ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 
<< 『ハミザベス』栗田有起 | 『GOSICK-ゴシック』桜庭一樹 >>

『お縫い子テルミー』栗田有起

4087746887
お縫い子テルミー
栗田有起/集英社
恋は自由を奪うけれど、恋しい人のいない世界は住みづらい。叶わぬ恋におちてしまった仕立て屋・テルミーの切なくも前向きな姿を描いた「お縫い子テルミー」と「ABARE・DAICO」の2作を収録。
驚いた。『ハミザベス』からこんなにも化けるものか。特に「ABARE・DAICO」が秀逸。素晴らしいです。あ、順番にいきましょうかね。

お縫い子テルミー
「一針入魂 お縫い子テルミー」な16歳の鈴木照美は流しの仕立て屋。自分の家を持たずその時のお客さんのところに居候させてもらい生きている…何とも奇抜なお話し。流しの仕立て屋?まずここからして面白い発想。そしてシナイちゃんへの片思い。男は知っているけど恋するのは初めてな(これがまたすごい話しなんですけど…)テルミー。その叶わぬ恋に苦しむテルミーが切なく愛おしい。私も布好きなので、これ!という布に出会うともうこれをどうしてくれようか…と愛しくてたまらなくなるのです。でもテルミーと違うのはええいっ!と鋏を入れられないこと。しばらく眺めて寝かせてようやく決心して鋏を入れ、形にするのです。で、端切れは同じように捨てられない。パッチワークにするため一枚の布を切り刻み、そっから端切れが出て、また違うパッチワークの作品に仕上げてみたりする。これがもうたまらなく好きな作業。もう好きっていうんじゃなくほとんど生活の一部、私の人生の一部になっている。パッチワークはテルミーのような洋裁とは違うけど、手縫いというところでは共通点があり、そして一針一針への思いも共感出来てもう途中から思いっきり入り込んで読んでいました。
ありそうでなさそうな物語の発想が栗田有起さん独特ですね。やー、私この独特な世界に溶け込んでしまったみたいです。

ABARE・DAICO
小学5年生の小松誠二が主人公。体操着を失くしてしまい途方にくれる。母親に言いたくても母子家庭ゆえに苦労している母にはとても打ち明けられない。さて、悩んだ末に彼が起こした行動とは?その先に待っている事件とは?これは表題作よりも秀逸な作品(と私は絶賛する)。ひと夏の体験って子供を成長させ、これからの人生の礎にもなると思うのだけど、まさにこの小松くんのひと夏は確かな成長の種になったんだろうなぁ。妙に大人びているところもなかなか面白い。
少年の心をとても良く描いています。暗そうに思える設定なのだけど、そんな暗さは微塵も感じさせず真夏の太陽のように明るくカラッとした印象。それでいて爽やかな読後感。読みながら何故か舞城王太郎さんの文章を思い出していました。リズミカルな文章がそう思わせたのかもしれません。
栗田さんの作品は『ハミザベス』収録の「豆姉妹」でも感じましたが、表題作よりももう一編のお話しが秀作なんですよねぇ。迷いなく潔い文章がなかなか心地良いです。

ところで、うちにも小学5年生の息子がいます。でも明らかに同じ年とは思えません(笑)小松くん、あんたはすごいよ。

読了日:2005年7月1日
かりさ | 著者別か行(栗田有起) | comments(8) | trackbacks(7) | 

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | - | 

COMMENTS

Posted by chiekoa  at 2005/07/24 12:57 AM
こんにちわ!遊びに来ました!
お子さんがいらっしゃるんですね。じゃぁぜひ小松くんのように育ててください…!ステキ!
Posted by リサ  at 2005/07/24 1:44 AM
★chiekoaさんへ
わぁ!来てくださってありがとうございます♪
そうなんです、ちょうど小松くんと同い年の息子がいるんです。
…けど小松くんのようにしっかりしていませんけど(笑)
男の子っていいなぁ!って思わせてくれる作品でした。
また是非入らしてくださいね。
Posted by ましろ  at 2005/08/02 8:11 AM
リサさん、こんにちは。
私も『お縫子テルミー』読みました!
小松誠二君、なかなかよいですよね。
記事に思わず、“好き”と書いてしまいました(笑)
“誠二”なんて、呼び捨てにしたりして。
トラックバックさせてくださいませ。
Posted by リサ  at 2005/08/02 10:46 PM
★ましろさんへ
ましろさん、こんばんは!
コメントとTBありがとうございました♪
小松くん良いキャラですね〜。私も好きです(笑)
彼のひたむきさに思わず力んで読んでいました。
オテルモルも読まれたんですよね!
「ハミザベス」も不思議おもしろ話しです。是非〜。
Posted by june  at 2005/08/15 11:06 PM
テルミーの方も好きですが、ABARE・DAICOも大好きです!
うちは小3の息子がいるのですが、
誠二君のばかっぽい部分だけ似てますー。
小学生男子って、愛らしいなあと改めて思いました。
Posted by リサ  at 2005/08/16 12:52 PM
★juneさんへ
こんにちは!コメントとTBありがとうございます♪
ABARE・DAICOいいですよね〜。男の子って可愛いなーと思いました。
juneさんは小3の男の子がいるのですね!
そうそう小学生男子って何だか愛らしい。
我が息子はバカ丸出しな子供ですが…(笑)
Posted by tamayuraxx  at 2006/06/10 6:24 PM
リサさん、こんにちは ^^
栗田さんの本はこの本だけずっと未読のままだったのですが、
遅ればせがらわたしもこの作品読みました。
最新の「マルコの夢」がちょっと物足りなかったのでどうかなー、
と思っていたのですがこの本の2作品は両方とも気に入りました。
(わたしはどちらかというと表題作のほうが好きでしたが・・・)
Posted by リサ  at 2006/06/11 2:36 PM
★tamayuraxxさんへ
tamayuraxxさん、こんにちは!
コメントとTB嬉しいです♪
「マルコの夢」はみなさん消化不良みたいですね。
私、一回借りたんですが期間が過ぎて返却してしまったのですー。
また借りてこようと思っています。

「お縫い子テルミー」は栗田さん独特の不思議な世界が
思いっきり楽しめますよね。
テルミーの力強さに勇気づけられた私です。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

+ ChiekoaLibrary +  at 2005/07/24 12:55 AM
お縫い子テルミー [栗田有起]
お縫い子テルミー栗田 有起集英社 2004-02 流れの立て屋・テルミーこと照子の物語である表題作「お縫い子テルミー」と、小学生の男の子が主人公の「ABARE・DAICO」という作品の二本立てです。 「お縫い子テルミー」は芥川賞の候補作だったそうですが…おもしろい!
まっしろな気持ち  at 2005/08/02 8:13 AM
お縫子テルミー
 “一針入魂”がポリシー。流しの仕立て屋・テルミーの切なくも前向きな生き方を描いた、栗田有起著『お縫子テルミー』(集英社)。15になったばかりで生まれ育った島を出て、東京でお縫子をするテルミー(本名・鈴木照美)。“お縫子”であるから、ミシンは使わずに一
本のある生活  at 2005/08/15 11:00 PM
お縫い子テルミー
お縫い子テルミー 栗田有起 流しのお縫い子って何?島で学校も行かず、祖母と母と居候をして暮らしてきた?家出をして歌舞伎町で水商売?どんな話なんだろうと、想像もつきませんでしたが、これがよかった。とにかくよかったのがテルミーのまっとうさ。シナイちゃん
Four Seasons  at 2006/06/10 6:14 PM
[本]栗田有起「お縫い子テルミー」
お縫い子テルミー 栗田 有起 / 集英社表題作「お縫い子テルミー」と「ABARE・DAICO」の2編を収録した1冊。 栗田さんの既刊では何故かこれ1冊だけ未読でした。 深い理由はありません。単に忘れていただけです。ごめんなさい。 表題作「お縫い子テルミー」は、16
とんとん・にっき  at 2006/07/14 11:40 AM
栗田有起の「お縫い子テルミー」を読む!
単行本表紙 一昨日、朝刊を開いたら「ナツイチ」と称して集英社文庫の広告が載っていました。「好きな本を一冊作ろう。ナツイチ。夏の一冊。集英社文庫。」全国の参加書店でフェア実施中!とあります。キャラクターには蒼井優を配したキャンペーンのようです。って
ハジけて学べ!  at 2006/10/09 1:20 PM
お縫い子テルミー
ありそうででなかったこんな職業。 ちょっとの非現実さが、この小説のスパイス。 依頼主の家に住み込み、服を仕立てる 「流しのお縫い子」として生きる、テルミーこと照美。 生まれ育った島をあとにして歌舞伎町を目
ぱんどらの本箱  at 2007/09/28 12:58 PM
栗田有起【お縫い子テルミー】
島育ちのテルミーが東京で流しの仕立て屋を始めたのは、シナイちゃんのおかげだ。ついこの間までシナイちゃんの部屋に居候していたが、彼への恋心を抑えられなくなって逃げ出した。...
Trackback url: