ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 
<< 『九杯目には早すぎる』蒼井上鷹 | 『晩夏に捧ぐ<成風堂書店事件メモ・出張編>』大崎梢 >>

『二枚舌は極楽へ行く』蒼井上鷹

4575007544
二枚舌は極楽へ行く
蒼井上鷹/双葉社
妻を事故で亡くした夫が、事故前夜一緒だった友人達の一人に妻の死の原因があると独り合点。謎の飲み物を飲ませて自白を強要する『野菜ジュースにソースを二滴』など、蒼井流コージー・ミステリー12編。

デビュー作『九杯目には早すぎる』が気に入ってすぐに積読の山を崩し読み始めた。こういうときああ買っておいて良かった〜としみじみ思うのである。積んでおくのも悪くはないな(笑)

『九杯目には早すぎる』はブラックユーモアが洒落ていた作品だった。決して読後感は爽やかではないのだけど、その黒い笑いというものには不思議と魅力を感じる。特に捻りの効いた着地点が容易に想像出来ないような、出来ないどころかそんなの自分の頭の中にミジンコほどもなかったよ!なんて驚嘆させられ妙にはまる。
で、この『二枚舌は極楽へ行く』である。これがまた秀逸だったのである。前作とは一味違う味わいを楽しめて大絶賛のうちに読み終えたんである。
今回はシニカルな彩りを持ち、より本格化している。ミステリ色が色濃くかなり堪能できるはず。本格化といっても短編集ということもあり、そこに仕掛けられるものは大掛かりではないし、派手な演出もないけれども、そこここに散りばめられた伏線や繋がり、それを発見したときのほくそ笑み、いやいや油断はならぬぞとまた気を引き締め読み進み、最後で驚きと仕掛けを用意してくれていることに「やっぱり見抜けなかったかぁ」と悔しいながらも上質な作品に心底堪能している自分がいる。

短編全12編という豪華さ。ちょこちょこおつまみのようにつまんで読むには最適、なんて思いながら読み始めるもかなりの吸引力で引き込まれ、あれよという間に一気読みしてしまった。『九杯目には早すぎる』から読んでいればにんまりすること間違いなしのさり気ない演出も嬉しい。
それぞれ楽しめたのだけれども中でもお気に入りは、「野菜ジュースにソースを二滴」「待つ男」「ラスト・セッション」「懐かしい思い出」。「野菜ジュースにソースを二滴」は蒼井さん持ち味の"情けない男の滑稽さ"や、やがてじわじわくる何とも言い難い暗い感じが前作と引き続いて楽しめる。「待つ男」は謎がどう明かされるのかドキドキ。その謎が明かされたときの、そしてさらに待っていた仕掛けが素敵でかなりのお気に入り。「ラスト・セッション」はシリアスに仕立てられ、最大の謎が明かされていく展開はすごい。予想していなかったレベルの高さに感嘆のため息さえ漏らしてしまった。「懐かしい思い出」はショートストーリーなのだけどものすごく好みな作風。この居心地の悪さがたまらない。そして表題作の「二枚舌は極楽へ行く」もそのタイトルの意味を知った時の薄気味悪さに少し背筋をゾッとさせ、その結末に情けなさと哀れさを感じる。

用意されている驚き(時に驚嘆に変わる)や仕掛けは決して派手ではないけれど、そこに至るまでの物語の流れが絶妙で充分に満足して読み終えるのである。うんうん、良いよこれは。こちらも是非是非ご堪能あれ〜。

読了日:2007年1月7日

関連記事:『九杯目には早すぎる』感想(2007/1/6)


思った以上に面白かったです。久しぶりのミステリがこの作品で幸せでした。この作風はかなり好みです♪
『九杯目には早すぎる』『二枚舌は極楽へ行く』どちらから読んでも大丈夫とは思いますが、これから読む方は『九杯目には早すぎる』から読まれるといいかな〜と思います。楽しみも倍増するかと思いますので。
この2作を読んだだけでもいろんな引き出しを持った作家さんということが分かったので、これからが本当に楽しみです。
かりさ | 著者別あ行(蒼井上鷹) | comments(8) | trackbacks(7) | 

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | - | 

COMMENTS

Posted by 苗坊  at 2007/01/10 10:41 PM
こんばんわ^^
カキコとTBありがとうございました。
素敵な作品でしたよね〜
どの短編も読み応え充分でした!
どの作品も、ラストが読めないですよね。
「ラスト・セッション」なんて、予想外でしたよ〜^^
これからデビュー作を読む予定です。
Posted by リサ  at 2007/01/12 9:02 AM
★苗坊さんへ
こんにちは!
面白かったですよね〜。堪能しました。
そう!ラストが読めないのがまた心憎い。
騙され具合も気持ち良いくらいですね(笑)

デビュー作是非是非!
感想楽しみにしていますね〜。
Posted by chiekoa  at 2007/02/04 11:29 AM
おもしろかったでーす!いや、すごいですわ、この方…楽しみです。

ところでこの本って『九杯目〜』ともリンクしてたんですか?!しまった、続けて読んでるのに気付いてないです(汗)。
Posted by リサ  at 2007/02/04 9:05 PM
★chiekoaさんへ
わぁ〜こちらも読んだのですね。は、早いですー。
すごいですよねぇ。面白い!
このブラックさがたまりませんっ。

えっとですね『九杯目〜』ともリンクしています。
ちょこちょこ出てきましたよ。
う〜んでも気をつけていないと分からないほどのさり気なさでした。
でもリンクしていると分かったら他にもあるんじゃないかと
気になって落ち着いて読めなかったです(笑)
Posted by なな  at 2007/04/12 9:55 PM
リサさん、こんばんは。
ドキドキしながらコメントしてます(笑)
物語の着地点に驚きっぱなしでした。
私も1話ずつチビチビけちって読もうと思ってたのに
引き込まれちゃって一気に読んでしまいました。

「九杯目…」とのリンク、聞いていたのに全然わかりませんでした。
Posted by リサ  at 2007/04/14 9:35 AM
★ななさんへ
ななさん、こんにちは!
コメント嬉しいです!感激です!
嗚呼、なのにお返事が遅くなってしまってすみません…。
これは予想外の(失礼)面白さでした。『九杯目〜』とはまた違う彩りが
楽しめて蒼井さん大注目ですよね。
おつまみのように…と思っていたのに一気読み。吸引力ある作品でした。
新刊積んでいるので早く読みたいです(*^-^*)
Posted by す〜さん  at 2007/09/10 11:14 PM
面白かったです。
絶妙なリンクの張り方が素晴らしい。
でも『ミニモス・・・』だけがわかんなかったです。
蒼井さん2作目ですが、
デビュー作まだ読んでません。
早く読んだ方がいいですよね、これは。
Posted by リサ  at 2007/09/11 9:09 AM
★す〜さんへ
こんにちは!
これは面白いですよね〜。あちこちに張り巡らされた伏線におおっ!と
唸りっぱなしでした。
デビュー作はこの作品よりもっとブラックで、ブラックなんだけど笑えます。
早く読んでみてください!
感想楽しみにしていますので〜。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

苗坊の読書日記  at 2007/01/10 10:37 PM
二枚舌は極楽へ行く 蒼井上鷹
二枚舌は極楽へ行く 「オレの愛する妻を殺した犯人がここにいる。犯人には密かに毒を盛った。自白すれば解毒剤をやる」 「え、え、まさかオレを疑ってないよね…え、苦しい、ウソ、まじ!?」 袋小路に入った主人公と、思わず一緒になって手に汗にぎる「野菜ジュース
+ ChiekoaLibrary +  at 2007/02/04 11:31 AM
二枚舌は極楽へ行く [蒼井上鷹]
二枚舌は極楽へ行く蒼井 上鷹 双葉社 2006-10 「野菜ジュースにソースを二滴」「値段は五千万円」「青空に黒雲ひとつ」「天職」「世界で一つだけの」「待つ男」「私のお気に入り」「冷たい水が背筋に」「ラスト・セッション」「懐かしい思い出」「ミニモスは見ていた
読書とジャンプ  at 2007/03/14 7:31 AM
「二枚舌は極楽へ行く」蒼井上鷹
ミステリ好きは読むべし!「オレの愛する妻を殺した犯人がここにいる。犯人には密かに毒を盛った。自白すれば解毒剤をやる」「え、え、まさかオレを疑ってないよね…え、苦しい、ウソ、まじ!?」袋小路に入った主人公と、思わず一緒になって手に汗にぎる「野菜ジュースに
思うこと  at 2007/03/29 2:12 AM
野菜不足
最近、野菜不足が気になって野菜ジュース飲んでます。野菜を簡単に摂れるジュースっていいよね。青汁はダメだけどね。カゴメの緑の野菜はうまいよ。おすすめです。
ナナメモ  at 2007/04/12 9:56 PM
「二枚舌は極楽へ行く」蒼井上鷹
二枚舌は極楽へ行く 蒼井 上鷹 12の物語。「九杯目には早すぎる」がよかったので早速2冊目。今回もありえないラストに驚くやら、ニヤリとするやら。それぞれの物語がちょっとずつ繋がっていたりもするんですけど、気になりだすとそこばかり気になって物語りに
My Favorite Books  at 2007/09/10 11:20 PM
二枚舌は極楽へ行く   〜蒼井 上鷹〜
衝撃のデビュー作を読まずに2作読んでみました。 まぁ、デビュー作はまたの機会にということで。 さてさて、この作品ですが、 ショートショーと呼ぶのにふさわしいものから ちょっと長いものまで 12編の作品
しんちゃんの買い物帳  at 2007/09/24 4:06 PM
「二枚舌は極楽へ行く」蒼井上鷹
二枚舌は極楽へ行く (FUTABA・NOVELS)蒼井 上鷹 (2006/10)双葉社 この商品の詳細を見る 前作「九杯目には早すぎる」では、ブラックさとショートショートの切れ味に度肝を抜かれて唸ってしまった。そして本書では、各作品間に
Trackback url: