ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 
<< 『ひかりをすくう』橋本紡 | 10/12:図書館本 >>

『ペンギンの憂鬱』アンドレイ・クルコフ

4105900412
ペンギンの憂鬱
アンドレイ・クルコフ/新潮社
恋人に去られた孤独なヴィクトルは、憂鬱症のペンギンと暮らす売れない小説家。生活のために新聞の死亡記事を書く仕事を始めたが、そのうちまだ生きている大物政治家や財界人や軍人たちの「追悼記事」をあらかじめ書いておく仕事を頼まれ、やがてその大物たちが次々に死んでいく。舞台はソ連崩壊後の新生国家ウクライナの首都キエフ。ヴィクトルの身辺にも不穏な影がちらつく。そしてペンギンの運命は…。欧米各国で翻訳され絶大な賞賛と人気を得た、不条理で物語にみちた長編小説。

何だろう。この不気味さと不条理さが、淡々と綴られる日常生活に織り込まれるものを不快感よりもむしろ魅力的に読んでしまうものは。

ウクライナの首都キエフが舞台。売れない小説家ヴィクトルと憂鬱症の皇帝ペンギンミーシャの孤独な生活。ミーシャはヴィクトルのペットというよりは互いに干渉し合わない同居人のような存在である。経営難の動物園から譲り受けたペンギンは住む環境も変えられ、集団から引き離され憂鬱症を患い、常に孤独の中を生きている。ガールフレンドに去られたヴィクトルもまた孤独である。孤独と孤独が補い合って互いの孤独を埋めているような生活。そんな生活がこのまま続いていく物語でも充分良かったのであるが、物語の中ではヴィクトルがある仕事を引き受けてから不可解なことが次々と起き始める。
あまりにも謎が多すぎてこれらが一体どうやって収束していくのか早く見届けたい焦燥感と、ヴィクトルが巻き込まれているものの正体がつかめない不安感と、ここに漂う鬱々としたものがない交ぜになり落ち着かせなくさせる。

新聞の死亡記事…まだ生きている人間の追悼記事を書くという仕事を引き受けてからヴィクトルの生活も安定してゆく。けれども心の安定は得られずその孤独感は増すばかり。ペンギンじゃないミーシャから預かった4歳の少女ソーニャ、ペンギンがきっかけで友人になった警察官のセルゲイ、その姪であり、ソーニャのベビーシッターでもあるニーナ。彼らの存在がヴィクトルの心の隙間を埋めることはない。けれどもセルゲイだけは少し違ったのかな。セルゲイとの釣りのシーンが最も好きである。ミーシャが活き活きと氷穴に飛び込む場面など微笑ましい。こんな時ヴィクトルの心も温まっていたのではないかと思う。
さて、生活は安定するが、身の回りでは不穏な出来事が次々と起こる。鍵がかかっているはずの玄関から誰かが侵入していたり、追悼記事に書いた大物が次々と死んでいったり。その見えない何かが全く読めず薄ら寒さを感じる。そしてヴィクトルの身に何が起きているのか分かるときのゾクゾク感。それまでのほのぼのとした気分はここで一気に暗闇に突き落とされる。

やはりここでの主役はペンギンのミーシャであろう。ペタペタと足音を立てて歩くさま、キッチンの戸口をつついたり、鏡に映る自分の姿をじっと見つめていたり、仕事中のヴィクトルの膝に自分の体を押し付けてその顔をのっけてみたり。そんな仕草がいちいち愛らしい。ペンギンをさり気なく描き、変に擬人化していないところがまた良いのだ。ミーシャはただのペットとして描かれているのではなく、この不条理な物語になくてはならない重要なキャラクターでもある。数多く残される謎の中にミーシャのその後もあるのだが、なんと続編『カタツムリの法則』というのが刊行されているらしい。翻訳されているのならばすぐにでも飛びついて読みたいところであるが、残念ながら翻訳されていない。ここに散らばった謎が回収されているのかどうか定かではないが、それを見届けるためにも続編を是非とも読んでみたい。

読了日:2006年10月11日


クレスト・ブックス2冊目です。この物語に漂う温度の低さと鬱々したものによって読み手まで飲み込まれてしまうんではないかと思いきや、そんなことは全然なくむしろ面白く読めてしまった。ペンギンのミーシャの愛らしいこと。4歳の女の子ソーニャもとてもとても可愛らしい。
著者のアンドレイ・クルコフはウクライナのロシア語作家。不遇な作家生活を経てこの作品で一躍有名になったそうです。しかも欧米で人気を博したとか。確かにこれはミステリアスな部分でも秀逸。アンドレイは何でも小動物を良く登場させるのだそう。うわ〜どんな物語になっているのだろうか。気になって仕方ない。『ペンギンの憂鬱』の続編も是非読みたいなぁ。アンドレイの新作『大統領の最後の恋』もクレスト・ブックスから出ました。こちらも楽しみです(ただ今図書館に予約中)。
かりさ | 新潮クレスト・ブックス | comments(9) | trackbacks(9) | 

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | - | 

COMMENTS

Posted by ましろ  at 2006/10/12 8:03 PM
リサさん、こんばんは。
ホントこれは、謎の多い物語でしたよね。
読んでだいぶたったいまでも謎がぐるぐるしています。
『大統領の最後の恋』は、あまりにも分厚くて読む気がうぅですが、
クレスト・ブックスはいい作品がそろっているので大好きです!
Posted by リサ  at 2006/10/12 9:43 PM
★ましろさんへ
ましろさん〜こんばんは!
コメントとTBありがとうございます。
謎だらけで???がぐるぐる。読み終えてもぐるぐる。
でも何故か面白いのですよね。
翻訳ものはあまり得意ではなかったりするのですが、
新潮クレスト・ブックスは何故か読みやすい。
もっともっといろいろと読んでみたいです。
『大統領の最後の恋』はそ、そんなに分厚いのですか!?
実物を見ていないので…。あららー実際に手にして尻込みしたりして(笑)
クレスト・ブックスはちゃんと手元に欲しいなぁ、と
思うのですがお値段見て諦めてしまいます…。
Posted by 聖月  at 2006/10/13 11:17 AM
この本を読んで、思わず書評内で、小説を書いた私です。

多分、本家を超えた作品。TBしときます(^^ゞ
Posted by リサ  at 2006/10/13 5:57 PM
★聖月さんへ
聖月さん、コメントありがとうございます。
う、嬉しいです。
何と、オリジナルの小説ですか!
うわ〜楽しみです。面白くないわけがないですから!
伺いますね。
Posted by   at 2006/11/05 5:44 PM
初めまして。
私もクレスト・ブックスはとても好きです。
読み終わった後、本棚に並んでいるのを見ても楽しい、そんなシリーズですね。
「ペンギンの憂鬱」に続編が出ていること知りませんでした。
翻訳されたら是非読みたいです。
こちらでは私の大好きな本がたくさん取り上げてあるので、
どこから読んでいけば良いか迷います。
ゆっくり読ませていただきますね。
Posted by ニノ  at 2006/11/05 5:47 PM
ごめんなさい。
送信に失敗して名前が抜けてしまいました。
上のコメントは私です。
失礼しました。
Posted by リサ  at 2006/11/05 10:35 PM
★ニノさんへ
はじめまして!コメントありがとうございます♪
なかなか読み進めませんがいつも書店や図書館へ行くたびに
ふらふら〜とクレストブックスコーナーへ向かってしまいます。
本当に本棚に並べておきたいシリーズです。
『ペンギンの憂鬱』続編のことは本書の解説にあったのです。
早く翻訳してほしい!と強く思いました。
翻訳されたら真っ先に読んでしまいそうです。

ニノさんと好きな本の傾向が似ていますか。嬉しいです。
あまり大したことは書いていないのですが、最近の
感想はやたらと熱いので読み返して恥ずかしい思いを
しています(笑)
また是非いろいろとお話ししてくださいませ。
お待ちしております!
Posted by むぎこ  at 2006/11/27 1:59 PM
リサさんこんにちわ
初めましてむぎこです
私はこの本は表紙で買ってしまいました
そして・・・大当たりでした
大事に読んで 読み初めから読了まで1ッカ月半かかったほどです(情けない事に)
本当に このペンギンのミーシャがなんともいえない味があります

後書きに ミーシャのその後を暗示する本があるように書いてあったので 早く続きが読みたいです
Posted by リサ  at 2006/12/06 9:14 PM
★むぎこさんへ
むぎこさん、はじめまして!
コメントとTBありがとうございます♪嬉しいです。
せっかくコメント下さったのにお返事が遅くなってしまってすみません。

この作品、表紙も内容もとても好きです。私は図書館で借りたのですが、
いずれは手元に置きたいと思っています。
これは面白かったですよね。ミーシャがとても良い。
私も続編を待ち望んでいます。あのラストの続きはあるのか、
ミーシャはどうなったのか気になっています。
早く翻訳されるといいですね!

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

まっしろな気持ち  at 2006/10/12 8:04 PM
ペンギンの憂鬱
 憂鬱症のペンギンと暮らす売れない小説家のヴィクトルのミステリアスで不条理な世界を描いた物語である、アンドレイ・クルコフ著『ペンギンの憂鬱』(新潮社クレスト・ブックス)。ある日、新聞社から死亡記事を書く仕事を依頼される主人公ヴィクトル。けれどそのうち
ロシア語 翻訳  at 2006/10/12 9:51 PM
生格変化の練習 【ロシア語翻訳入門】
始めまして、アイザーダです。ロシア語翻訳入門ブログの記事を作っています。勉強になれる記事を書くように頑張っています。ロシア語に興味があると、私のところ是非来て見てくださいね。(*^_^*)
「本のことども」by聖月  at 2006/10/13 11:15 AM
◎「ペンギンの憂鬱」 アンドレイ・クルコフ 新潮社 2100円 2004/9
 以前、長野県は蓼科高原に住んでいた評者の住まいは、所謂リゾート風集合住宅であり、1階に住む評者はワインのヌーボーの解禁時期に、どういういきさつか忘れたが、4階に住む女性と一緒に評者の部屋でそのヌーボーを中心に据えたささやかな二人だけのパーティーを行
翻訳・通訳のすべて  at 2006/11/08 6:09 PM
翻訳ビジネス
こんにちは!突然のトラックバック失礼します。よろしければ翻訳ビジネスについて情報交換しませんか?
麦子さんといっしょ  at 2006/11/27 1:58 PM
ペンギンの憂鬱
ロシアの小説ですむぎこには珍しく五つ星です。ベストセラーのようですペンギンの憂鬱表紙のかわいさに魅かれて買いました。恋人に去られた小説家志望のヴィクトルは、ひょんなことから動物園で用無しとなったペンギンと暮らしはじめます。そのペンギンは憂鬱症のうえに
+ ChiekoaLibrary +  at 2006/11/28 12:39 PM
ペンギンの憂鬱 [アンドレイ・クルコフ]
ペンギンの憂鬱アンドレイ・クルコフ 沼野 恭子 新潮社 2004-09-29 ヴィクトルは、動物園からひきとったペンギンと暮らす売れない小説家。ある日、まだ生きている大物政治家や財界人や軍人たちの「追悼記事」をあらかじめ書くという仕事を請け負いますが…。 すご
muzoboz1823  at 2007/01/10 3:50 AM
muzoboz1823
a_Ya__a__
紙と文字 〜本の虫の三歩前〜  at 2007/08/17 8:08 AM
ペンギンが憂鬱!?
ペンギンの憂鬱 (新潮クレスト・ブックス) 『ペンギンの憂鬱』 アンドレイ・クルコフ 〜あらすじ〜 〜恋人に去られた孤独なヴィクトルは、憂鬱症のペンギンと 暮らす売れない小説家。生活のために新聞の死亡記事を 書く仕事を始めたが、そのうちま
*モナミ*  at 2008/08/14 10:52 PM
『ペンギンの憂鬱』 アンドレイ・クルコフ
主人公ヴィクトルと愛すべきそのパートナー、 ペンギンのミーシャ。 ヴィクトルの膝に腹を摺り寄せてくるその動物は、 めったに鳴き声もあげないけれど、その存在感たるや。 出会う人全てを魅了するミーシャ。 ペンギンというのは、なぜか人間に似ている。
Trackback url: