ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 
<< 沈んでいましたが… | 『アーモンド入りチョコレートのワルツ』森絵都 >>

『袋小路の男』絲山秋子

4062126184
袋小路の男
絲山秋子/講談社
指一本触れないまま、「あなた」を想い続けた12年間。
<現代の純愛小説>と絶讃された表題作、「アーリオ オーリオ」他1篇収録。
注目の新鋭が贈る傑作短篇集。
第30回川端康成文学賞受賞
2編連作の「袋小路の男」「小田切孝の言い分」を読み終えてふぅん…と唸った。これは純愛になるのかな?純愛って一体なんだろう?これをやりだすとずぶずぶと深みにはまりこんでなかなか出てこられなくなってしまうのですけど、それぞれの定義が違うだろうから純愛とはなんぞや、と始めたって意味のないことなのかもしれない。

「袋小路の男」では「わたし」の大谷日向子の視点で描かれる。日向子は1年先輩の「あなた」を思い続けて12年。片思いであるこの思いはどんなことをしても「あなた」に届くことはない。それでも一人の男性を思い続ける。一方的な恋、それでも相手が少しずつ自分を覚えてくれ、会ってくれるようになって…でも「あなた」は「わたし」に触れることはない。
「小田切孝の言い分」ではその「あなた」である小田切の日向子に対する思いが描かれている。片思いであったかのように思えたこの恋、でも実は互いに思い合っていてもう切っても切れない関係になっているんだなぁ、とちょっとほのぼの。
純愛と言われる理由としてこの二人の間に肉体関係がない。だからって純愛?と私は思ってしまうのだ。純愛って簡単に言うけどもっと言葉に出来ないような繊細な部分のことを言うんじゃないだろうか。上手くいえなくてもどかしい。だから最初に書いた「純愛って何?」になってぐるぐるそれこそ袋小路に迷い込んでしまうのだ。
この二人、お互い気になる存在であり、もう離れることなんて出来ないのだろう。でも恋人同士が行う互いの思いの深さを確認する行為には至らない。手も触れない。正確には割り勘のおつりのやりとりで指先が触れた時くらい…体を寄せ合うことがなければ指先が触れただけでもう大事件でしょう。そりゃぁもうときめくに違いありません。まるで思春期の恋みたいなドキドキ感がここにあります。
この不思議な関係、実際自分が体験したとしたらもう辛いだろうなぁ。相手を好きでたまらないのだとしたら。でも男と女が夫婦でない限りずっと側に居続けるということはそういうこと(触れ合わずにいる)なのかもしれない。読み終えた後も悶々とそれについて考え続ける。もっと二人のことを読みたい。ラストは特に好き。

3編目の「アーリオ オーリオ」。てっきり小田切孝の続きかと思ったら違った。この二人にすっかり慣れてしまった後だったので拍子抜け。でも読んでいくうちにああ、こういう話しもいいなぁとすっかりお気に入り。
松尾哲とその姪・美由の手紙のやり取りがとても良い。静かなる宇宙の営み。その壮大な下に存在する私たち。その抱える問題など宇宙の大きさに比べたら塵ほどにも満たない。ちっぽけな私たちは星の瞬きとその瞬きの何万光年先のことに思いを馳せてみる。悠久なる時空のことを。

読了日:2005年8月14日
かりさ | 著者別あ行(絲山秋子) | comments(12) | trackbacks(9) | 

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | - | 

COMMENTS

Posted by ましろ  at 2005/08/15 10:33 PM
リサさん、こんばんは。
好きで好きでたまらないとしたら、
あまりに切ない物語ですよね。
私には無理。でも、こういう純愛(?)も、
悪くはないのだろうなぁ…なんて、思います。
私からもトラックバックさせてくださいませ。
Posted by june  at 2005/08/15 10:59 PM
リサさん、こんばんわ
私も純愛って?と考えると、よくわからなくなってしまうのですが、
これはまぎれもない恋愛小説ですよね。
でも、私にも無理だろうなあ・・。
Posted by ゆら  at 2005/08/16 2:55 AM
こんばんは!
このお話、好きです♪
たぶん小田切孝のせい。(笑)
彼にはかなりトキメキました。
こちらからもTBさせてください。

それからMybloglistに登録させていただきました。
どうぞよろしくお願い致します♪
Posted by chiekoa  at 2005/08/16 11:17 AM
私はこれを読んでなんとなく彼らの「純愛」がわかるような…気がしました。
いや、気がしただけかもですけど…。
Posted by リサ  at 2005/08/16 1:11 PM
★ましろさんへ
こんにちは!コメントとトラックバックありがとうございます♪
一人の人をこんなにも長く好きでいられるなんて…
私もたぶん無理かもです(笑)
でもこういう恋も何となくいいなーって思いますよね。
Posted by すの  at 2005/08/16 1:15 PM
正直なところ「袋小路の男」二篇はよくわからなかった。
「アーリオ オーリオ」は、すごく好きなんですが・・。
Posted by リサ  at 2005/08/16 1:15 PM
★juneさんへ
juneさん、こんにちは!コメントとトラックバックありがとうございます♪
そう!恋愛小説ですね。そう読んだらしっくりきます。
好きな人にすぐ見返りを求めてしまう私には
無理なことかもしれません(笑)
Posted by リサ  at 2005/08/16 1:38 PM
★ゆらさんへ
ゆらさん、こんにちは!
コメントとトラックバックありがとうございます♪
小田切孝の言い分がなかったら彼の見方も変わっていたかもしれません。
私も好きです♪

Mybloglistへ登録下さってありがとうございます!
こちらからも登録させていただきました。
これからもよろしくお願いいたします。
Posted by リサ  at 2005/08/16 1:41 PM
★chiekoaさんへ
chiekoaさん、こんにちは!
コメントとトラックバックありがとうごさいます!
そう、漠然となんですが彼らの純愛はこれなんだろうなぁと
思います。他の人はどうだかわかりませんが、
これは彼らの愛の形ですものね。
何だか久しぶりに愛について…なんて考え込んじゃいました。
Posted by リサ  at 2005/08/16 1:49 PM
★すのさんへ
すのさん、こんにちは!
コメントとトラックバックありがとうございます!
読み手によっては賛否分かれそうな話しですね。
すのさんのレビューはとても丁寧で大変興深く拝見しました。
なるほどなぁ!とその観点に頷いてしまいました。
「アーリオ オーリオ」は私も好きです。
もう少し読み込まないと自分の中で生まれてくる言葉が
文字に出来なくて簡単な感想になってしまいました…。
Posted by   at 2005/08/16 1:57 PM
こんにちは。
柊は三編収録のうち、「アーリオオーリオ」が一番好きです。
どうにも小田切という人物が煮え切らなくてー(笑)
…でも。
最初に読んだ印象はそんなだったけれど、
次に読んだらどうなるか、はわからない…
むしろ小田切さんが好印象に変わっちゃいそうな予感がして
怖いです^^;
Posted by リサ  at 2005/08/16 2:30 PM
★柊さんへ
柊さん、こんにちは!
読み方によっては小田切という人物への印象が違ってきますよね。
1編目では実は「何、この男は!」なんて思っていましたが、
2編目で印象が変わりました(笑)
「アーリオ オーリオ」素敵ですよね。こんな作風も書けるんだ、
と新鮮な思いで読みました。いろんな魅力を持った方です。

コメント、修正いたしました〜。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

まっしろな気持ち  at 2005/08/15 10:35 PM
袋小路の男
 出会ってから12年。あまりにも長い片思いを描いた、絲山秋子・著『袋小路の男』(講談社)。高校時代から30代まで。袋小路に住んでいる1つ年上の小田切に、ジャズバーで出会い、つま先まで震えるほどの勇気をふりしぼっての挨拶をする日向子。パシリをさせられても、
本のある生活  at 2005/08/15 10:53 PM
袋小路の男
袋小路の男 絲山秋子 純愛というのがそもそもどういうものなのかよくわかってないのですが、これはまぎれもなく恋愛小説。友達という関係を崩したくなくて、気持ちを隠して友達として付き合い続けるというのは、よく聞くけれど、この場合は明らかに気持ちを知ってい
ゆらbooks  at 2005/08/16 2:57 AM
袋小路の男  絲山秋子
袋小路の男 『袋小路の男』という題名に、ミステリー?と思ったのですが、全然違いました。お話自体は普通に日常を描いたものだけど、でも一冊まるまるを見るとかなり異色な本…かも。 収められているのは全部で3話。1話目が表題作『袋小路の男』で、小田切孝を
+ ChiekoaLibrary +  at 2005/08/16 11:14 AM
袋小路の男 [絲山秋子]
袋小路の男絲山 秋子講談社 2004-10-28 表題作の「袋小路の男」は高校時代に出会ったひとつ年上の「あなた」を、ずっと想い続ける「私」の物語です。ずっともずっと、12年間です。 この物語が「純愛物語」と言われるのは、指一本触れずに想い続けたからなのではな
図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜  at 2005/08/16 1:10 PM
「袋小路の男」絲山秋子
「袋小路の男」絲山秋子(2004)☆☆☆☆★ ※[913]、国内、小説、現代、モラトリアム、恋、愛、宇宙、家族、夢 本書は表題作「袋小路の男」続篇「小田切孝の言い分」、それとまったく別の作品「アーリオ オーリオ」の三篇からなる。 ☆4つ!すごい。本当は5
AOCHAN-Blog  at 2005/10/18 2:33 PM
「袋小路の男」絲山秋子
タイトル:袋小路の男 著者  :絲山秋子 出版社 :講談社 読書期間:2005/10/01 - 2005/10/02 お勧め度:★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 「あなた」とは指一本触れないままの12年間、袋小路に住む男にひたすら片思いを続ける女を描いた究極の純愛小
とんとん・にっき  at 2006/08/03 4:29 PM
絲山秋子の「袋小路の男」を読む!
発売されたばかりの文庫本を購入して、絲山秋子の「イッツ・オンリー・トーク」を読んですぐに、ブックオフで「袋小路の男」と「ニート」の単行本を購入し、一気に読みました。絲山秋子の経歴などについては前に書いていますので、ここでは2004年の作品「袋小路の男」に
できれば本に埋もれて眠りたい  at 2006/11/19 12:07 PM
日常の寂しさの形
袋小路の男 絲山秋子 絲山 秋子 袋小路の男 一人の男性に憧れつづける女性の心情を綴った短編。 川端康成文学賞受賞。 めずらしく恋愛ものですが、好き/嫌い、じゃあ、付き合おう/別れる、と簡単な話ではなく、仕事は真っ当にこなしながらも、
"やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!  at 2007/08/28 5:03 PM
袋小路の男 絲山秋子
袋小路の男 ■やぎっちょ書評 いやぁ。良かったですね。空気が。 むにょむにょとした日向子と小田切孝の関係がなんなと良かったです。自分がこういう関係になるのはちょっとヤだけど。。。 あ、でもね。 先に書きたいんだけど、「袋小路の男」「小田切孝の言い分」
Trackback url: