ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 
<< ほぼ日手帳2006届きました | 12/1:購入本 >>

『魔王』伊坂幸太郎

4062131463
魔王
伊坂幸太郎/講談社
「小説の力」を証明する興奮と感動の新文学
不思議な力を身につけた男が大衆を扇動する政治家と対決する「魔王」と、静謐な感動をよぶ「呼吸」。別々の作品ながら対をなし、新しい文学世界を創造した傑作

伊坂さんが「自分が読んだことのない小説が読みたい」との思いで書いた作品。伊坂さんが発したメッセージは読み手に果たして伝わるだろうか。これはたぶん読み手の評価を二分する作品なのだろうなぁ、と読み終えてしみじみ感じた。

雑誌「エソラ」で初めて「魔王」を読んだ後、何が言いたいのか、何を伝えたいのか、それが分からず悶々とした。読み足りないのだろうか、まだ自分には理解できないのだろうか、少し悔しい思いをしていた。しかし刊行されて再度読み返してみてまだ漠然とだけど、伊坂さんの書きたかったものについて理解出来たような気がした(それに刊行順に読むと分かる嬉しいお楽しみが!)。
ふとした拍子にある能力を得た主人公が、ファシズムに傾倒していく流れを危惧し彼なりにその流れを止めようと試みる。"魔王"に立ち向かっていく…。
伊坂さん独特の想像の世界と現世界がマーブル化した不思議な物語を読むにつれ、私も何かに憑かれたように時を忘れ一心に読みふけっていた。
作中の宮沢賢治の詩にハッとする。時折見せる優しさ、力強さに思春期の頃は影響されていたけれども、ある程度年を重ねて再び出会ってみても新鮮さを失っていない。ここでは効果的に描かれているけれど、実際にこんなことがあったら私は嫌だな。ともかくも「魔王」の結末はひたひたと暗黒から忍び寄るような不気味さを漂わせている。

続編の「呼吸」は「魔王」の不気味で攻撃的なものとは反して、温かく穏やかな話し。「魔王」から5年後の世界。果たして世の中はどう変わったか。ここでは弟の恋人(「魔王」では恋人)の視点で描かれる。変わらずほのぼのとしている弟・潤也と彼女・詩織の生活がとってもいい。流れていく世の中に対して躊躇しつつも彼らは彼らなりの生活をしていくしかないのだ。しかし、穏やかでほのぼのとした彼らの生活も変化が訪れているようだ。

『魔王』は政治に対するメッセージに受け取られがちだが、本質的なものはきっと別のところにある。情報過多な世の中、ネットという媒体によりいつでも情報が引き出せ、そのひとつの情報を信じてしまう。たやすく得ることの危機感と、疑いを知らず真に受けてしまう素直な国民性の行く末、流れに逆らえないことを利用されたら…そんな恐ろしさを『魔王』に織り込んでみたのかもしれない(あ、でも考えすぎかも…)。私たちはもっともっと「考え」なければいけない。自分の中で吟味し噛み砕いて結論を出さなければいけない、そんな風に考えてしまった。
魔王、ムッソリーニ、宮沢賢治、死神…さまざまな小道具が見事に配されている本書は文学的な香りを漂わせる。

兄が見た夢、空飛ぶ鳥、それを見つめる弟…何だか悲しいけれど美しくも感じた。晴れた秋空のような清々しさが吹き抜けていく。

読了日:2005年11月24日


前の記事にも書きましたが、『魔王』への伊坂さんのコメントが紹介されています。
★こちら→魔王が呼吸するまで
かりさ | 著者別あ行(伊坂幸太郎) | comments(10) | trackbacks(4) | 

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | - | 

COMMENTS

Posted by とも  at 2005/11/26 8:35 PM
リサさん、こんばんは。

おもしろそう!
先日図書館予約を入れようとしたら、
予約を入れている人が1人しかいなかったので、入れませんでした。

図書館によって予約の人数もまちまち
ですね。

今遅ればせながら『死神の精度』読んでいます。
Posted by リサ  at 2005/11/26 10:31 PM
★ともさんへ
ともさん、こんばんは♪
今までの伊坂さんとは違って面白いです!是非〜。
『魔王』が予約数1人って意外に少ないですね。
…とこちらの県立図書館もどうかなーと調べたら
予約2人でした。こんなものなのかしら。

『死神の精度』読まれているんですね〜。
ともさんの感想が楽しみです!
Posted by   at 2005/11/27 9:53 AM
こんにちは。
伊坂さんのコメント、読みました。
『魔王』はこんなふうにして書かれていったのか〜と…。
これまでの作品に比べると異色な感じも
受けますが…柊はこの作品、好きです♪
伊坂さん、12月には長編の新刊が出るようなので
そちらも楽しみです。
Posted by リサ  at 2005/11/28 6:43 PM
★柊さんへ
こんばんは!
伊坂さんのコメント、魔王への思いが語られていて興味深いですよね。
今回の作品は最初は取っ付き難かったですが(エソラで読んだとき)、今では好きな作品です。
奥が深くていろいろと考えさせられましたし。

次作も楽しみですよね〜。Amazonに予約入れようか迷っているところです(^-^;)
伊坂さんならば、田舎の書店でも平積みされるので書店で買ってもいいな、なんて。
Posted by tamaki  at 2006/03/31 6:03 PM
こんにちは。TBさせていただきました。
リサさんが仰っているように情報化社会の危うさを描いているのかもしれませんね。
話は変わってcomment previewという機能?
リアルタイムでプレビューされてすごいですね。
Posted by リサ  at 2006/04/01 12:49 AM
★tamakiさんへ
こんばんは!
TBとコメントをありがとうございます♪
ある意味怖さを孕んだ作品ですよね。

コメントプレビューは好きな機能でプレビュー表示するJavaScriptを
設定しています。
stroll::blogさんの「コメントをプレビュー表示」を参考に
させていただきました。
こちら→http://melrose.jugem.cc/?eid=143

stroll::blog
http://melrose.jugem.cc/
Posted by 藍色  at 2006/05/10 11:50 PM
リサさん、こんばんは。
自分で考え、行動することを提起する作品でしたね。
講談社へのリンク、すごく興味深い記事でした。
「魔王」には続きがあるものと思いこんでいたのですが、完結みたいで少し残念です。

ブログリストに登録させていただきました。
相互リンクしていただいてもよろしいでしょうか?。
Posted by リサ  at 2006/05/12 12:45 AM
★藍色さんへ
こんばんは♪コメントとTBありがとうございます(*^-^*)
こう、他人の意見に流されず、自分をしっかり持て!と
言われているようでとても考えさせられた作品でした。
リンク先の記事は裏話としてなかなか楽しい内容ですね。
「魔王」の続編あったら私も嬉しいのですが…。
う〜ん続編はなさそうですね(>_<)

ブログリストへ登録下さって嬉しいです!
ありがとうございます。
こちらからも是非リンクさせて下さいませ。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by 藍色  at 2006/05/13 1:24 AM
リサさん、こんばんは。
リスト登録、コメント、トラバ返しありがとうございます。
お伺いするのが遅くなってすみません。
リンク先の記事のおかげで、やっと意図がつかめて理解できました。
ありがとうございます。
気がつけば、いろんなページに記事リンクが貼ってあって、
おもてなしの気持ちがあふれていますね。
「魔王」の続編、もしもできたら、読みます(笑)。
伊坂作品は図書館でも人気がありすぎて、
「砂漠」も「週末のフール」も「陽気なギャング」もまだ読んでいません(涙)。
気長に待ちたいと思います。
ふつつかものですが、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by リサ  at 2006/05/16 10:15 PM
★藍色さんへ
こんばんは!コメントありがとうございます♪
お返事がかなり遅れてしまい、すみませんでした…。

裏話なんかがあるとその作品にぐっと近づけますよね。
そんな記事があるとついついおせっかいで
みなさんに読んでほしくてリンク貼っちゃいます(*^-^*) 
そう!伊坂さんは図書館では待ち人数がすごくて。
伊坂さん作品はついつい買ってしまう私です。
こちらこそこれからもどうぞよろしくお願いいたします!

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

IN MY BOOK by ゆうき  at 2005/12/22 12:11 AM
魔王 伊坂幸太郎
魔王伊坂 幸太郎 講談社 2005-10-20by G-Tools ネタバレあり! 超能力兄弟が、ファシストと戦う! じゃないな。 超能力兄弟が、ファシストと戦おうとする・・・。 ですね。あらすじとしてはそういう物語です。 あとがきで“ファシズム”や“政治”がテ
Analogue World Traveler  at 2006/03/31 1:27 PM
『魔王』
 超能力を手にした兄弟がファシズムの台頭を危惧し、それに立ち向かおうとする──と書くと、SF的な要素が濃厚そうに思われるかもしれないが、案外そうでもない。超能力は至って地味だし、登場人物たちも現実味溢れる。相変わらず伊坂氏らしい洒落ていて巧い作品だ。
粋な提案  at 2006/05/10 11:52 PM
魔王、伊坂幸太郎
装幀は松田行正。小説現代特別編集「エソラ」2004年12月・第一号、2005年7月・第二号掲載。表題作と「呼吸」からなる連作中編集。 表題作魔王:パソコンシステム会社の
"やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!  at 2006/05/20 4:36 PM
魔王 伊坂幸太郎
魔王 ■やぎっちょ評価コメント 読みやすかったので一気に読んでしましました。 主人公が変わる二段構成が、こういう展開になるとは思っていなかったので構成として、いい意味で読者を裏切って良いです。 伊坂さんの本って、仙台が舞台になることが多いですがそっ
Trackback url: