ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 
<< 『ドミノ』恩田陸 | 『BROOCH』渡邊良重・絵 内田也哉子・文/リトルモア >>

『春期限定いちごタルト事件』米澤穂信

4488451012
春期限定いちごタルト事件
米澤穂信/創元推理文庫

なんて可愛いミステリ本でしょうか。読み終えるのがもったいなくて大事に大事にちびちびと読んでました。小市民を目指す小鳩くんと小佐内さんが可愛らしい。小市民という言葉自体は身近な人が良く使うので(夫ですが(笑))大して珍しい言葉ではないけれども、何故に小市民?との疑問を持たせながら読ませる、というのはなかなかに面白い試みです。ミステリといってもライトノベル的な雰囲気のあるものなので非常に軽く読めます。さらりとした爽快感のある作品。何故小市民を目指すのかそれに到ることになった経緯はちょこっと明かされていますが、輪郭がぼやけていてどうも納得いかない。小佐内さんの過去が気になるよ〜。てことで続編希望。

米澤氏の作品は『氷菓』のみ読了。『愚者のエンドロール』は積読のまんま。探し出して読んでみようかな。

読了日:2005年2月19日

関連記事
『愚者のエンドロール』感想(2005/7/28)
『夏期限定トロピカルパフェ事件』(2006/5/23)
かりさ | 著者別や・ら・わ行(米澤穂信) | comments(10) | trackbacks(5) | 

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | - | 

COMMENTS

Posted by 莉絵  at 2006/06/16 10:09 PM
 スイーツな題名だけど、前面に出てこないところや、登場人物の感情などがべったりとしていなくて、適度にごまかされて(?)というか、距離を置かれて書いてあるところが好きです。小市民の響きもなんだか、飄々としていていいです。
 本屋さんでずっと気になっていた本なのでやっと読めて嬉しいです。
Posted by リサ  at 2006/06/16 10:35 PM
★莉絵さんへ
こんばんは!
タイトルと表紙からして甘くて可愛い話しを想像しますが、
意外にサラリと書かれているところは好意を持てます。
特に小佐内さんの意外性が楽しいですね。
その小佐内さん、夏期限定ではさらに面白いことになります。

気になっている本ってその分期待を温めるのでそれが
叶ったとき嬉しいものですよね。そんな味わいも好きです。
Posted by 藍色  at 2006/06/20 4:55 PM
リサさん、こんにちは。
小佐内さんが食べるスイーツの描写、ほんとにおいしそうでした。
小鳩くんと小山内さんのキャラクターが際立っている作品でしたね。
そっと小市民にしといてあげたい気もしますが、事件がないと物語にならないので、
狐と狼の二人がこれからどうなるのか楽しみです。
Posted by tamayuraxx  at 2006/06/20 7:22 PM
この作品は確かにライトノベルっぽくもありましたね。
あっというまに読了してしまった作品です。
米澤さんは、こういったラノベ風でない作品も出していますよね。
それも読んでみたいなと思いました。
Posted by リサ  at 2006/06/22 12:41 AM
★藍色さんへ
藍色さん、こんばんは(*^-^*)
米澤さんは甘党かな?と思いながら「うふふ」なんて読んでいました。
何たって小市民を目指しているんですもんね、何が何やら?ですが
だんだんと本性が見え隠れするところがドキドキものです。
その狐ぶりは夏期で大いに楽しんでください。
もっともっと驚かされますから!
本当にこの先どうなるのか、楽しみです。
Posted by リサ  at 2006/06/22 12:44 AM
★tamayuraxxさんへ
こんばんは♪
そうですね、ライトノベルな感覚を終始感じていました。
夏期もある意味すごいです。

ラノベ風の米澤さんもなかなかですが、そうでない米澤さんも
ビターな味わいで好きです。
それは「犬はどこだ」なんですけどね。
これもオススメですー。
Posted by とも  at 2006/11/04 4:41 PM
この本の感想難しかったです。
何故に小市民を目指すのかって
かわいい高校生だなって思いま
た。

TBさせていただきます。
Posted by リサ  at 2006/11/04 5:27 PM
★ともさんへ
これ、小市民をなぜ目指すのか?とか二人の過去とか
特に小佐内さんの過去が謎ですものね。
次の夏期限定で少しずつ明かされますが…。
夏期がまたすごいんですよ!ビックリなんです。
是非是非読んでみて下さいね。
Posted by ど〜じ〜  at 2007/03/03 7:17 PM
小市民を目指す探偵なんて、許せんっ!と思いながら読み始めたのですが、読み進める内に引き込まれてました(笑)

小佐内さんのキャラに騙されたなぁ。(^^ゞ
Posted by リサ  at 2007/03/06 11:57 PM
★ど〜じ〜さんへ
お返事が遅くなりましたm(_ _)m
早くも読まれたのですねー。
そうなんですよね、始めは「けしからん!」なんて
思いながら読むんですけど引き込まれちゃうんですよねねぇ。
小佐内さんは絶対騙される!
夏期限定ではさらに楽しめること間違いなしですよ。
また感想楽しみにしていますー。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

白露書房  at 2006/06/16 9:04 PM
春期限定いちごタルト事件
プロローグ 羊の着ぐるみ For your eyes only おいしいココアの作り方 はらふくるるわざ 狐狼の心 エピローグ ***  小鳩くんと小山内さんは、高校一年生。きょうも密かに、小市民を擬態している。小市民という響きが、なんともいえない気分を
粋な提案  at 2006/06/20 4:57 PM
春期限定いちごタルト事件、米澤穂信
イラストレーションは片山若子。文庫書き下ろし作品(小市民シリーズ)。 2001年、第五回角川学園小説大賞ヤングミステリー&ホラー部門奨励賞を「氷菓」で受賞デビュー。ほかの作品「愚者のエンドロール」「クドリャフカ
Four Seasons  at 2006/06/20 7:11 PM
[本]米澤穂信「春期限定いちごタルト事件」
春期限定いちごタルト事件 米澤 穂信 / 東京創元社互恵関係だが恋愛関係や依存関係ではない小鳩くんと小佐内さん。 2人は推理が得意だが、高校入学を期に、小市民であることを決意。 目立つことはするまいと誓うが、身の回りで次々に小さな事件が発生・・・ と
とものブックレビュー  at 2006/11/04 4:42 PM
春期限定いちごタルト事件/米澤 穂信
春期限定いちごタルト事件米澤 穂信 東京創元社 2004-12-18by G-Tools 小鳩君と小佐内さんは、恋愛関係にも依存関係にもないが互恵関係にある高校一年生。きょうも二人は手に手を取って清く慎ましい小市民を目指す。それなのに、二人の前には頻繁に謎が現れる。名探偵
シテミントテスルナリ  at 2007/03/03 7:14 PM
[books]「春期限定いちごタルト事件/米沢穂信」
高校生になったばかりの小鳩常悟朗は小佐内ゆきと共に、「小市民」となることを目指し日々過ごしています。 つまり、人より目立たず、地味に周りに溶け込んで暮らすことを望んでます。 しかし、日常にも謎は転がってます。 美術部に残された2枚の絵の謎、美味しいココ
Trackback url: