ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 
<< 「ラストリゾート」 | 「おどる12人のおひめさま」 >>

「空がレースにみえるとき」

空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
空がレースにみえるとき

エリノア・ランダー・ホロウィッツ著/バーバラ・クーニー絵/白石かずこ 訳/ほるぷ出版

ああ!なんて素敵な絵本!とてもとても好きです。
バーバラ・クーニーの幻想的で美しい絵と、エリノア・ランダー・ホロウィッツのリズミカルで詩的な文章が素晴らしくうっとりと酔いました。

ビムロスの夜を知っていますか?
全部がふしぎの世界のむらさきに変わり、薄靄の夜、空がレースにみえるの。
特別のパーティにも参加出来るんだわ。ビムロスの夜に起きる不思議な出来事。
ページをめくる度にふんわり優しい文章が物語に誘ってくれます。
そしてビムロスの幻想的な場面は見惚れてしまうほどの美しさ。
水彩、色鉛筆、クレヨンの優しく淡い世界。

読了日:2011年11月5日
かりさ | ジャンル別(絵本) | comments(0) | trackbacks(0) | 

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | - | 

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

Trackback url: