ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 
<< 『一瞬の風になれ 第二部 ヨウイ』佐藤多佳子 | 第136回芥川賞、直木賞決定 >>

『一瞬の風になれ 第三部 ドン』佐藤多佳子

4062136813
一瞬の風になれ 第三部 -ドン-
佐藤多佳子/講談社
部長になった新二とエースの連。春高陸上部の仲間たちとのハードな練習の向こうに見据えるのは、この部で、このメンバーで、インターハイに行く、ということ-。陸上青春小説、圧倒的迫力の完結編!

とうとう完結編!
読んだ、読んだ。手に汗して心臓ドキドキさせて、彼らの頑張りにエールを送って読んだ。私も彼らと共にひたすら走った。端から見たら必死こいて読書している姿はさぞ異様な光景だったに違いない。彼らのリレーが始まれば体に力が入って強ばったように読んだり、恋の話しには頬ゆるませてにんまりしていたり、感動して号泣していたり。娘が泣いている私にいそいそとティッシュをもってきて涙をグリグリ拭ってくれたりして。それにまた感動してオイオイ泣く私。ハハハ。

春高陸上部のメンバーそれぞれが個性的で素敵で可愛くて、気がついたら母親の目線で彼らを温かく見守っていた。個々の魅力もいいのだがやはり抜群に魅力的なのはチームワーク。この連帯感の素晴らしさに感動していた。個人競技の場面もドキドキさせてくれるのだけど、それ以上にドキドキさせてくれるのがリレーのシーン。陸上のリレーって学校の運動会みたいなあんなものじゃないのだね。とにかくこのリレー本番で成功するかどうか冷や冷やさせられてしまうほどの臨場感。新二の思いが重なって新二と共に一喜一憂し、思いっきり感情を揺さぶられてしまう。

新二も連も本当に成長したなぁ。体はもちろん心がかなり鍛えられた。兄・健一に常に憧れと劣等感を持っていた気持ちもいつしかそれを乗り越えられたんだろう。グズグズと悩む新二の姿は欠片もない。恋に関してはまだまだグズグズしているけれど(笑)

春高メンバーももちろん素敵だが、ライバル校・鷲谷高校の仙波や高梨もいいキャラである。いい意味でのライバル、お互いの存在が自分の成績を向上させ、闘志を燃やすエネルギーになる。ライバルだけどきっとこれからいい仲間になっていくんだろう。新二のささやかな希望が叶うといい。それは遠からず近いものかもしれない。
ラストはある人の心温まる贈り物に(もう〜これに号泣。素敵すぎる!)これ以上ないくらい結束したリレーチームの絆がさらにさらに強く繋がる。ラストは可能性を信じた彼らの姿に感動しっぱなし。読み終えてもまだ彼らから去りがたく1巻〜3巻をまたなぞるよう読み返してみたりして、しばらく余韻に浸っていた。この作品を読めたことは本当に幸せ。そして著者・佐藤さんへ感謝でいっぱい。

最後に…浦木さんーっ、やっぱりあなたは素敵だ!そして春高陸上部!最高!!

読了日:2007年1月15日

関連記事
『一瞬の風になれ 第一部 イチニツイテ』感想
『一瞬の風になれ 第二部 ヨウイ』感想


いや〜素敵な作品でした。未だ興奮冷めやらずで何を書いているのか支離滅裂ですが…。陸上ものだからと尻込みせずに読んで良かったです。まだこの世界から去りがたくて3冊読み返して彼らの成長をなぞって一人感動したりしておかしなヤツです。
実際に陸上を見たのって箱根駅伝の復路ゴールを見たことがあるくらい。あの時必死にゴール目指して走りきる選手の姿に何やら得体の知れない感動が沸々湧き上がってつい涙してしまったのを覚えています。ああいうみんなで1本のたすきをバトンを繋いでゴールに向かうという姿には感動してしまうものですよね。
高校生の新二や連の成長物語である本作は新二の内面を通して描くことによって等身大の姿がわかりやすく成長の過程も楽しめました。
三輪先生の優しさが特に素晴らしく、子育てもこんな風にやっていけばいいんだろうな、ととても勉強になりました。そして私のお気に入りは浦木さん。完結編でさらにさらに浦木さんに恋しています(笑)ライバルだけど大切な仲間。いいなぁ、本当に素敵。今書くだけでもまた泣けてきちゃいます。
直木賞とれるかな?選考日は今夜(今日は1/16です)。ドキドキしながら結果を待とうと思います。
かりさ | 著者別さ行(佐藤多佳子) | comments(18) | trackbacks(15) | 

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | - | 

COMMENTS

Posted by chiekoa  at 2007/01/16 12:24 PM
最後のセリフが私と同じで感動しました(笑)。
浦木先輩ラブ同盟(今作った)へようこそ!!
いや、彼に泣かされるとは…想定外でしたよ!

あぁ、ついに今夜ですね。
お守り代わりに今日は三冊持ち歩いております…。(何の意味が?!)
Posted by 小葉  at 2007/01/16 1:59 PM
リサさんのドキドキが伝わってきて、自分が読んだときの気持ちが甦るようです。
我が家のこの本は、まず私が読んで、娘二人が読んで、次女がクラスメイトの陸上部の友達に貸して、今はその友達の部活仲間に貸し出されています。大人気です。
新二が目覚ましにしているBUMP OF CHICKENの「ダイヤモンド」って曲はご存知ですか? この歌詞がこのお話にぴったりで、時々聞いては、新二や連のことを思い出しています。
Posted by リサ  at 2007/01/16 4:41 PM
★chiekoaさんへ
わぁ〜コメントありがとうございます♪
chiekoaさんも浦木先輩ファンですね!(一緒だー)
「浦木先輩ラブ同盟」!きゃーきゃーいいわそれ!
私ナンバー2ね(笑)
本当にあの登場にはビックリ嬉しくて号泣でした。

いよいよですね。どうなるかしらもうドキドキしてそわそわしています。
7時のニュース楽しみですね!
…ち、ちえこあさん3冊持ち歩いているのですか!?
それはさぞ重かったことでしょう。
お守り代わりだなんてchiekoaさん可愛すぎます(ポッ)

Posted by リサ  at 2007/01/16 4:46 PM
★小葉さんへ
こんにちは♪
私の感想ドキドキが伝わりましたか?嬉しいですー。
小葉さんちの『一瞬の風になれ』は大人気ですね!
陸上部の部活仲間が読んでいるだなんて素敵〜。
彼ら、彼女らはどう思うのでしょうね、感想聞きたいなぁ。
私も長男の受験が終わったら(終わる頃笑っているといいのですが、
胃が痛いです…)貸そうと思っています。

BUMP OF CHICKEN大好きなので「ダイヤモンド」の曲
イメージして読んでいました。そういえば感想に書くの忘れました。
歌詞が手元にないので(アルバム「Jupiter」あったはずなのですが)
今度探してじっくり読もうと思っています。
未だに浸っている私なので思い出して今うるうるしています。
Posted by ロケット  at 2007/01/17 7:54 PM
すっかりご無沙汰しておりますが、あれからお元気でお過ごしですか?
あれからっていつからだって話ですが、まぁいいじゃないですかそんなことは。
そんなことよりオレは憤慨しておりますよ。
何がって、三冊立て続けに読んだってことですよ。
ダメじゃないですか。
この本は二巻で一旦“敢えて”置いて、できればひと月ほどいじいじしながら、いーっ!とかしながら、そこでようやく三巻目を読むのが正しい読み方です。
次回から気をつけましょうね。
その次回っていつだって話ですが、まぁいいじゃないですかそんなことは。

それよりも、さぁ次は箱根駅伝が待っておりますよ。
早いとこ読んで、今度一緒に紙上陸上部に入部しましょう。
ちなみにオレは今年、箱根駅伝というものを初めてまともに見ました。
最後はウルウルしておりました。
本の影響って怖いっす。
てゆうか、影響受けやすい自分が一番怖いっす。
Posted by リサ  at 2007/01/17 10:46 PM
★ロケットさんへ
おお〜ロケットさんー!こんばんはです。
本当にご無沙汰しておりました。
ロケットさんもあれからお元気でお過ごしでしたか?
私はまぁまぁ元気でしたよ。
はて?あれからっていつからでしたっけねぇ(笑)

読み終えて真っ先にロケットさんにお知らせしなきゃ!と思ったんです。
でもちょっと遅くなりました。それはきっと3冊一気読みした
私を許しては下さらないだろうとビクビクしていたからです。
「ええい!ずるいぞ!」と罵倒されるんじゃないかとブルブルしていたからです。
でもとてもじゃないけど、そんな3巻を"敢えて"置くなんて
出来ませんでしたわ。我慢が出来ませんよ。生殺しですよ。
てことでお叱り覚悟で読みました。一気に。パァッと!
気持ちよかったです〜。風になりました。一気読みバンザイ!
ああ、でも次回からは気をつけます。今度こそ気をつけます。
ロケットさんが思いのほかお優しくてホッとしている私であります。

で!そうなんですよね!次は箱根駅伝ですよ!
しをんちゃんですよ!こりゃぁもう読むしかないでしょう!と
熱くなっているうちに読まねばなりません。
図書館では待ち人がうじゃうじゃいますので、ええい買ってしまうか、と
悩んでおりましたがロケットさんのお言葉で覚悟を決めました。
これも自分の手元に置き、心置きなく読むことにしましょう。
そうして紙上陸上部へ入部しますとも!
その時は温かく迎えて下さいませね。
箱根駅伝見ちゃったのですね、完全にはまったですねー。
て私は今年は見なかったんですが…(見れなかったんですよぅ)。

と、ずいぶん長いお返事になってしまいました。
これからまた長々とおしゃべりしに伺いますわ!
Posted by とも  at 2007/01/18 11:11 AM
読了ですね♪♪
リサさんの興奮と感動わかりますよ。
わかりますとも〜

こういう本をもっと若い時にたくさん
読みたかったって今になって後悔が…

今『風が強く吹いている』読んでます。
こちらも熱い男で熱気ムンムンしてます。
臭ってきます(笑)
もうとっくに期限切れてるんです。
まだ半分…今日は図書館整理日の日で
お休み。返却ポストに入れてこようと思う
のですが読み終わるかな〜

Posted by リサ  at 2007/01/19 2:38 PM
★ともさんへ
コメント嬉しいです〜♪
興奮と感動を分かち合えて嬉しいですー。
この作品を息子が読めるのは幸せだな、と思います。

おお!ともさん『風が強く吹いている』読まれているのですね。
私も早速買ってきまして、今読み始めています。
こっちは爽やかというか男臭い?(笑)
しをんさんなので、いろいろと妄想も楽しめそうです。
Posted by 藍色  at 2007/01/20 11:42 AM
ワクワク、ドキドキ感がいっぱいの、明るく純粋で真直ぐな青春小説でした。
予約待ちに何とか間に合いました(笑)。
風水と方位学のジンクス王、浦木さん、いい味出してました。
「浦木先輩ラブ同盟」!いいですね〜。
私ナンバー3に立候補します(笑)。

Posted by リサ  at 2007/01/21 10:10 PM
★藍色さんへ
こんばんは!
とうとう完結編へゴールしましたね!
こんなにもワクワクとドキドキをくれて感謝でいっぱいでした。
浦木先輩いいですよね〜(ポッ)
「浦木先輩ラブ同盟」へようこそ!
浦木さんのあんなことやこんなことを語らいましょう〜(?)
Posted by すの  at 2007/02/10 10:13 AM
この本は分厚くても、三冊でなく一冊で読みたかったような気がします。とても素敵な青春小説でしちたね。
Posted by リサ  at 2007/02/11 3:35 PM
★すのさんへ
そうなんですよねーこれはこれで楽しめたのですが
1冊で読めたらもっと違う感覚で読めたのかな〜と。
久しぶりに爽やかな気分で読めました。
たまには青春ものもいいもんですね!
Posted by   at 2007/07/09 5:39 PM
はじめまして。
もう、とてもとてもよかったです〜。
最後の4継の場面は、何回も読み返して感動に浸っています。
根岸君もとってもいい子ですよね。みんな大好き!

トラックバックさせていただきました。
Posted by リサ  at 2007/07/10 10:58 PM
★栞さんへ
はじめまして!ご訪問とコメントありがとうございます♪
良かったですよねーっ!今思い出してもキューンとします。
スポーツとは縁のない私ですがそれでも一緒に風になったような気がしてました。
いや、一緒に風になっていたんだわ。
年頃の悩み苦悩するさまもとても共感出来ました。
これから栞さんのところ、お伺いしますね!
Posted by 苗坊  at 2007/07/16 10:40 PM
こんばんわ^^
本当〜〜〜に良かったです!
こういうスポ根小説大好きです!
最後のみんなの抱擁は感動的でした。私まで涙しそうでした。
青春ですよね〜。
新二もいいし、他のみんなも本当に素敵。最後の最後で連にも惚れました^^
Posted by リサ  at 2007/07/22 8:29 PM
★苗坊さんへ
こんばんは〜♪
おおー苗坊さん、早いです!あっという間に3部まで読んじゃいましたね。
っていうか読んじゃいますよね〜。
私も本当に大好き!
あまりスポーツものって読まないのですが、これ読んだらああこんなにいいもんなんだな、って熱くなってしまいました。
ラストは!もう〜素敵!涙、涙でした。
みんなとってもいい子ばかりですよね〜。
ふふふ、私は浦木さんに恋しちゃいました♪
Posted by   at 2009/09/15 6:51 PM
はじめまして。私も週1くらいで読んじゃいました。買ったんじゃなく、図書館でかりたんですけど。  第三部読み終わった次の日に運動会で。もう、今すぐ走りたい勢いでしたね。
やっぱり私も浦木さんが登場したときは、おぉ!とおもいました。桃内も個人的には好きです。一番は新二ですけどね。
Posted by リサ  at 2009/09/16 9:06 AM
★香さんへ
はじめまして!コメントありがとうございます♪嬉しいです。
香さんも一気読みだったのですね。
私も一気に読んだときのことを思い出して今でも興奮してきちゃいます。
そして読み終えた翌日が運動会!それは読後の感情もさらに高まったでしょうね。うらやましいです〜。

浦木さん!素敵ですよねぇ。彼の登場でさらにさらに浦木さんラブに!
桃内も新二もみんなみんなすごく素敵でした。
また読み返してみたいなぁ、と思っています。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

+ ChiekoaLibrary +  at 2007/01/16 12:23 PM
一瞬の風になれ 3 ―ドン― [佐藤多佳子]
一瞬の風になれ 第三部 ― ドン― 佐藤 多佳子 講談社 2006-10-25 『一瞬の風になれ 第一部 ―イチニツイテ―』、『一瞬の風になれ 第二部 ―ヨウイ―』に続く、『一瞬の風になれ』三部作の第三部、ついに完結編です。 高校二年生の終わりから、三年生へ。新入生の
宙の本棚  at 2007/01/16 1:50 PM
「一瞬の風になれ」佐藤多佳子
読み終わりたくない。いつまでもこの世界の中にいたい。もっともっと新二や連の走る姿を、春高陸上部の仲間達や、ライバル高の選手達を見ていたい…そんな気持ちにさられました。涙腺が緩くなっているのかなぁ、何度も涙で文字が読めなくなりました。 高校入学の春か
とものブックレビュー  at 2007/01/18 11:12 AM
一瞬の風になれ〜第三部〜ドン/佐藤 多佳子
一瞬の風になれ 第三部 -ドン- 佐藤 多佳子 高校の最終学年を迎えた新二。入部当時はまったくの素人だったが、今では県有数のベストタイムを持つまでに成長した。才能とセンスに頼り切っていた連も、地道な持久力トレーニングを積むことで、長丁場の大会を闘い抜
粋な提案  at 2007/01/20 11:51 AM
一瞬の風になれ第三部ドン 佐藤多佳子
カバーイラストはクサナギシンペイ。デザインは有山達也、飯塚文子。 着実に力をつけた新二は高校3年に。トレーニングに耐える身体を作り、逃げない闘志を鍛えてきた連。…砂浜走反復3000mのエネルギー・ゼロ。自分の指
とんとん・にっき  at 2007/01/27 9:38 AM
佐藤多佳子の「一瞬の風になれ」を読んだ!
この本のことは去年の夏の終わり頃から、なんとなく耳に入ってきたので知ってはいました。本の題名はわからず、陸上部のことを書いた高校生の「スポコンもの?」の本だというので、僕は絶対に読まないだろう分類の本だと思っていました。汗くさい「青春」というも
栄枯盛衰・前途洋洋  at 2007/01/31 10:10 PM
『一瞬の風になれ』(佐藤多佳子著)(3)ドン
『一瞬の風になれ』の第3部ドンを読み終わった。 第3部は、主人公神谷新二と親友でありライバルでもある一ノ瀬連の2人の高校アスリートとしての最後の3年生のシーズンを描く。インターハイの地区予選から始まり、県予選、最後はインターハイ出場をかける南関東大会。 4
図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜  at 2007/02/10 10:12 AM
「一瞬の風になれ3-ドン-」佐藤多佳子
「一瞬の風になれ3-ドン-」佐藤多佳子(2006)☆☆☆☆★ ※[913]、国内、現代、小説、青春、陸上、少年 さていよいよ三部作の最終巻。三部作というより、三冊でひとつの物語。前巻のレビューでこの作品の構成を「起承転結」と書き、前巻を「承・転」としてみたが、
読書とジャンプ  at 2007/02/18 6:13 PM
「一瞬の風になれ」佐藤多佳子
してやられました。スポーツものって、なんでこうも応援したくなるものなのか。自分の信じた道を、全身全霊をかけて突き進む、取り組む、打ち込む姿に心揺さぶられました。                   1イチニツイテ      2ヨウイ        3
及川的大人のブログ  at 2007/03/02 9:57 PM
第41回吉川英治文学賞は宮部みゆきと文学新人賞に佐藤多佳子
第41回吉川英治文学賞は、 宮部みゆきさんの「名もなき毒」に決まりました。   また、第28回吉川英治文学新人賞には、 佐藤多佳子さんの「一瞬の風になれ」全3巻です。   第41回吉川英治文学賞を受賞した宮部みゆきさんは、 「我らが隣人の犯罪」で
瓦版Blog  at 2007/04/09 5:05 AM
一瞬の風になれ 佐藤多佳子
一瞬の風になれが今話題なんですね。。。 部長になった新二とエースの・・・・
こんな夜だから本を読もう  at 2007/06/19 3:46 PM
[review][○]佐藤多佳子『一瞬の風になれ 第二部 ヨウイ』
 オフシーズンを過ごし、少しずつ経験を積んだ新二。春になり新入部員も加わり、気持ちも新たに走り続ける。今まで自分勝手だった連も、4継に力を入れ、仲間を大切にしている。走ることが楽しい、走りたい。そんな二人を、春高陸上部を、アクシデントは容赦なく襲うの
こんな夜だから本を読もう  at 2007/07/09 4:55 PM
[review][○]佐藤多佳子『一瞬の風になれ 第三部 ドン』
 新二や連が三年生になり、春高陸上部にも有望な新人が入部してきた。しかし、その新入部員鍵山は才能はあるが性格的に難があった。部員達の反感を買う鍵山。鍵山ではなく根岸と走りたい。だが、鍵山抜きで4継を戦い抜くのが難しいことは明らかだった。  感動の完結
思いつくまま*気の向くまま  at 2007/07/09 5:49 PM
一瞬の風になれ
あぁ〜〜、読み終わりました〜。なんかもうね、ブラボー、すがすがしいーって感じ。こういうの、栞サンほ
苗坊の読書日記  at 2007/07/16 10:40 PM
一瞬の風になれ 3 ドン 佐藤多佳子
一瞬の風になれ 第三部 -ドン- オススメ! 高校の最終学年を迎えた新二。 入部当時はまったくの素人だったが、今では県有数のベストタイムを持つまでに成長した。 才能とセンスに頼り切っていた連も、地道な持久力トレーニングを積むことで、長丁場の大会を闘い抜く
デコ親父はいつも減量中  at 2008/02/24 2:04 AM
一瞬の風になれ 第三部ドン<佐藤多佳子>−(本:2008年30冊目)−
一瞬の風になれ 第三部 -ドン- 出版社: 講談社 (2006/10/25) ISBN-10: 4062136813 評価:95点 三部作の完結編。 新二も連もそして他の仲間達も、鍛えに鍛えて強くなり、強豪たちと戦って勝ち上がり、そしてついには関東大会へ・・・。 最後の南関東大会4継
Trackback url: