ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 
<< 『告白』町田康 | 5/8:購入本 >>

『雪屋のロッスさん』いしいしんじ

4840114935
雪屋のロッスさん
いしいしんじ/メディアファクトリー
雪屋のロッスさん、大泥棒の前田さん、似顔絵描きのローばあさん、サラリーマンの斉藤さん…。物語作家の著者が描く、さまざまな人たち、それぞれの営み。あなたは、何をする人ですか?

ここに存在する人々、それぞれの営み。全て全て愛おしい。ぎゅっと本を抱きしめたくなるくらい。そんな気恥ずかしいセリフもさらっと言えてしまうくらい。何気ない生活は実はこんなにも素敵なのだ。

タイトルといい、装丁といい、薄墨色のタイトル文字、そのフォント…何から何まで丸ごと好きである。こう何と言うか赤ちゃんを抱っこするようなきゅんっとした感じ?上手く言えないけど胸がほわわん〜とするようなそんな童話である。いや、本当に。
ここに登場するさまざまな人々、実在しそうな錯覚を感じてしまうのだけど、そこはいしいさんの紡ぐ物語、ありそうでない世界が広がる。30のお話しがそれぞれに色濃くずっしりと重みを帯びて切々と響いてくる。素敵だけど、そればかりではないするりと入り込めない暗さや残酷さを持ったものもある。1編1編続けて読まず、1つ読んだら本を閉じ目を閉じて無音の中でその人のことを想ってみる。そうして次へと進む。一気に読むのではなくゆるやかに流れる時間の如くその流れに逆らうことなく、ゆるりゆるりと読むのがふさわしい。数時間で読めてしまう本だけれども短時間で読み終えてしまうのは実にもったいないのである。そんなゆる〜りとじっくりと堪能したというのに、またパラリと本を開いてここの住人に会いに行ってしまうのだ。

30の童話の中でどれが一番好き、とはあげられないくらい全て好きなのだが、ひとつだけ強烈に突き刺さって今でも抜けない棘を含んだものがある。それは「棺桶セールスマンのスミッツ氏」。彼の断末魔のような嘆きの声が、これは想像だけれども頭の中で響いて離れずにいるのだ。悲しいものばかりではなく、ふふふ、と微笑むようなお話しもある。そのどれもが何故か温かみを帯びている。彩光を放っている。その美しく彩られた光は読み手を優しく包み込む。そんな癒しすら感じるのだ。

何かちょっと物思いにふけりたい時、カラリとベランダへの窓を開けて夜風にあたりながら星空を眺めるのだが、久しぶりにこの作品を読んだ後そんな気になり、ベランダに出て春の夜風にあたってみた。ひんやりしたでもほんの少し春の雰囲気を感じさせる夜風を感じながら、遠くに見える夜景に流れる車のランプを眺める。あの中にもそれぞれの人生があり、ひとりひとりの営みがある。そんなことを思いながら帯の問いかけをそっと呟いてみた。
「あなたは、何をする人ですか?」

装丁に惹かれて購入した本。この本はずっとそばに置いておこう。そして棺桶に入れてもらう本の1冊に加えてもらおう。
気になっている方、是非読んでみてください。

読了日:2006年5月5日
かりさ | 著者別あ行(いしいしんじ) | comments(17) | trackbacks(13) | 

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | - | 

COMMENTS

Posted by Roko  at 2006/05/06 11:36 AM
リサさん☆コメントありがとうございます。
どの登場人物も、自分の仕事に自信を持っていてステキだなぁって思います。
夢のような、現実のような、不思議な世界がとてもいいですね。
Posted by ましろ  at 2006/05/06 5:31 PM
リサさん、どうもです。
何気ない生活というのは、物語になったときにこそ魅力的なのか…
それとも、私たちの意識が何気ないことへ向いていないだけなのか。
リサさんの記事を読みながら、ふとそんなことを思いました。
これは、日常のすぐに手の届く場所に、置いておきたい1冊です。
棺桶に入れてもらう本。私の場合はどれにしよう…
Posted by ゆうき  at 2006/05/06 8:21 PM
トラバありがとうございました。
手元に置いておいて、時々開いてみたい本ですよね。
棺おけに入れてもらう本かあ。考えた事がなかったです。
新しい着想です。私はどれにしようかな。
Posted by リサ  at 2006/05/07 9:50 PM
★Rokoさんへ
こんばんは!コメントありがとうございます♪
夢のような現実のような…まさにその不思議な世界を堪能できました。
本当に大好きな本です。仕事ってさまざまですが、
誇りを持って自信を持っていればどんな職業でも輝いて見えるのですね。
Posted by リサ  at 2006/05/07 9:54 PM
★ましろさんへ
こんばんは♪
何気なさにほとんど目を向けていない私は
ここに存在するそんな世界にハッとさせられました。
棺桶本、あり過ぎて選べないのですがいくつかは
入れて欲しいと思っています。
その中の1冊にこれは加えたいなぁ、と思ってます。
Posted by リサ  at 2006/05/07 9:58 PM
★ゆうきさんへ
コメントありがとうございます(*^-^*)
本当にいつまでも手元に置いて読みたいときに読む、
そのくらい気に入った本であります。
棺桶本…時々どれにしようかなーなんて実は考えたりします。
Posted by chiekoa  at 2006/05/08 12:33 PM
すべてがただ単に心温まる…っていうだけじゃないところがすごくまた心に残りました。素晴らしかったです…。
Posted by ぶろぐひろば  at 2006/05/09 11:57 AM
突然申し訳ありません。
ブログサーチ&コミュニティ【ぶろぐひろば】です。
http://bloghiroba.com/blog/
貴サイト様を拝見し、是非当サイトにご参加いただきたいと思いコメントさせていただきました。
できたばかりのサイトですが、皆様のアクセスアップの少しはお役に立てるよう努めてまいりますので、ご参加をご検討くださいませ
Posted by リサ  at 2006/05/09 6:35 PM
★chiekoaさんへ
コメント嬉しいです(*^-^*)
そうなんですよね、ちょっとダークな部分もあり、ってところに
また惹かれます。
表紙が汚れないようにかなり気を使って読みました。
カバーかけてしまうとあの素敵なカバーが隠れてしまうし(笑)
Posted by トラキチ  at 2006/06/10 2:12 AM
リサさん、こんばんは♪
ご無沙汰しております。
TBさせていただきましたが、リサさんの感想気合入ってますね(笑)

確かにこの本を棺桶にというのは素敵かもしれませんね。
読まれた方だったら誰でもわかるのでしょう・・・その人の在りし日の人柄が彷彿できる見事な作品と言えるのでしょうね。

10年後、20年後も再読して、そして自分の人生を振り返りたいですね。

それより、私も買わなくっちゃ(笑)

あと、『嫌われ松子の一生』読まれたのですね。
私も単行本刊行時に読んだのですが、続編がこのあいだ図書館に行った時に運良く借りれました。
『嫌われ松子〜』を再読しようかどうか非常に迷ってます(汗)
Posted by リサ  at 2006/06/11 2:33 PM
★トラキチさんへ
こんにちは!お久しぶりです。
私もすっかりご無沙汰してしまって…。
もう〜すっかり気に入ってしまって感想に力が入ってしまいました(笑)
装丁から内容から本当に大好きです。
ここに息づく住人たちそれぞれが読み手それぞれに
深く感動を与えてしみじみします。
いろんな方に読んで欲しい作品です。
この本は本当に買って良かった!と思います。
トラキチさんも是非〜。

『嫌われ松子の一生』やっとこ読みました。
きっかけがなかったらきっと読むことなかったかもしれないです。
読んで良かった!
で、続編が出たんですよね。もう読み始めていますか?
それとも再読からかしら??
どんな話しになっているんでしょう〜。
トラキチさんの感想が楽しみです。
Posted by june  at 2006/06/16 11:01 PM
リサさん、こんばんわ。
悲しいのにあたたかさを感じるのは何故??と不思議だったのですが、
>美しく彩られた光は読み手を優しく包み込む。
これですね。
短いものは2ページないし、30も短編がつまっているのに、
どれもがものすごく印象的で、それぞれに魅力的で、
宝物にしたいような本です。
欲しいなぁ・・。
Posted by リサ  at 2006/06/19 6:54 PM
★juneさんへ
こんばんは!
コメント下さったのにお返事が遅れてすみませんでした…。

本当に宝物にしたい本です♪
1編1編どれもが輝いていて活き活きしていて、
読んでいて前向きに一歩踏み出せそうな気がしました。
読み手に確実に感動を与える作品ですよね。
是非お手元に!(*^-^*)
Posted by 藍色  at 2006/10/31 12:09 PM
リサさん、こんにちは。
短編集でいつでも読めると油断してたら読めなくて、
貸出延長ローテーションしたり返したりを繰り返し、やっと読めました。
一気に読んでしまったので、もったいないような、
ホントなら少しずつ、じっくり読んでみたい作品でした。
丸ごと好きになれた、って言えるくらい、よかったです。
これがファンタジーの魅力でしょうね〜。
Posted by リサ  at 2006/10/31 11:28 PM
★藍色さんへ
こんばんは!
読み始めると一気に読めてしまいますよね。
でも一気読みがホントにもったいなくて。
でもスルリ〜と読めてしまう。
いしいさんの世界は不思議です。こんなにも丸ごと好きになれたり、
1冊の本に時間をかけてみてもしっくりこなかったり。
これはとても好きな本です。
Posted by 雪芽  at 2007/05/12 10:11 PM
リサさん、こんばんは。
私もこの本はぎゅっと抱きしめたくなりました。
温かく触れてくる話もある、笑みがこみ上げる話もある、その中に出会う毒のある話もこれまたいい。なにであれどれもがいとおしく思えますね。
この本はぜひ欲しい!(ああ、本買いたい病が〜)
TB先間違えてしまいました。すみませぬ><
Posted by リサ  at 2007/05/13 1:44 AM
★雪芽さんへ
雪芽さん〜こんばんは!
ロッスさん、素敵ですよね〜。時々パラパラ読み返したりします。
引越しの際結構本を手放したのですが、この作品はちゃんと手元に残っています。
内容は決して明るいだけでなく、残酷で暗さもあるのですが、
何故か抱きしめたくなるような本ですね。本当に今でも大好きです。
ああ〜雪芽さん借り本だったのですね。
これは装丁も本当に素敵なので、一目惚れで買いました。
雪芽さんも是非お手元に〜。
ふふふ、買いたい病になっちゃいますか?(笑)
TBの件、了解いたしました。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

ついてる日記?  at 2006/05/06 11:33 AM
雪屋のロッスさん
雪屋のロッスさんposted with amazlet on 06.04.04
本を読む女。改訂版  at 2006/05/06 3:00 PM
「雪屋のロッスさん」いしいしんじ
雪屋のロッスさん発売元: メディアファクトリー価格: ¥ 1,155発売日: 2006/02posted with Socialtunes at 2006/05/03 ああ図書館で借りてしまった。こんないい本、返せないぞ。 ああ買わなければー。 たった1200円をこの本に出せないなんて私は絶対金の使い方を間
まっしろな気持ち  at 2006/05/06 5:20 PM
雪屋のロッスさん
 世の中は、人の営みによって支えられている。さまざまな人たちとそのいろいろな営み。それらはひとりひとりそれぞれだからこそ、世界を成り立たせているのだろう。いしいしんじ著『雪屋のロッスさん』(メディアファクトリー)を読み終えてから、わたしはずっとそんな
IN MY BOOK by ゆうき  at 2006/05/06 8:19 PM
★ 雪屋のロッスさん いしいしんじ
雪屋のロッスさんいしい しんじ メディアファクトリー 2006-02by G-Tools 色々な仕事をしている人の、日常を切り取った30の物語。いしいしんじさんの本は、正直なところ、私には意味が分からないときがあるのですが、この本は大丈夫でした。読みやすくて、分かりや
+ ChiekoaLibrary +  at 2006/05/08 12:32 PM
雪屋のロッスさん [いしいしんじ]
雪屋のロッスさんいしい しんじ メディアファクトリー 2006-02 雪屋のロッスさん、大泥棒の前田さん、似顔絵描きのローばあさん、サラリーマンの斉藤さん…。物語作家のいしいしんじが描く、さまざまな人たち、それぞれの営み。 それぞれが1ページか2ページ程度の
活字中毒日記!  at 2006/06/10 1:29 AM
『雪屋のロッスさん』 いしいしんじ (メディアファクトリー)
雪屋のロッスさんいしい しんじ / メディアファクトリー(2006/02)Amazonランキング:位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog <何回も繰り返して読みたいワールドワイドな作品集> 以前、いしいさんの本に挑戦したことがあった
本のある生活  at 2006/06/16 10:58 PM
「雪屋のロッスさん」いしいしんじ
雪屋のロッスさん いしいしんじさんの本は、気にはなってたのですが、これが初めてです。さまざまな職業に就く人の、さまざまなお話が30編。短いものは見開き1ページくらいしかありません。でもそこには、リアルなものから御伽噺のようなものまで、見事に1篇1篇
<花>の本と映画の感想  at 2006/06/22 2:29 PM
雪屋のロッスさん
雪屋のロッスさん いしいしんじ メディアファクトリー 2006年2月 さまざまな職業の“人たち”を主人公に、時にはポリバケツのような“もの”を主人公にしたお話。短い話なんだけど、ひとつひとつの話が、輝いている。 「なぞタクシーのヤリ・ヘ
"やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!  at 2006/07/07 7:23 PM
雪屋のロッスさん いしいしんじ
雪屋のロッスさん ■やぎっちょコメント 超短編集ですね。はじめて読みました。一番短い話だと見開きの2ページ。様々な職業を中心としたそれぞれの主人公中心の物語です。 珍しい、新しいという意味でなかなか新鮮でした。 ストーリー内容の方は多くのブロガーさ
ぱんどら日記  at 2006/07/10 11:17 AM
いしいしんじ【雪屋のロッスさん】
いしいしんじの本を読んだのは、【トリツカレ男】に続いて2冊め。 なんだか童話みたいな文体で、子供に読ませようかしら、とお思いのお母様がたもいらっしゃるかもしれないが、これは決して 子供向けの本ではない
粋な提案  at 2006/10/31 12:00 PM
雪屋のロッスさん いしいしんじ
装丁はchutte。 2000年「ぶらんこ乗り」でデビュー。03年第二長篇「麦ふみクーツェ」で坪田譲治文学賞受賞。04年第三長篇「プラネタリウムのふたご」が三島由紀夫賞候補。主な作品「トリツカレ男」「絵描きの上
AOCHAN-Blog  at 2007/03/09 9:33 PM
「雪屋のロッスさん」いしいしんじ
タイトル:雪屋のロッスさん 著者  :いしいしんじ 出版社 :メディアファクトリー 読書期間:2007/02/05 お勧め度:★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 「さいわいなことに、雪はいずれ溶けます。はかないようですが、そこが雪のいいところです」ロッ
コンパス・ローズ  compass rose  at 2007/05/12 10:01 PM
「雪屋のロッスさん」 いしいしんじ
雪屋のロッスさん いしい しんじ 人の名前だとか、たまに間違ったまま覚えてしまい、錯誤に気づいてからも正しい呼び方が上手く記憶に上書きされないことがある。 ロッスさんも、どういうわけかロッシさんになる。ロッスさん、ロッスさんと頭で繰り返すが、ふいに
Trackback url: