ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 
<< 『六つの星星』川上未映子 | 2011年の読書まとめ >>

『こちらあみ子』今村夏子

こちらあみ子
こちらあみ子
今村夏子/筑摩書房
少女の目に映る世界を鮮やかに描いた第26回太宰治賞受賞作。書き下ろし作品『ピクニック』を収録。

あみ子、と呼んでそっと抱きしめたくなる。
あの子と遊ぶための色褪せたトランシーバーをあみ子はまだ大切にしているだろうか。
「こちらあみ子。おーとーせよ」と発する言葉に誰かが応えてくれているだろうか。
悪気はない、わかってはいても人を苛立たせ、家族の輪も壊してしまうあみ子の言動は、ただのお話とは割り切れないぼんやりした痛みを伴う。
改題される前の「あたらしい娘」のタイトルが知らせてくれるように、母の気持ちが痛いほど伝わって、でもどうしようもなくてただただきゅっと胸が締め付けられる。
あみ子の世界。全てが愛おしい。

もう一編「ピクニック」も不思議な七瀬の雰囲気が不思議であわあわしていて周りがいつの間にか取り込まれるさまが良かった。好感。
装丁の土屋仁応さんの作品の儚い美しさが、あみ子の純真で透明なイメージにぴったりでとても素敵。
見返しのデザインも綺麗です。

読了日:2011年11月18日
かりさ | 著者別あ行(その他) | comments(0) | trackbacks(1) | 

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | - | 

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

ポコアポコヤ  at 2012/01/16 6:47 PM
「こちらあみ子」感想と、彫刻 土屋仁応
以前読んだ小川洋子さんの「人質たちの朗読会」の表紙のオブジェがとても印象的だなぁ〜と思っていたら、その後「こちらあみ子」の本の装丁にも、多分同じアーティストさんが作ったであろう動物が!土屋仁応さんという方が手がけていらっしゃったんですね。
Trackback url: