ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 
<< 『袋小路の男』絲山秋子 | 『猫町』萩原朔太郎 >>

『アーモンド入りチョコレートのワルツ』森絵都

4043791011
アーモンド入りチョコレートのワルツ
森絵都/角川文庫
十三・十四・十五歳。きらめく季節は静かに訪れ、ふいに終わる。シューマン、バッハ、サティ、三つのピアノ曲のやさしい調べにのせて、多感な少年と少女の二度と戻らない「あのころ」に語りかける珠玉の短編集。
ブルーの表紙がとても綺麗。このブルー色と同じように清々しく爽やかな印象。ガラスを通して見たようなキラキラした輝きがここには存在していました。

初森絵都さん作品です。今まで機会がなくて手に取ることがなかったのですが、なんとなーく私には合わないかな、と思っていたのです。試しに読んでみて意外にも相性が良かったようです。ただ…すごくいい!ってほどではなかったのが本音。それは森さんの描く世界が綺麗すぎてそれを真っ直ぐ受け入れるにはあまりに眩しすぎるからでしょうか。だからすんなりこの世界に入っていけないもどかさを終始感じていました。
でも思春期の子供を実に良く描いています。私の中学生の頃はどんなだったろう…といろいろと思い出しながら読みました。出来ることなら私も同年の頃にこれを読みたかった。そうしたらすぅ〜っと受け入れることが出来たのかもしれない。

本書は3つの物語が収められています。「子供は眠る」「彼女のアリア」「アーモンド入りチョコレートのワルツ」どれも気がついたら駆け抜けていた多感な時期を生きている男の子と女の子が主人公。気がついたら大切な何かを落としてきてしまった時期でもあります。それは大人になってからふと気がつくのだけど。出来るならばもう一度戻ってみたい、とこういう時考えます。戻ったところでどうこうする、という希望はないのですが今この大人の頭で戻ってみたら面白いだろうなぁ、と。他愛もないことですけれども(笑)
「子供は眠る」は毎年夏休みをいとこの別荘で過ごす。そんなある夏の出来事。毎年当たり前に過ごしていたいとこたちのとの夏…その夏に変化が起きる。明るく無邪気な男の子たち、このままこの明るい夏を描くのだろうか、と思って読んでいたら違った。実に切ないことが待ち受けていた。そう、こうして区切りをつけまた一歩を踏み出すのだ。ちょっぴり甘酸っぱい感覚を覚えながら読みました。
「彼女のアリア」は不眠症に悩む(1ヶ月も眠れないなんて!と彼は嘆いている)中学3年生の男の子。ある日その出会いはやってくる。旧校舎の音楽室から奏でてくる曲に惹かれて覗いてみると女生徒がピアノを弾いていた。その曲はバッハの"ゴルドベルグ変奏曲"。何でもバッハが不眠症に苦しむ伯爵のために作った曲なのだ!そして演奏している彼女も不眠症に悩んでいるという(なんと2ヶ月も!)。それから二人の絆が深まった。同病者同士として…ラスト泣きました。ぽろりと涙が伝いました。あぁやさしいなぁ、とちょっとささくれ立った心に沁みたような気がします。
「アーモンド入りチョコレートのワルツ」。一番好きな物語です。絹子先生が素敵。ちょっと風変わりな(いや、かなり)サティおじさんの登場でここでも変化が生じてしまうのだけど、その変化は決して悪いことなんかじゃなく密かな楽しみとして、そしてふわふわと浮き足立つような幸せを連れてきた変化。ここまで読んで初めて私は今まで視線を大人の視線のままで読んでいたことに気がつく。明らかに絹子先生の側で読んでいた。これを奈緒や君絵の目線で読んでいたら全く違う世界を感じることが出来る。そう、すっかり私も中学生の女の子に戻っていた。そういえば私もこんなことがあった、こんな風景を見た、絹子先生ほど変じゃないけど好きな先生がいた…一気に当時のことが流れ込んできて懐かしさでいっぱいになった。そうして初めて森さんの世界を感じることが出来たような気がする。

3編の物語それぞれピアノ曲がテーマになっています。ピアノ曲はほとんど雨の日や冬の夜に聴くことが多くて夏に聴くことはあまりないのですが、久しぶりにサティなど取り出して聴いてみたくなりました。

読了日:2005年8月16日
かりさ | 著者別ま行(その他) | comments(2) | trackbacks(3) | 

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | - | 

COMMENTS

Posted by そら  at 2005/08/20 9:24 AM
りささん、はじめまして。

「日だまりで読書」のそらと申します。

りささんの感想にとても近いものを感じましたので、つい、うれしくなってTBさせていただきました。

ブログタイトルも何だか似てるし(*^_^*)

たくさんの本を読まれているようですね。
読みたい本がたくさん♪

また、寄らせていただきます。


Posted by リサ  at 2005/08/21 8:54 PM
★そらさんへ
そらさん、はじめまして!
ご訪問とコメント&TBをありがとうございます♪
お返事が遅くなってすみません…。
先ほどそらさんの記事を拝見したのですが、
本当ですね〜似たような感想を書かれていて
思いっきり親近感を感じました(*^-^*)
ブログタイトルも似ているし♪
私もこれからゆっくりそらさんのところ伺います。
これからよろしくお願いいたします。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

日だまりで読書  at 2005/08/20 9:18 AM
「アーモンド入りチョコレートのワルツ」森絵都
硬いガラスのような短編集。★★★★☆この本を貸してくれた友達に感謝です。「永遠の出口」を読んで、私は森さんとは波長が合わないものを感じていたので、彼女が貸してくれなかったら、絶対にこの作品を読もうとはしなかったでしょう。3編のうちの「アーモンド入りチ
AOCHAN-Blog  at 2006/11/25 8:07 PM
「アーモンド入りチョコレートのワルツ」森絵都
タイトル:アーモンド入りチョコレートのワルツ 著者  :森絵都 出版社 :角川文庫 読書期間:2006/11/10 - 2006/11/13 お勧め度:★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] ピアノ教室に突然現れた奇妙なフランス人のおじさんをめぐる表題作の他、少年たちだ
リトル・バイ・リトル  at 2007/12/29 1:28 PM
アーモンド入りチョコレートのワルツ 森絵都
アーモンド入りチョコレートのワルツ (角川文庫)(2005/06/25)森 絵都商品詳細を見る夏休みの恒例行事・いとこの章くんの別荘に、同じくらいの年のいとこ同士で集まって楽しく過ごすのが...
Trackback url: