ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 
<< 『少女七竈と七人の可愛そうな大人』桜庭一樹 | 7/31:購入本 >>

『配達あかずきん』大崎梢

4488017266
配達あかずきん
大崎梢/東京創元社
「いいよんさんわん」―近所に住む老人に頼まれたという謎の探求書リスト。コミック『あさきゆめみし』を購入後、失踪した母の行方を探しに来た女性。配達したばかりの雑誌に挟まれていた盗撮写真…。駅ビル内の書店・成風堂を舞台に、しっかり者の書店員・杏子と、勘の良いアルバイト店員・多絵のコンビが、さまざまな謎に取り組んでいく。初の本格書店ミステリ、第一弾。

元書店員さんが書かれたと言う、ほぼ初の書店ミステリ。ありそうでなかった書店で起こるミステリを描いている。うん、なかなか面白かった。書店員さんならではの視点で描かれたミステリは新鮮であった。まず表紙が大変凝っていて面白い。良く見るとミステリ・フロンティアシリーズの表紙たちなのだが…んん?あれ?ふむふむ…へぇ〜となる(なんじゃそりゃ)。それはぜひ手にとってみてご確認を。

「パンダは囁く」「標野にて 君が袖振る」「配達あかずきん」「六冊目のメッセージ」「ディスプレイ・リプレイ」5編の連作短編集。
駅ビル内にある書店「成風堂」を舞台にした書店ミステリ。書店員の杏子とアルバイト店員の多絵、このコンビが書店で起こる謎や事件を解決していく。日常系ミステリの書店版といった感じ。大掛かりなトリックがあるわけではないが、書店で起こる事件がなかなかに興味深い。特に「パンダは囁く」はスリリング。これを解いた多絵ちゃんはすごい!ここから彼女の名探偵ぶりが発揮されていくのである。読み始めるとパンダの正体はすぐに分かるはず。特に本好き、文庫好きならば。そうそうあのパンダよ〜。そして老人から頼まれたという謎の探求書リスト。ここから明らかにされていく本のタイトルが…いやいやドキドキさせられる。それにしても書店員さんは大変である。こんな謎解きを日々こなしているかと思うとつくづく大変なお仕事だな、と思ってしまう。逆にこれを楽しんでいる店員さんもいるかな。
一番好きなのは「六冊目のメッセージ」。人にオススメ本を選ぶ時はうんうんと悩みながらもどこか楽しかったりする。が、お見舞い用の本となるとこれが意外に難しい。相手の今の状況、精神的なものまで考慮せねばならないから。それを考えるとここに登場する選択は実に上手い。写真集から入るのはいいよね〜。そして数冊目から自分の好みが入ってしまうのはご愛嬌。相手も自分も楽しめるオススメ本の選択。難しいながらも楽しい作業である。そしてあのラスト。ああ!いいじゃないか、こういうの。羨ましいぞー。
「標野にて 君が袖振る」に登場する"あさきゆめみし"は懐かしい。えっと私が中学生くらいだったかな?小学校高学年〜中学生の頃だと思うが、それはそれは好きな漫画でどっぷりこの絵巻に浸かっていた。恥ずかしい話し、友達ともどきの創作までしていた。私が文章を書き、イラストの得意な友達がそれに絵を添えていく。そこから古典に興味を持ち、「源氏物語」「枕草子」「古事記」など古典ものを買ったこともある。函入りの立派なものを選んだためおこずかいが足りず、親から足りない分を出してもらったりした(うちの親、本代は惜しまず出してくれた。これらはまだ実家にあるはず)。古典だから読みづらいもののそこは好きなものだから訳を見ながら読み進んだ。何という地味な少女時代だろうか(笑)だがこれが良かったのか高校の古典は好成績。地道な作業がこんなところで発揮されるとは。いやいや〜暗いなー引くよねぇ。とは言っても別に詳しいわけではないし、今じゃすっかり忘れている。…そんなことを思い出しつつ、ちょっと切ないこのお話しに感情移入してしまったようである。
ひとつひとつの短編に対して感想を書いてくと上記のように自分の思いを織り込んでさらにさらに長くなりそうな予感がするので、ここら辺でやめておくとして…。

実は書店勤務の経験がある。短期間のアルバイトだったがなかなか刺激的だった。学校内の書店だったため一般の書店とは異なり、扱うのは専門書ばかりという環境だった。見たことも聞いた事もない本のタイトルを覚えるだけでも苦労した覚えがある。「配達あかずきん」のように本を配達に出かける事もあったし、それを取り分ける作業、請求書の確認、集金などもこなしていた。本屋の仕事って大半が力仕事。自分の本好きが活かされることなんて正直ない。ここで学んだのは本好きだからといって書店の仕事に直接それが反映されることはないんだなーということ。もちろん正社員になって自分の得意分野のコーナーを任されて、レイアウトを自分の判断で出来る!なんてことになったら思いっきり楽しんじゃうのだけど…。たぶん私には書店のバイトは無理っぽい。ただ以前働いていた専門書を扱うようなマニアックな書店はすごく楽しかった。もう一度やってもいいかな、と思うほど。でも一般の書店はダメかもなー。自分が好きな場所の職場なのに、好きが反映されないって辛そう。仕事なんだから割り切れるとは思うけどね。その前に体力がなくてクビになりそうだ。

書店員さんが読むときっと同感することが多くて楽しめると思う。書店勤務経験のない人でも日常系ミステリとして楽しめるかとも思う。が、ところどころ疎外感を感じてしまうのは否めない。あまりに書店という仕事に密着し過ぎているため実感が湧かないのが現実。それでもなかなかの好感触で読み終えたのだ。ちょっと否定的なことも書いてしまったが、日々の忙しさに紛れてしまうようなちょっとした謎や事件をすくいとって描いたこの書店ミステリ、なかなかオススメですぞ。

関連サイト
ここだけのあとがき(Webミステリーズ!)
本格書店ミステリ誕生!大崎梢さん(インタビュー)

読了日:2006年7月30日


…実はここに登場する書店員の杏子が、性格的に合わずとても残念な思いをしています。何というのかなー根本的に私とは合いそうにないな、と読んでいて思ってしまったのです。彼女本をあまり読まないという設定になっているんですが、それはいいの、でも本好きからしたらちょっと「んん?」と思うようなことがちょこちょこと引っかかりを感じてしまって…。ああーとっても素敵な作品なのですがそんな個人的なことでマイナス面を持ってしまうなんてー。むぅ〜残念。
そうですねぇ、一つ上げるとすると「六冊目のメッセージ」でお見舞い本として選ばれた『宙の旅』。林完次さんのこのシリーズは大好きで私も数冊持っているのですが、杏子さんこの本を一目見てすぐにお見舞い本として疑問を持ってしまっているんですね。早過ぎるだろう!と。決してこの表紙暗いというわけでなくむしろ暗闇の向こうに輝く光がとても綺麗で幻想的なんです。そう思っていた私にとってはこの態度ちょっとムッとしてしまったんですねぇ。もちろんお話しですし、いちいちそんなことで引っかかっていたら作品自体面白く感じなくなってしまうのでそう思ってしまうのはいけないことなんですが…そういう感じなものがいくつか本当にささくれ程度なんですが、あったんです。そんな違和感がどうにも居心地悪くて…。
私の勝手な思いなんでこれを読まれている方はそんなことに惑わされず、どうぞ手に取ってみてくださいね。とてもとても素敵な書店ミステリには違いありませんから。
大崎さんは今後本屋を舞台にした作品を描かれるそうですので、次作も楽しみにしています。
かりさ | 著者別あ行(大崎梢) | comments(16) | trackbacks(13) | 

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | - | 

COMMENTS

Posted by BEE  at 2006/07/31 5:55 PM
こちらにもTBさせていただきました。
私も「六冊目のメッセージ」が
すごく好きでした。
こんな風に人と出会うって素敵だなぁと
単純に思ってしまいました。
処女作で、これだけの本読み達が
くいついたわけですから(笑)
次回作に大きく期待したいものですね。
Posted by リサ  at 2006/07/31 9:43 PM
★BEEさんへ
こんばんは♪
こちらへのコメントとTBもありがとうございます!
何だかあまりいいこと書かなかったので
TBするのをためらっていました。
なので嬉しかったです(*^-^*)
「六冊目のメッセージ」は素敵ですね。大好きです。
ああいう出会いって憧れますね〜。
次回ではどんな謎解きを見せてくれるでしょうか、楽しみですね!
Posted by 雪芽  at 2006/07/31 10:19 PM
この本自体は読んでいないんですけど、
リサさんの懐かしいお話に、
つい引き込まれてしまいました。
「あさきゆめみし」いいですよね。
私も好きで何度も読みました。
林完次さんのシリーズも揃えたかったけど、
持っているのは「宙の名前」のみ。
これはうっとり本ですよね。
なのに、杏子とは趣味に不一致を感じそうです。
あら、架空の人でしたっけね^^;
Posted by リサ  at 2006/08/02 12:31 AM
★雪芽さんへ
こんばんは!
わぁ読んでくださってありがとうございます。
ちょっと独りよがりな思いを書きすぎたかも…なんて思っていたので
嬉しかったです(*^-^*)
「あさきゆめみし」は本当に大好きでした。
コミックが手元にないのが残念です…。
林さんもずっとずっと昔に買った本が2冊あるのですが、
今でも時々眺める事があります。うっとりしますよね〜。
思い入れが強い分、杏子にはがっくりしちゃったのですが…
架空の人なのでそんなに熱くならなくてもいいのですけどね、ついつい(笑)
雪芽さんも機会がありましたら読んでみてください。
どう思われるかな〜。ちょっと楽しみです。
Posted by chiekoa  at 2006/11/21 11:57 AM
あ〜、なんかすごく感想が近いな!って思いました。杏子への感情とか、「疎外感」って単語が出てくるところも同じ…(笑)。わかりますわかります。読み心地いいし、すぐ読めるんですけど、こう、こころにちょっとひっかかりが…。
ちなみに「あさきゆめみし」は我が家に全巻そろっております!!
Posted by リサ  at 2006/11/24 1:34 AM
★chiekoaさんへ
こんばんは!
ああ!お返事が遅れてしまってごめんなさいっ。
おお、chiekoaさんも似たように感じましたか〜。
そうなんですよねぇ、あの最後の対談とか思いっきり
疎外感を感じてしまいました。
とても面白いしなかなか楽しめる作品なのですが、
ひっかかりは否めませんでした。
「あさきゆめみし」全巻揃っているのですか!
そ、それは素晴らしいー。
昔夢中になったマンガって今頃になって思い返すことが
あるんです。そんな時手元に残しておけば、と後悔。とほほ。
Posted by   at 2007/01/06 9:35 PM
今年もよろしくお願いします。
リサさんって、本屋さんの経験があるのですか。
何か楽しそうですよね。
体力もいるだろうし、思っているより大変な仕事なのかもしれませんが、一度働いてみたいです。
Posted by リサ  at 2007/01/08 1:40 AM
★花さんへ
こんばんは!
今年もどうぞよろしくお願いいたします♪
そうなんですよー本屋さんの経験アリなのです。
でも本屋さんといっても本当に小さな小さな学内の
コーナーの本屋さんだったのですけどね。
聞いたこともないマニアックな本を扱っていて
面白かったです。
体力がないと本当にしんどいお仕事ですが、本好きには
たまらない空間ですよね。
Posted by Rutile  at 2007/01/17 11:50 PM
こんばんは。
「六冊目のメッセージ」は私もお気に入りです。
こういうのはオトメゴコロを呼び覚まされるのですよ〜。
次回作は地元長野が舞台!!期待が高まります(^^)v
Posted by リサ  at 2007/01/19 2:18 PM
★Rutileさんへ
こんにちは!
「六冊目のメッセージ」は素敵ですよね♪
いいですよねぇ、あんな出会いは憧れます。
『晩夏に捧ぐ』の舞台長野、地元なのですね〜。
地元ならばもっともっと楽しめると思います。
Rutileさんの感想楽しみにしていますね。
Posted by 藍色  at 2007/01/23 12:53 PM
リサさん、こんにちは!
楽しいユーモア・ミステリでした。
さまざまな謎解きが楽しめましたね。
書店勤務の経験がおありなのですね。
貴重な経験、とても興味深かったです。

「風が強く吹いている」は、後ろ3分の2(駅伝本番)になると、
本が手放せなくなりますので、時間をたっぷりとってお読みください。
睡眠不足者、続出みたいです(笑)。
Posted by リサ  at 2007/01/24 9:14 PM
★藍色さんへ
こんばんは!
これはなかなか興味深いミステリでしたよねぇ。
書店の謎なんてわくわくします(*^-^*)
書店勤務は本当にこじんまりしたところだったのですが、
貴重な経験でした。大変ながらも本と関わるって楽しいです。

『風が強く吹いている』今読んでいますが、なかなか
読む時間がとれずゆっくりペースになっています(>_<)
なんと!駅伝本番は一気読み覚悟ですね!
これは時間と場所を考えなくては〜。
アドバイスありがとうございます♪
(でも、きっと、夜寝る前に読んでしまって結局
寝不足ってことになってしまうんだろうなぁ(笑))
Posted by とも  at 2007/02/13 2:45 PM
こんにちは♪
この本の登場人物たちとても
いいですね。
癒されました。

TBさせていただきます。
Posted by リサ  at 2007/02/14 4:36 PM
★ともさんへ
こんにちは!
多絵ちゃんが可愛いですよね〜。頭も冴えるし!
羨ましいです(笑)
次作が早くも待ち遠しいです〜。
Posted by chiro  at 2007/07/19 10:29 PM
こんばんは。
このシリーズは嵌りそうです。
書店の仕事ってやはり大変なのですね。
この物語を読むだけでも勉強になりました。
Posted by リサ  at 2007/07/22 8:33 PM
★chiroさんへ
こんばんは!
このシリーズももう3作になるんですよね。早く新刊を読みたいです!
書店の仕事は体力もいりますし、本当に大変だと思います。
書店員さんのご苦労がわかりますよね。裏話なんかも読めて嬉しいです。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

はちみつ書房  at 2006/07/31 5:51 PM
配達あかずきん
 配達あかずきん  大崎梢著/東京創元社  そこのあなた!本当は買って読んでほしいところだけれど、  とりあえず、急いで図書館に予約して!  5月に発行されたばかりの本だから、うまくいけば1番乗りよ!!  またまた見
蓮に鷺  at 2006/10/02 11:43 AM
『配達あかずきん』大崎梢
発売直後の雑誌の中に盗撮写真が入っていた事から、大騒動に巻き込まれた美容院・ノエル。その雑誌を配達したのは駅ビル6階にある成風堂書店。そんなある日、配達に出ていたアルバイトの吉川博美が駅の階段から転落する事故に遭った。しかも、目撃した売店のおばさんは
ハジけて学べ!  at 2006/10/02 11:40 PM
配達あかずきん
パロディ童話かと思って手に取ったら。 本屋で働きたい!!!! その思いが溢れ出て止まらなくなった。 「いいよんさんわん」 ―近所に住む老人に頼まれたという謎の探求書リスト。 コミック『あさきゆめみし』を購入
AOCHAN-Blog  at 2006/11/14 5:30 PM
「配達あかずきん」大崎梢
タイトル:配達あかずきん 著者  :大崎梢 出版社 :東京創元社 読書期間:2006/10/25 - 2006/10/26 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 「いいよんさんわん」―近所に住む老人に頼まれたという謎の探求書リスト。コミック『あさきゆめみし
+ ChiekoaLibrary +  at 2006/11/21 11:54 AM
配達あかずきん [大崎梢]
配達あかずきん大崎 梢 東京創元社 2006-05-20 「いいよんさんわん」――近所に住む老人に頼まれたという謎の探求書リスト。コミック『あさきゆめみし』を購入後、失踪した母の行方を探しに来た女性。配達したばかりの雑誌に挟まれていた盗撮写真……。駅ビル内の書店
本を読む女。改訂版  at 2006/11/22 1:37 AM
「配達あかずきん」大崎梢
配達あかずきん発売元: 東京創元社価格: ¥ 1,575発売日: 2006/05/20売上ランキング: 16162おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/11/12 私には大学卒業後、一年ブランク(就職浪人兼フリーター)があるのだが、 その時に本屋でバイトしていた。 約半年間、
モンガの独り言 読書日記通信  at 2006/12/06 12:31 AM
配達あかずきん  大崎 梢
配達あかずきん 大崎 梢  309 ★★★☆☆  【配達あかずきん】 大崎 梢 著  東京創元社  《書店、書店にも毎日に人が来てミステリィが起こります》  内容(「BOOK」データベースより) 「いいよんさんわん」―近所に住む老人に頼まれたという謎
<花>の本と映画の感想  at 2007/01/06 9:31 PM
配達あかずきん
配達あかずきん 大崎梢  東京創元社 2006年5月 近所に住む老人に頼まれた本とはいったいどの本なのか。暗号のような言葉から推測していく「パンダは囁く」 コミック「あさきゆめみし」に重要なことが書いてあったと娘に電話をしたあと、行方不明の母
粋な提案  at 2007/01/23 1:08 PM
配達あかずきん成風堂書店事件メモ 大崎梢
東京創元社ミステリ・フロンティア。「本の雑誌」2006年上半期ベストテン第2位。COVER PHOTO:(c)WONDER WARKZ。BOOK DESIGN:岩郷重力+WONDER WARKZ。 駅ビル内の成風堂書店でしっかり者の書店員・木下杏子と勘の
"やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!  at 2007/02/05 6:24 PM
配達あかずきん 大崎梢
配達あかずきん この本は「本屋さんが舞台の小説」ということでまったり読書日記のエビノートさんにオススメしてもらいました。 ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 図書館ではなく書店が舞台の小説。ちょっとしたミステリやいいお話です。 いつか「ほん
とものブックレビュー  at 2007/02/13 2:45 PM
配達あかずきん/大崎 梢
配達あかずきん 大崎 梢 「いいよんさんわん」―近所に住む老人に頼まれたという謎の探求書リスト。コミック『あさきゆめみし』を購入後、失踪した母の行方を探しに来た女性。配達したばかりの雑誌に挟まれていた盗撮写真…。駅ビル内の書店・成風堂を舞台に、しっ
気楽に♪気ままに♪のんびりと♪  at 2007/07/11 1:33 AM
配達あかずきん
**************************************************************** 「いいよんさんわん」―近所に住む老人に頼まれたという 謎の探求書リスト。コミック『あさきゆめみし』を購入後 失踪した母の行方を探しに来た女性…。駅ビル内の書店 成風堂を舞台に、しっかり者
Chiro-address  at 2007/07/19 8:54 PM
「配達あかずきん―成風堂書店事件メモ」大崎梢
「配達あかずきん」 大崎 梢 東京創元社 2006-05-20 勝手に評価:★★★★★ 読書期間:1日  「いいよんさんわん」――近所に住む老人に頼まれたという謎の探求書リスト。コミック『あさきゆめみし』を購入後、失踪した母の行方を探しに来た女性。配達したばかりの
Trackback url: