ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 
<< 『下妻物語―ヤンキーちゃんとロリータちゃん』嶽本野ばら | にほんブログ村の本ブログ >>

『夜のピクニック』恩田陸

4103971053
夜のピクニック
恩田陸/新潮社
あの一夜に起きた出来事は、紛れもない奇蹟だった、とあたしは思う。
夜を徹して八十キロを歩き通す、高校生活最後の一大イベント「歩行祭」。
三年間わだかまっていた想いを清算すべく、あたしは一つの賭けを胸に秘め、当日を迎えた。去来する思い出、予期せぬ闖入者、積み重なる疲労。
気ばかり焦り、何もできないままゴールは迫る――。ノスタルジーの魔術師が贈る、永遠普遍の青春小説。
何だろう、この読後感は。ツンとくる懐かしい思いが胸いっぱい支配する…。
第2回本屋大賞受賞した作品。
もしかしたら本屋大賞じゃなかったらしばらくは手にしなかったかもしれません。恩田さんは大好きだけど、刊行される本全てを読むにはとてもとても今の私の読書ペースが追いつかなくて(汗)

なぜ「夜のピクニック」?とそのタイトルに疑問を持ちながら本を開きました。丸一日かけて80kmを歩くという修学旅行の代わりの行事、「歩行祭」。
80kmなんて距離ではないけれども、土手沿いを全校生徒で歩く(もちろん走るのが目的)という行事が中学生の頃あったのを思い出しました。これはマラソンだったのかな。だけど自分は走った記憶がない。そんな経験もあって、ぽつりぽつりと思い出しながら読んでました。最初はこの先に一体何が待ち受けているのだろう、とそればかりが気になっていたのですが、いつの間にか彼らと同じ風を感じ、夕陽を夜気を朝陽を体感するかのように取り込まれていました。
用意された結末は静かなるさざめき。ゆったりひろがる波紋。
私の胸からこぼれ落ちる青春と言う一欠けら。
拾い上げて透かしてみたら一体どんな色なんだろう、どんな形なんだろう。
分厚いのか薄っぺらいのか…その思い出をしばし振り返ってみたりして。
一夜の物語。中学生の息子にも読ませてみようか。

読了日:2005年5月16日
かりさ | 著者別あ行(恩田陸) | comments(6) | trackbacks(12) | 

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | - | 

COMMENTS

Posted by tamayuraxx  at 2006/01/21 1:44 PM
リサさん、こんにちは。
わたしもようやく「夜のピクニック」読めました。
何だか貴子や融たちと一緒に夜通し歩いているような気分になりました。
実際にはインドア生活ですっかり足が退化しているので、わたしには80kmなんてとても歩けないと思いますが・・・
Posted by リサ  at 2006/01/22 12:38 AM
★tamayuraxxさんへ
tamayuraxxさん、こんばんは!
そうなんですよねー主人公達と一緒に歩いている感覚ですよね。
私も今はもう夜通し歩くことも80km歩くこともダメです。
歩かないといけないなぁ、と思いながらついつい車で移動しちゃいます。

『夜のピクニック』映画化が楽しみですね(*^-^*)
Posted by すの  at 2006/09/15 8:38 AM
正直、恩田陸さんは苦手な作家でした。でも、やはり作家と作品はけっしてひとつではないと実感させられました。いつも自分で言っているのだけれど。
いい作品は、作家ではない。もちろん、その作家の書く作品が、自分に合う傾向にあることは否定できないのですが・・。
とにかく、この作品は共感しました。とても素敵な一冊。
歩きたいと思わせる力(ちから)がありました。
で、思いつき企画実現で歩く予定です(笑)
Posted by リサ  at 2006/09/17 9:48 AM
★すのさんへ
こんにちは!
すのさんのおっしゃることに同感です。
つい作品を選ぶときって作家さん丸ごと気にしてしまうものなんですが、
作家関係なく作品が素晴らしいことってあるんですよね
(上手く言えていませんけど)。これは恩田さんの作品ではあるけど、
もう読んでいるうちにそんなこと忘れてしまうくらい没頭していました。
本当に素敵な作品でした。

>>思いつき企画実現で歩く予定です(笑)

ふふふ、見ましたよ!企画が実現するのですね。
ああ!お近くだったら参加するのになぁ…たぶん(笑)
あ、でももう老体に鞭打って歩くのも辛いかも。
遠くから応援していますからねー。
Posted by   at 2008/08/13 12:48 PM
リサさんこんにちは!
ご無沙汰しております。

私の高校にもこれと似たような行事がありまして…80キロではなく20キロなんですが。
でも当時のこといろいろ思い出しました。
最後、貴子と融がお互いに分かり合うところや、「最後は大事な友達と歩きたい」って言うところ、とても好きです。
いろいろ取り繕う余裕がないから、照れくさいことも言えちゃうのだと思うのですが、それがとっても素敵だなって思いました。
Posted by リサ  at 2008/08/16 5:17 PM
★爽さんへ
爽さん、こんにちは!
お返事が遅れてごめんなさい。

爽さんの高校でもこんな行事があったんですね〜。
80キロまではなくてもちょこちょこと似たような行事をしている学校あるようですね。
一晩だけれどもそこでも成長する彼女たちを見ていてとても清々しい気持ちでした。
純粋な気持ちで伝え合うって素敵です。
だんだんとそんな気持ち薄れていってしまいますもの…。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

Four Seasons  at 2006/01/21 1:32 PM
[本]恩田陸「夜のピクニック」
夜のピクニック 恩田 陸 / 新潮社融と貴子らの通う高校で毎年恒例になっている、丸々一昼夜を かけて約80kmの道のりをひたすら歩き通すイベント・歩行祭。 3年生になった融らは、高校生活最後の行事として歩行祭に臨む。 ひたすら歩き続け肉体的限界に迫る中、高
日記というかメモ(仮)  at 2006/07/11 11:36 PM
[本]恩田陸「夜のピクニック」★★★☆☆
「上手く言うことなんてできない。 きっと、わかってもらいないだろうとも思う。 でも、あの一夜の出来事は、紛れもない奇蹟だった」 〜帯コメントより〜 先月の日記に書いた本 やっと読み終わりました。 〜だいたいのお話〜 夜を徹して80kmを歩き通す、高校生活
ぱんどら日記  at 2006/09/07 2:43 PM
恩田陸【夜のピクニック】
夜は人の心に魔法をかける。ふだん言えないことが言えてしまう。自分の秘密を人に話したくなる。 あんまり好みのタイプではない男性なのに、夜の車の中だと、ちょっとイイ男に見えたり。(すみません。若気の至りです)
本を読む女。改訂版  at 2006/09/12 8:44 AM
「夜のピクニック」恩田陸
夜のピクニック発売元: 新潮社価格: ¥ 660発売日: 2006/09売上ランキング: 43おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/09/12 高校の恒例行事、24時間の歩行祭。最後の高校3年生の歩行祭で、 歩いて歩いて、そして何かが動いていく。 貴子と融、わだかまって
図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜  at 2006/09/15 8:29 AM
「夜のピクニック」恩田陸
「夜のピクニック」恩田陸(2004)☆☆☆☆☆ ※[913]、国内、現代、小説、青春、高校生活、長距離歩行 高校の頃、大晦日、横浜の港の汽笛を聞いてから(まるで「ガラスの仮面」だ)鎌倉まで男女の仲間数人約30kmを歩いて初日の出を見に行った。いったい何人でいった
仙丈亭日乘  at 2006/09/21 11:03 PM
「夜のピクニック」 恩田陸
お薦め度:特選 ☆☆☆☆☆ / 2006年9月8日読了 ふと氣が附くと、この本が今年100册目の本だつた。 今年の目標達成! この本が記念すべき100册目といふのも、嬉しい偶然である。
AOCHAN-Blog  at 2006/10/30 9:20 PM
「夜のピクニック」恩田陸
タイトル:夜のピクニック 著者  :恩田陸 出版社 :新潮社 読書期間:2006/10/10 - 2006/10/12 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 夜を徹して八十キロを歩き通すという、高校生活最後の一大イベント「歩行祭」。生徒たちは、親しい友人と
D.D.のたわごと  at 2006/11/25 11:13 AM
コミック化希望小説◇恩田陸『夜のピクニック』
いろいろ書くことはあった週末でしたがとてもとても手が回らず,盗作ブログ発見で無駄な時間を費やしてしまってアホアホな状態の私。 とりあえず,先週半ばまでに読み終わった本,次の本を読むための区切りの意味でも感想をあげておきます。駆け足〜!!! って,ほ
デコ親父はいつも減量中  at 2007/04/08 12:13 AM
夜のピクニック<恩田陸>−(本:2007年33冊目)−
新潮社 (2004/7/31) ISBN-10: 4103971053 評価:84点 2004年に第2回本屋大賞を受賞した作品。 もう文庫本になってさえいるのに、未だに図書館では予約しないと読めない。これも予約してから2ヶ月ぐらいでやっとまわってきた。 全校生徒が24時間かけて80キロ
本を読もう  at 2007/04/14 8:12 AM
夜のピクニック
青春学園モノのストーリーは、読む側の年齢や学校の雰囲気によって感じ方が大きく変わって、さまざまな反応があるのがおもしろいところ。 作品に似た雰囲気を体験した人にとってはそうだ!これ!っと昔の思い出がどわっとでてきてノスタルジーの世界に浸れるだろうし
しんちゃんの買い物帳  at 2008/02/19 11:36 PM
「夜のピクニック」恩田陸
夜のピクニック(2004/07/31)恩田 陸商品詳細を見る 夜を徹して八十キロを歩き通すという、高校生活最後の一大イベント「歩行祭」。朝の八時から...
リトル・バイ・リトル  at 2008/08/13 1:09 PM
夜のピクニック 恩田陸
夜のピクニック (新潮文庫)(2006/09)恩田 陸商品詳細を見る北高の伝統行事・歩行際。朝8時から翌朝8時にかけて、役80キロの道のりをひたすら歩...
Trackback url: