ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 
<< 第133回芥川賞・直木賞候補作 | 『死神の精度』伊坂幸太郎 >>

職場体験学習〜図書館へ

長男が通う中学校は2年生の2学期に「職場体験学習」として各協力事業者へ配置され3日間職場体験をします。長男は本好きな彼らしく「図書館」か「書店」に体験希望を出していました。
その受け入れ先が今日決定。本人の希望通り「県立図書館」に決まりました。おおー羨ましい!さて、図書館ではどんな仕事を任されるのか…たぶん裏方で書架の整理とかなのかなぁと思っていましたが仕事内容のプリントを見てビックリ。窓口にて直接利用者と接する図書貸出、返却(その他書架整理も入っていました)を体験するのだそう。図書館勤務に憧れていた(今でも憧れですけど…)私にとって何とも羨ましいことです。実際体験する日がやってきたら、帰ってくる度に「どうだった?」と根掘り葉掘り聞いちゃいそう(笑)

受け入れ先で迷惑がかからないように1学期から社会体験前の指導を学校側でして、事前訪問として各職場に訪問・挨拶もしに行きます。中学生からこういう体験をするのは大変貴重なこと。私はこういう経験をしたことがなかったので、14歳の子が社会体験をしてどう感じるか大人になった今では分かりようもありませんが、労働することによって父親が(共働き家庭は両親ですね)一家を支えるため働いている意味、社会参加への意義、を少しでも考え感じてくれればいいな、と思います。分かってくれとまでは言わないので漠然とでも感じてくれれば、それで良いです。

さて、明日予約本を借りに県立図書館へ行きます。良い機会なので長男も一緒に連れて行こうかと。
かりさ | 日々の断片 | comments(0) | trackbacks(0) | 

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | - | 

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

Trackback url: