ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 
<< 男と女、本の好みはどれだけ違うのか?アンケート | 3/24:購入本 >>

『びっくり館の殺人』綾辻行人

4062705796
びっくり館の殺人
綾辻行人/講談社ミステリーランド
クリスマスの夜、「びっくり館」に招待された三知也たちは、「リリカの部屋」で発生した奇怪な密室殺人の第一発見者に! あれから10年以上がすぎた今もなお、事件の犯人はつかまっていないというのだが…。

読み終えてまず気になったこと。この作品を一体どれ程の(今の)少年少女たちが手に取るのだろう、ということ。彼らに果たしてどれだけ理解出来るのだろうか。これを読んでミステリ好きに育つのかどうか…ううむ、と考えてしまう。

のっけからあまり良い感想を書いてないが、それでも思い入れのある(詳細の記事はこちら)館シリーズの最新刊は大いに楽しめた。
綾辻さん生き生きと書いているなぁ、と感じながら読むのは何とも嬉しく楽しかった。ちゃんと館シリーズ好きへのサービスを忘れていないことにもにんまり。おなじみ鹿谷門実や中村青司の名前もちゃんと登場するのだから。ある作品の登場も嬉しい(私はこの作品は一番お気に入り)。そしてラストの余韻が何とも言えずいい。このもやもやをどうにかして!というのが好きなのだ(笑)ほんのりホラーな彩りもなかなか好感的。

が、一方で複雑な心境と共に読んだことも事実。
びっくり館に仕掛けられたトリックもかなり楽しめたし、その時の私は子どものようにわくわくドキドキと心躍っていた。犯人の目星がついても別段それで期待を削がれたわけではない。だが中盤までの高揚感が終盤に向けて一気に冷め切ってしまった感は否めない。これが通常の講談社ノベルスから出されていれば何ら思うことはなかったのだが…。レーベルが子ども向けミステリということに引っ掛かりを感じてしまうのだ。それは先に何とも言えずいい、と書いた幻想性を含んだ終え方や、罪に関する疑問もある。え?これでいいの?という戸惑いも共に感じてしまったのだ。ホラー的な部分もかなり怖さを植えつけてしまうんじゃないか、と心配になる。普段ならば絶対気にならないものなのに。それは私が少年を子に持つ親だからなのだろうか。親の目線でこの作品を読んでしまったのならば大変損をしてしまったかもしれない。純粋に楽しむことが出来なかった悔しさがただただ波紋のように広がってしまう。

いろいろと書いてしまった後だけれども、館シリーズ読んでみようかな、という方にもシリーズを追いかけている方にも充分楽しめる1冊。豪華な装丁と雰囲気にあったイラストも素晴らしい。それに何よりも「暗黒館」からこんなに早く新作を読めたのは嬉しい。次はどんな館を楽しませてくれるのか早くも思いは馳せる。

読了日:2006年3月22日


この作品が子ども達に受け入れられるかどうかというのは、大人が決めることではないのだけど、上記のような感想になってしまいました(思いのたけをものすごい量書いて、読み返すこと数十回。半分ほど削ることになりました…)。でも中学生の息子はどんな反応を示すのか、彼の感想を聞きたい!という思いもあったりします。矛盾していますが、それだけ複雑な心境で読みました、これ。読まれたみなさんはどう感じるでしょうか。他の方の感想も是非読んでみたいです。きっと頭でっかちなこと書いているのは私くらいなのかな…とちょっと消極的な自分がいたりするので。
かりさ | 著者別あ行(綾辻行人) | comments(14) | trackbacks(9) | 

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | - | 

COMMENTS

Posted by uririn  at 2006/03/23 12:59 AM
リサさん、はじめまして。uririnと申します。
もう読まれたのですね。うらやましいです。
私の地元の京都では「ふたば書房」さんでこの本を買うと、先着200名様に4月1日に行われるサイン会の招待券までもらえるというのに、迷ってました…。
でも「館」シリーズ読み続けている人なら楽しめるということで、清水の舞台から飛び降りようと思います(高いから)。また来させていただきますね。でわ、でわ。
Posted by リサ  at 2006/03/23 6:22 PM
★uririnさんへ
uririnさん、はじめまして!
ご訪問とコメントをありがとうございます♪嬉しいですー(≧∇≦)

届いてからうずうずして仕方ないので読んでしまいました。
館シリーズファンにはにんまりの新作かと思います。
とても良かったですよー。是非勇気を出して購入し、
サイン会の招待券をゲットしてください!
私も近かったら京都まで駆けつけたい気持ちでいっぱいなのですが…。
もしサイン会へ行かれたら是非感想をお聞かせください(*^-^*)
楽しみにしています♪

また良かったらいらしてくださいね。
これからよろしくお願いいたします。
Posted by rocket  at 2006/03/23 6:35 PM
こんにちは。
リサさんの感想読んでびっくりでした。
僕もほぼ同じような意見を書いてたので、思わずTBです。
確かに、ストーリーは面白いんです。
面白いんだけど……。
これからも綾辻行人には期待するんですが、果たしてどこへ向かっていくんでしょうかねぇ。
Posted by リサ  at 2006/03/23 10:09 PM
★rocketさんへ
こんばんは!TBありがとうございます♪
おおー、rocketさんと同意見でしたか!
早速伺いますね〜。

そう、純粋に楽しめなかった自分がいてちょっと悔しいです。
期待しすぎたのとは違うんですけど…。
でもまた新作が出たら飛びついちゃうのだと思います(*^-^*)
Posted by   at 2006/03/25 10:43 AM
こんにちは。
柊はまだこの作品未読なのですが、
感想を伺っていて、
同じくミステリーランドにある
麻耶雄嵩さんの「神様ゲーム」を思い出しました。
麻耶さんの作品は大好きなんだけど、
これを“子供向け”として読ませていいのか、と躊躇したこと…。
親の目で読みたくないなあ、
「館」シリーズの最新刊としてだけ楽しみたいなあ!
なんて思っちゃいました(笑)

では♪
Posted by リサ  at 2006/03/25 6:27 PM
★柊さんへ
こんにちは!コメントありがとうございます♪

柊さんもミステリーランドに同じ思いをされたことがあったのですね。
「神様ゲーム」未読です。図書館で借りたいリストに
入っていますー。
どうも子ども向けってだけで親の目になってしまうのは
損していますよね。柊さんは「びっくり館」どう読まれるかなー。
とっても気になります。
森さんの「探偵伯爵」は大丈夫だったのですが(長男も読みました)。
純粋に楽しみたいのになぁ〜と複雑な気分です。
柊さんは楽しめますように♪
Posted by まな  at 2006/03/25 6:54 PM
『びっくり館の殺人』早く読みたくて、
やはり買ってしまいました。
満足です。表紙怖いです(笑)

読書中、子どもに読ませる内容として、
引っかかる方もいらっしゃるだろうな、とは
思いました。
ミステリーランドは結構そういう作品が多いですね。
子ども向けというよりも
子どもだった頃の自分へ、という気持ちで
作家の皆さん書かれているような気がします。
独身だからかもしれませんが個人的には
全ての子どもが理解することはできなくても
何かを強く受け取る子どももいるのではないかな、と。
そしてそんな子どもたちが大人になってから、親になってから、
また読み返されるシリーズとなっていったら
素敵だなあと思います。
Posted by リサ  at 2006/03/25 11:55 PM
★まなさんへ
こんばんは!コメントありがとうございます♪
まなさんも買ってしまいましたかー。館の新刊となれば
早く読みたいですものね〜(*^-^*)
私もわりと否定的なこと書きましたが、満足しています。
確かに表紙は怖いです(>_<)

>全ての子どもが理解することはできなくても
>何かを強く受け取る子どももいるのではないかな、と。

うん、そうですね。まなさんのお言葉に納得です。
そして「かつて子どもだった頃の自分へ」という部分も。
今は理解出来なくてもいずれまた出会って当時を思い出しながら
再度文字をなぞる。素敵ですね。
まなさん、素敵なコメントありがとうございました(*^-^*)
Posted by ゆーらっぷ  at 2006/03/27 8:34 PM
トラックバックさせていただきました。
リサさん、他のミステリーランドシリーズはお読みですか?私は7−8冊ですが なかなかすごいものがありますよ。
これは決して子ども向けのシリーズではないよな、と思ってしまいます。
柊さんも書いていらっしゃいますが
「神様ゲーム」すごいです。あと殊能 将之の「子どもの王様」も。これらをちょっと前に読んだところだったので
私には 結構 綾辻氏の 子どもの読者に対しての優しさが感じられたほどです。
別の意味で 同シリーズの「透明人間の納屋」
(島田荘司)も大人をうならせる作品だったと思います。
いつかリサさんが これらの本を読まれたら感想をお聞きしたいです。
Posted by リサ  at 2006/03/28 1:01 AM
★ゆーらっぷさんへ
こんばんは♪
コメントとTBをありがとうございました。

私、ミステリーランドは森博嗣さんのしか読んでいないのです。
他にも読みたいのが沢山なのですが、図書館でも
貸出中のものが多く、なかなか順番もまわってきません。
明日図書館へ行く予定をしているので、探してみようと
思います。
どんな感想を得るのかな、自分でも楽しみです。
Posted by シリウス  at 2006/04/10 1:44 AM
「ミステリランド」のテーマが仇になったという印象です。
文章は上手ですから,読ませる力はあるのですけど,ミステリとしてまた館シリーズとして,コレってどうなのよ?という否定的なことばかり思わされました。
館シリーズなだけに,どうしても厳しいコメントになってしまうのです。
Posted by リサ  at 2006/04/10 7:03 PM
★シリウスさんへ
こんばんは!
そうですねぇ、やはり「ミステリーランド」で出したってとこで
弱くなってしまったんでしょうか。
私も面白さを感じながら否定する自分が常にいて残念な
読後になってしまいました。
これも館シリーズを愛するがゆえ、ですよね!
シリウスさんの感想拝見しに伺いますねー。
Posted by 藍色  at 2006/09/26 4:23 PM
リサさん、こんにちは!
楽しんで書かれたことが伝わってきて、読みやすさもあったのですが、
やっぱり中ごろから終わりにかけての説明不足や、
すっきりしないところが気になりました。
でも、新作が出たら読むと思います(笑)。

戯言シリーズ、『サイコロジカル』まで読まれたのですね。
兎吊木垓輔の悪の魅力の部分、凄みがあります。
通称、グリーン・グリーン・グリーンでしたね。このエピソードは昔の玖渚の仲間が名前だけですが、いっぱい出てきたことに、驚いた憶えが。あと、一人乗り突っ込みの大垣志人も今までにないキャラとして、印象に残っています(ネタバレでしたか?汗)。
これだけしっかり情熱を傾けて書いていただける西尾さんって幸せ者かも。
最終巻で私のサイトに来ていただいたときに落胆されないか、ちょっと怖いです。

すいません「陽気なギャングの日常と襲撃」お先しちゃいました。
米澤さんの新刊「ボトルネック」もアップしています。こちらは読まれる時はコンディションを整えて、臨むことをおすすめします。
読まれたら、お気軽にどうぞ。
Posted by リサ  at 2006/09/27 9:40 PM
★藍色さんへ
こんばんは!
途中まではすごく楽しめたのですが、だんだんとんん?と思えてきて…。
それでも館シリーズは好きですから、新作はまた
読んじゃいますね(*^-^*)

あの後『ヒトクイマジカル』まで読み終えました〜。
感想はこれからです。いーちゃんの壊れっぷりに引いて
なかなか言葉が出ずにいました(汗)
兎吊木垓輔は素敵でしたね〜。あんな男好きです(笑)
大垣志人もお気に入り。つんけんしているのに面白い。
また出てこないかしら??
いよいよ最終巻へ突入ですー。3巻もあるんですよね。
早く藍色さんのレビューにコメント出来るよう頑張ります〜。
落胆だなんてとんでもありません!いつも楽しませてもらっているんですから。

『陽気なギャングの日常と襲撃』私が遅すぎですね。
私も追いかけますよ〜。
『ボトルネック』は今日予約本の順番がきたので借りてきました。
ちょろっといろんな書評を拝見しているのですが、ちょっと
いろいろと思うところ有りのようですね。心して読みます!
読了しましたらお伺いしますね。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

rocketbooks  at 2006/03/23 6:27 PM
びっくり館の殺人
びっくり館の殺人/綾辻行人 ここんとこ読んでた本と同じようなペースで読んでたら、三冊中真っ先に読み終わってしまったのでした。 感想は……表紙と挿絵が怖い(笑) 今ではすっかり「かつて子どもだったみなさん」のオレだから、一応平気そうな顔はして
日々読書2006  at 2006/03/27 8:25 PM
びっくり館の殺人
綾辻 行人著 私が 10年以上前 私が本格ミステリを読む きっかけとなったのが 綾辻氏の 館シリーズだった。 昨年は 待ちに待っていた シリーズの新作がやっと出たと喜んでい
Grave of memory  at 2006/04/10 1:28 AM
綾辻 行人の「びっくり館の殺人」読了
びっくり館の殺人 綾辻 行人 著 「びっくり館の殺人」 ★★★☆ とある古書店で,たまたま手に取った一冊の推理小説。読みすすめるうち,謎の建築家・中村青司の名前が目に飛び込む。その瞬間,三知也の心に呼び起こされる遠い日の思い出・・・。三知也が小学六
AOCHAN-Blog  at 2006/05/16 10:48 PM
「びっくり館の殺人」綾辻行人
タイトル:びっくり館の殺人 著者  :綾辻行人 出版社 :講談社 MYSTERY LAND 読書期間:2006/04/19 お勧め度:★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] とある古書店で、たまたま手に取った一冊の推理小説。読みすすめるうち、謎の建築家・中村青司の名前が
ほぼ日刊へろへろ管理人日記MT  at 2006/05/19 4:26 PM
びっくり館の殺人
近所の古本屋に綾辻行人の最新作びっくり館の殺人があったので思わず購入。こんな形で...
島根ではたらく社員のBlog(ブログ) DVD、本、デジモノの感想を書くよ  at 2006/06/04 6:31 PM
綾辻行人「びっくり館の殺人」読了。
※この本は2006/4/20に読みました。 「えええええっ、もう館シリーズでたの?」と思ったね。 ちなみに立ち読み。 ネタバレではありませんが、まだ読んでいない人のために「び
フォーチュンな日々(仮)  at 2006/08/08 9:52 PM
綾辻行人「びっくり館の殺人」
本日ご紹介するミステリーは、綾辻行人さんの「びっくり館の殺人」です。「かつて子どもだったあなたと少年少女のために」と題された「ミステリーランド」のための作品です。これまで、有栖川有栖さんの「虹果ての村の秘密」、殊能将之さんの「子どもの王様」、麻耶雄嵩
粋な提案  at 2006/09/26 4:24 PM
びっくり館の殺人、綾辻行人
装画・挿し絵は七戸優(しちのへまさる)。 1987年「十角館の殺人」でデビュー。「水車館の殺人」「迷路館の殺人」「人形館の殺人」など、館シリーズで新本格ムーブメントの先駈けとなります。1992年シリーズ5作目
Not Diary But Blog !!  at 2006/10/24 11:36 PM
びっくり館の殺人
当HP副管理人のR .I .Nさんがレビューを更新しました。 レビューを見てみたい方は当HP↓からどうぞ。 Review→R .I .NのReviewへ、から見れます
Trackback url: