ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 
<< 『愚者のエンドロール』米澤穂信 | 『逃亡くそたわけ』絲山秋子 >>

『クドリャフカの順番―「十文字」事件』米澤穂信

4048736183
クドリャフカの順番―「十文字」事件
米澤穂信/角川書店
待望の文化祭。だが、折木奉太郎が所属する古典部では大問題が。手違いで文集を作りすぎてしまったのだ。古典部の知名度を上げて文集の完売を目指すため、奉太郎たちは学内で起きた連続盗難事件の謎に挑むことに!
古典部シリーズ3作目。ライトノベルの2作から飛躍して今回はハードカバーからの刊行。素晴らしい…。素直に嬉しいことなのだけど、ハードカバーになってページ数が増えたことによって心なしかライトノベルの時にあった清々しさ、爽快さみたいなものが欠けてしまっているのを感じました。でも最後まで読めば納得です。それは爽快さなどを求めるような話しではないから。ちょっとほろ苦い味付けになっていてそれが彼らにはまた必要なんだな、と思わせてくれる…そんな物語。

前作『愚者のエンドロール』の感想では「シリーズを追わなくても特に問題なし」と書きましたが、本書ではやはり順番に読んだほうが良い、と実感。特に『愚者のエンドロール』からの連続性が強いので気になる方は『氷菓』→『愚者のエンドロール』→『クドリャフカの順番』の順に読むことをオススメします。そしてあまり間を開けずに一気にいってしまったほうが良いでしょう。正直、『愚者のエンドロール』は『氷菓』を読んでから数年経っていたのでその「氷菓」事件がどんなだったのか忘れてしまっていました(汗)

いよいよ文化祭当日を迎えることとなった古典部メンバー。しかし彼らにはまた問題が発生。はてさてこの山積みの問題、解決することが出来るんでしょうか。今回はメンバー4人それぞれの視点から語られていきます。これが後半で功を成すことになるのです。あれれ?と違和感を感じたときにはもう読者側は上手い具合にはめこまれているんでしょう。
今回も殺人は起きませんが、妙なことが文化祭で起きます。やがてこれを「十文字」事件として犯人探しが始まるわけなんですが…。
羨望という言葉があります。この言葉はやっかいで、生きているうちに何度これが生まれるやら。その度に自分の小ささを思い知らされることになる。自分では努力しても出来ないこと、人よりも頑張ってやっと表現できることを、いともたやすくやってのける(しかも本人はそれを特に重きに置いていない)人間には羨望を覚えます。そして自分の力の無さを思い知らされて筆を折ってしまいたくなることも。そういう諦めを幾度となく経験して大人になっていく。そんな自分の経験と重ね合わせて読んでいたらちょっとしんみりしてしまいました。

読了日:2005年7月29日
かりさ | 著者別や・ら・わ行(米澤穂信) | comments(10) | trackbacks(8) | 

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | - | 

COMMENTS

Posted by shiba_moto  at 2005/07/30 10:36 AM
リサさん、こんにちは。
やっぱり古典部シリーズは3作が密接してつながっているようなので、順番に読んでいったほうがよい気がしました。人物でも状況でも以前のものが生きていましたから。

TBいただいていきます。
Posted by リサ  at 2005/07/30 2:39 PM
★shiba_motoさんへ
shiba_motoさん、こんにちは!
コメント&TBありがとうございます。
「愚者のエンドロール」を読んだときはさほど連続性を感じなかったので
どれから読んでもOKかな、なんて思っていましたが、
「クドリャフカ」を読んだらやっぱりシリーズは順番に読んだほうが
いいな、と実感しました。
今日「さよなら妖精」が届いたので近々紐解こうと思います〜。
Posted by MICHI☆みすず  at 2005/08/01 8:46 PM
リサさん、はじめまして。
MICHI☆みすずと申します。
私も古典部シリーズ大好きです。
やはり刊行順に読んだ方がいいですよね。
Posted by リサ  at 2005/08/01 11:45 PM
★MICHI☆みすずさんへ
MICHI☆みすずさん、初めまして!こんばんは。
ご訪問&コメント・TBありがとうございます♪
とっても嬉しいです〜。
古典部シリーズいいですよねぇ。もっともっと続きが読みたいです。
やはり刊行順が良さそうですね。にんまり度が増しますもの。
Posted by 苗坊  at 2006/11/02 12:25 AM
こんばんわ^^TBさせていただきました。
私もこの作品を先に読んでしまった一人です。
刊行順が良いって言葉を聞くたびに悔しくなっている私です。
でも、面白かったです。
4人のキャラクターや謎だった部分は再読して確認します。
古典部に起きた厄介事と、文化祭での事件が上手く絡んでいて、面白かったですね。
Posted by リサ  at 2006/11/02 9:15 AM
★苗坊さんへ
こんにちは!
コメントとTBありがとうございます♪
あ、苗坊さんもこれから読んでしまったんですね。
前2作がライノベで3作目がハードカバーですものねぇ。
これちゃんと書いてくれないと分からないかも。
私も最初サブタイトルみなかったらシリーズの続きとは思いませんでした。
でもそれほど支障はありませんので、安心してくださいね。
『氷菓』も『愚者のエンドロール』も面白いです!
Posted by ど〜じ〜  at 2007/04/14 1:04 PM
読み終わってました〜(笑)

“わらしべプロトコル”に笑わされてしまいました。
今まで読んだ中で、米澤作品イチオシなんだけど、そのためには「氷菓」から薦めないといけないですね。
Posted by リサ  at 2007/04/15 1:36 PM
早いですね〜。サクサクといい感じに読んでますね♪
「わらしべプロトコル」、笑えましたよね(笑)
そう、これなかなかのお気に入りなのですけど、これを薦めるには
『氷菓』から読んでもらわないとなりませんよね〜。
でも3冊セットで薦めちゃいましょう〜。
Posted by 藍色  at 2008/01/26 2:42 AM
こんばんは。
お忙しそうで「愚者のエンドロール」のコメントもいただけてなかったりで迷ったんですけど、
思い切って、 トラックバックさせていただきました。
古典部メンバー、それぞれの視点で物語が進んで面白かったです。
記事の通り、間を開けずに一気に読めて幸いでした。文化祭のイベントが楽しかったです。
『遠まわりする雛』時間が取れて、早く読めるといいですね。

トラックバックさせていただきました。
Posted by リサ  at 2008/01/27 1:13 AM
★藍色さんへ
藍色さん〜こんばんは!コメント嬉しいです♪
えっと…ごめんなさいっ!『愚者のエンドロール』コメントしていなかったみたいですね。TBした後コメント書くつもりで他のブログへ行ってしまったようです。すっかり書いた気になっていました。
気になさってしまったようで、本当にすみませんでした。
これからお伺いしますね〜。
そして、コメント&トラバ、頂けるととっても嬉しいのでもうじゃんじゃんとお願いいたします!反応が鈍いときもあると思いますが、とっても喜んでおりますので〜。私もほうもじゃんじゃんとさせて頂きますね(*^-^*)

古典部シリーズ、追うごとに楽しめますよね。スイーツシリーズと共に楽しみにしているシリーズです。
『遠まわりする雛』早く読みたいーっ。今のペースではまだまだ先になりそうな感じですが、その頃にはきっと図書館にも入っているかな?なんて思ってもいます。米澤さん他の新刊もまだ未読なので楽しみです♪

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

こんな夜だから本を読もう  at 2005/07/30 10:16 AM
[review]米澤穂信『クドリャフカの順番』
 2泊3日の研修中に米澤穂信さんの『ISBN:4048736183:title』を読了しました。  いよいよやってきたカンヤ祭。だが、古典部は30部発注した文集『氷菓』が200部も出来上がってしまうという危機的状況に置かれていた。『氷菓』を完売するためには、カンヤ祭の期間中
ゆめとうつつ読書感想Blog  at 2005/08/01 8:43 PM
「クドリャフカの順番」米澤穂信(角川書店)
クドリャフカの順番―「十文字」事件米澤 穂信角川書店 2005-07売り上げランキング : 3,598おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools いよいよ文化祭。しかし奉太郎の所属する古典部では大きな問題が。 文化祭(カンヤ祭)で売る文集「氷菓」を、手違いで20
AOCHAN-Blog  at 2006/03/28 7:10 PM
「クドリャフカの順番」米澤穂信
タイトル:クドリャフカの順番 著者  :米澤穂信 出版社 :角川書店 読書期間:2006/02/21 - 2006/02/24 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 待望の文化祭が始まった。何事にも積極的に関わらず“省エネ”をモットーとする折木奉太郎は呑気
苗坊の読書日記  at 2006/11/02 12:19 AM
クドリャフカの順番―「十文字」事件 米澤穂信
クドリャフカの順番―「十文字」事件 オススメ! 神山高校古典部の4人、千反田える、黒田里志、伊原摩耶花、折木奉太郎は厄介な悩みを抱えていた。 神山高校は文化系の部活動がとてもさかんで、毎年神山高校文化祭が3日間開催される。 その通称カンヤ祭で販売予定
シテミントテスルナリ  at 2007/04/14 12:59 PM
[books]「クドリャフカの順番/米澤穂信」
>待望の文化祭。だが、折木奉太郎が所属する古典部では大問題が。 >手違いで文集を作りすぎてしまったのだ。古典部の知名度を上げて >文集の完売を目指すため、奉太郎たちは学内で起きた連続盗難事件の >謎に挑むことに! (WEB KADOKAWAより) 物語が
午睡図書室  at 2007/09/18 9:30 PM
『クドリャフカの順番―「十文字」事件』 米澤穂信/角川書店
この古典部シリーズが一番好きだ。キャラも、ネタも、面白いところも、痛いところも。『さよなら妖精』も好きだが。 ミステリーとしては弱いと思う。特に、前作・前々作はミステリ
粋な提案  at 2008/01/26 2:43 AM
クドリャフカの順番「十文字」事件 米澤穂信
装幀は遊空龍+WONDER WARKZ。清水厚。K・S。古典部シリーズ3作目。 迎えた文化祭。古典部メンバーは奇妙な連続盗難事件の解決で知名度を上げ、刷り過ぎた文集の完売を目論みますが。 今回は古典部の四人が語り手。千反
こみち  at 2012/08/25 3:48 PM
米澤穂信 「クドリャフカの順番」
JUGEMテーマ:読書感想文&nbsp; &nbsp; &nbsp; ◆古典部シリーズ &nbsp;  またもや折木奉太郎を混乱の渦に誘い込む折木供恵。 &nbsp;  事件の黒幕かと思えるほど登場しました。 &nbsp;  そして、今回の被害
Trackback url: