ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 

『遮光』中村文則

4104588024
遮光
中村文則/新潮社
愛する者を失った「私」は、他人が知れば驚愕する、ある物を持ち歩いている。しかし、それは狂気なのか…。陰影濃く描き上げた喪失と愛の物語。第129回芥川賞候補作。
ただただ暗く苦痛。病的ともとれる主人公の行動と胸の内を淡々と描く。愛する人を失ったとき、その愛する人の一部分を所有したい衝動は誰しもとは言わないが、きっとあるのだろうと思う。彼女のそのモノを持ち歩くことで失ったことを認めずにいられる。悲しみを押し殺し、嘘の自分を演じる。主人公の場合それは幼少の時に培われた術だった。

例えば主人公のような嘘で自分を作り上げる癖(この場合主人公はある意味狂気)、虚言癖とまではいかないが、自分の都合の良いように周りを動かすためにつく嘘。そして(主人公の場合)自分を押し殺し取り繕うことによって生き延びることを知ったとき、それはもう本来の自分を出すことは出来なくなったのだろう。けれども彼女の前では本当の自分を出せたのだ。生きる意味を見つけたのかもしれない。けれどもその彼女はあっけなく目の前から消えてしまった。もう抱きしめることも、将来を語り合うことも、出来ない。せめて彼女のものを手元におきたい。そうすることによって自分を制することが出来るのかもしれない。主人公の強い悲しみが伝わって苦しく悲しい。

このどうしようもなく救いがたい暗さも病的な表現も抗いたい不快感は特に感じず、むしろ好意的に読んだ。しかし、読みながら絶えず思ったのは「もう少し違う描き方があるはず」ということ。わざと主人公をこのように描くことによって、読者にもこの男の気持ちに同調させようとしているように感じてならない。無理に足さなくても充分その雰囲気はかもし出している。それだけのほうがもしかしたら自然に同調出来たかもしれないのに。

「遮光」というタイトル、この物語を語るに充分な言葉である。いつも明るさばかりを求めては生きていけない人間はたまにはこんな暗さも必要なのだと思う。私にはこの暗さの度合いがなかなか心地良かった。ただし、どうしようもなく暗い。それを求めている方は是非。

読了日:2005年9月21日
かりさ | 著者別な行(中村文則) | comments(4) | trackbacks(4) | 

気になる作家:中村文則

や、芥川賞を受賞したことにより時の人になった中村文則さん。
この方愛知出身、在住ということでこちら中部地方はこのニュースを大きく取り上げています。そういえば朝のワイドショーでも(こちらは全国ネット)密着ということで登場していました。
あのですね、この人の気取らない自然体さにとっても好感持ってしまいまして…中日新聞スクラップしてしまいそうな勢いなんですよ(笑)で、早速受賞作「土の中の子供」(このタイトルを聞いて舞城王太郎を思い出したのは私だけ?)が収録されている新潮4月号を図書館に予約しました。女の名前が中国人っぽくても、おじいちゃん作家受けな文体でも、私は楽しみにしていますです(笑)
ちょうど平野啓一郎氏が芥川賞を受賞した時もこんな感じでした、私。そういえば平野氏は愛知県蒲郡市出身。今回愛知出身芥川賞受賞は2人目になります。
私は生まれも育ちも東京ですが、夫が愛知出身でありよって私の現本籍は愛知県。いずれは愛知県人になるだろうということで、何となく愛知出身と聞くと贔屓しちゃいますね。
刊行されている2作品も近々読んでみようと思っています。今更ながら私の中ではお祭り騒ぎですよ!わははー。

中村文則
1977年、愛知県東海市生まれ。現東海市在住。
2002年「銃」で新潮新人賞、2004年「遮光」で野間文芸新人賞受賞。
「土の中の子供」で第133回芥川賞受賞。候補3度目にしての受賞。

銃 遮光 土の中の子供

【追記 9/27】
↑の後『土の中の子供』刊行されましたね。
現在では『遮光』が読了済み(→感想)。他2冊も是非読んでみたい。

カテゴリーに著者別:中村文則を作り、これと同記事を入れています。
かりさ | 著者別な行(中村文則) | comments(0) | trackbacks(0) |