ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 
<< 「空がレースにみえるとき」 | 「いばらひめ」 >>

「おどる12人のおひめさま」

おどる12人のおひめさま―グリム童話
おどる12人のおひめさま
グリム童話/エロール・ル・カイン絵/やがわすみこ 訳/ほるぷ出版

昔のとある国のお話。
12人の美しいお姫様たちが眠りにつき夜が明けると、どうしたわけかお姫様たちの靴は一晩踊り明かしたかのようにぼろぼろ。何故なのでしょうか。
この不思議な謎は解き明かされるのでしょうか。

エロール・ル・カインの美しい絵と矢川澄子さんの優しい文章が物語をより一層幻想的世界に創り上げています。
お姫様たちの優雅な様子、夜の綺羅びやかな世界、きめ細やかに世界観を描いているさまは何度見ても惚れぼれします。
お姫様のドレスもそれは豪華で素晴らしく、色彩やデザインについと魅入ってしまいます。
ただただ美しい。

読了日:2011年11月6日
かりさ | ジャンル別(絵本) | comments(2) | trackbacks(0) | 

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | - | 

COMMENTS

Posted by みこ  at 2011/11/20 10:26 AM
かりささん、こんにちは!
ル・カイン、いいですよねえ。
この本のドイツ語版を、高校生時代に金沢の丸善で買い、
何十年も大事にとっておいたのですが、
この夏一箱古本市(金沢でも昨年から行われているのです)に出店するにあたり
誰かにこの美しさを知って欲しくて出してみました。
閉店間際に寄って下さった若い「デザインの勉強中」のお嬢さんにお見せしたところ、すぐに気に入って買ってくださいました♪
他のお勧めしたもう一冊の絵本と一緒にもらわれていき、惜しい気持ちと共にとっても嬉しくなりました。
やりとりしている最中もとても楽しかったです♪

ル・カインの絵本は魔術がかかっているかのように、手に取った人を魅了しますね。
私は次ぎは「いばらひめ」が欲しいです。

Posted by かりさ  at 2011/12/01 9:18 AM
★みこさんへ
みこさん〜お久しぶりです!お元気そうで安心しました。
なかなか更新出来ていないのにまたいらして下さって嬉しいです。
お返事も遅くなってごめんなさい。
(今はTwitterのほうに頻繁にいますー)
ル・カイン素敵ですよね〜。もううっとりな世界。
みこさんこの絵本のドイツ語版をお持ちでいらしたのですね。
素敵です!そして大切な1冊をあえて手放して新たな方へ旅させた心意気も素晴らしいです。
しかも絵かきの卵さんにいかれたとうのもご縁ですね。
きっと大切にされているんだろうなぁ、と想像できます。
あえて手放した本のことは不思議と忘れられませんね。
ずっと心に残っていてだからこそ大切な本になるのかもしれません。

本当にル・カインの絵本は魔法をかけてくれます。
『いばらひめ』も美しいです!ぜひぜひ♪

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

Trackback url: