら面白くてついつい笑いながらもきゅっと胸が痛くなってどうしようもなかった。だから手放しで「最高!」とは言えないのも事実。
人間は意外にもろい。でも時には秘めた強さを見せることもある。踏み止まっていないでとりあえず一歩踏み出してみようよ、と教えられた気がした。でもやり過ぎないようにね。

読了日:2005年7月30日
かりさ | 著者別あ行(絲山秋子) | comments(0) | trackbacks(1) |