ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 
<< 10/26:購入本(本谷有希子の本) | 2006年10月に読んだ本 >>

『家守綺譚』梨木香歩

4101253374
家守綺譚
梨木香歩/新潮文庫
庭・池・電燈付二階屋。汽車駅・銭湯近接。四季折々、草・花・鳥・獣・仔竜・小鬼・河童・人魚・竹精・桜鬼・聖母・亡友等々々出没数多…本書は、百年まえ、天地自然の「気」たちと、文明の進歩とやらに今ひとつ棹さしかねてる新米精神労働者の「私」=綿貫征四郎と、庭つき池つき電燈つき二階屋との、のびやかな交歓の記録である。

いつになくゆったりした読書時間だった。とかく時間に追われて急くように読書するのが常となってしまった今はその出会った1冊の本と真剣に向き合う時間は限りなく少ないし、また読み終えて思いを巡らせる時間も滅多にないことである。たまに魂抜かれて呆けたようになるような作品に出会うこともあるけれども。時間がない、時間がない、と時計気にして駆け回るそんな日常が当たり前になってしまったことを、果たしてそれは一体どうなのだ?と先程から考えあぐねている。

『家守綺譚』…ここに綴られるものを読むにつれ、何とも不思議で懐かしい感覚が広がってゆく。時は明治時代後半の頃、学士である「私」こと、綿貫征四郎は学生時代に亡くなった親友・高堂の父よりその実家である家の守を頼まれ、越してくることになる。ここからこの著述が始まる。のっけからサルスベリが征四郎に懸想する話しである。サルスベリが人間の男に恋する。このサルスベリ、折りに触れ登場するが、これがまた感情を持ち不思議ではあるが何とも愛らしいのである。読み進んでゆくと河童が出てきたり、小鬼や白竜が登場したり、狸に化かされたり、狸に恩返しされたり、まるで「まんが日本昔ばなし」に出てくるような世界がさも当たり前にあったかのようである。今では見えなくなってしまったもの。でもほんの100年前には当たり前に見えていたもの。「移ろふことは世の常である」こう綴る征四郎の世の行く末についての懸念が、そこはかとない哀しみを帯びて伝わってくる。

サルスベリの件から親友・高堂があちらの世界から時折やってくる。このやってくるさま、迎えるさまが実に自然で良い。
−どうした高堂。逝ってしまったのではなかったのか。
−なに、雨に紛れて漕いできたのだ。
そして「サルスベリのやつが、おまえに懸想をしている」とくるのである。ここで幽霊だのなんのと突っ込んではならない。この二人の飄々としたやり取りがたぶんどんな不思議なことがこの先起きても何ら問題はないのだよ、とでも言うかの如く雰囲気なのだ。それが実に良い。

もう一人お隣に住むおかみさんもまた魅力的な人物である。征四郎よりも生き物たちや気といったものに詳しい。そのやり取りがごくごく自然に交わされる。例えば征四郎が土色が透明を帯びたへろへろと揺れるものを棒の先に引っかけていると、「これはまた見事な。」とおかみさんが言う。「何ですかこれは。」と問うと「河童の抜け殻に決まってます。」と自信満々で応えるのである。またある時は、小鬼を見かけた話しをおかみさんにしてみるとおかみさんは別段驚きもせずこう答える「今日はもう啓蟄ですから」と。こんな会話を読むだけでもうこの世界が不思議でもなんでもなくなる。もしかしたら架空とされる生き物もついこの間、100年ほど前には(これもおかみさんの言葉。なんの違和感もなくこれをスルリと会話にする)、ごく当たり前に生息していたに違いないと信じてしまう。いや、本当にいたのかも知れぬ。

では最後に犬のゴローに登場願おう。彼は絶対にはずせない愛らしいキャラである。ある日征四郎が駅舎を出ようとしたら雪が降っていた。白い世界を作るほどの降りよう。その中をゴローが通りがかる。どうやら散歩の途中らしい。
ゴロー、と呼ぶと、振り返りざま、おおっ、という顔をしてお愛想に尻尾を振って見せた。それから、急ぎの用事がありますんで、とでもいうように、こちらを振り返りつつ、すまなそうに去っていった。
か、かわゆい。このように表現豊かに描いてみせる征四郎(ではないな、梨木さんになるがまぁここは征四郎としておこう)の感性の豊かさにも心地良くするのである。そのゴローは高堂曰く、異形のものたちの世界では有名な仲裁犬らしくあちらこちらに呼ばれて活躍中である。犬にも犬の世界があり、彼も人間にばかり尻尾を振っているほど暇ではないようである。でもちゃぁんとおかみさんや和尚に尻尾振ってお愛想をしてみせる。お利口さんなのだ。大したものなのだ。

四季は一巡し、また巡る。四季の植物を愛で、共に生息する生き物を当たり前に受け入れる。情報に右往左往されることなく流れるままにゆったりゆったり時を過ごす。ここにある世界は日本の四季と共に生きてきた者ならばきっと共感出来るのであろう。それはもう理屈ではなく本能的なもの、潜在するものなのだろう。いつまでも漂っていたいが哀しいかな、そういうわけにはいかないのが現実。だがまたいつでもここに戻ってこれるではないか。ページを開けばまたいつでも訪れることが出来るではないか。だが、しばらく、あともう少し、『家守綺譚』の世界に浸っていよう。

読了日:2006年10月25日




単行本の装丁が素敵なんですよね〜。こんなにも心を奪われた本書を文庫だけでなく単行本も是非手元に置きたいと今所有欲にかられています。
しかし、この作品言葉の宝庫。好きな部分に付箋を貼っていたら付箋だらけになっていました。お気に入りの場面が多いです。ダァリヤの君が出てくる「サザンカ」や「檸檬」もなかなかのお気に入りです。
征四郎の友人として登場する考古学者・村田は『村田エフェンディ滞土録』の村田さんですよね?未読なのでさっぱりなのです。これは是非とも紐解かねばなりません。
素晴らしい世界を堪能させてくれました。これからも時折『家守綺譚』を読み返そうと思っています。
かりさ | 著者別な行(梨木香歩) | comments(18) | trackbacks(12) | 

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | - | 

COMMENTS

Posted by 苗坊  at 2006/10/29 12:28 AM
こんばんわ^^
TBさせていただきました。
この作品、私もとても好きです。
不思議な雰囲気ですし、ゆったりした時間が流れていくのが良いですよね。
不可思議な出来事が度々出てきますが、こういう日本家屋なら、住んでみたいと思いました。
私は単行を読みました。
文庫には随筆が収録されていると聞いて、読んでみたいと思ってます。
Posted by ゆら  at 2006/10/29 7:32 AM
こんにちは、リサさん。
私もこの本大好きです。この本で梨木さんにぐーっとはまりました。

ところでリサさんの記事を読んで、当時『村田エフェンディ滞土録』を読みたーい!!とすっごく思っていたことを思い出しました。あんなに読みたかったのにね、すっかり忘れてました。(笑)
Posted by   at 2006/10/29 10:17 AM
こんにちは。
柊も『家守綺譚』大好きです。
単行本を買って読んだのですが、先日発売になった文庫版も気軽に持ち歩けるようにと買ってしまいました(笑)
『村田エフェンディ滞土録』も買って積んであります☆
もったいなくて読めずにいたのですが。
早く読みたいと思います〜。
Posted by ゆか  at 2006/10/29 11:59 AM
お♪
読まれましたね♪
この世界、ほんと読み終えるのがおしかったです。
すてきすぎて、すべてが大好き♪
リサさんのレビューを読んで、
もういちど読み返したくなりました。
図書館本がたくさんあるので当分先になっちゃうかな・・・。
でも、いつか絶対もう一度読みます!^^
Posted by 雪芽  at 2006/10/29 1:44 PM
こんにちは!リサさん。
去り難いですよね。
帰りたくないよ〜、といい大人が駄々をこねてみたくなります。
レビュー読ませて頂いて、余すところなくこの世界の魅力が書かれてあって、益々愛しさが募るばかり。
ゴローもかわゆい!
「村田エフェンディ滞土録」も凄〜くいいんですよ。
リサさんに熱く語って頂きたい作品です。
Posted by すの  at 2006/10/29 3:09 PM
リサさん。なんとなく、お久しぶりです。どうも今月は、仕事に追われ、あるいは読書自身になんとなく倦みんでいて、スランプ気味です。この作品は、丁度一年前に読んだのですが、忘れられない一冊です。こんなゆるやかな読書を常に行いたいものですね。
追われるてするのは本末転倒ですね。
Posted by ヤマボウシ  at 2006/10/30 4:56 PM
以前 この本を読んで、お友だちの親戚のお家(山科のお家)を 拝見させてもらったときの 私の日記です。
http://bibliophil.exblog.jp/1195357/
本当に あのお話のような感じでした。
写真がないのが 残念。
Posted by リサ  at 2006/10/30 9:14 PM
★苗坊さんへ
こんばんは!
苗坊さんもお好きなのですねー。
いつになくゆったりとした贅沢な時間を過ごしました。
急ぎゆく日々を思いながら何をそんなに急ぐのだ?と自問しながら。
ここに登場する生き物たち、出会ってみたいです。
随筆は文庫のみの収録だったのですね。
文庫ならば手軽に読み返せますものね。
私は保存版で単行本を購入しようと思います。
Posted by リサ  at 2006/10/30 9:18 PM
★ゆらさんへ
こんばんは!
これ本当に良かったですー。堪能しました。
『村田エフェンディ滞土録』、私も今読みたいーっの心境です。
たぶん私もこのまま読まずにいたら忘れてしまう可能性あり(笑)
早く紐解きたいです♪
Posted by リサ  at 2006/10/30 9:22 PM
★柊さんへ
こんばんは!
柊さんは単行本ですでに読まれていたのですね。
文庫は確かに気軽に持ち歩けて良いですね〜。
単行本、私も保存版で購入決定です!
こんなに素敵な世界いつでもそばに置きたいです。
『村田エフェンディ滞土録』も早く読みたいですー。
あ、でももったいないって気持ち分かります(*^-^*)
Posted by リサ  at 2006/10/30 9:25 PM
★ゆかさんへ
こんばんは!
ゆかさん、読みましたよ〜。
本当に素敵な世界でした。ゆったりと読みました。
読み終えるのもったいなかったです。
愛おしい、ですね。
私もちょこちょこと読み返すためいつも手元に文庫置いてます。
そのうちボロボロになってしまうかもしれません(笑)
Posted by リサ  at 2006/10/30 9:29 PM
★雪芽さんへ
こんばんは!
去り難い…まさに!です。
もうずっとずっと漂っていたい。でも現実がー。
行きつ戻りつしています、未だに。
あまりにも好きな世界で、愛おしくて長々書いてしまいました。
『村田エフェンディ滞土録』読みたいー!
雪芽さんが凄くいい〜と言われたらますます気になります。
ああ、また熱く語ってしまうのかしら??(笑)
Posted by リサ  at 2006/10/30 9:37 PM
★すのさんへ
こんばんは!
お久しぶり、ですね。歩行祭無事終わったかな。
レポ楽しみです。
そうそうスランプだと書かれていたのを読んでました。
そういうこともありますよね。焦らず時間に任せるしかないのですよね。
ついこの間私も読書に追われ、感想を書くのにも追われ、
ん〜何やってるんだろ?と考えてました。
そんな頃この本を読んで久しぶりに1冊の本を丁寧に読み、向き合い、
しばらくその世界にたゆたってみて、本来の読書のあり方(自分自身の)
みたいなものを思い出させてもらいました。
上手く言えないのですけど…。
でもまた読みたい本がどんどこ増えて追われてしまうのでしょうね。
そんな時またこの本を読み返してみようと思います。
すのさんの復活、待っていますからね。
Posted by リサ  at 2006/10/30 9:43 PM
★ヤマボウシさんへ
こんばんは!
ずっとずっと以前にヤマボウシさんにオススメいただいて
気になっていた本書をようやく読みましたよ。
あの時すぐに読めばもっと早く出会えたのになぁ〜と
少し悔やんでいます。『村田エフェンディ滞土録』も早く紐解きたいです。

日記、拝見しましたー。本当に『家守綺譚』を彷彿とさせますね。
ああ、素敵。思わずうっとりとしました。
素敵な日記ありがとうございます!
梨木さんの世界もっと堪能したいです。
Posted by ロケット  at 2006/10/31 12:40 AM
隙をついて先にTBしに来ました。
てゆうか、リサさんのが弾かれてしまったのは、多分ウチの方のせいなんですけどね、申し訳ないです。

なんて言うか、こういう本に出会えると、ほんとに読者で良かった!
と、!マーク付きでつくづく思ってしまうのですよ。
「村田エフェンディ」も、ほんとにいい本です。
それもまた、やっぱり読者でほんとに良かった生んでくれてありがとう父よ母よこれをもちまして感謝の意と代えさせていただきます!
と、あちこちに謝辞を捧げてしまいたくなるような本です。

「家守綺譚」を読んでると、なんか柿とか食いたくなりますね。
あと石榴とか。
それもすっごい熟したやつ。

それはそうとリサくん。
ちょっと話は変わりますが、アレも文庫になったんですよ?
アレといえば、アレです、アレ。
パンクなやつです。
Posted by リサ  at 2006/10/31 11:22 PM
★ロケットさんへ
おお、隙ついてきましたな。
こちらこそすみませんでした。またこの後TBしに伺いますね。

いや〜うっとり素敵な作品でした。これほどとは…。
『村田エフェンディ』も良さそうですね。楽しみです。
何と言うか日本ってこんなにも魅力的なのね、ってことを
再認識させてもらいました。本当に感謝の気持ちでいっぱい。

石榴とか!いいですよねぇ。でも最近石榴の木とか見かけない。
ついこの間も「このところ石榴を見なくなったな」と思っていたのです。
子供の頃はいっぱい見かけたのに。

あ!そうそう!パンクなやつ見ましたよ。平積みになっていましたよ!
けど今月はちと本を買い過ぎまして自粛せねばなりませぬ。
てことでしばらくお預け。ううう、目の前にあるのにお預け。
ついでに『シンセミア』もあったのに(1,2巻1冊ずつのみ)お預け。
『サウンドトラック』は未だ出会えず…。
パンクはハードカバーと写真が一緒で嬉しかったです。
町田さんカッコええ。もう買うの我慢するの辛かった…ううう。
Posted by june  at 2006/11/02 11:17 PM
リサさん、こんばんわ。
これはなんとしても手元においておきたくて、
文庫を買ってしまいました。
これで、読みたくなったときに、ゆっくりページを繰ることができます♪
といいつつ、ページを開くとガツガツ読んでしまいそうですが・・。

「村田エフェンディ〜」、私はすごく好きです。
ぜひぜひリサさんも読んでみてください!
迷惑かとも思いましたが、私の妄想の世界もTBさせていただきました。
気が向いたらのぞいてみてくださいませ。
Posted by リサ  at 2006/11/03 12:38 AM
★juneさんへ
こんばんは!
手軽に置いておけていつでもササッと読める文庫はありがたいですね。
ああ〜もうすでにクタクタになってしまいそうなほどなんです(笑)
これは是非単行本も!と思っています♪
そうなんですよねぇ、ちょっとだけ…がいつの間にか
読みふけってしまっていたり。

『村田エフェンディ』早く読みたいですー。
楽しみ(*^-^*)
ふふふ、juneさんの妄想の世界見てきましたよ。
いいですねぇ。映像化実現するといいなぁ、なんて私もその気になってます。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

苗坊の読書日記  at 2006/10/29 12:27 AM
家守綺譚 梨木香歩
家守綺譚 綿貫征四郎は、学生時代の親友高堂の家の守をする事になった。 高堂は学生時代にボート部に所属しており、ボートを漕いでいる最中に行方不明となった。 高堂の両親は、家を離れ子どもの世話になることになったが、この家をなくす事は出来ない。 そこで、綿
蓮に鷺  at 2006/10/29 1:00 AM
『家守綺譚』梨木香歩
私−綿貫征四郎−は、大学卒業後、英語教師をしながら物書きを続けていたが、ある時、学生時代に亡くなった同級生・高堂の実家の家守をすることになった。家の庭の手入れをしない私の許、草木は生い茂り、栄耀栄華を極めている…。 折々の草花を配しながら、淡々と語
くゆら  at 2006/10/29 7:26 AM
家守綺譚  梨木香歩
あまり売れていない物書きの主人公はある日、亡くなった親友・高堂の実家の留守中の
ぱんどら日記  at 2006/10/29 10:34 AM
梨木香歩【家守綺譚】
江戸時代と明治時代の境目で、人々はどうやって気持ちを切り替えたんだろう? 私がその時代に生きてたら、「皆さん、今日から明治時代です! 洋服を着ましょう!」と言われても、意地になって着物を着つづけるかも。周
コンパス・ローズ   at 2006/10/29 1:33 PM
「家守綺譚」 梨木香歩
家守綺譚 梨木 香歩 日常にこぼれ出る豊饒な気配 花は人を恋、水は友を招く それは、ついこのあいだ、 ほんの百年すこし前の物語。 文庫の帯に並ぶ言葉を読んだだけで、予感めいたものを感じてしまう。自分はきっとこの本の世界を気に入るに違いない。そう
図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜  at 2006/10/29 3:03 PM
「家守綺譚」梨木香歩
「家守綺譚」梨木香歩(2004)☆☆☆☆★ ※[913]、国内、小説、文学、幽玄、幻想、近代、ファンタジー あぁ、巧い。確かにこんな日本はあったよな。そう思わせる世界がここにある。和歌山の海難事故が触れられており、そこから「ほんの百年すこしまえ」となるわけ
BIBLIOPHILE  at 2006/10/30 5:11 PM
「家守綺譚」梨木 香歩
「家守綺譚」梨木 香歩 155 p 新潮社 目次 サルスベリ 都わすれ ヒツジグサ ダァリヤ ドクダミ カラスウリ 竹の花 白木蓮 木槿 ツリガネニンジン… 湖で行方不明になった友人の父から、家を守るように頼まれた売れない小説家の綿貫征四郎の話。 ボ
rocketBooks  at 2006/10/31 12:28 AM
家守綺譚 again
家守綺譚/梨木香歩 祝文庫化! ということで、以前書いた記事を全面改訂の上再掲載。 (最近こんなネタばっかりやってるけど、決してネタ切れというわけではなく、単に本がなかなか読めないだけだ、って余計あかんやろそれは) とにかく一話目からするっとあっち
本のある生活  at 2006/11/02 11:18 PM
映像化してほしい本 【非公認)読者大賞blog】
ざれこさんの「(非公認)読者大賞blog」の「映像化してほしい本」への投票です。 こういうことに関しては、日々妄想で頭をいっぱいにしているので、待ってました!という感じ。 でもはたと気づきました。若い俳優さんの名前を知らないのですっ!だからなんとなく作品
本のある生活  at 2006/11/02 11:22 PM
家守綺譚
家守綺譚 こういう話はとても好き。手元に置いて折に触れページを繰りたくなる本です。 亡友の父親から、家族の住んでいた家の家守を頼まれた物書きの主人公の1年。その古い家と庭での生活では、百日紅から惚れられるとか、床の間の掛け軸から亡友がたずねてくると
麦子さんといっしょ  at 2006/12/06 11:33 PM
列車の友・・・家守奇譚
出張で列車にのるとなると、まず4時間以上がざらです・・・田舎なので。そうなると手元に良い本があるかどうかって結構おおきいです。といっても、車内でパソコを立ち上げて作業する状況ではもちろん見る余裕はないですが、今回の出張では、行きの列車では本を読む余裕
"やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!  at 2007/06/09 3:47 PM
家守綺譚 梨木香歩
家守綺譚 この本はディックの本棚のディックさん、おいしい本箱DiaryのERIさん、コンパス・ローズの雪芽さん、老水亭のOimizuさんにオススメいただきました。ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 植物。草、花が見事に描かれていました。 たとえて言う
Trackback url: