ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 
<< 『ラス・マンチャス通信』平山瑞穂 | 『夫婦茶碗』町田康 >>

『銃とチョコレート』乙一

406270580X
銃とチョコレート
乙一/講談社ミステリーランド
少年リンツの住む国で富豪の家から金貨や宝石が盗まれる事件が多発。現場に残されたカードには「GODIVA」の文字が。はたして名探偵ロイズは、怪盗ゴディバをつかまえることができるのか!?

乙一さん、やはりあなたはすごい。これこそ子供に読ませたいミステリである。

これまで何度か違和感を持って読んでいたミステリランドシリーズだったが、初めて違和感なくスルリと入り込み、気がついたら没頭していた。かつて少女だった私、私はその少女に戻ってその頃の自分の目線になって読んでいた。
ご飯を食べるのも惜しんで、寝るのも惜しんで、習い事の帰り道でさえ本を開き読みながら歩いたあの頃の私。小学生の頃の私。そう、この作品、完全に自分は子供に戻って当時味わったわくわく感を持って読んでいたのである。

名探偵と怪盗もの、である。が、ただの名探偵VS怪盗ものではない。そこには細かな仕掛けが施されており、それらがパタンパタンと謎という空間に埋まっていきラスト綺麗に一枚の絵に仕上がる。そしてにやりとさせる演出も忘れない。登場人物の名前にも仕掛けがあるのだから。そして「銃とチョコレート」というタイトルや装丁が素晴らしいではないか。凝りに凝った作品をこうして堪能できる幸せ。時間を忘れて没頭出来るほどの面白い本を読める幸せ。この本を手に取ることの出来る子供はもっともっと幸せ。早速私はこの幸福感を共有すべく、息子達に読ませてみようとわくわくしているのである。

いやいやそれにしても「そうだったのか!」という驚きがこんなにも気持ち良く来ると、もう天晴れですな。それはきっと大人も子供も変わりはないはず。
どんなに不利な立場に立たされていてもきっといつかは…と希望の光が差し込む作品でもある。その間には理不尽なことも、裏切られることも、悲しいことも盛り沢山なのだけど。リンツの冒険と共に読み手も成長する物語。少々(いやかなり…)高価ではあるが、後悔はさせない作品である。乙一好きな方は見逃してはいけませんぞ。

そして相変わらず乙一さんのあとがきは秀逸なのであった。

読了日:2006年6月3日
かりさ | 著者別あ行(乙一) | comments(13) | trackbacks(11) | 

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | - | 

COMMENTS

Posted by ネオさん  at 2006/06/04 5:01 PM
三重県のポータルサイト
ジークネット
http://www.sieg-net.co.jp
良ければ見に来て下さい
Posted by リオン  at 2006/06/04 11:56 PM
こんばんは!
値段以上の価値があったというのは僕と同じ感想ですね。
とにかく乙一ファンは絶対に読んで欲しいですね。
ファン以外の人も入門編としても秀逸の出来田と思います。
あとがきはいつもシンプルながら素敵ですよね。
本の装丁の美しさも物語の世界に入りやすさを演出してると思います。

多くの方に読んで欲しい作品でした。
ありがとう乙一さん!

PS,少女には向かない職業。
同じ本を持っています。
桜の花びらに、サイン!
あの時は女性って知らなくって。
もう一度書き直したいです、感想を!
だって、ドラマのせいでウチに恥ずかしい感想をいっぱいいろんな人がー。
今ならもっとちゃんと書けるって!
Posted by リサ  at 2006/06/05 2:25 PM
★リオンさんへ
こんにちは♪
乙一ファンならばやはり読んでおくべきかもしれませんね。
また違う一面を楽しめますもの(*^-^*)
あとがきはいいですねぇ。いつもあとがき楽しみなんですが、
これほどシンプルなのに印象的なあとがき…いいです!

>>ありがとう乙一さん!
私も同じく叫びたい!(笑)

で!「少女には向かない職業」、同じサイン本をお持ちなのですね♪
女性とわからなくてあのサインを見たらちょっと混乱したかもしれませんね(笑)
私はこの前に「GOSICK」を読んで女性とわかっていたので
(ビックリしましたよー。男性と思っていたので)。
ドラマ見たかったんですけどね、タイミングが悪く見逃しました(>_<)
Posted by リオン  at 2006/06/05 10:38 PM
ウインドウズなら無料で見られます。
8月4日まで全10話で今は1,2話放送中です。
以上ご報告させていただきました。

http://www.gyao.jp/drama/shoujo/
Posted by リサ  at 2006/06/08 12:00 AM
★リオンさんへ
こんばんは!
情報ありがとうございます!
Winなら無料で見られるのですねー。
そこまで確認していませんでした(^-^;)
時間見つけて見てみますね♪
Posted by シリウス  at 2006/07/02 11:20 PM
子供も楽しめるでしょうけど,大人でも大満足ですよね。
ミステリランドの本は高いけど,乙一は新刊で買って損はなかったです。満足なり!
Posted by リサ  at 2006/07/03 10:53 AM
★シリウスさんへ
こんにちは!お久しぶりです〜。
コメントとTBありがとうございます♪

これは子供も大人も楽しめる作品ですね。乙一ファンは特に!
ミステリランドはなかなか全部を揃えるというわけには
いきませんが、お気に入り作家さんのは買うようにしています。
その中でも乙一さんのは群を抜いて良かった。
本当に買って損はないよ!とオススメしたくなります。
大満足でしたね(*^-^*)早くも乙一さんの次が読みたいなぁ。
Posted by 苗坊  at 2006/07/21 5:56 PM
こんばんわ〜^^面白かったですね!
凄くよかったと思います。
さすが乙一さんですね〜。
なるほど〜って思う部分がたくさんあったし、リンツもお母さんもとっても好きなキャラクターだったので、楽しく読みました^^
ただ挿絵が怖すぎます。
子どもが読んだら、泣いちゃいますよ、きっと。
Posted by リサ  at 2006/07/22 12:11 AM
★苗坊さんへ
こんばんは!
本当にこれは面白かった!文句なし、でした。
さすがですよ、乙一さん。やはり私はあなたについていきますよ、と誓ったのであります。
お母さんは強いですねー。美人さんなのにあの挿絵はなに?と
思っちゃいました。私も怖かったです。
今でも思い浮かべることが出来るくらい強烈に焼きついてしまったみたいです。
ああ、夢に出てきたらどうしましょ…。
Posted by 藍色  at 2006/09/06 12:39 PM
リサさん、こんにちは!
仕掛けがいっぱいの意外性あふれる展開でしたね。
背表紙もイラストもチョコレートブラウンでみごとな統一感でした。
そして母親から息子への愛情の深さがわかる物語でした。
挿絵はイメージが決まってしまう重要な部分なのにあの怖さはなぜ?謎です。
Posted by リサ  at 2006/09/06 11:32 PM
★藍色さんへ
藍色さん、こんばんは!
コメント&TBありがとうございます♪
そうそう仕掛けがいっぱいで楽しめましたね。
家族愛が温かい作品でもありました。
挿絵は怖いー。特にお母さん!未だに思い浮かべる事が
出来るくらいインパクトあるイラストでしたね…。
Posted by sonatine  at 2006/09/12 12:44 PM
こんにちは。TBさせてもらいました。
私も挿絵は恐怖でした。
白でも黒でもない、グレイ乙一(勝手に命名)もよかったです。
Posted by リサ  at 2006/09/12 10:16 PM
★sonatineさんへ
こんばんは!
コメント&TBありがとうございます♪
うんうん、グレイ乙一良かったですね(*^-^*)
挿絵、みなさんやはり怖かったみたいですねー。
お母さんのイメージが違いすぎて…。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

上畠寛弘、日本と歩む  at 2006/06/05 3:15 AM
ブルーバンドと乙一
大学の帰りに本屋に立ち寄りました。 小説を買うためです。 私が必ず買う小説。それは乙一の小説です。 乙一の小説はとても切ない。 ミステリーの中にも切なさがあります。 だけどその切なさがまた大好きなんです。 乙一作品には色んな側面がありますけどね。 毎
Grave of memory  at 2006/07/02 11:15 PM
乙一の「銃とチョコレート」読了
銃とチョコレート 乙一 著 「銃とチョコレート」 ★★★★ 少年リンツの住む国で富豪の家から金貨や宝石が盗まれる事件が多発。現場に残されているカードに書かれていた<ゴディバ>の文字は泥棒の名前として国民に定着した。その怪盗ゴディバに挑戦する探偵ロ
活字中毒日記!  at 2006/07/12 11:21 PM
<面白い>『銃とチョコレート』 乙一 (講談社)
銃とチョコレート乙一 / 講談社(2006/05/31)Amazonランキング:位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog <名探偵明智小五郎のイメージで読めばエライ目にあいます。> 講談社ミステリーランドの作品。 乙一さんの単行本として
本を読んだら・・・by ゆうき  at 2006/07/21 12:24 AM
■ 銃とチョコレート 乙一
銃とチョコレート 乙一 講談社 2006-05-31 久しぶりの、乙一さん。今回は、うちの市の図書館では児童文学の棚にはもちろん、YAコーナーにもおいてもらえず、普通に大人向けの小説の棚に置かれている、「かつて子どもだったあなたと少年少女のためのミステリー
苗坊の読書日記  at 2006/07/21 6:04 PM
銃とチョコレート 乙一
銃とチョコレート ヨーロッパのとある国で、怪盗ゴディバという高価なものを盗む悪党がいた。 その悪党を捕まえようとしている探偵ロイズは、子ども達に大人気。 少年リンツもその一人。 リンツは移民の血を引く11歳の少年。 父デメルは杯の病気で死に、母メリーと
<花>の本と映画の感想  at 2006/07/23 4:41 PM
銃とチョコレート
銃とチョコレート 乙一 講談社 2006年5月 怪盗ゴディバが、富豪の家から宝物をいろいろ盗み出していた。少年たちの間で人気の探偵ロイズが、捕まえると誰もが信じていた。移民のリンツは、父と胡椒を買いに行き、一緒に聖書も買って帰る。父が肺の病気で
粋な提案  at 2006/09/06 12:40 PM
銃とチョコレート、乙一
イラストレーションは平田秀一。かつて子どもだったあなたと少年少女のための講談社ミステリーランドの1冊。 古きヨーロッパを思わせる架空の国。主人公で語り手の十一歳の少年、リンツは亡父と市場で胡椒とともに買った聖書に、
寝ていられるのになぜ起きる?  at 2006/09/12 12:20 PM
銃とチョコレート
銃とチョコレート乙一 講談社 2006-05-31売り上げランキング : 531おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools <評価> 楽しめた <ストーリー> 少年リンツの住む国で富豪の家から金貨や宝石が盗まれる事件が多発
AOCHAN-Blog  at 2006/10/16 9:42 PM
「銃とチョコレート」乙一
タイトル:銃とチョコレート 著者  :乙一 出版社 :講談社 MYSTERY LAND 読書期間:2006/09/18 - 2006/09/20 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 少年リンツの住む国で富豪の家から金貨や宝石が盗まれる事件が多発。現場に残されているカ
"やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!  at 2007/02/03 11:29 PM
銃とチョコレート 乙一
銃とチョコレート この本は、「ジョナサンの読書飛行」のジョナサンさんと「ちょっくら読書1000冊目指してみようか。」の常陸さんにオススメいただきました。 ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 な〜んと言いたいことの満載した本ざましょ。 まず
たこの感想文  at 2007/08/07 2:15 AM
(書評)銃とチョコレート
著者:乙一 銃とチョコレート (ミステリーランド)価格:¥ 2,100(税込)発
Trackback url: