ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 

『アクアリウムの夜』稲生平太郎

4044275017
アクアリウムの夜
稲生平太郎/角川スニーカー文庫
春の土曜日の昼下がり、親友の高橋と行った奇妙な見世物、“カメラ・オブスキュラ”。そこに映し出された水族館には、絶対にあるはずのない、地下への階段が存在した。恋人の良子に誘われて試したこっくりさんは不気味に告げる―「チカニハイルナタレカヒトリハシヌ」!“霊界ラジオ”から聴こえてくる謎めいたメッセージに導かれ、ぼくたち3人のせつなく、残酷な1年が始まる。

それはいつもの土曜日の放課後。けれどその日は何かが起こりそうな予感がした。全ての始まり。そしてそれは終わりを告げない。

読み終えてなお喪失感が広がる。語り手がそれまでの常軌を逸し、狂気に取り付かれた場合語られる言葉達も狂人のそれになる。読み手は一体どこに向かわされているのか、自分がどこに立たされているのか不安に駆られる。
カメラ・オブスキュラ、あるはずのない水族館地下への階段、こっくりさんの予言、霊界ラジオから流れるホワイト・ノイズ、白神教、そして水族館にあるという地下の謎。それらのキーワードが謎を深め彼らを異界へと導く。果たして水族館の地下にある謎とは…。

ハッキリと言おう。これら謎は決して伏線としてあるわけではない。ただの欠片として散らばっているだけである。それを読み手がどう集めて並べようがそれは形を成さない。解決されることを望むと裏切られる。実は私にはそれが実に心地良い。この不気味色に配された物語がなお一層の深い謎に包まれることに満足している。自分なりの妄想をさらに広げるのだ。それに時間を費やすことになんら不満はない。それを無駄と感じる方には向かないのかもしれないが、一読し自身がどう感じるか試してみる価値はある。

深海に光が差し込んだかと思いきや、その光がすぐに翳る。また光は差すだろうか、それともこのままずっと暗闇の中を彷徨うだけなのか。希望の見えない日々をただ虚ろに過ごすしかないのか。空虚感はますます広がる。

読了日:2006年3月11日

↑画像では角川スニーカー文庫のものを使っていますが、私が所有しているのは1990年に刊行された書肆風の薔薇(現:水声社)のもの。水色のシンプルなカバーです。
ちょうど角川文庫から刊行されたとき、ハードカバーの存在を知りそちらを購入。今思えば何故2000円という高価なほうを買ったのか記憶にない。しかもそれを大事に本棚に収め数年間眺めるだけの日々だったのです。ようやく紐解きましたが、どうやら私は稲生さんの紡ぐ物語が好きなようです。次はどんな異界に連れて行ってくれるのか…次作は何年後になるかわかりませんが、待ち続けます。
かりさ | 著者別あ行(稲生平太郎) | comments(0) | trackbacks(0) | 

『アムネジア』稲生平太郎

4048736418
アムネジア
稲生平太郎/角川書店
「僕」が巻き込まれた、数千億もの金が動く闇金融の世界。消された名前、チョコレート・ケーキ、かみのけ座、殺人、奇妙な機械…。優しく、そして残酷に浸食されてゆく現実の中で、「僕」がついに見いだす「本当の物語」とは?
通常、1冊の本をその場でまた再読することは滅多にない。1回読んで終わり、という人間である。そんな私でもこの作品ばかりは2度ほど読み返した。迷子の状態から抜け出すために。奇妙な浮遊感はしかし終わりを告げない。何度読み返したところでまた新たな迷い道が生じてさらに奥深くはまり込んでしまうからだ。そうしてこの感覚がしだいに不安から快楽に変わっていく。

まさに幻想小説である。ミステリと言えなくも無いがミステリと呼ぶにはあまりにも曖昧模糊し過ぎている感もある。つまり情報が極端に少ないため、ただ並ばれている文字をどう解釈すべきか大いに迷うのである。手がかりはある、それをどう拾い集め解決に導くのかは読み手それぞれに委ねられている。拾ったピースをパズルのようにきっちりはめていくも良し、モザイクのように散りばめてそれぞれの輝きを楽しむのも良し、楽しみ方は幾多もある。ただし散らばったピースは全て集めることは出来ないのだ。必ず足りないものがある。
主人公が次第に得体のしれないものに巻き込まれていく様が不気味である。その得体のしれないものが最後まで本質を定かにしないところに恐怖感を覚える。差し込まれる別の物語が主人公の記憶の奥底にしまいこまれているものだったのが気がついたらそのものに取り込まれてしまっている。それは現実のものだったか、夢なのか、架空のものなのか。「現実感覚の崩壊」が訪れるのである。

物事に白黒つけたい人、自分の立ち位置を常に確認していないと不安な人には面白さを感じないかもしれない。万人受けする作品とは到底思えないが、幻想文学が好きな方にはたまらないくらいの高揚感を得ることが出来る。この読み終えてもなお胸に広がり続けるもやもや感は実に心地良い。

謎を解明するため読み返し、なお謎が深まる。私はただ彼女の正体が知りたいだけなのに。

読了日:2006年3月5日


bk1購入の特典、執筆の裏話「チョコレート・ケーキの秘密」(特典期間はすでに終わっています)が先日配信されました。読了後に読むほうが良いとのことで、読み終えてからこのエッセイを読んでみましたがなかなか面白かったです。へぇそうだったんだ!という密かな楽しみを得ることが出来ました。さすが稲生さん、エッセイの中でも「どっちがどっち?」と思わせてくれています。
さて〜次は『アクアリムの夜』を読みましょうか。このハードカバー一体何年寝かせていたのでしょう。やっと紐解きます。
かりさ | 著者別あ行(稲生平太郎) | comments(0) | trackbacks(0) |