ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 
<< 夏休みの読書:2人の場合 | 気になる作家:重松清 >>

『オロロ畑でつかまえて』荻原浩

4087473732
オロロ畑でつかまえて
荻原浩/集英社
人口わずか三百人。主な産物はカンピョウ、ヘラチョンペ、オロロ豆。超過疎化にあえぐ日本の秘境・大牛郡牛穴村が、村の起死回生を賭けて立ち上がった!ところが手を組んだ相手は倒産寸前のプロダクション、ユニバーサル広告社。この最弱タッグによる、やぶれかぶれの村おこし大作戦『牛穴村 新発売キャンペーン』が、今始まる―。
第十回小説すばる新人賞受賞作。スカッと爽やかな読後感…最高!本を読みながら泣くことは多いけれど、笑うことはそれに比べたらはるかに少ない。そんな私が笑えた作品。荻原氏初の作品。そして荻原氏デビュー作。

ユーモア小説なんだそうです。へぇ〜どんなんだろ?と紐解いたが最後もう止まりません。足し引きなしの綺麗なまとまりにそりゃぁもう惚れこみました。これが荻原氏定評のユーモアさなんだ、とひたすら感動。
そして笑いだけでない、都会と田舎の違い…純真さというものが大きく描かれています。都会に住んでいたら大概は純真さなんて失わされます。純粋に人を信じることが出来ずついつい疑ってしまう。損得で人の価値を決め、常に自分の位置を確認し、そこから転じないよう踏ん張っている。それに比べて牛穴村の面々の何と素朴なことか。素朴って言葉は言いようによってはバカにしている言葉になるけれども、ここではいかにそれが魅力的であるかがある女性の身を持って知ることになる。所詮人は見かけでしか人を判断しない。その人それぞれの内面に隠された魅力を見ようともしない。本書は笑えるだけでなく、ちょっとしんみりそんなことを考えさせられる部分もしっかり描かれている。

米田慎一の奥さん・マリアンさんの「自分ん家の庭で見つからねものは、どこ行ったって見つからね」にハッとさせられる。牛穴のみんなはしみじみこの言葉を噛み締めただろう。ただやはり無茶でもやってみるべきなのだ。踏み止まっていたままだったらその言葉に思い知らされることはなかっただろうから。
さて、実は実はの大どんでん返しを迎えます。牛穴村はさらなる騒ぎに巻き込まれることになるんでしょう。実にうまい!最高!となるわけです。
1作で早くも惚れ惚れ。しばらくは荻原作品を追いかけようと思います。

読了日:2005年8月2日
かりさ | 著者別あ行(荻原浩) | comments(6) | trackbacks(5) | 

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | - | 

COMMENTS

Posted by あおちゃん  at 2005/08/04 5:47 PM
面白かったですねぇ。
話も矛盾がないし、それでいてユーモアたっぷり。
もっと早く読めばよかったかな。
今月3冊(以上)読んでマイベスに参加しましょうね!
Posted by リサ  at 2005/08/04 8:44 PM
★あおちゃんへ
こんばんは!
面白かったです〜。こんなに笑ったの久しぶりです。
本当に何でもっと早く読まなかったんだろう、と思いますよねー。

>>今月3冊(以上)読んでマイベスに参加しましょうね!
はい!頑張りましょ〜♪
今読んでいる『神様からひと言』もう少しで読み終えます。
こちらも最高!是非〜。
Posted by 空猫  at 2005/08/05 12:40 PM
リサさん、はじめまして。
「オロロ畑で〜」、私もすごく好きです。
ユーモアたっぷりで笑いっぱなしでした。
2作目の「なかよし小鳩組」も面白いですよ。
こちらは読んだあと少し切なくなります。
Posted by リサ  at 2005/08/06 1:49 PM
★空猫さんへ
空猫さん、はじめまして!こんにちは。
コメント嬉しいです♪ありがとうございます。
「オロロ畑で〜」でまさかこんなに笑えるとは思っていなかったので
かなりな好印象です。『神様からひと言』も読了しましたが、
荻原さん最高〜とますますファン度が上がっいます。
『なかよし小鳩組』もチェックしますね。そういえばこれは
『オロロ畑で〜』の続編なんですね。つい最近知りました。
早速図書館で探してみます。
また是非いらしてくださいね!お待ちしています♪
Posted by chiekoa  at 2005/08/08 11:24 AM
そういえばデビュー作なんですね!おもしろかった…!です!
Posted by リサ  at 2005/08/08 2:26 PM
★chiekoaさんへ
いつもありがとうございます!嬉しいです〜。
そう、デビュー作なんですよねぇ。デビュー作でこの面白さ!
早く続編という『なかよし小鳩組』を読みたいところです。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

AOCHAN-Blog  at 2005/08/04 4:56 PM
「オロロ畑でつかまえて」荻原浩
タイトル:オロロ畑でつかまえて 著者  :荻原浩 出版社 :集英社文庫 読書期間:2005/07/26 - 2005/07/27 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 人口わずか三百人。主な産物はカンピョウ、ヘラチョンペ、オロロ豆。超過疎化にあえぐ日本の秘
IN MY BOOK by ゆうき  at 2005/08/04 10:20 PM
オロロ畑でつかまえて 荻原浩
オロロ畑でつかまえて荻原 浩集英社 1997-12by G-Tools 超ど田舎の牛穴村が、村おこしのために、倒産寸前の広告代理店と手を組んだ。彼らが計画した「作戦」とは!? あらすじを書くと、「過疎化」「地方行政」「メディアの影響」など社会的な事を考えたくなってし
Music Bar & Book Cafe  at 2005/08/05 12:53 AM
オロロ畑でつかまえて/萩原浩
『神様からひと言』で味をしめてしまった、 萩原浩の小説。   会社の近くの本屋でまた見つけました♪ 文庫2冊!! しかも、シリーズモノ。   『ユニバーサル広告社』シリーズとでもいいましょうか。 この会社は、その名の通り、広告代理店。 とはい
+ ChiekoaLibrary +  at 2005/08/08 11:23 AM
オロロ畑でつかまえて [荻原浩]
オロロ畑でつかまえて荻原 浩集英社 1997-12 「村おこし、すべ」。そんな一言から始まった、山奥のど田舎、大牛郡牛穴村の村人たちと、東京の弱小広告代理店の仕掛けた「村おこし」の秘策とは…?! この村の人たちがなんかもうユーモラスでしょうがなくて、面白お
たこの感想文  at 2006/07/09 5:57 PM
(書評)オロロ畑でつかまえて
著者:荻原浩 過疎化に悩む東北地方の寒村・牛穴村。この現状を打破しようと青年会が
Trackback url: