ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 
<< 「キューピッドとプシケー」 | 『こちらあみ子』今村夏子 >>

『六つの星星』川上未映子

六つの星星
六つの星星
川上未映子/文藝春秋
精神分析、生物学、文学、哲学をめぐって、第一線と語りつくす。川上未映子の思考の軌跡。

精神科医・斎藤環、生物学者・福岡伸一、作家・松浦理英子、歌人・種村弘、
作家・多和田葉子、哲学者・永井均…知の最前線6人とのめくるめく対話集。

作家・川上未映子さんの魅力がさらに大きく膨らんだだけでなく、対話された方々のお話も深い知識と見識に満ち溢れていて、大変豊かな読書時間をいただけました。
川上さんの好奇心の旺盛さ、そこから得る知識の方向性、独特の感性が対話の中で見事に表され感嘆しました。
中でも一番好きなのは生物学者・福岡伸一氏との対話。
「入れ子」から「蚊柱」「動的平衡」…もっと読んでいたくなるくらい興味深い話。
同じ女流作家である、多和田葉子さんとの対話も奥深い。
六つの星星…無限の宇宙のように対話は果てしなく終わりがない。
私の狭い世界の入り口を開いてくれた本。一読でなく何度でもおさらいしたい本。

最も私の気持ちをガツンとさせてくれたのが、斎藤環さんのお話に出てくる「マゾヒスティック・コントロール」。献身的な母親を持つと、娘が母親への罪悪感によって縛られるというお話。
私の母との関係性が見事に書かれていて一瞬息苦しくなったほど。
その後、ああそうか、そういうことだったんだ、とそれまでの呪縛みたいなものがゆるやかに解きほぐされた。
だから私にとってこの対話集は神様みたいな本。
ありがとう、ありがとう。

★福岡伸一さんの著書にとても興味があるので覚書。
『ルリボシカミキリの青』『生物と無生物のあいだ』『動的平衡』『世界は分けてもわからない』

読了日:2011年11月11日
かりさ | 著者別か行(川上未映子) | comments(0) | trackbacks(0) | 

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | - | 

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

Trackback url: