ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 
<< 10/20:購入本(家守綺譚とか) | 『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』本谷有希子 >>

『生きてるだけで、愛。』本谷有希子

4103017716
生きてるだけで、愛。
本谷有希子/新潮社
ねえ、あたしってなんでこんな生きてるだけで疲れるのかなあ?過眠、メンヘル、二十五歳。人と人とがつながりにくい現代を生きるひとりの女の子の物語。芥川賞候補作。

人間って何で生きてるんだろうね。みんな規則正しくなんで生きられるんだろうね。朝ちゃんと起きて通勤し、与えられた仕事をちゃんとこなす。そんな当たり前のことにふと疑問を持ったことはあるだろうか。持つ人も当然いるだろうし、全く感じない人もいるかもしれない。中には当たり前の生活を送ることが困難な人もいる。規則正しく生活する人間を眩しく思い、それに比べて…と自己嫌悪に陥りもうそこから脱却出来ずに嫌悪感を膨らませるばかりなんだろう。
でもそんな人間でも必死なのだ。外からではわからない内側の病。それも精神の。「私鬱なんですー」って言えたら鬱にはならないよね。何だかわからないものが精神を蝕んでゆく。一体そこからどう脱却すればいいのだろう。その方法を手探りすれどその手は宙をかくだけなのだ。

なんとなく学校生活がかったるいと言う理由でまつげと鼻毛以外の体中の毛を剃るというなかなか理解のしづらいエピソードから始まる話し。もうここから主人公の突き抜けているところが気になってくる。そこから5千分の1秒の素敵な話しになって、ふむふむと納得していたら主人公の寧子は鬱になっちゃってた。この寧子がねぇすごいんだ。過眠症とメンヘルでほとんどをベッドの上で過ごし、家どころか部屋からすら出られない。住んでいるのは同棲相手・津奈木の家で何となく転がり込んで3年経っている。寧子はどうしようもない苛立ちを抱えていて日々津奈木に当たる。八つ当たりされている津奈木はどんだけひどいこと言われても覇気のない返事でやり過ごしている。おかしなカップル。だけど目が離せない。
とにかく良く良く読めば痛々しい話しなのだ。重たいし、彼女は一体いつそこから脱却出来るのだ?ともうきっとそんなこと途方もないことなんだ、と途中気がつかされてもそのなだれ続ける言葉の洪水の中でも希望の光を求めてみたりもする。だってこのままじゃ寧子はあまりにも救われない。彼女だってこんな自分は飽き飽きしているに違いない。出来るのならばこんな自分から離れたい、別れたいと思っているに違いない。その叫びにならぬ叫びが行間から聞こえてくる。

寧子が津奈木に言う「あたしはさ、あたしとは別れられないんだよね一生。」…ハッとさせられる。自分とはどんな人間であっても一生つきあっていかねばならない。どんなに嫌なやつだって頭がおかしくたって、だからじゃぁ別れて、って切り離すことが出来ない。それは確かに諦めなんだろう。ここまで思いつめてしまうってどれほどの苦痛なんだろうか、と考えてしまう。私だって人生いろいろあってその度生きるって何だよ、と思ったことはあれど寧子のように自分との付き合い方についてなんぞ考えたことはなかった。どんなに逆境に立たされても鬱にならず立ち直ってシャンと歩き出せる人間と、ほんのちょっとしたことでもうダメになってしまって鬱になってしまう人間の、その境界線は何だろう。彼女のこの嘆きは意表を突かれる。

メンヘルを扱う作品は今や珍しいことでもなく、意外に周りにもそういう人間は多く存在する。やはり鬱になってしまった幾人かの友人。ぽつぽつと語り出す彼女らの独白を電話のこちら側でただただ聞いてやるしか出来ない私は、この彼女らとでは何が違うのだろうかと空ろに考えてしまう。答えなどあるはずもない。そこから脱却出来ずに、かといって抗う気力も失いつつある彼女らの心の叫びを私はただただ聞いてやることしか出来ない。

ことごとく救いようのない主人公の痛々しさが必死さが何故にこんなにも愛おしくなってしまうのか。抱きしめれば治るわけじゃないけど、生きている苦しみから解放させてやれるわけじゃないけど、津奈木、寧子をしっかり抱きしめてやって!と思わず力強くエールを送る自分がいた。そして、冒頭の5千分の1秒の素敵な話しはここで用意されていたのか!と何故かそこに感動してしまう自分がいた。
もう1編『あの明け方の』。数年経った寧子と津奈木の物語なのか、はたまた全く別のカップルの話しなのか。それは定かにされないが、短くもホッとするようなほんのりとした温かさを感じる作品。

この著者の紡ぎだす言葉の力強さ、吸引力。こんなにも重たく痛いのに何故かあっけらかんとした明るさと笑い。いい意味で突き抜けている本書。私はとても好きである(この装丁も好き)。本谷有希子がすごい!思わずそう叫ぶ。

読了日:2006年10月21日


本作が芥川賞候補作になったとき、初めて著者の名を知りました。以来気になっていた作家さん。何でもご自分の名前を劇団名にしているのですね。「劇団、本谷有希子」だそうです。もうそれだけで自己主張強そうじゃないですか。で、そのイメージでこの作品ですよ。すごい作家がいたんだな!と私は感激に打ち震えているわけです。好みです、こういうの。
『生きてるだけで、愛。』を読んでいて、何となく絲山秋子さんの『逃亡くそたわけ』を思い出していました。同じメンヘルな主人公が出てくるだけ、ってだけですが文章の雰囲気とかね思い起こすものがあって。でも断然本谷さんのほうがぶっ飛んでますわ。その突き抜けた感が私にはたまらん。ちょっとこれは追いかけたい方です。とりあえず未読は全部読むつもりの威勢でいます。
かりさ | 著者別ま行(本谷有希子) | comments(16) | trackbacks(9) | 

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | - | 

COMMENTS

Posted by まろ  at 2006/10/23 7:22 PM
 リサさんこんばんは。

 私も今、本谷有希子さんの本「江利子と絶対」読んでるところです。
 NHKの「週間ブックレビュー」でゲスト出演されたのをみて、面白そうな方だったので…。
 「生きてるだけで〜」もこれから読むつもりなので、リサさんの感想が読めてよかったですvv
Posted by リサ  at 2006/10/23 9:27 PM
★まろさんへ
こんばんは!コメントありがとうございます♪嬉しいです。

『江利子と絶対』読まれているのですか!何と!
私もこれは是非読みたいとネット注文したばかりです。
まろさんの感想が楽しみです。
そうそう「週間ブックレビュー」にゲスト出演されていたんですよね。
残念なことに見られませんでした…。
ああ、動く本谷さんを見てみたいです。

『生きてるだけで、〜』読まれましたら教えて下さいね。
感想拝見しに伺います!
Posted by june  at 2006/10/24 9:40 PM
寧子が愛しくなるってわかりますー。
だから津奈木との間にも、愛が存在したことがあったというのが
すごくうれしくって・・。
重くて痛いのに笑えて、ほんと突き抜けてますよね。
私は絲山さんに惚れてるんですが、本谷さんも追っかけたいです。
Posted by みいず  at 2006/10/24 10:05 PM
はじめまして♪みいずと申します。
ずーっと密かに拝見していました。
読書も好きで、リサちゃんの書く文章も好きです。
これからもよろしくお願いしますね。

さて「生きてるだけで〜」はまだ読んでいないのです。
でも、リサちゃんのを読んだら、めちゃくちゃ読みたくて、まずは、図書館サイトで予約確認をしたら、12件入っていました。わお!
本屋さんへ行く時間もないので、今のところ手に入れていないのだけど、早く手に入れたいですね〜♪
やっぱ、ネットが早いかなぁ?
私もこの手のモノ大好きなんですよね〜。

「腰抜けども〜」は「生きてるだけで〜」を読破したら、リサちゃんの↑も含めて、改めて読ませていただいて(あえてスルーしてます^^;)、ぜひとも読みたいと思います。

追伸。私もハチクロ全巻持ってますっ^^(遅っ)
Posted by リサ  at 2006/10/25 10:18 PM
★juneさんへ
こんばんは!
もう冒頭から惹きつけますよね(笑)
不器用な寧子が段々と愛しくなって、そうすると応援したくなって…
ラストはあったかくなりました(彼女は寒かっただろうけど(笑))

本谷さん、私も追いかけますー。
Posted by リサ  at 2006/10/25 10:28 PM
★みいずさんへ
みいずさん、はじめまして!
ご訪問とコメントをありがとうございます。嬉しいです♪
密かにいらしてくださっていたのですね。
そして読書好き!本の話しが出来るのはわくわくします。
こちらこそこれからもよろしくお願いします♪

『生きてるだけで、愛。』気になりましたか?
図書館予約結構入っているんですねー、ビックリ。
私はたまたま書架にあったので迷わず借りてきたのですが、
他では予約待ち人数多いくらい人気なのでしょうかね。
うちの近所の書店には確実に置いていないはずなので(悲しい)
もし買うなら私はネット買いです。
お好きなテイストならば買いですよ!
みいずさんの感想是非お聞きしたいです。

そうですね、順番としたら『腑抜けども〜』が先に刊行されていますが、
『生きてるだけで〜』のほうがまずは無難かもしれません。
みいずさんはお気に召すかしら?楽しみです♪

ハチクロ全巻お持ちですか!またそんな話しも是非(*^-^*)
Posted by まろ  at 2006/10/31 7:12 PM
 リサさん再びおじゃまします。

 「生きてるだけで〜」読み終わったので、TBさせて頂きました。
 リサさんの感想、読んでるだけでほくほくして、本にもっとかぶりつきたくなります。
 失礼ながら、BlogPeopleでリンクさせていただきました。事後報告ですみません。
 またお邪魔させてくださいね。
Posted by リサ  at 2006/10/31 11:35 PM
★まろさんへ
こんばんは!
コメントとTBありがとうございます♪
読まれたのですね!早いですー。
ああ、かぶりつきたくなる、という表現素晴らしいです。
そう、そんな感じになりますよね。
私は今『江利子と絶対』をちびちび読んでいます。

BlogPeopleへ登録くださってありがとうございます!
嬉しいです。
こちらからもリンクさせていただきました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
またいらしてくださいね。
Posted by chiekoa  at 2006/11/01 5:39 PM
よくよく見たらまだ若い作家さんなんですよねぇ。なかなかにすごい経歴の持ち主のようでもありましたが…。すごい。私も、未読作品を読んでみたいと思います!
Posted by リサ  at 2006/11/02 9:03 AM
★chiekoaさんへ
そうなんですよねぇ、若いの。ビックリ。
先日ひょんなことで、本谷さんの動画見かけましたが
(劇団のPRみたいな)物静かな方でもっと驚きました。
勝手にエキ子みたいなの想像してましたので(笑)
思わずメモしておきたいオモシロ語録が満載でしたねー。
『腑抜けども〜』とか読んでみてください!
ぶっとびます。
Posted by モンガ  at 2007/01/07 2:05 AM
こんばんは、リサさん。
今年もよろしくお願いします。
舞台の作・演出家らしく、何か引き込まれてしまいました。
素っ裸にコート一枚、これって躁鬱のせいなのか、考えると不思議です。
本谷さんの表紙にどれもが、かなりインパクトがありますね。
Posted by リサ  at 2007/01/08 1:47 AM
★モンガさんへ
モンガさん、こんばんは!
コメントありがとうございます♪
こちらこそ今年もどうぞよろしくお願いいたします。
とにかく引き込まれてしまいますよね。
エキセントリックな主人公がすごくて最初は引いてましたが
読むにつれて愛おしさに変わっていました。
素っ裸にコート一枚はすごいですよねぇ…。
本谷さん次はどんな作品を出してくれるのか楽しみです!
Posted by とも  at 2007/02/11 4:59 PM
リサさん、やっと読み終わりました。
がんばりましたよ、ラストまで。
少しでもリサさんに近づきたいから
という一心で(笑)

次はどれにいけばいいでしょう?
本谷さんの本でおすすめ教えてください。

Posted by リサ  at 2007/02/12 5:55 PM
★ともさんへ
わぁ!読まれたのですねー。
どうでしたか?重たかったでしたか?
ラストまで読むのは困難だったかしら。
ともさんの感想読ませていただきますね。

そうですねぇ、次は…無難なところだと
『ぜつぼう』かと思います。
他はともさんにとってはさらに困難かもしれません…。
でも困難を乗り越えたらパーッと世界が広がる…かな?(笑)
Posted by とも  at 2007/02/13 2:42 PM
そんなにきつくはなかったです。
いるんです、職場に。
似てるな〜という思いで読んでました。
『ぜつぼう』がんばってみますね。
Posted by リサ  at 2007/02/14 4:34 PM
★ともさんへ
感想読みましたよ!似た人が職場にいるとなると
寧子があまりにも近く感じてしまいますね。
『ぜつぼう』、ともさんの感想楽しみにしています!

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

本のある生活  at 2006/10/24 9:41 PM
「生きてるだけで、愛。」本谷有希子
生きてるだけで、愛 タイトルと表紙の濃さにかなり期待して手にとりました。やっぱりすごく濃くって、これでもかというくらい凶暴に突っ走る主人公が、突っ走れば突っ走るほど痛くて哀しいんです。でもそれだけじゃなくて笑えるところもあったし、5千分の1秒の光景
流星シラップソーダ  at 2006/10/31 7:05 PM
生きてるだけで、愛 本谷 有希子
生きてるだけで、愛本谷 有希子 (2006/07/28)新潮社この商品の詳細を見る  鬱だけど、過眠症だけど、続かないフリーターだけど。  常に全力疾走。  ねえ、あたしってなんでこんな生きてるだけで疲れるのか
+ ChiekoaLibrary +  at 2006/11/01 5:37 PM
生きてるだけで、愛。 [本谷有希子]
生きてるだけで、愛本谷 有希子 新潮社 2006-07-28 津奈木と付き合って三年になる寧子。「ねえ、あたしってなんでこんな生きてるだけで疲れるのかなあ?」過眠、メンヘル、二十五歳。人と人とがつながりにくい現代を生きるひとりの女の子の物語。 読み始めたときに
本を読む女。改訂版  at 2006/11/02 1:04 AM
「生きてるだけで、愛。」本谷有希子
生きてるだけで、愛発売元: 新潮社価格: ¥ 1,365発売日: 2006/07/28売上ランキング: 2068posted with Socialtunes at 2006/08/29 この作品は芥川賞候補作。で、以前三島賞候補になったらしい 「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」は、もうすぐ映画化らしい。 サト
モンガの独り言 読書日記通信  at 2007/01/07 1:52 AM
生きてるだけで、愛。  本谷 有希子
生きてるだけで、愛 本谷 有希子  07−5 ★★★☆☆  【生きてるだけで、愛。】 本谷 有希子 著  新潮社  《主人公って躁鬱病なのか、ただの奇行病のようにも感じるのだが》  出版社 / 著者からの内容紹介より あんたと別れてもいいけど、あ
しんちゃんの買い物帳  at 2007/04/13 5:13 PM
「生きてるだけで、愛。」本谷有希子
生きてるだけで、愛本谷 有希子 (2006/07/28)新潮社 この商品の詳細を見る 安い恋のトライアングルに勝手に巻き込まれ、叫んで暴れてバイトをクビになった寧子。 寧子は鬱になり、同棲中の津奈木の本部屋に二十日以上も閉じ篭
AOCHAN-Blog  at 2007/05/23 8:34 PM
「生きてるだけで、愛。」本谷有希子
タイトル:生きてるだけで、愛。 著者  :本谷有希子 出版社 :新潮社 読書期間:2007/04/10 - 2007/04/11 お勧め度:★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] ねえ、あたしってなんでこんな生きてるだけで疲れるのかなあ?過眠、メンヘル、二十五歳。人と人
映画情報ガイド  at 2007/07/04 2:55 PM
映画 腑抜けども、悲しみの愛を見せろ
映画 「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」 女流作家・本谷有希子の舞台を映画化しカンヌ国際映画祭の 招待作品としても話題となりましたね。 自意識過剰な姉を佐藤江梨子が熱演し彼女に怯える妹を若手の 佐津川愛美の役どころが見ものです。♪
青いblog  at 2007/09/29 3:23 PM
「生きてるだけで、愛。」
「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」の作者、本谷有希子さんの作品。 レビュー読むとこっちの方が読みやすいってコメントが多かったのでこっちから読むことに
Trackback url: