ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 
<< 読書断ち解禁 | 5/19:図書館本 >>

『チーム・バチスタの栄光』海堂尊

4796650792
チーム・バチスタの栄光
海堂尊/宝島社
東城大学医学部付属病院では、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術の専門チーム「チーム・バチスタ」を作り、次々に成功を収めていた。ところが今、三例続けて術中死が発生している。しかも次は、海外からのゲリラ少年兵士が患者ということもあり、マスコミの注目を集めている。そこで内部調査の役目を押し付けられたのが、神経内科教室の万年講師で、不定愁訴外来責任者・田口と、厚生労働省の変人役人・白鳥だった……。

ああ〜!まずは一言叫びたい。ブラヴォー!と。

現役医師の書いたミステリー、さぞガチガチの医療もの?と想像していたのだが、開けてビックリ、読み進んでビックリ、ラスト過剰に興奮している自分にビックリ、さらにさらに興奮し過ぎたのか涙ぐんでいるアホな自分にビックリと、予想外のことに振り回されっぱなしであった。
第4回「このミステリーがすごい!」大賞作品である。受賞時のタイトルは「チーム・バチスタの崩壊」。今の「チーム・バチスタの栄光」に改題して正解だったろう。「崩壊」ではあまりに地味であり、たとえこれがこの作品を差す言葉であっても適切ではない。やはり「栄光」なのだ、良くも悪くも。

先述のガチガチの医療もの…序盤はガチガチほどではないにしろ、それでも術中死の内部調査という緊迫したイメージは漂わせていた。そして登場するキャラクターたちがそれを和らげてもいた。主人公・田口のその表向きとは異なる内心のユーモアさにふっと笑みがこぼれることもあった。だが、決して抱くイメージを払拭させるものではなかった。それがだ、中盤からある人物の登場でガラリと流れが変わるのだ。ガラリとである。物語が別物になってしまったのか?と錯覚するほどそれは変容を遂げる。その人物、名を白鳥。その風貌、性格、図太い神経、厚かましさ、全てにおいて変人奇人な役人である。抱腹絶倒。こいつ一体何者〜?
さて、ここでふとある人物が思い浮かんだ。精神科医:伊良部一郎。そう『イン・ザ・プール』(奥田英朗著)に登場する変人医師である。タイプは全く異なるが変人ぶりはそれを彷彿とさせるのである。
だがこの白鳥、やる時はものすごくカッコ良いのだ。意外にキレ者だし。終盤ある部分で彼のカッコ良さに思わず涙ぐんでしまったではないかー。あ、一応言っておきます、カッコいいのは外見ではありません。だってあのあだ名だし…(笑)
白鳥の登場で流れは変わりつつもミステリ部分はしっかりと描く。術中死は医療ミスなのか、事故なのか、それとも…。

印象的な言葉がある。「光が強ければ強いほど、闇は濃く、深い」
たとえ眩いばかりの栄光の元にいても、闇は必ずそこに存在する。一転光から闇に転じてしまうことは決して不思議なことではない。それは些細なきっかけでもある。まさにこの言葉がこの作品を表現するに相応しい。

さて、海堂さんが2作目を出すとしたらやはり田口&白鳥コンビものだろうか。それとも白鳥がまたどこかで活躍(?)する話しになるのだろうか。コンビものも是非読んでみたいけど、それだとフィールドが狭いだろうなぁ。…などと早くもシリーズ化を望む私なのである。

読了日:2006年5月18日

関連記事
ホワイトデーの贈り本(2006/3/15)
『イン・ザ・プール』感想(2006/4/2)
かりさ | 著者別か行(海堂尊) | comments(15) | trackbacks(11) | 

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | - | 

COMMENTS

Posted by 雪芽  at 2006/05/21 9:59 PM
こんばんは!
リサさんのレビュー楽しい〜
図書館で借りるには順番待ちが長過ぎる。
買ってしまおうか迷っている本です。
でも、もの凄く読みたい気分になってきました。
あの伊良部先生並みの変人が出てくる?
それはぜひお会いせねば、という気持ちになってます。
Posted by リサ  at 2006/05/22 12:30 PM
★雪芽さんへ
こんにちは!
わっ、楽しいとおっしゃって頂けて嬉しいです♪
まだまだ人気の高い作品ですから図書館の待ち人数も多いですよね(>_<)
もう面白いんですよ、素直に。
あの伊良部に似た変人がこれまたいい味出しているんですよ〜。
そして感動させてくれちゃうんです(笑)
是非是非買って読んでみてください。
雪芽さんの感想お聞きしたいです!
オススメですよ(*^-^*)
Posted by とも  at 2006/05/24 7:18 PM
職場で買っちゃいました。
図書館は最近ご無沙汰です。
とても期限までに返すなんて無理。。。

人気のない本だったらいいけど。

あ〜早く読みたくなっちゃいました。
Posted by リサ  at 2006/05/26 1:46 PM
★ともさんへ
こんにちは♪
職場で買われたのですね!ゆっくり読み始めているかしら?
最初はちょっと退屈かもしれませんが、一気に流れが変わるので
楽しみにしていて下さいねー。
図書館、便利なんですが期間内に読めるかがねぇ(>_<)

ともさんに気に入っていただけるといいなぁ。
Posted by   at 2006/06/11 8:43 PM
コメントまでありがとうございます。
主題なし日記系ブログから
純粋読書系のブログにTBするのはどうかなと思ったんですが
反応してくださり嬉しいです。
シリーズ化するなら白鳥の左遷エピソードとか、
その後の白鳥の話が読みたいですね。
ところで
あちこちで「伊良部一郎」が引き合いに出されているみたいですね。
奥田英朗は3作ばかり読みましたが「伊良部シリーズ」はまだ読んでないんですよ。
読んでみようかな。
Posted by kenken  at 2006/06/11 8:44 PM
すみません名前書き忘れました。上のコメントは私です。
Posted by リサ  at 2006/06/12 12:26 AM
★kenkenさんへ
こんばんは!コメントありがとうございます♪
TB頂くのは私の感想に共感を得てくれたんだな〜と、
思うので嬉しくてコメントも残させていただきました。
そうですね、左遷エピソードを盛り込みつつ、
その後の白鳥を読みたいですね。
勝手にもうシリーズ化するものと期待しているんです、私(笑)
伊良部なんですが、やっぱり変人奇人ってことで真っ先に浮かびました。
つい最近「イン・ザ・プール」を読んだからってこともあるのですが…。
私は奥田さん「イン・ザ・プール」しか読んでいないんです。
それでも伊良部シリーズおススメしちゃいます!
是非是非♪
Posted by 雪芽  at 2006/06/28 11:31 PM
こんばんは、リサさん。
白鳥の変人ぶりとっても面白かったです。
買って読んで損はない本でした。
ぜひシリーズ化して欲しいものですね。
Posted by リサ  at 2006/06/29 9:47 PM
★雪芽さんへ
雪芽さん、こんばんは♪
買って読まれたんですね!
本当に買って損はない作品です…とは言いつつ、
雪芽さんはどう思っただろうか?とちょっと心配していました(^-^;)
是非是非また白鳥に会いたいものです。
彼の過去もまだ明かされていませんしね!
Posted by juzji  at 2006/08/06 2:18 PM
リサさん、どうも!
遅ればせながら、ようやく仲間入りです。
面白いですねぇ、この本。途中ミステリィだったことを忘れてしまいました。みんな、いいキャラしてるし。
シリーズを期待しちゃいますね。
Posted by リサ  at 2006/08/06 5:28 PM
★juzjiさんへ
こんにちは!
おお〜読まれたのですね!
面白いですよね〜。すごく好きです、コレ。
そう、ミステリだったはずなのにいつの間にか流れが変わって
あれ?何の話しだったっけ?と(笑)
白鳥が強烈過ぎますね。
他のキャラも本当に魅力的でした。あの義兄弟も。
是非シリーズ化して欲しい!切望です(*^-^*)
Posted by とも  at 2006/08/24 2:35 PM
やっと読み終わりました。

本当にキャラが個性的でおもしろかったです。
シリーズ化は、ガラリと設定を変えないとマンネリ
しそうですが。。。

TBさせていただきます。
Posted by リサ  at 2006/08/28 3:51 PM
★ともさんへ
こんにちは!
お返事遅くなってすみません。
コメント&TBありがとうございます♪
おおー読了されたのですね!
これは本当に面白い!白鳥がいるといないのとでは
全く違う作風になるっていうのも…(笑)
どうやらシリーズ化しそうな話しをちらっと聞いたのですが、
あまり無責任なことも言えないので…とりあえず続編を待ちます(*^-^*)
Posted by やぎっちょ  at 2006/11/20 3:46 PM
リサさんこんにちは。
着々と進んでいます。お勧め本。この本最初は医療用語が多すぎてどうなることかと思いましたが、白鳥には参りましたぁ!
実践心理学大好きなんで、しかもアクティヴ・フェーズにがてなんで、こうもポンポンやられるとわくわくしちゃいますね〜。って、楽しむポイントが違うか??
続けて「ナイチンゲールの・・・・なんとか」も呼んでみようかなぁなんて思ってます。
作者さんは現役のお医者さんなんですね。小説の賭けるお医者さんってなんかいい感じ。タレント医者さんもいるご時世ですもんねぇ♪
Posted by リサ  at 2006/11/24 1:22 AM
★やぎっちょさんへ
こんばんは!
わーすっかりお返事が遅れてしまってすみませんっ。
今バタバタしておりまして読書も全く出来ていない状態…あぅ。

『チーム・バチスタ〜』読まれましたねー!
そうなんです、最初はちょっと読み進むのに次官がかかりましたが、
彼の登場で一気にスピードアップ!面白かったですよね〜。
アクティブ・フェーズ云々は実はさっぱりわからなくて
ついていけず、読み終えてスッパリ忘れてました。
で、感想に一切触れていないという(笑)
続編私も読むつもりで早々に買ったのですけど…積読。
今マルチなお医者さん多いですねー。多才なんだなぁ。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

日記というかメモ(仮)  at 2006/06/10 1:29 AM
[本]海堂 尊「チーム・バチスタの栄光」★★★★★
 amazon.co.jpへのリンクはこちら 〜〜〜あらすじ〜〜〜 舞台となるのは地方大学の医学部付属病院、 米国から鳴り物入りで招聘された外科医・桐生恭一と彼の率いる「チーム・バチスタ」、 成功率100%を誇る心臓外科手術チームに立て続けに3件の術中死が発生。 なぜ
コンパス・ローズ   at 2006/06/28 11:26 PM
「チーム・バチスタの栄光」 海堂 尊
チーム・バチスタの栄光 赤は止まれ、黄色は注意、青は進め。黄色は注意を促す色として信号機に限らずよく使われる色だ。 ひと際目を引く表紙の色。太陽の日差しのような明るいイエロー。帯には第4回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作の文字が躍る。本書が勝
ぱんどら日記  at 2006/08/17 2:53 PM
妄想キャスティング――海堂尊【チーム・バチスタの栄光】
第4回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作。 応募時のタイトルは「チーム・バチスタの崩壊」で、大賞に決まって出版する際に「栄光」と変えたらしい。 「崩壊」ではストレートすぎ。「栄光」のほうが皮肉めいた感
AOCHAN-Blog  at 2006/08/19 9:15 PM
「チーム・バチスタの栄光」海堂尊
タイトル:チーム・バチスタの栄光 著者  :海堂尊 出版社 :宝島社 読書期間:2006/07/19 - 2006/07/20 お勧め度:★★★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 東城大学医学部付属病院は、米国の心臓専門病院から心臓移植の権威、桐生恭一を臓器制御外科
とものブックレビュー  at 2006/08/24 2:29 PM
チーム・バチスタの栄光/海堂 尊
チーム・バチスタの栄光海堂 尊 宝島社 2006-01売り上げランキング : 56311おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 東城大学医学部付属病院は、米国の心臓専門病院から心臓移植の権威、桐生恭一を臓器制御外科助教授として招聘した。彼が構築した外科チームは
駒吉の日記  at 2006/09/29 4:25 PM
読書:チーム・バチスタの栄光(海堂 尊)
チーム・バチスタの栄光(海堂 尊) 「最終極意:すべての事実をありのままにうけいれること」 やっと順番がまわってきました。設定もわくわくするし、それぞれのキャラが立っててよい〜!前半は田口=ワトソンの予備調査、後半は白鳥=迷?探偵の本格捜査といっ
本を読む女。改訂版  at 2006/11/02 1:00 AM
「チーム・バチスタの栄光」海堂尊
チーム・バチスタの栄光発売元: 宝島社メーカー: 宝島社価格: ¥ 1,680発売日: 2006/01売上ランキング: 3482おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/10/27 タイトルだけ聞いて私は「ああ、賭博師の話かな」と素で思っていた。 バチスタという言葉にどうやらパ
"やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!  at 2006/11/20 3:33 PM
チーム・バチスタの栄光 海堂尊
チーム・バチスタの栄光 この本は 「ひなたでゆるり」のリサさん にオススメいただきました。 ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 まず圧倒されました。医療とか医者の世界の専門知識。わかるかわからないかで言ったら、全然わからない。 最初読みは
気楽に♪気ままに♪のんびりと♪  at 2007/08/30 10:51 PM
チーム・バチスタの栄光
**************************************************************** 東城大学医学部付属病院では、心臓移植の代替手術である バチスタ手術の専門チーム「チーム・バチスタ」を作り 次々に成功を収めていた。ところが今、三例続けて術中死が 発生している。しかも次は
たこの感想文  at 2007/12/11 10:40 PM
(書評)チーム・バチスタの栄光
著者:海堂尊 チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文
粋な提案  at 2009/02/09 1:27 AM
チーム・バチスタの栄光 海堂尊
東城大学医学部付属病院で結成された、心臓移植の代替手術専門の天才外科チーム。 そこで術中死が続発。高階病院長は不定愁訴外来の田口医師...
Trackback url: