ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 
<< 2/10:購入本(『図書館危機』『夢を与える』他) | 『フィッシュストーリー』伊坂幸太郎 >>

『夢を与える』綿矢りさ

4309018041
夢を与える
綿矢りさ/河出書房新社
チャイルドモデルから芸能界へ。幼い頃からテレビの中で生きてきた美しくすこやかな少女・夕子。ある出来事をきっかけに、彼女はブレイクするが…。成長する少女の心とからだに流れる18年の時間を描く待望の長篇小説。

てっきり主人公の一人称だとばかり勝手に思っていた。読み始める前から。読み始めてそれが大きな勘違いだったことに気がつく。そしてもうひとつ。私は綿矢りさという作家をもしかしたらものすごく見くびっていたのかもしれない。それも大きな勘違いだったのだ、きっと。才能はあれだけに留まらなかったのだ。もっともっとさらなる高みに向かって花開かせていたのだ。読み終えてただただその驚きを隠せず呆然としてしまう。そしてたぶん才能はこれで終わらない。序章に過ぎないのだと固く信じて疑わない自分がいることを認めねばなるまい。
ここに紡がれたもの、行間から滲み出てその染みが広がり侵すような凄み。本当にこの作家が書いたのかどうか始めは疑心し、けれどもいつの間にかその作家の存在さえ忘れて没頭する。読む手をやめられない。この先にあるものを見届けずにはいられない。いずれ分かる結末をそれでも苦しい胸を抑えつつページを繰る作業をやめられずにいる。
気がつけば夜の闇に支配されていた空が白みはじめていた。最後の1行を苦々しく暗澹たる思いで読み終えた時、何かがずしんと乗っかり身動きできないような重たさを感じた。そうして綿矢りさという作家に凄みが加わったことに戦慄を覚える。

読者はこの作品を綿矢りさという作家の書いたものとは到底受け入れられずに途方に暮れるのだ。新しい形の綿矢さんの紡がれた世界。綿矢さんの新生への道の第一歩。それは成功の幕開けと私は思う。

夢を与えることとは…と綴る数行は深く胸を貫く。いつだって何かに気がつくときは何かを失っているのだ。その虚無感はじわじわと襲い、広がりを増すばかりなのだ。

読了日:2007年2月12日


うわ〜すごいの書いちゃったなぁ!というのが第一の感想です。もしかしたらこれも賛否両論分かれちゃうのかな、と思うのはやはりそういう意見をちらほら見るからです。けれども私はすごく好き。綿矢さんの新たな才能を絶賛しています。
でもこれは感想書くの難しかったです。どこまで書いていいものやら…と思案しながら書いていたら結局感想なんだか何やら分からないものになってしまいました。まぁいつものことです(笑)
本作品を読んでどうしても主人公・夕子と綿矢さんを重ねずにはいられませんでした。それは読者の勝手な想像なのですが、綿矢さんの登場はある意味社会現象になって綿矢さんはすっかりアイドル化され、著作品のヒロイン像と綿矢さん像が同一視されるようなイメージみたいなものが一人歩きして…それへの脱却みたいなものがきっとものすごく困難だったのかな、と。それが3年半という歳月だったのかな、なんて勝手に思っていました。「今までの文体を更新したい」と綿矢さんがおっしゃっていたのをどこかで読みましたが人知れず苦労されていたのでしょう。『夢を与える』で見事に更新したんではないかと思います。きっとまたこの内容を綿矢さん自身と重ね合わせてしまうのかもしれませんけれど、それも含めて受け入れられる強かさを身につけたのだなぁと綿矢さんの最近のインタビューなんかを読んで頼もしく思っています。
その類い稀なる才能と容姿に苦しめられることもあるかもしれませんが、綿矢さんにはもっともっと自由に書いて欲しい。何かにとらわれることなく自由にゆったりと。新たな一歩を私は大歓迎してますもの。
かりさ | 著者別や・ら・わ行(綿矢りさ) | comments(10) | trackbacks(11) | 

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | - | 

COMMENTS

Posted by しんちゃん  at 2007/02/12 6:12 PM
リサさん、ほんとすごいの書きましたね!
綿矢さんじゃないよ。

新しい綿矢さんはすごく感じました。
これから大人の女性になっていく綿矢さんが楽しみです。

トラックバックしときますね。
Posted by リサ  at 2007/02/12 10:53 PM
★しんちゃんさんへ
こんばんは!
コメントとTBありがとうございますー♪

綿矢さんの文章に溢れ出る凄みが本当にすごくて…。
驚きました。
本当に綿矢さんが書いたの?って最初は思いましたもの。
上手く新しい綿矢さんの世界へ飛べたんだなーと
例えが変ですがそんな嬉しさを感じました。
早くも次作が楽しみですね!
Posted by 小葉  at 2007/02/15 9:11 PM
私は綿矢さんの熱心な読者ではないので、前作からの変化というのがピンときませんでした。というより、前作をあまり覚えていない。
私としては絶賛ではないのですが、長編を読ませるだけの力はあると感じました。
次の作品も読んでみたいと思いました。
Posted by リサ  at 2007/02/15 11:08 PM
★小葉さんへ
前作からずいぶん経ってましたから忘れてしまいますね。
2作とも一人称で書かれていたので今回もてっきり、と勝手に
想像していたのでまずそこから新鮮な驚きでした。
ずいぶん文体も変わっています。
大きく賛否分かれてますよねー。
ものすごく苦しく暗い気持ちになりましたが、私は好きなほうに
傾いたようです(*^-^*)
ここまで読ませる引力。次作が楽しみですね♪
Posted by ざれこ  at 2007/03/08 9:10 AM
読みました。リサさんありがとうございましたー。
いや、すごく響くというかずっしりくる物語でした。題材自体は軽いのに、ここまでいろいろ考えさせられるとは驚きです。
私も前作からの違いというか成長をすごく感じました。綿矢さん、もうりさちゃんとか気軽に呼べない感じですよね・・・。これからも追いかけていこうと思います。
Posted by リサ  at 2007/03/09 4:01 PM
★ざれこさんへ
これはずっしりと重たいものでしたよね。
今でも結構引きずっていて思い出すとこう締め付けられるというか。
綿矢さんの紡ぐものの凄さに圧倒されっぱなしでした。
ホント、りさたんとかりさちゃんとか呼べませんよねぇ(笑)
次回作が非常に楽しみです!
Posted by 図書館のすぐれちゃんファン  at 2007/07/20 2:18 PM
本当にいいですね!認められるというのは・・・・。
うらやましいです。
ここで、私が期待しているすぐれちゃん先生の本をご紹介します。
ぜひ応援してください。
いい作品です。高校生との心の交流を描いています。
「図書館のすぐれちゃん」(真珠書院1050円)
インターネットで書籍販売していますので・・・・。
Posted by リサ  at 2007/07/22 8:31 PM
★図書館のすぐれちゃんファンさん
こちらでもコメントありがとうございますー。
あ、ネット購入でしか買えないのかしら?
ちょっと見てみますね。いつもありがとうございます!
Posted by すの  at 2007/08/23 8:01 PM
お久しぶりです。やっと話題の作品を読むことができました。
残念ながら、ぼくはこの作品に否定的な意見を持ちました。
それは、作家、綿矢りさでなく作品「夢を与える」を評価しているからです。
でもこの作品の与える衝撃は大きいですね。「衝撃を与える」
久々に、読んですぐレビューを書きました。
Posted by リサ  at 2007/08/24 12:29 AM
★すのさんへ
こんばんは!お久しぶりですね。
お忙しいようですが体調いかがですか?
私、改めて自分の感想を読み返してみて「夢を与える」についての感想を書いてはいないんですよね。それは確信的なんですが、今思うともう少し深く書けばよかったな、なんて思います。
この作品に対する感想って実は難しかったんですよね。そこに逃避するかのように作品よりも著者に視点を当ててしまったのですけど。
この作品を「綿矢りさ」が書いた、ってことに衝撃を受けたのでした。
まさに「衝撃を与える」。上手いなぁ。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

しんちゃんの買い物帳  at 2007/02/12 6:12 PM
「夢を与える」綿矢りさ
夢を与える綿矢 りさ (2007/02/08)河出書房新社 この商品の詳細を見る 芸能界で生きるゆーちゃんこと夕子が主人公。 夕子の18年間を描いた本です。 夕子が生まれる前からストーリーが始まるねんけど、これがクセモ
宙の本棚  at 2007/02/15 8:33 PM
「夢を与える」綿矢りさ
レールの上を走らされている…昔に比べ、今の子はそう感じることが多いのじゃないかしら? 親は我が子の幸せを願い、よかれと思ってレールを敷く。その上を無心に走ってゆく子ども。ある日ふと「走らされている」と感じても、そこから降りることは怖くて出来ない。 夕
ぱんどら日記  at 2007/02/16 2:34 PM
綿矢りさ【夢を与える】
幼いころからモデルとして活躍し、やがて芸能プロダクションに所属して人気タレントの座に登りつめた18歳の「阿部夕子」。親の期待、プロダクションの期待、スタッフの期待、ファンの期待を一身に背負って、ドラマや映画
本を読む女。改訂版  at 2007/03/08 8:55 AM
「夢を与える」綿矢りさ
夢を与える発売元: 河出書房新社価格: ¥ 1,365発売日: 2007/02/08売上ランキング: 745おすすめ度 posted with Socialtunes at 2007/03/03 綿矢りさの待望の新刊。そういや金原ひとみが精力的に活動しているのに 綿矢さんはどうかな、大学忙しいのかな、私の憧れの
"やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!  at 2007/03/19 4:56 PM
夢を与える 綿矢りさ
夢を与える ■やぎっちょ書評 綿矢りさ新刊として発売されてからしばらく時間が経っています。本ブロガーさんの記事もちょくちょく見かけていたし、本屋さんでこの表紙がとても目立っていました。 表紙いいですよね。 一転して内容の方ですが、読後感は気難しい感
とんとん・にっき  at 2007/03/23 4:11 PM
綿矢りさの「夢を与える」を読んだ!
ちょうど1年前の1月の中頃だったでしょうか、第130回の芥川賞と直木賞が決定したのは。芥川賞は、綿矢りさの「蹴りたい背中 」と金原ひとみ「蛇にピアス 」のダブル受賞でした。綿矢は1984年生まれ19歳、金原は1983年生まれ20歳の受賞、ということで、最年少の記録更新
毎天幸福  at 2007/04/20 11:38 AM
夢を与える
綿矢りさ最新作「夢を与える」 先日やっと購入し一気に読了。私にとって新作を定価
AOCHAN-Blog  at 2007/06/25 10:02 PM
「夢を与える」綿矢りさ
タイトル:夢を与える 著者  :綿矢りさ 出版社 :河出書房新社 読書期間:2007/05/08 - 2007/05/09 お勧め度:★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] チャイルドモデルから芸能界へ。幼い頃からテレビの中で生きてきた美しくすこやかな少女・夕子。ある出
図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜  at 2007/08/23 12:15 PM
「夢を与える」綿矢りさ
「夢を与える」綿矢りさ(2007)☆☆☆★★ ※[913]、国内、現代、小説、少女、成長、芸能界、スキャンダル、家族、文芸 綿矢りさという作家の名前は知っていた。史上最年少の芥川賞受賞作家。しかしぼくには当事、流行のようにもてはやされた一過性のタレント作家の
デコ親父はいつも減量中  at 2007/09/24 11:35 PM
夢を与える<綿矢りさ>−(本:2007年105冊目)−
夢を与える 出版社: 河出書房新社 (2007/2/8) ISBN-10: 4309018041 評価:70点 ネットでいくつかのレビューを読んでみたが結構皆さん辛口。 さらには2チャンでスレもたっていて、みんな好き勝手なことを言っている。 芥川賞作家の作品だというのに、著者が若
時々、読書ライフ  at 2008/07/04 7:05 AM
蹴りたい背中
『蹴りたい背中』 著者:綿矢りさ 出版社:河出書房新社 定価:1,000円(税込) 2003年8月発行 ISBN:978-4309015705 第130回芥川賞を受賞した、綿矢りささんの著書です。 史上最年少で芥川賞を受賞したことと、著者のタレント並のルックスが 話題を呼び、文学界に
Trackback url: