ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 
<< 『アクアリウムの夜』稲生平太郎 | ホワイトデーの贈り本 >>

『包帯クラブ』天童荒太

4480687319
包帯クラブ
天童荒太/ちくまプリマー新書
これは、戦わないかたちで、自分たちの大切なものを守ることにした、ある小さなクラブの記録であり、途中報告書だ…。いまの社会を生きがたいと感じている若い人たちに語りかける、傷ついた少年少女たちの感動的な物語。

じわじわと沁みわたった。自分にはこんなにもいくつもの傷があったのだろうか。気がつかなかった傷。心に受けた傷は痛いという感覚はない。そしてどれだけの血が流れ、どれだけ深く負ったのかさえもわからない。自分では小さいことだと思っていた傷が実は深く深く抉られているほどの大きなものだったといつかどこかで気づかされることもある。ではどうしたらその傷は癒えるのか。いや、その傷とどう対峙するのか。答えがここにある。

本書を購入するまでにかなりの時間を要した。タイトルに惹かれ、装丁に惹かれ(装丁はクラフト・エヴィング商會だった。どうりで惹かれるはずだ)、1ページ目を開く。ためらった。大人の私が読む本か?もしかしたら相応しい内容でないのかもしれない。そんな今から思えば馬鹿げた思いが頭をもたげ結果また棚に戻す。以来本書を見つけては同じことを繰り返した。しかしとうとうお金を払い自分のものにした。そうしたら積んでおくことはもう出来なかった。すぐに読み始めた。冒頭の「世界の片隅の、ある小さなクラブの記録であり、途中報告書だ。」の途中報告書に疑問を持っていたが読めば分かる。そういうことだったのか、と。そして彼らの結束の強さ、意思の強さに己の弱さ、曖昧さを恥じる。何だ、私も子供の頃最も嫌っていた口先だけの大人に成り下がっていたんじゃないか…思うだけ、言うだけで行動に移せない曖昧な自分が垣間見えた。

本書は「包帯クラブ」という小さなクラブの発足とその当時の彼らのこと、そして彼らの形成したものが、以後大人になってどんな形で活かされていくのか、将来に生きる彼らの姿を報告書として合間合間に差し込ませている。その構成が素晴らしい。ただの感傷的な話しには終わらない効果が得られている。

心に傷を負っても生きていかねばならないとは何と辛いことだろう。その傷と向き合うことはかなりの勇気を要する。
例えば、肉体に傷を負うとしよう。その部位に包帯を巻かれていたとしたらそれを見たらまず労わりの言葉をかけるだろう。それだけ、たったそれだけでも楽になる。痛みや傷もやがて回復に向かうだろう。しかし心に負った傷は人には見えない。自分にだって程度はわからない。これだけの傷を受けたのだ、と言葉にしても伝わりにくい。言葉にも出来ない傷だってある。そうやって封じ込めた傷が増えていくのだ。と、同時にするりと抜け落ちるように大切なものが失われていく。それを戦わずして守ること、子供には子供なりの、大人には大人に出来ることを彼らは実践する。

新書だからと侮るなかれ、タイトルと綺麗なグリーン×アイボリーの装丁に惹かれたならば手にし、読み始めることをおすすめする。自身の傷と向き合うこと、他人に負わせた傷のことも考えさせられる1冊である。そして読み手それぞれの傷の数だけ本は重みを増す。

読了日:2006年3月12日
かりさ | 著者別た行(その他) | comments(36) | trackbacks(16) | 

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | - | 

COMMENTS

Posted by ましろ  at 2006/03/13 5:31 PM
リサさん、こんにちは。
この作品を読むに至るまでの過程にある、迷いや躊躇い、自問自答…
結構早い時期に読んだ私にもありました。連日通って迷っていたので、
きっと、棚の前で思案していた姿は、書店の方に妙な目で見られていたはず(笑)
自分自身にとって重みを増す本と、これから先も出会いたいナ、そんなことを思います!

Posted by リサ  at 2006/03/14 3:20 PM
★ましろさんへ
こんにちは♪コメント嬉しいです(*^-^*)
ましろさんも購入前にずいぶん悩まれたんですね。
ああー私もきっと書店員さんに不気味に思われていたかも…。
知らなかった世界、自分では思い描かな世界に触れることの
楽しさをこの作品で感じることが出来ました。
ずっと大事にしていきたい本です♪
Posted by まめころりん  at 2006/03/15 3:18 PM
リサさん こんにちは
amazonのサイト教えてくれてありがとう!
こんな便利なサイトがあったなんて
全然知りませんでした(´ー`)
さっそくそちらの方で作成したのを
貼りました!こっちの方が見た目が
やっぱりきれいだよね〜

ほんとありがとう!

包帯クラブは予約待ちです
天道荒太さんは前出された文庫(題名
忘れちゃった・・隔月に出るみたいな文庫)
は途中で挫折しちゃったんですけれど
これはとてもよさそうですね!

昨日から恩田陸さんの「エンド・ゲーム」を
読み始めました!
Posted by リサ  at 2006/03/16 12:47 AM
★まめころりんさんへ
こんばんは♪
ツール、参考にして下さって嬉しいですー。
そんなに喜んでいただけて…(*^-^*)
表示デザイン画選べるのが便利ですね。
サイズも選べるのがお気に入りです。

「包帯クラブ」良かったですよー。まめころりんさんの感想
楽しみにしています♪
天童さんはこれが初めて。有名な「永遠の仔」(でしたっけ?)
も未読なのです。きっかけがあって新たな作家さんを
知るというのは貴重なことですね。

「エンド・ゲーム」読まれるのですね〜。
私は積んだまんま(^-^;)またこちらもレビューを楽しみにしています。
Posted by ビンゴ  at 2006/03/29 8:58 PM
リサさん。TB、コメントありがとうございます。
 
なかったものにしてある傷、探してみると、誰にもあって、それに手当てをしてもらった瞬間、痛かったんだときづいたりしますよね。

読後、まだ、いまだに、しみじみとしています。

これからよろしくお願いします。
Posted by リサ  at 2006/03/30 8:10 AM
★ビンゴさんへ
こんにちは!コメントありがとうございます♪

ビンゴさんのコメントにありましたおばあちゃんの話し、
じ〜んとしました。そういえば私も母親の立場では
具合の悪い子どもの痛いところにずっと手を当てたり
しています。そういうのって何気にやっていますが、
きっと子どものほうは安心しているのかもしれませんね。
家族だけでなく、他人にも優しさを与えられる人に
なりたいものです。
本当に読後もいろいろと考えさせられ、気づかされる作品。
こちらこそよろしくお願いいたしますね!
Posted by 雪芽  at 2006/04/12 10:59 PM
リサさん、はじめまして。
じゅずじさんのブログから辿ってこちらに伺いました。
何故なんでしょうね、私も本を手に取っては迷い、
一周してまた手に取り戻してと、すんなり買えなかった本でした。
でも、読んで正解でした。
またいろんな本のレビューを拝見しに伺いたいと思います。
まずはBlogPeppleに登録させて頂きすね。
これからもどうぞよろしく!
Posted by juzji  at 2006/04/13 6:47 PM
リサさん、TB/コメントありがとうございました。あらら、雪芽さんもいる!

普段の何気ないことでも、傷つく側とつける側がある。そんな二人の気持ちを癒す薬があったらいいですよね。でもその薬にはやっぱり処方箋がいる。処方箋は何?って聞かれたら、「誰か」なんだろうね。
包帯を巻きにいくまでが、処方箋なのかな。
Posted by リサ  at 2006/04/14 10:04 AM
★雪芽さんへ
雪芽さん(素敵なHNですね♪)はじめまして!
コメントとTB、とても嬉しいです。
ありがとうございます。

雪芽さんも同じく買うまでに時間を要したのですね。
何故でしょうね、何となく大人が読む本じゃないかな、という
変な思いがジャマしたのでしょうか。大人だからとか本を選ぶのには
関係ないのについつい考えてしまいます。
でも思い切って買って読んでみて本当に良かったです!
躊躇したままだったらこの本との出会いもなかったかと
思うとやっぱり読みたい、という意思そのままに読んだほうが
いいのだな、と改めて思います。

BlogPeppleに登録くださってありがとうございました!
こちらからも登録させていただきました。
これからどうぞよろしくおねがいいたします(*^-^*)
Posted by リサ  at 2006/04/14 10:14 AM
★juzjiさんへ
juzjiさん、こんにちは!
コメントありがとうございます(*^-^*)

傷を受けた側はもちろん、つけてしまった方もそのことで傷に
なったり…。いつまでも抱えていくには辛い傷への処方箋は
やっぱり誰かによって治してもらうのが一番の方法なのかも
しれませんね。
包帯の意外な効果に本当に教えられた作品でした。
Posted by touch3442  at 2006/04/29 8:23 PM
リサさん、こんばんは。
以前にリサさんがこの本について書かれているのを思い出して、TBさせていただきました。
ここ何年か、「癒し」がブームになっていますが、自分が何かに癒されることを求めるだけではなく、この小説の登場人物たちのように、一歩踏み出して、自分が人のために何をすることができるのかを考えられるようになりたいものです。
Posted by リサ  at 2006/04/30 11:14 PM
★touch3442さんへ
こんばんは!
コメントとTBをありがとうございます♪
記事にしていたこと、覚えてくださっていて嬉しかったですー。
本当に与えてもらうことばかりで、自己中心的になってしまいがちな
自分にとって、この作品は結構痛いところを突いてくるものでした。
想像以上に深い作品でしたね。
Posted by KORO  at 2006/05/29 12:00 AM
こんばんは。私も良い感じの緑色の装丁と、タイトルに惹かれて買っちゃった一人です。そして、読了後は『包帯クラブ』に参加したい一人です。とっても、心温まりました!
Posted by リサ  at 2006/05/30 10:03 PM
★KOROさんへ
こんばんは!
コメントとTB嬉しかったです♪
ありがとうございます。

KOROさんも装丁とタイトルに惹かれたお一人ですね(*^-^*)
読み始める前はどんな話しが展開されるのか
想像つきませんでしたが、本当に温かい話しでホッとしました。
時々読み返すのも良いかもしれませんね。
Posted by ひとみ  at 2007/05/07 8:04 PM
こんにちわ(*^_^*)私もつい最近『包帯クラブ』読みました!
私は今、高校生です。凄くこの本によって考えさせられましたし、包帯をまいて傷を癒すということにも深く感動しました。
今度、映画も公開するみたいなので、とても楽しみです!配役も合っていて良かったです。
Posted by リサ  at 2007/05/09 8:46 AM
★ひとみさんへ
こんにちは!ご訪問とコメントありがとうございます♪
お返事が遅くなってしまい、すみません…。
ひとみさん高校生なんですね。10代で読む『包帯クラブ』はまた違った
意味合いを持って読まれたのかもしれないな、と思います。
包帯を巻く、という発想にハッとさせられました。
息子が高校1年生で先日彼にこの作品を貸してみました。
彼はどう感じるか、楽しみです。
映画化になりますね!配役、イメージにすごく合っていて安心しました。
このキャストならば安心して観られますね(*^-^*)私も楽しみです♪

また是非いらして下さいね。お待ちしています。
Posted by ひとみ  at 2007/05/20 6:42 PM
>>リサさん

お返事ありがとうございます。私の周りにはこの本をわかりあえる人がいないので、このサイトを知ったときは凄く嬉しかったです♪

リサさんには息子さんがいるんですね。驚きました!私は高校3年生なので息子さんより年上ですが、この本から影響を受けたことがたくさんあるので息子さんも何か感じとってくれたかもしれませんね(*>∀・)ノ

私にも包帯クラブの中に出てくるような仲間が欲しいです。
リサさんにはそういう仲間とかいますか?

Posted by リサ  at 2007/05/20 9:08 PM
★ひとみさんへ
こんばんは!こちらこそまたコメント頂けて嬉しいです♪
周りには読んでいる人少ないのですね…。
ふふふ、息子がいること、驚きましたか?(笑)
ひとみさん高3なのですね。ひとみさんの年でこの本を読んでいたら
自分が一体どんな感覚で読んで、どんな思いで受け止めただろう、と
つい考えてしまいました。今の年齢で読むのとは確実に違った感想を
持っていただろうと思います。
息子はまだ読んでいないようです(その前にいろいろと積んでいるようで。親子良く似ています)。
彼がどう感じるか早く感想を聞きたいものです。

包帯クラブのような仲間たち…そういえば、と考えてみました。
学生の頃、卒業して社会人になった頃、その頃には確かにいましたが
次第に各々が自分の環境に応じて必要とする仲間が変化していき、
これほどまでの強い結束力はそういえばなくなってしまったなぁ、と。
それでも、今でも連絡は取り合っています。そういう意味ではいる、と
答えられるのかもしれません。そういう存在があるというだけで、何だか
心強いものですね。ひとみさんにもこれから出来るかな。今じゃなくても
きっと出来ると思います。またそんなお話し聞かせてくださいね。
Posted by ひとみ  at 2007/06/05 7:06 PM
>>リサさん

また来ちゃいました♪
息子さんはまだ読んでいないのですね。親子で同じ本について語りあえるって素敵なことだと思うのでリサさんも息子さんと語りあえると良いですね。

リサさんには素敵な仲間がいるようで羨ましいです。私もこれから色々な人と出会います。新しい人との交流や新しい場所へ進むことに不安はありますが、リサさんにもいるように私にも素敵な仲間ができるといいなと思っています。

私は受験生ということもあり、勉強ばかりの毎日を過ごしています。
勉強の日々の気晴らしになるのが読書で、包帯クラブの本には感謝しています。そして包帯クラブを通じてリサさんとも出会うことができました。
時々、書き込みに来ますので時間がありましたら相手して下さい。

ではまた!!
Posted by リサ  at 2007/06/05 8:36 PM
こんばんは!またいらしてくださって嬉しいです♪
わりと息子とは本の好みが合うので(って私の本棚からちょこちょこ読んでいるのですからそうやって育ったわけで、当然といえば当然ですよね)今はお互いに気になる本を貸し借りしたりしています。
この「包帯クラブ」についても感想を語り合えたらいいなぁ、と思います。

環境によってその仲間も変わってくるので、その都度自分の環境に合った友達が出来て面白いし楽しいものです。不思議と人間関係は良好でいつも素敵な方との出会いがあるのでこれは幸せかな、と。
ひとみさんはこれから新しい環境、そこでの新しい出会いが待っていますね。
可能性が沢山あってとても素敵なことだし、楽しみでもあると思います。

そうですね!ひとみさん受験生ですね。今はとても苦しい頃でしょうけれど
息抜きに読書しつつどうぞ目標達成できますよう、陰ながら応援いたします。

>>包帯クラブを通じてリサさんとも出会うことができました。

とっても嬉しいお言葉にじんわりしてしまいました。
本当にこうして本を通しての出会いも素敵なことです。
もちろんこれからもひとみさんの書き込みお待ちしていますので
ちょっと勉強に疲れたな、ってときはいらしてくださいね。
もう〜大歓迎いたしますので!ちょこちょこ近況教えてくださいませ。
またお話しできるのを楽しみにしています。
Posted by ひとみ  at 2007/06/28 8:02 PM
  リサさん。お久しぶりです。
現在、期末試験実施中で勉強の疲れを癒しに遊びに来ました。
先日、地元の本屋に行ったとき、包帯クラブがたくさん並んでいて、さまざまな年代の人が手にとっている姿を見て嬉しくなりました。

私も包帯クラブに影響を受けた一人なので、これから読む人たちにも何かしら影響を与えてくれることを願っています。

話は変わりますが、最近梅雨の時期になり、毎日雨やジメジメした暑さに参っています。
お互い体調に気をつけましょうね。

リサさんは何か夏の予定とかは決まってますか?私は今年は出かけられそうにもないです。
リサさんにとって楽しい夏になるといいですね。

Posted by リサ  at 2007/06/30 12:04 AM
★ひとみさんへ
ひとみさん〜こんばんは!
今期末試験ですね。我が家でも高校の長男、中学生の次男がやはり期末試験でした。3年生のこの時期の期末はさらに大事ですから気が抜けませんね。
神経疲れも出てしまうと思います。そんな癒しにひなゆるを見てくださって
嬉しいです!本読みたい〜気持ちが大きくならないといいのですが…。

映画化の影響でしょうか、こちらでも平積みになっているのを見かけます。
いろんな世代の方に手にとって読んで欲しいですね。
それぞれその人の経験値でこの本に対する思いも違ってくるでしょうから。
ひとみさんにとって『包帯クラブ』は格別な思いのこもった作品ですね。

それにしても暑いです!おっしゃるとおりジメジメした暑さが嫌ですね…。
特にひとみさんは大事な体ですから体調崩さないようご自愛しつつ
目標に向かって歩んでくださいね。ひっそりこっそり応援していますよ!

夏の予定は今のところ夫の実家へ帰省するくらいでしょうか。
あとは近場をぶらぶらするくらいです。たぶんいつもと変わらない日々です。
子供も部活三昧なので家族みんなで、の予定が立ちません。
でも変わらず穏やかに過ごせればそれが一番なのですよね。
ひとみさんも悔いのない夏でありますように。また疲れたらいらしてくださいね!
お待ちしています♪
Posted by ひとみ  at 2007/07/28 11:11 AM
>>リサさん

お久しぶりです。
先週からやっと夏休みになりました!でも、毎日勉強の日々です。
毎日暑いですねぇ〜。私は汗っかきなので夏は大変です。

7月も、もう終わりますね。3年生になったのがつい最近のように思っていたのですが……。きっといつの間にか卒業の時期になってしまうんですよね。
そう考えると残りの高校生活を大切にしていきたいなと思いました。
9月には文化祭があるので、クラスの皆に協力したいです。いつもは協力しないのですが……(笑)

私の話を長々としてしまったのですが、リサさんは夏休みをどうお過ごしですか?暑いので体調には気をつけて下さいね。

また遊びに来ます。
Posted by リサ  at 2007/07/30 2:22 PM
★ひとみさんへ
こんにちは!お久しぶりですね。またコメントいただけて嬉しいです♪
夏休みですよね〜。でも受験生にとっては夏休みも勉強、勉強ですね。
高1の息子も夏休み入ったものの毎日学校の夏期講習です。

残りの高校生活、大事に過ごしてください。大人になってからもいい思い出として残りますから。私も時々思い返しています。当時の仲良かった友達とも今では会う機会も少なくなりましたがメールのやり取りはしていて、未だに繋がっているんだなぁ、なんて不思議に思います。
そうそう!文化祭も最後ですし、楽しんでくださいね。

私の夏休みは普段よりももっともっと忙しくしています(>_<)
母は休みなし、って感じです。ホッと出来るのは寝る前のほんのひとときでしょうか。
お盆に夫の実家や私の実家へ行くくらいで終わりそうです〜。
お互い夏バテに気をつけましょうね。
ときどきは気分転換にまたいらしてください。コメントも大歓迎ですので♪
お待ちしていますね!
Posted by ひとみ  at 2007/09/03 10:35 AM
リサさんこんにちは。
もう夏休みも終わってしまいました。土曜日には高校生活最後の文化祭があり、今日はその代休です。
準備のときや本番は忙しく、混乱していて皆イライラしていたということもあり、少しの揉めごともありましたがそれも将来良い思い出として残るといいなぁと思ってます。

また明日からは普通の授業が始まります。かなり憂欝です(笑)おまけに受験生!!来年、合格して笑えるように頑張りたいと思います!!

包帯クラブの公開近いですね〜♪♪楽しみです(*^_^*)
それではまた遊びに来ますね!!
Posted by リサ  at 2007/09/05 11:07 PM
★ひとみさんへ
ひとみさん〜こんばんは!コメント嬉しいです♪
夏休み終わってしまいましたね。今年はまた早く終わってしまった感じではないでしょうか。
私ももしかしたら今までで一番忙しかったのではないか、というくらい学校関係が忙しい夏休みでした(あ、次男の部活のことです)。
土曜日文化祭なのですね。台風が心配なんですが…。
我が家も次男の体育祭が土曜日なのでどうなるか心配です。
彼、吹奏楽部で演奏するので朝から見に行かなくてはなりません!
息子の勇姿(?)を見るのが今から楽しみです。

学園祭の準備って本当にごたごた揉めますよね〜。
私は女子高だったのですが、これはこれでまた女同士いろんなぶつかり合いがありまして…。でもホント、それもいい思い出として残っています。
ひとみさんの今の一日、一日も思い出になっていきますね。
振り返ったとき、後悔だけはしないような学校生活を送りたいものです。
文化祭上手くいきますように!

受験生として2学期からはまた過酷な日々ですね。
やりたいことも封印して勉強に励んでいることと思います。
でも時々は息抜きしてくださいね。行き詰ったらまたここにコメントしに来て下さいね〜。
受験、影ながら応援しています!

包帯クラブの公開楽しみですね♪
またいつでもいらしてくださいね〜。お待ちしています。
Posted by miyukichi  at 2007/09/24 2:21 PM
 じわじわきますよねー。
 私も読んでよかったと思いました。
 天童さんの優しい目線がとてもよかったです。
Posted by リサ  at 2007/09/26 10:31 PM
★miyukichiさんへ
思い切って読んで良かったです。
こういう発想ってすごいなぁ、としみじみ感じた作品でした。
映画でも同じ感覚を得られるのかどうか、興味があるところです〜。
Posted by 苗坊  at 2007/10/28 10:24 PM
天童さんの作品って、怖いのかなぁと思って読んでませんでした^^;
意を決して読みました^^
何だかあったかい気持ちになれる作品でした。
良かったですね。
出てくる人たちみんな、心に傷を負っていて、だからか人に優しい気がしました。
Posted by リサ  at 2007/10/30 8:32 PM
★苗坊さんへ
苗坊さん〜お久しぶりです!
天童さんの作品、私も少し構えていたのでなかなか手を出せずにいました。
読んでみたらとても温かな作品でしたね。
傷を負うだけ優しくなれるのかなぁ、って。
その分臆病にもなってしまうのかもしれませんけれども。
大人ながらに大事なことを子供に教わった気がします。
Posted by ひとみ  at 2008/03/05 1:51 PM
リサさん、お久しぶりですね。覚えてますか?
受験も卒業式も終わり一段落したので、また書き込みさせていただきました。
長いようで短い高校生活。高校の卒業式は、やっぱり中学校や小学校とは別物だと思いました。本当にこれからは別々の道を歩むのだと考えると寂しくなります。好きではなかった制服も、もう着れなくなると思うと悲しくなります。
でも、いつまでも大切にしたい仲間もできました。それって素晴らしいことですよね?
新しい道に進むことを考えると不安ばかりです。女なので人間関係を気にしちゃったりしてます。新しい世界って恐いですよね。私は今から緊張してます。
また、時々ここに来て書き込みしたいと思っているのでよろしくお願いします。
Posted by リサ  at 2008/03/08 12:00 AM
★ひとみさんへ
ひとみさん、こんばんは!
お久しぶりですね。コメント嬉しいです♪
もちろん覚えていますよ〜。
あれからどうされたかな、受験でお忙しいだろうな、と折に触れて思っていました。
なので元気なお声が聞けて安心しました。
そうですね、もう卒業の時期、無事受験も卒業も終えられたのですね。おめでとうございます!!
高校生活はまた特別なんですよね。私も今でも繋がっている友達は高校の時の友達が多いです。
仲間が出来て大切にしたい、って思えてそれって素敵だし素晴らしいです。
なかなか会えなくなってしまうかもしれませんが、細くとも長く続いていけるといいですね。

生きるって新しい道ばかりでその度に不安がったり心配したりしますけど、思えばそれを乗り切ってかいぐぐってきたんだなぁ、と今になって懐かしいです。
ひとみさんもいつかそんな思い出に変わっていきますよ。
またその真っ只中にいるひとみさんが眩しくてとっても綺麗だと思います。
新しい環境、上手くいきますよう応援しています。
また是非いらしてくださいね。お待ちしています(*^-^*)
Posted by ひとみ  at 2008/04/03 2:23 PM
リサさん、こんにちわ。ついに、新生活が始まってしまいました。慣れないことばかりしているので毎日疲れきっています。
突然ですが、私は今度から英会話教室に行きます。英語を話せるようにならなければいけないし、英語の試験も受けなければならないし……てな感じで今年は色々忙しくなりそうです(;^_^)
リサさんは何か習いごととかしてますか?私は小学生のころ水泳とピアノと書道を習っていました。でも、ピアノは上達しませんでしたね(笑)今、考えると真面目に取り組んでなかったように感じます。少し後悔かな(。_。)
だから英会話はしっかり取り組もうと意気込んでます!将来にも関わることなので…♪

話は変わりますが…今年もリサさんとは仲良くしたいと勝手に考えているので、よろしくお願いします!!
また遊びに来ますね(●´∀`)ノ

Posted by リサ  at 2008/04/04 10:07 AM
★ひとみさんへ
ひとみさん〜こんにちは!
いよいよ新生活ですね!ひとみさんもそろそろ始まったかな、と密かに思ってましたよ。
新しいこと、慣れないことばかりで心も体も疲れてしまうと思いますが、次第に順応していきますから焦らずゆっくり、ね。

おお!英会話始められるのですね!こちらも新しいことにチャレンジってことで忙しくなりそうですね。ああ、でも勉強できるっていいことだと思います。羨ましいです。
私は今は習い事していませんが、幼稚園生から20歳過ぎまで書道やってました。子育てなどでお休み中で資格も教師級止まりなんですが、また近々再開して師範までいきたいです。
子育て中は手芸の通信課題も受講していてそれが功を成したか今キット作って販売していたりします。習っていたことが糧になっていくというのは本当に生活が充実しますよね。いつでも何かを学んでいたい、って気持ちは忘れずにいたいです。
ひとみさんの頑張りはすごく刺激になります〜。またいろいろ近況聞かせてくださいね。楽しみにしているんですよ(*^-^*)

こちらこそ是非是非これからも仲良くさせてくださいね。どうぞよろしくお願いいたします。
また遊びに来てくださいね〜。いつでも大歓迎です!
Posted by ひとみ  at 2008/06/05 5:45 PM
リサさんへ。
こんにちわ。こんな見ず知らずの者の話を聞いてくれて、そして返事まで下さるリサさんはきっと素晴らしい方なのでしょうね。リサさんと出会えて本当によかったです(*^_^*)
書道を習っていたのですか……しかも師範レベル!?すごいですね!!驚きましたよ!!私も書道習ってましたがリサさんのレベルを知り自分も、もっと頑張らなきゃなと改めて思いました。

新生活にもだいぶ慣れてきました。でも、毎日つらいとか弱音を吐いてばっかりです。こういうところは全然成長できてないなと思い、日々反省です。
私事ですが、先月19歳になりました。10代最後の年です。今考えると19年早かったなーと思います。悲しいこと色々あったけど、それと同じくらい楽しいこともあったなぁ。と改めて考えました。
今年は何やら波乱の年になりそうな予感なので、それに負けないように一歩一歩自分のペースで取り組んでいきたいと思います!!

では、また来ますね♪
Posted by リサ  at 2008/06/08 12:44 AM
★ひとみさんへ
ひとみさん、こんばんは!
コメントくださって嬉しいです♪
私もひとみさんとこうしてやり取りできること、出会えたこと本当に良かったと思っています(*^-^*)

書道はまたいずれちゃんと始めようと思っています。一時はいろいろあって続けるのも困難だったこともあって離れていたのですけど、またやりたいっ、って気持ちになってみたらずいぶんと楽に向き合えそうです。

新生活に慣れてきた頃、慣れてくるとそこからまた悩みだったり行き詰ったりと悩みは尽きませんよね。私、未だにそんなことばかりです(>_<)

遅ればせながら19歳のお誕生日おめでとうございます!10代最後ですね〜、この1年がひとみさんにとって素敵な年になりますように。
何か辛いことがあったら愚痴でもなんでもここに書きにきてくださいね。いつでもお聞きしますよ〜。
そう、自分のペースで一歩一歩、ですね。
お互いいろんな波を乗り切りましょうね!

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

まっしろな気持ち  at 2006/03/13 5:33 PM
包帯クラブ
 心に負った傷というのは見えにくい。見えにくいゆえに、その痛みや深さは自分自身にすら分かりづらい。痛みを目に見えるカタチとして認識すること。痛みを痛みとして見つめること。それは単なる自己満足に過ぎず、救いにも癒しにもならないかもしれない。けれど、生き
don't worry!な毎日  at 2006/03/27 9:25 PM
「包帯クラブ」
 天童荒太の小説。    「大切なものを守ろうとして、懸命に戦っているつもりでいると、いつのまにか、別の大切な部部が失われている。苦い経験からそれを学んだ。  これは戦わないかたちで、自分たちの大切なものを守ろうとした、世界の片隅のある小さなクラブの
駄犬堂書店 : Weblog  at 2006/04/01 6:07 PM
天童荒太『包帯クラブ』●
 2006.2.10初版。天童荒太6年ぶりの書き下ろし。少年少女向け癒し小説(な...
じゅずじの旦那  at 2006/04/12 12:23 PM
【包帯クラブ】 天童荒太著
《いろんなことで傷ついている人がいる。その傷を受けた場所へ行き、包帯を巻く・・・。何になるかはわからないけど、それでほっとする人が、一人でもいたら・・・》 相方から「あまり面白くないかも・・・」と渡された。 正直、評価は1から始まった。でも「星
コンパス・ローズ   at 2006/04/12 10:42 PM
「包帯クラブ」
天童 荒太 The Bandage Club “傷ついた少年少女たちは、戦わないかたちで、自分たちの大切なものを守ることにした……。” 天童荒太6年ぶりの書き下ろし長編小説ということで読んでみた。 この本、本屋に行くとたくさん平積みにされて置かれている。手に取って
夜明けの( ̄Д ̄)y-~~~  at 2006/04/13 12:47 PM
ŷ???
バカみたい。 この本を読み終わった時、涙が… おいおい、いいオッサンが小説くらいで何感動してんだよ!って人から笑われそう(-ω-) この小説を読んで、息子の事を思いました。 ウチの息子、何も言いませんが小学生の頃、心の傷をおいました… その傷、今もひ
生きることにも心急き、感ずることも急がるる…  at 2006/04/29 8:16 PM
『包帯クラブ』天童荒太(筑摩プリマー新書)
包帯クラブ The Bandage Club  天童さんの小説を初めて読んだのはかなり以前のことです。「このミス」で『家族狩り』が取り上げられていたので、それを図書館で借りてきて読んだのが最初です。次に新潮文庫で、『孤独の歌声』を読みました。話題になった『永遠の仔』
AOCHAN-Blog  at 2006/05/11 11:27 PM
「包帯クラブ」天童荒太
タイトル:包帯クラブ 著者  :天童荒太 出版社 :ちくまプリマー新書 読書期間:2006/04/05 - 2006/04/06 お勧め度:★★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] これは、戦わないかたちで、自分たちの大切なものを守ることにした、ある小さなクラブの記録
読むなび!(裏)  at 2006/05/28 11:57 PM
包帯クラブ 著者:天童 荒太
≪採点(読むなび!参照)≫ 合計:80点 http://koroxkoro.web.fc2.com/ ≪梗概≫ これは、戦わないかたちで、自分たちの大切なものを守ることにした、ある小さなクラブの記録であり、
たこの感想文  at 2006/09/21 9:50 PM
(書評)包帯クラブ
著者:天童荒太 包帯クラブ The Bandage Club価格:¥ 798(税
末っ子長女にしえみのイラスト日記  at 2007/03/19 11:42 PM
「包帯クラブ」天童荒太。あるんだよ愛も傷も。
「だれにでもあることだから、って、 ひとまとめにしちまうのは 相手の心を思いやるのを おっくうがったり、面倒がったりする、 精神の怠慢からくるんじゃねえの」 わわわわ。 精神の怠慢、という言葉が心に刺さる。 「永遠の仔」 ワタシ、天童荒太の
<花>の本と映画の感想  at 2007/05/25 7:27 PM
本「包帯クラブ」
包帯クラブ 天童 荒太? 筑摩プリマー新書  2006年2月 ワラは、総合病院の屋上で会ったディノが、「心が傷ついている。耐えているのがしんどうになってなってる。」という言葉に対し、「だったら血を止めればいいんじゃないの」と思い付きを口にした。
きょうのできごと…。  at 2007/06/13 12:46 AM
包帯クラブ The Bandage Club
包帯クラブ The Bandage Club天童 荒太 天童荒太といえば日本推理作家協会賞を受賞した「永遠の仔」が もっとも有名ですかね? 2000年に中谷美紀、渡部篤郎、椎名桔平主演にてドラマ化もされ 当時だいぶ話題になりました。 私も中谷、渡部のケイゾクコンビが主
みおの部屋  at 2007/07/26 12:22 PM
包帯クラブ
包帯クラブ包帯クラブ(ほうたいくらぶ)は天童荒太による小説作品。これを原作した日本映画が公開予定である。映画平成19年9月15日、全国東映系にて公開予定。全編にわたって群馬県高崎市で撮影された。また業界初の試みとして、一般鑑賞料金を1000
miyukichin’mu*me*mo*  at 2007/09/18 10:40 PM
包帯クラブ/天童荒太 [Book]
 天童荒太:著 『包帯クラブ』  包帯クラブ The Bandage Club (ちくまプリマー新書)天童 荒太筑摩書房このアイテムの詳細を見る  現在公開中の映画もなかなか好評な本作。  映画は未見なのですが、  読もうと思ったのは、映画化がきっかけでした。  で、読んでよ
苗坊の読書日記  at 2007/10/28 10:22 PM
包帯クラブ 天童荒太
包帯クラブ The Bandage Club (ちくまプリマー新書) ワラこと笑美子は病院の屋上で、ディノと名乗る不思議な少年に出会う。 それがきっかけとなり「包帯クラブ」を立ち上げた。 心の傷口から流れる血を止めるために、傷ついた場所へ、包帯を巻く。 それだけなのに、
Trackback url: