ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 
<< 魔王が呼吸するまで(小冊子「本」より) | 『ネクロポリス』恩田陸 >>

『剣客商売2 辻斬り』池波正太郎

4101157324
剣客商売2 辻斬り
池波正太郎/新潮文庫
冷え冷えとした闇の幕が裂け、鋭い太刀風が秋山小兵衛に襲いかかる。正体は何者か? 小兵衛・大治郎が非道に挑む表題作。江戸に出たまま帰らぬ息子を探しにきた信州の老剣客へ温かい手をさしのべる秋山父子「老虎」。暴漢にさらわれた老舗の娘を助ける男装の武芸者・佐々木三冬「三冬の乳房」ほか「鬼熊酒屋」「悪い虫」「妖怪・小雨坊」「不二楼・蘭の間」。

剣客商売シリーズ2作目。
前作『剣客商売』に比べて血なまぐさが増している作品。それは剣客から少し間を置いたはずの秋山小兵衛がゆるゆるとした時間の流れに退屈してきたせいである。何かと周囲で発生する不穏な動きにじっとしていられなくなってしまうのである。いやいや好々爺な小兵衛もいいけど、剣客に姿を変える小兵衛はもっと魅力的。そんな中にあって息子大治郎もなかなかの活躍を見せる。

今作で目立ったのは小兵衛を慕い支える人物や、魅力ある人物たち。
御用聞きの弥七、今作で初登場の下引っきの傘屋の徳次郎。浅草に道場を持つ剣客・牛堀九万之助、町医者の小川宗哲、鰻屋・又六もこれから活躍する場面はあるだろうか。いずれも小兵衛を支える人物たちである。

今作も登場する料理の美味しそうなこと!「落ち鱸の塩焼きに栗飯」、鴨肉が手に入れば「鉄鍋で葱と共に焼き、酒をふくませた醤油につけて」みたり、その後の「鴨飯」とやらがもう興味津々。おはる得意の料理だそうだが、読んでいるだけでも満足な描写はお見事。また蛤を使ったもの、蛤飯みたいなものも食べてみたくなる。

最も楽しみなのが大治郎と三冬のこれから。少しずつ引き寄せられていく淡いものが何ともいえずいい。また二人揃って歩く場面はなかなかに楽しめる。「颯爽たる若衆姿の三冬」「巌のごとくたくましい武芸者」大治郎…この二人を「弁慶を義経」に例える場面は微笑ましい。

移ろいゆく季節と共に彼らも成長する。ゆっくり見届けていきたい。

読了日:2005年10月18日
かりさ | 著者別あ行(池波正太郎) | comments(4) | trackbacks(1) | 

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | - | 

COMMENTS

Posted by miheng  at 2005/10/29 9:56 AM
始めまして。ブログリストに登録して良くお邪魔してます。
今回は「剣客商売」だったので、思わず書き込んじゃいました。
私も大好きです♪
20代の頃10冊位まで読んで、最後まで読みきれませんでした。
30代半ばの今年、又読み始めました。
今、5まで読了です。
小兵衛さんは私の中ではスーパーヒーローです。
他の脇をかためる人物も皆、素敵ですよね。
20代の頃なんて、時代小説なんて読んで・・・と良く笑われました。
時代小説の凛とした雰囲気が大好きです。
私も早速続きを読もうと思うので、また、遊びにきますね。
剣客好きな方がいてうれしいです♪
Posted by リサ  at 2005/10/29 10:20 PM
★mihengさんへ
はじめまして!コメントありがとうございます♪
私もこっそり伺っておりました(*^-^*)
mihengさんも「剣客商売」お好きなのですね!
すでに10巻まで読んでおられるとは。私も全巻読めるか
いささか不安なのですが、この愛らしい人物たちのおかげで
楽しめているので大丈夫かな、と思っています。
ゆっくりゆっくりとですが、追いかけていこうと思います。

>>時代小説の凛とした雰囲気が大好きです。

本当にその通りですね。現代小説とは違う凛としたものに
惹きつけられているのかもしれません。
魅力ある作品に出会えて幸せです♪
またぜひぜひお話ししてくださいね!
これからどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by 雪芽  at 2006/07/09 11:39 PM
リサさん、2作目も読みました!
じっとしていられない小衛兵が微笑ましく思えます。
血生臭い場面が増えてきましたけど、
その合間登場する美味しそうな料理も、
なくてはならない存在ですね。
あと14冊、楽しみですよう。
Posted by リサ  at 2006/07/11 4:57 PM
★雪芽さんへ
早速2作目も読まれたのですね〜。
ね、すいすいと読めてしまいますよね(*^-^*)
小衛兵がまた剣をとると血生臭い場面が増えて
それはそれでうむむ、なんですが、それでも人情味があって
本当に面白く素敵な作品です。
料理はもう期待しちゃいますね!
ふふふ、おはる口調うつりますね(笑)

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

コンパス・ローズ   at 2006/07/09 11:32 PM
「剣客商売・二 辻斬り」 池波正太郎
辻斬り 剣客商売シリーズ2作目は一晩でいっきに読んでしまった。急ぎ過ぎだもったいない!とは思うものの、それだけ面白く読めたということでもある。 こちらも1作目同様7つの短編を収める。 2作目ともなると、読み手もこの世界に登場する人物達に馴染んでく
Trackback url: