ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 
<< 『二枚舌は極楽へ行く』蒼井上鷹 | 1/12〜13:購入本(サイン本2冊) >>

『晩夏に捧ぐ<成風堂書店事件メモ・出張編>』大崎梢

4488017304
晩夏に捧ぐ<成風堂書店事件メモ・出張編>
大崎梢/東京創元社
友人からの手紙で、地方の老舗書店の幽霊騒動を探りに出かけた杏子と多絵。そこで待ちかまえていたのは、四半世紀ほど前に弟子の手で殺されたという老大作家の死に纏わる謎であった…!

元書店員さんが書くミステリということで話題になった前作『配達あかずきん』。短編ひとつひとつ書店や本にまつわるミステリが盛り込まれてあり、そこには本に対する愛が溢れていてミステリ好きだけでなく、本好き、書店好きの読者までも惹きつけた。少々主人公と性格が合わなかったけれど(笑)とても素敵なミステリだった。
待っていた第2作目は長編。さて一体どんな事件が待ち受けているのか、とわくわくしていたら何やらオカルトちっくな事件らしい。老舗書店に幽霊、しかもその幽霊は27年前の殺人事件と関係しているのではないかと言うからますます面白そう。

今回もバイトの多絵ちゃんの推理が大活躍。冒頭の謎からもう惚れ惚れする探偵ぶりを見せてくれる(この冒頭が実はちゃんと作中に活きている。なかなか天晴れな演出なのである)。そう、今回彼女は探偵として信州の老舗書店で起きている幽霊騒ぎを解決しにいくのである。でも相手は幽霊である。しかも27年前の殺人事件が絡んでいるらしい。果たして多絵ちゃんに幽霊の正体を暴けるのか。
トリック云々はこの作風からはどうこう言うつもりはなく、ただどう解決に導いてくれるのかな、とそれを注目して読み進んでいた。途中杏子と多絵コンビのドタバタにちょこっとイライラしながらも(でも前作ほどイラつきを感じなかったのは慣れてしまったからなのか)、著者が紡ぐ文章の美しさを楽しんだ。大崎さん、前作の短編では描く機会のなかったであろう自然の描写がとても上手いのだ。そしてこれはもう本領発揮か老舗書店まるう堂の描写はうっとり惚れ惚れ。とにかくこのまるう堂が素敵。きっと実際にあったら通いつめてしまうであろう。「生きた棚」が「話しかけて」くれば耳をすませきっとそれに答えるだろう。どんなにか素敵な空間であろうか。それこそ何時間でも過ごしてしまいそうだ。だからこそ杏子の気持ちが痛いほど分かる。この時ばかりは杏子の気持ちに共感するのだ(前作の感想で杏子とは根本的に合わないなどと書いたんで…)。幽霊騒ぎで心穏やかでない店主の気持ちが見えてしまうからまた心が痛い。

事件の背景にある人間の闇が色濃く彩られていて、それが濃ければ濃いほど哀しさも増す。ミステリを読みなれた読者ならば何となく未消化な終え方かもしれないが(実際そう思えたが)、ここに流れる哀しみの温度が上昇もせず下降もせずそのまんまを保っていたのが逆に好感を持てた。特にラストの1行は素晴らしい。その余韻にしばし浸った。
次回3作は連作短編集になるそう。また書店にまつわる謎が楽しめるかな。

読了日:2007年1月10日

関連記事:『配達あかずきん』感想(2006/7/31)


前作が連作短編集で今回長編に挑んだということで楽しみにしていました。杏子と多絵のコンビが成風堂を飛び出して信州へ〜。そこで待っている事件は何やら暗い暗い闇を抱えていてその深さは底なしのよう。解決したはずの事件、そこに何があるのか。
オカルトちっくな出だし、そこにまつわる背景、とても良く描けていたと思います。元々こういう雰囲気のものが好きな私にとっては満足のいくものでした。ミステリというとついいろいろと求めがちですが、それを全て配しているから満足なのかといえばそうでもない。そこは読者によって感じ方も受け止め方も違うので難しいものですが、少なくても私は好きです。
そしてどれだけ大崎さんが本を書店を愛しているか、その深さが読んでいると手に取るようにわかります。それはもう愛おしいという感情なのでしょう。だからこそ読み手は大崎さんの書店ミステリに惹きつけられるのかもしれません。
…ただやっぱり杏子さんとは合わないな、と実感してしまいました。今回は共感はしたけれど「んん?」と引っかかる部分があまりにも多くて。でも多絵ちゃんがいるから我慢できたかな(笑)多絵ちゃんの不器用さ加減は可愛かったです。
さて、次作はいつお目見えするかな。楽しみに待つことにしましょう。
かりさ | 著者別あ行(大崎梢) | comments(8) | trackbacks(8) | 

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | - | 

COMMENTS

Posted by とも  at 2007/01/13 11:05 AM
早く読みたいです。
このシリーズも次回作決まってるんですか???
あ〜本当に忙しい。

早くリサさんに追いつきたいです。
Posted by 弥勒  at 2007/01/14 8:23 AM
個人的には前作の方が
元書店員としての特性を生かした謎が多くて好きでした!!
まるう堂、こんな素敵な書店があったら
通いつめます!!(笑)
それ位、うっとりするような表現力で
想像してみるとニヤニヤが止まりません(笑)
次回作、楽しみですね♪
Posted by リサ  at 2007/01/14 4:44 PM
★ともさんへ
こんにちは♪
ともさんも早く読めるといいなぁ。
ともさんは1作目と2作目どちらが好みかしら?
そんなことも気になります。
そう、3作目は短編集らしいですよ。
後書きで大崎さんが書かれていました。
楽しみですねー(*^-^*)
Posted by リサ  at 2007/01/14 4:50 PM
★弥勒さんへ
こんにちは♪
前作のほうが書店ミステリとしては面白かったですね、確かに。
一般客では知らない裏話や滅多に体験できない謎なんかが
読めるとわくわくしますし、勉強になりますものね。
まるう堂、本当に素敵〜うっとり〜。
実際にあったら、近所だったらホント通いつめちゃいますね!
もう存在だけでもうっとりです。
根っからの本屋好きですよね(笑)
Posted by 藍色  at 2007/02/13 12:41 AM
リサさん、こんばんは。
この記事持ってたんですけど、2作目を先に読んでしまって、
このところ忙しくなって、遅くなりました(汗)。
冒頭部分のアリバイ証明でちょっと期待したのですが、
本編の方はもう少しの感じでした。
やっぱり書店内で起こる日常の謎の方が、向いているのかもしれませんね。
私もまるう堂本店と、店主の息子の支店に行ってみたくなりました。

ついでにお知らせ。
橋本紡さんの「空色ヒッチハイカー」
桜庭一樹さんの「赤朽葉家の伝説」アップしています。
伊坂幸太郎さんの「フィッシュストーリー」
有川浩さんの「クジラの彼」近日アップ予定です。
読まれたら、お気軽にどうぞ。
柴崎友香さんの「また会う日まで」アップしたらまたうかがいますね。
Posted by リサ  at 2007/02/14 4:22 PM
★藍色さんへ
こんにちは♪
冒頭はなかなか良かったですよね〜。多絵ちゃん大活躍で!
本編はミステリ色は薄かったもののあの雰囲気はいいですね。
なんたってまるう堂ですよ!あんな本屋さんがあったら
通いつめちゃいますよね〜。
3作目はまた短編になるそうなので、書店のミステリが堪能
出来るかしら?と楽しみにしています。

おお〜感想!読ませていただきますね。
『フィッシュストーリー』読み終えました。
でも感想が難しい…。好きな作家さんの作品は
言葉を紡ぐのが難しいです(>_<)
藍色さんの『また会う日まで』も楽しみです♪
Posted by chiro  at 2007/07/21 9:51 PM
こんばんは。
私も最後の一行が好きです!
あの余韻は何ともいえないですね。
まるう堂の店主の本への愛情も良かったです。
あんな本屋に行ってみたいですねぇ。
Posted by リサ  at 2007/07/22 8:36 PM
★chiroさんへ
こんばんは!
なんともいえない余韻のある作品でした。こういう雰囲気のものは好きです。
まるう堂さんは本当に素敵!
まるう堂さんのような書店、きっと実在するんだろうな、と思います。
出会ってみたいものですね。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

蓮に鷺  at 2007/01/12 11:21 AM
『晩夏に捧ぐ』大崎梢
故郷の老舗書店に勤める元同僚の美保から舞い込んだのは奇妙な幽霊目撃談だった。しかも、幽霊が出没して以降、店主の様子は塞ぎがちで大正から続いた宇都木堂書店は存亡の危機に立たされているという。ついては本屋探偵の出馬を願いたい、という美保の言葉に杏子は戸惑
AOCHAN-Blog  at 2007/02/05 10:18 PM
「晩夏に捧ぐ 成風堂書店事件メモ・出張編」大崎梢
タイトル:晩夏に捧ぐ 成風堂書店事件メモ・出張編 著者  :大崎梢 出版社 :東京創元社 読書期間:2007/01/10 - 2007/01/12 お勧め度:★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 以前成風堂にいて、今は故里に帰り、地元の老舗書店に勤める元同僚の美保から
粋な提案  at 2007/02/13 12:42 AM
晩夏に捧ぐ 成風堂書店事件メモ(出張編)大崎梢
COVER PHOTO:SAY-KA。BOOK DESIGN:岩郷重力+WONDER WARKZ。 「配達あかずきん」(「本の雑誌」2006年上半期ベストテン第2位)でデビュー。 成風堂書店、店員の木下杏子に以前の同僚・有田美保から届いた手紙。
<花>の本と映画の感想  at 2007/02/15 8:42 PM
晩夏に捧ぐ
晩夏に捧ぐ 成風堂書店事件メモ・出張編 大崎 梢   東京創元社 2006年9月 宇津木書店、通称「まるう堂」 に勤める美保から、幽霊が出るので調べてほしいという連絡を受け、杏子は、名探偵のアルバイト店員多絵と共に、信州に行く。そこで、弟子に
読書三昧  at 2007/03/04 8:11 PM
晩夏に捧ぐ
晩夏に捧ぐ 大崎 梢 前作「配達赤ずきん」の舞台となった本屋。 そこに勤める店員とバイト。 すっかり親しみを持ってしまっているそれらとまた会えたという、なんともほのぼのとした感じがいい。 とはいえ幽霊騒動から27年前の殺人事件を紐解くという推理モ
Chiro-address  at 2007/07/21 9:22 PM
「晩夏に捧ぐ―成風堂書店事件メモ(出張編)」大崎梢
「晩夏に捧ぐ」 大崎 梢 東京創元社 2006-09-30 勝手に評価:★★★★★ 読書期間:2日  以前成風堂にいて、今は故郷に帰り、地元の老舗書店に勤める元同僚の美保から、杏子のもとに一通の手紙が届いた。勤務先の宇都木書店、通称「まるう堂」に幽霊が出るようにな
たこの感想文  at 2007/08/31 4:15 PM
(書評)晩夏に捧ぐ 成風堂書店事件メモ(出張編)
著者:大崎梢 (ミステリ・フロンティア)" />晩夏に捧ぐ (ミステリ・フロンテ
デコ親父はいつも減量中  at 2008/01/12 12:32 PM
晩夏に捧ぐ<大崎梢>−(本:2008年9冊目)−
晩夏に捧ぐ&lt;成風堂書店事件メモ・出張編&gt; (ミステリ・フロンティア) 出版社: 東京創元社 (2006/9/30) ISBN-10: 4488017304 評価:70点 「配達あかずきん」という本が「本の雑誌2006年上半期ベストテン第2位」になり一躍有名になった著者。 これ
Trackback url: