ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 
<< 『東京バンドワゴン』小路幸也 | 7/29:図書館本 >>

『インディゴの夜 チョコレートビースト』加藤実秋

448801724X
インディゴの夜 チョコレートビースト
加藤実秋/東京創元社
深く蒼い夜の似合う街・渋谷。近頃女の子たちの話題を集めているのは、一風変わったホストクラブ“club indigo”。スタイリッシュで魅力的なホストが揃うこの店には、今日も厄介な事件が持ち込まれる―。連続ホスト襲撃事件、失踪した編集者、飲食店強盗、ホストコンテストを巡る陰謀…ストリートで起こるさまざまな事件に、indigoのホスト探偵団が挑む!『インディゴの夜』でおなじみの個性豊かなホストたちが、夜の街を軽やかに駆けめぐる新世代探偵小説。

意外にも(失礼)かなり楽しめ、感動までさせてくれた『インディゴの夜』の続編。今回も連作短編集であり大変読みやすい。
「返報者」「マイノリティ/マジョリティ」「チョコレートビースト」「真夜中のダーリン」の4編。「真夜中のダーリン」にはついつい泣けてしまった。

前作からおなじみの面々が今回も不可思議な事件を追う。今回はますますミステリ色を強くし、前作よりも確実に面白さは増している。ホストクラブに行ったことも、ホストと実際に話したことのない私にも(ホストを見た事はある。新宿歌舞伎町にいっぱいいるものー)受け入れることが出来るのは、ホストクラブ「club indigo」のオーナーである高原晶の存在があるからだろう。若いホストたちを晶が突っ込むところなぞ同感出来て小気味良い。そのくせ若いやつらのことは首を傾げても可愛さは人一倍感じているのだよなぁ。それが自分の店の子ならなおさら。彼らはとても素直で可愛いのだ。事件が起きたときも一致団結して奔走する。何とも頼もしいではないか。

さて、今回最も感動させてくれたのが「真夜中のダーリン」。吉田吉男(ふざけている名前だが、もちろん源氏名である)という若いホストが主人公。彼が抱えている爆弾にまつわる話し、そして今の彼、これからの彼。吉男くんの粋な計らいにぐっときてぼろぼろ涙流してしまった三十路の女ここに一人(笑)あ、だけど晶の十八番だという曲は知らないのだよねぇ。晶さんは私よりも年上だろうか(あれ?晶は30代後半?40代だったか?うろ覚えだ)。
吉男くんどうなっただろうか。それが気になるので是非また続編を!気になるといえば、前作で謎の人物だった憂夜さん。今作ではその過去が明かされるのか!と期待していたのにぃ〜さらにさらに謎は深まってしまったではないか。これはもう憂夜さんの過去が分かるまで追いかけますよ!なので続編切望(笑)。続編を望みつつもそろそろ加藤さんの別の作品を読んでみたいな、と思ってみたりもする。

読了日:2006年7月28日
かりさ | 著者別か行(加藤実秋) | comments(10) | trackbacks(5) | 

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | - | 

COMMENTS

Posted by トラキチ  at 2006/07/30 3:21 AM
リサさん、こんばんは♪
TBさせていただきました。
この作品は自分も疾走しているような感じで読めちゃいますよね(笑)
ホストにはなれないけど(爆)、若さをとりもどした感じで・・・

確かに吉田君の第3作目での再登場は期待しますね。
これはこの作品を読まれた方の共通した願いだと思います。

でもその前に他社から別のものが出そうな気配がしませんか。
ちょっと情報がないのでわかりませんけど・・・
Posted by リサ  at 2006/07/30 10:35 PM
★トラキチさんへ
トラキチさん、こんばんは!
コメントとTBありがとうございます♪
そうなんですよね、自分もこの物語の一員として入り込んでいるのでサクサクと読めるんですよね。
もうこの子たちのように若くはないけれど、何だかんだ言いながら楽しんでいる自分がいます。

やっぱり吉男くんのその後が気になりますもの!
あの調子で登場して欲しい、切に願います。

>>でもその前に他社から別のものが出そうな気配がしませんか。

トラキチさんもそう思われます?
実は私もそんな予感がしているのですけど…。
そうだとしたら楽しみですね♪
Posted by ゆうき  at 2006/07/30 11:48 PM
こんにちは。TBありがとうございました。
「真夜中のダーリン」いいですよね!
もうほんっとに、吉田吉男にはやられました。
母性本能&涙腺、刺激されまくりでした。
いつかでいいので、彼のその後が、私も知りたいです。
Posted by リサ  at 2006/07/31 4:43 PM
★ゆうきさんへ
こんばんは!コメントまでありがとうございます♪
「真夜中のダーリン」は泣けましたね〜。
あんないい子、ちゃんと次回に登場させてくれないと!ですね。
それにしても余韻のある終わり方。とってもいいし好きなのですが
やっぱり気になりますねぇ(笑)
Posted by ぱんどら  at 2006/09/12 11:07 AM
「意外にも」かなり楽しめる、というところ、すごく同感しました。

ほんとに失礼なんだけど、あんまり大きな期待もせずに読んでみたら面白かったですね、本当に。
Posted by リサ  at 2006/09/12 10:12 PM
★ぱんどらさんへ
コメントありがとうございます!
そう、「意外にも」だったんですよねぇ。
ぐいぐい読ませるところ、すごいと思います。
実はこれでシリーズ終わりなんじゃないかと勝手に
思っていたのですが…まだ続きそうですね。
私は早く憂夜の正体を知りたいです。ええ。
Posted by すの  at 2006/09/19 1:02 PM
期待しないで、面白い読み物に出会ったという感じ。
もっとも、おもしろい、それだけなんですがね。
でも、この作品はそれでいいのかなぁ、と思います。
前作、未読です。読まなきゃ。
Posted by リサ  at 2006/09/20 12:47 AM
★すのさんへ
こんばんは!
前作は本当に期待なしで、ただそこにあったから…というだけで
読んだのですが、これが予想に反して面白かった!
そういうときってちょっと嬉しいですよね。

>>もっとも、おもしろい、それだけなんですがね。

すのさんらしいお言葉(笑)
確かにその通り。そしてこの作品はそれでOKなのかもしれません。
決してけなしている訳ではなく褒めているんですけど。
どこが!?って言われちゃいそう…。
純粋に楽しめる作品って感じで好きです。
前作未読なんですね〜。是非読んでください!
Posted by すの  at 2006/09/20 7:29 AM
ぼくも、褒め言葉として使ってますよ(笑)
Posted by リサ  at 2006/09/20 1:01 PM
★すのさんへ
はい♪もちろんわかっておりますよ〜(*^-^*)
お互いにって書けば良かったですね。
言葉足らずな私…(汗)

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

活字中毒日記!  at 2006/07/30 3:14 AM
<まあまあ>『インディゴの夜 チョコレートビースト』 加藤実秋 (東京創元社)
インディゴの夜 チョコレートビースト加藤 実秋 / 東京創元社(2006/04/11)Amazonランキング:位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog <このシリーズにソフトカバーはよく似合う。> 渋谷のホスト達が大活躍し、躍動感溢れサク
本を読んだら・・・by ゆうき  at 2006/07/30 11:46 PM
■ インディゴの夜 チョコレートビースト 加藤実秋
インディゴの夜 チョコレートビースト加藤 実秋 東京創元社 2006-04-11by G-Tools , 2006/04/27 デビュー作である「インディゴの夜」がとても面白かった、加藤実秋さんの第2作。渋谷のクラブみたいなハコで、DJみたいな男の子たちが接客してくれるホストラブ
ぱんどら日記  at 2006/09/11 2:47 PM
加藤実秋【インディゴの夜 チョコレートビースト】
このまえ読んだ【インディゴの夜】の続編。とくに目新しいとも思えないが安定した面白さは、前作と変わらない。 これは長いシリーズ物になるんだろうか? 本書を最後まで読んだら、謎のマネージャー「憂夜」の正体が
たこの感想文  at 2007/01/21 9:42 PM
(書評)インディゴの夜 チョコレートビースト
著者:加藤実秋 インディゴの夜 チョコレートビースト価格:¥ 1,575(税込)
しんちゃんの買い物帳  at 2007/05/07 9:38 AM
「チョコレートビースト」加藤実秋
インディゴの夜 チョコレートビースト加藤 実秋 (2006/04/11)東京創元社 この商品の詳細を見る 高原晶の表の仕事はフリーライター。裏の仕事はホストクラブ「club indigo」のオーナー。 ホストのジョン太、犬マン、アレック
Trackback url: