ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 
<< 『夢を与える』綿矢りさ | 『ミミズクと夜の王』紅玉いづき >>

『フィッシュストーリー』伊坂幸太郎

4104596027
フィッシュストーリー
伊坂幸太郎/新潮社
livedoor BOOKS 書誌データ / 書評を書く
あの作品に登場した脇役達の日常は? 人気の高い「あの人」が、今度は主役に! 小気味よい会話と伏線の妙が冴える伊坂ワールドの饗宴。

「動物園のエンジン」「サクリファイス」「フィッシュストーリー」「ポテチ」の4編収録。
伊坂さんの文章はそれがどんなものであってもするすると糸を解くように何らつっかえもなく読める。ひたすら心地良い。しみじみ伊坂作品が好きなんだなぁと実感する。毎度毎度。もちろん本作品も然り。以下、各作品の感想。

「動物園のエンジン」
このタイトルが秀逸。んん?と首を傾げるタイトルでも読めばしっくりくる。文体は初期の伊坂作品を彷彿とさせ楽しめる。河原崎の無意味な推理ごっこも実は好きだったりする(笑)

「サクリファイス」
一番好きな作品である。いつもの伊坂作品とは毛色の違う民俗学的な雰囲気や世界。黒澤が人探しのために訪れた村には古くから伝わる「こもり様」という風習があった。黒澤の落ち着いた性格が妙にこの作品の世界に合っていてこれは大成功なんではないかとほくそ笑んでしまう。
ここに登場する唄子ばあちゃんが最高!彼女の方言は宮城弁なのだろうか。唄子さんが黒澤を気に入る様子など微笑ましく、もっと唄子さんにしゃべって欲しかったなぁ、などとつい切望してしまった。私はある箇所でうるうる目を潤ませてしまったのだ。そんな話しではないはずなのに…。ラストのオチににやり。

「フィッシュストーリー」
すごく素敵なお話し。時空を超えた物語はあるバンドのレコードに収録された曲から発生する。不思議な話しだが、私たち人間もこういう運命だったり縁だったりで繋がれていくのだよなぁ、としみじみしてしまった。
バンドメンバーが込めた思い。それがあるきっかけを作りどんどん大きな繋がりへと広がってゆく。それはまるで伊坂さんの作品間にもあるような繋がりを思わせる。気がつかないうちにこんな時空を超えた繋がりが自分にも存在しているのかもしれない。そう思うととてつもなく壮大で宇宙な感じ。

「ポテチ」
本作品唯一の書き下ろし作品。これは良い。とても良い。穏やかな優しい性格の今村の胸に広がるもの、その実体は途中から何となく分かってくるが最後まで読むとこれがくぅ〜っとくる。今村の母親が実に気持ちの良い人。これだけ大らかで度量のある人ならば息子の思いなんて些末なことだよ、と笑い飛ばしてその豪快さでやわらかく包んでくれるのかもしれない。大西も似たような性格で同じく今村を温かく包んでいくんだろう。だから私たちは「彼は大丈夫」と確信して読み終えることが出来るのだ。

読了日:2007年2月13日


伊坂さんの新刊!てことで楽しみにしていました。初めの「動物園のエンジン」から「ああ、伊坂さんの文章ってやっぱり好き♪」なんて心地良く浸ってました。初期作品に近い文体だったように感じます。この頃の伊坂さんも好きなのです。デビュー作『オーデュボンの祈り』を愛してますから〜。
そして伊坂作品の醍醐味は作品間リンク。これまでの著作に登場した人物がひょっこり現れて「おっ!」と楽しませてくれます。ん〜でもそこに気がついても(何となく違和感を感じるのです)「誰だっけ?どこに出てたっけ?」となるともう気が散って仕方ありません。そうなると何が何でも突き詰めたくて著作品をドカッと横に積んでせっせと調べるのです。結構見つけたつもりでいますが、もしかしたら気がつかずにそのまま読み進んでしまった箇所もあるかもしれません。それは悔しいな。
初読の方には作品間リンクがあるだなんて言うと躊躇してしまうかもしれませんが、どこから読んでも何ら問題はありません。むしろここからでも他の作品からでもその繋がりを楽しめるのです。あの時読んだあれはこの人だったか!という発見も面白いものです。

伊坂さんの作品には文中にところどころ伏線が張られていて、読んでいる時には気がつかなくても読み終えて「あ!」とポンッと膝を打つ。その心憎い演出にさらに伊坂作品の虜になってしまうのです。本作では特に「ポテチ」でしょうか。さり気なく出てくる小道具が後々繋がっていくというのがああ、上手いなぁと惚れ惚れするわけなのです。
かりさ | 著者別あ行(伊坂幸太郎) | comments(20) | trackbacks(17) | 

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | - | 

COMMENTS

Posted by 小葉  at 2007/02/15 8:29 PM
「サクリファイス」て、どことなく「オーデュボンの祈り」の雰囲気に似てますね。閉鎖された空間だからかな?
「ポテチ」の小道具の使い方は、さすがって感じでした。
娘たちが読んだら、塩味とコンソメ味のポテチを出してやろうと目論んでいるのに、図書館本優先のため、彼女たちはまだ読めないのです。
Posted by リサ  at 2007/02/15 11:04 PM
★小葉さんへ
こんばんは!
そうなんです、「サクリファイス」似ていますよね〜。
同じく「動物園のエンジン」の文体も書かれた時期が近いせいか
『オーデュボン〜』に似ていると思いました。
そうですね!閉鎖的空間がそう思わせるのかも!

おっ!塩味とコンソメ!娘さんたちどう反応するかしら〜。
ちなみに私はのりしお大好きです(笑)
Posted by 藍色  at 2007/02/16 12:09 AM
リサさん、こんばんは。
同日アップですね!。うれしいです!。
伊坂さんらしい軽妙な会話とリンクが、今回も心地良かったですね。
「動物園のエンジン」は、小説新潮2001年3月号掲載なので、
「オーデュボンの祈り」の構成や雰囲気が色濃く漂っているような気がしました。
「サクリファイス」は唄子ばあちゃんが、素敵でした。
「フィッシュストーリー」のスケールの大きさ、「ポテチ」の親子の思い…。
結局、全部よかった!です。

のりしおも香ばしくていいですね〜。
私は塩味が好きです(笑)。
Posted by リサ  at 2007/02/16 9:59 AM
★藍色さんへ
こんにちは!
ふふふ〜一緒でしたね〜(*^-^*)
伊坂さん短編もいいなぁ、と思いながら堪能してました。
やっぱり好きだなぁ〜としみじみ。
そうなんですよね、「動物園のエンジン」はデビューの頃だから
文体の雰囲気が似るはずですよね。
唄子ばあちゃん!好きですー。方言とか可愛くて。
本当に全部良かった!短編だとちょこっと読み返せていいですね。
ポテチ食べたくなって翌日買いに走ってしまいました(笑)
塩味も美味しいですね♪
Posted by chiekoa  at 2007/02/16 12:57 PM
すごい!リサさんは自力で確認なさったんですねー!
私は自分の記憶力の限界をよーく承知なので、地団駄踏みながら読んで、あとは正解を求めてネットをさまよいましたとさ…。

でも幸せな読書でした。

そして私ものり塩派です!!わー!!!わー!!!
(↑よろこんでます)
Posted by ゆか  at 2007/02/16 4:10 PM
こんにちは。^^
ちょっぴりごぶさたしています。

じつは、私も同日アップ♪
仲間に入れてくださいな♪^^

私は「フィッシュストーリー」がいちばん好きだったかな。
でもぜんぶどれもおもしろかった。
伊坂さんの文章、私もやっぱり好きだなーっておもいました。^^
いちばん好きなセリフは「キリン」のセリフ。
こういうのにめちゃめちゃ弱いのです。。
Posted by リサ  at 2007/02/17 5:45 PM
★chiekoaさんへ
そうなんですよー、自力で調べちゃいました。
毎度毎度のことなんですけど…ね。

本当に!幸せな読書でした〜。
伊坂さんやっぱり好きーなんて思いながら(笑)

おおおー!chiekoaさんものり塩派!
一緒一緒〜わーい♪
Posted by リサ  at 2007/02/17 5:47 PM
★ゆかさんへ
こんにちは!
ご無沙汰しておりましたー。
わぁ!ゆかさんも同日アップですね。

「フィッシュストーリー」も素敵でしたねぇ。
どれもこれも伊坂さんらしくて好きでした。
そうそう!「きりん」!私もこれは大好きです。
ぐっとやられましたね〜。
Posted by june  at 2007/02/25 10:43 PM
リサさん、こんばんわ。
この本を読んで、やっぱり伊坂さん好き〜!と気持ちを新たにしました。
私は「フィッシュストーリー」が一番好きだったんですが、
まさにリサさんの書いたように「壮大で宇宙な感じ」でした。
届いているよー!と叫びたい衝動に駆られてしまいました^^;
「ポテチ」もよかったです。
とりあえず、最後に食べたのはいったいいつ??というくらい
食べていなかったコンソメ味が妙に気になって、買いに走りました。
Posted by リサ  at 2007/02/25 11:39 PM
★juneさんへ
juneさん、こんばんは♪
伊坂さんの短編も素敵でしたよね〜。
本当に好き!って思いながら読んでいました。
「フィッシュストーリー」読んでいて何万光年の星の輝きが
長い時間をかけて私たちにその光を見せてくれる。
そんな宇宙な感じがしてその壮大さに思いを馳せてました。

>>届いているよー!と叫びたい衝動に駆られてしまいました

本当に!激しく同感です!
ああ、そう思うとますます素敵な作品ですよね。うっとり。

「ポテチ」もうるうるでした。私も買いに走りましたよ!
つい買いに走りますね(笑)
Posted by 苗坊  at 2007/03/21 1:57 PM
こんにちは^^TBさせていただきました。
伊坂さんファンにはたまらない作品でしたよね。
いろんな作品にリンクしていましたし、面白かったです。
黒澤ファンの私にはたまらない1冊でした^^
私はリンクが分からなかったら嫌だったので、「ダ・ヴィンチ」の伊坂さん特集を読みながらよんでましたね^^;
Posted by リサ  at 2007/04/01 11:44 AM
★苗坊さんへ
すっかりお返事が遅くなってしまいました。ごめんなさい。
伊坂さんの短編もしっかり堪能いたしました〜。
ああ!やっぱり伊坂さん好きだーーーっ!なんて思いながら読んでました(*^-^*)
リンクもたまらなく楽しかったですね。時々う〜ん…と唸りましたが。
黒澤好き一緒です〜。彼がこんなに登場してくれるのが嬉しい。
そうそう!ダ・ヴィンチの伊坂さん特集は保存版ですよね。
Posted by みわ  at 2007/04/26 1:12 AM
河原崎の無意味な推理ごっこ、おもしろかったですよね。
ウソだろって思いながらも、こういう無理やりな言葉遊びが好きな私です。
表題作のフィッシュストーリーも、ポテチも大好き。
長編みたいなすごさはないけど、伊坂さんらしい作品でしたよね♪
Posted by リサ  at 2007/04/26 7:18 PM
★みわさんへ
こんばんは!
そうなんです!河原崎の推理ごっこが面白くて。あれが妙に可笑しかったです。
伊坂さんらしさが詰まった短編集でしたね。大満足です♪
時々こうして短編を出してくれると嬉しいな〜なんて思いました。
Posted by chiro  at 2007/05/10 4:04 PM
こんにちは。
私はこれが初伊坂氏でした。
リンクがある割には、すんなりと読めるのでいいですね。
私もポテチが好きです。
既存の漫画とポテチの絡め方が絶妙ですよね。
Posted by リサ  at 2007/05/10 9:32 PM
★chiroさんへ
こんばんは!
chiroさん、これが伊坂さん初だったのですね!
短編から入るのはもしかしたらいいかもしれませんね。
リンクはさり気なく、でもある程度読むと目に付くあらゆる箇所が
リンクなんじゃないかと疑いだしてそうなるとちょっと読むのに落ち着きません(笑)
ポテチ、素敵でしたね。じんわりしました。
伊坂さん上手いなぁ!とますます好きになってしまった私です。
Posted by miyukichi  at 2007/09/24 2:16 PM
 こんにちは♪

 伊坂さん、いいですよねー。
 私も大好きです☆

 「フィッシュストーリー」と「ポテチ」が好きでした。
 どちらかといえば、私は前者かなー。
 
Posted by リサ  at 2007/09/26 10:20 PM
★miyukichiさんへ
こんばんは!
お返事が遅れてしまいました。ごめんなさい。
伊坂さん大好きです。短編もとても楽しめましたね〜。
壮大な「フィッシュストーリー」、グッとくる「ポテチ」、どれも素敵でした♪
Posted by monkeywalk  at 2009/12/14 7:22 PM
リサさん、はじめまして。
「ポテチ」のラストで今村の泣きのあたりがかなり好きです。
ストーリーは「フィッシュストーリー」が一番気に入りました。

伊坂さんこれからも読んでみたいです。

追伸
TBさせていただきました。
お暇があるときにでも覗きにきてください。
Posted by リサ  at 2009/12/16 11:38 AM
★monkeywalkさんへ
monkeywalkさん、はじめまして!
コメントとTBありがとうございます(*^-^*)嬉しいです〜。
「ポテチ」のあのラストはいいですよね〜。今でも鮮やかに思い出します。
「フィッシュストーリー」は私も大好きです!
あの荘大なストーリーに惹きこまれました。
そういえば文庫化されたのですよね。
また再読してみようかしら?と思っています。

伊坂さん、すごく大好きで昔は出る度に追いかけていたのですが、
そういえば最近ご無沙汰になっています。
先日『あるキング』を借りてきたので、これを機に読んでない作品を
手にしてみようと思います。
monkeywalkさんもぜひぜひ♪

monkeywalkのところ、これから伺いますね♪

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

GOKURAKU Days  at 2007/02/15 3:47 PM
フィッシュストーリー / 伊坂幸太郎
待望の新刊だったのですよ。 フィッシュストーリー伊坂 幸太郎 Amazonで詳しく見る by G-Tools あの作品に登場した脇役達の日常は? 人気の高い「あの人」が、今度は主役に! デビュー第1
宙の本棚  at 2007/02/15 8:15 PM
「フィッシュストーリー」伊坂幸太郎
『動物園のエンジン』『サクリファイス』『フィッシュストーリー』『ポテチ』の4編。 帯に「伊坂作品を彩る名脇役たちが巻き込まれる、新たな事件の数々」とあるように、他の作品で登場した人物がいろいろ出てきます。それはそれで嬉しいのですが、読んだそばから忘れ
粋な提案  at 2007/02/16 12:10 AM
フィッシュストーリー 伊坂幸太郎
装画は三谷龍二。装幀は新潮社装幀室。 過去の伊坂作品に登場した脇役たちが主人公に。デビュー第1短編から最新書き下ろし(150枚!)まで加筆修正の中短編集。表紙を開くと、作品タイトルについて「陽気なギャング」でおなじみの“
+ ChiekoaLibrary +  at 2007/02/16 12:55 PM
フィッシュストーリー [伊坂幸太郎]
フィッシュストーリー伊坂 幸太郎 新潮社 2007-01-30 「動物園のエンジン」「サクリファイス」「フィッシュストーリー」「ポテチ」の四作品が収録された、短編集です。 伊坂作品の十三作目にあたるこの本。過去の物語に登場したあんな人物やこんな人物の物語…!と
本を読む女。改訂版  at 2007/02/22 2:24 AM
「フィッシュストーリー」伊坂幸太郎
フィッシュストーリー発売元: 新潮社価格: ¥ 1,470発売日: 2007/01/30売上ランキング: 181おすすめ度 posted with Socialtunes at 2007/02/10 待ってました!待ってましたよ伊坂幸太郎! と、発売日前にbk1に予約したら発売日から数日後にやっと届き、 こりゃ
ぱんどら日記  at 2007/02/22 3:02 PM
伊坂幸太郎【フィッシュストーリー】
伊坂幸太郎は仙台を舞台とする小説を多く発表しているが、中には仙台でないものもある。仕方ないけど結構さびしい。 本書は仙台を舞台とする短編4つを収録している。やっぱり伊坂の「仙台もの」は良い。なにせ私は宮城県人
本のある生活  at 2007/02/25 10:45 PM
「フィッシュストーリー」伊坂幸太郎
フィッシュストーリー 読むのにえらく時間かかってしまいました。なぜかというと、「アヒ鴨」やら「重力ピエロ」やらひっぱりだしては読みふけり・・ということをしてしまったから。とりあえず今考えてるのは「明日はラッシュライフを買いに行こう」ということです。
読書三昧  at 2007/03/14 9:17 PM
フィッシュストーリー
フィッシュストーリー 伊坂 幸太郎 軽くてサクサクした感じの短編4つ。 伊坂サンが書く、アタシ好みの男。 っていうか、アタシが好きな黒澤サンまで出てるし。 動物園のエンジン サクリファイス フィッシュストーリー ポテチ この中ではやっぱりフィ
"やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!  at 2007/03/15 12:00 AM
フィッシュストーリー 伊坂幸太郎
フィッシュストーリー ■やぎっちょ書評 うーーん。キレとコクがいまひとつだった気がしますね〜。 伊坂さんの場合最初の期待値が高いからしょうがないのかもしれないけど。 たまねぎさんは「これ一冊で判断してはいけない」みたいなことを書かれていて、確かにそう
苗坊の読書日記  at 2007/03/21 1:52 PM
フィッシュストーリー 伊坂幸太郎
フィッシュストーリー オススメ! 「動物のエンジン」 10年前、僕と河原崎さんと、動物園職員の恩田は深夜の動物園にいた。 そこには、狼の檻の前で横たわって眠っている元動物職員の姿があった。 「サクリファイス」 山田という男を捜すため、黒澤は小暮村にや
活字中毒  at 2007/04/26 12:54 AM
フィッシュストーリー / 伊坂幸太郎
伊坂さんの13作目にあたる作品です。タイトルのフィッシュ・ストーリーはホラ話や大げさな話、作り話という意味を持つ単語。まさにこの本にぴったりのタイトルだった気がします。短編が4つで、それぞれは別のストーリーになっています。ですから、長編のような伊坂ワー
Chiro-address  at 2007/05/10 3:26 PM
「フィッシュストーリー」伊坂幸太郎
「フィッシュストーリー」伊坂 幸太郎新潮社2007-01-30¥ 1,470[勝手に評価:★★★★(5点満点)]読書期間:2日
AOCHAN-Blog  at 2007/07/02 9:56 PM
「フィッシュストーリー」伊坂幸太郎
タイトル:フィッシュストーリー 著者  :伊坂幸太郎 出版社 :新潮社 読書期間:2007/05/11 - 2007/05/14 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] あの作品に登場した脇役達の日常は? 人気の高い「あの人」が、今度は主役に! デビュー第1短編
miyukichin’mu*me*mo*  at 2007/09/15 9:04 PM
フィッシュストーリー/伊坂幸太郎 [Book]
 伊坂幸太郎:著 『フィッシュストーリー』  フィッシュストーリー伊坂 幸太郎新潮社このアイテムの詳細を見る  表題作を含む4編の短編集。  これで現在出版ずみの伊坂さん作品、  すべて読了だと思います、たぶん。  あー、なんか寂しい(笑)  伊坂さん作品
しんちゃんの買い物帳  at 2008/01/15 11:10 PM
「フィッシュストーリー」伊坂幸太郎
フィッシュストーリー伊坂 幸太郎 (2007/01/30)新潮社 この商品の詳細を見る 「動物園のエンジン」「サクリファイス」「フィッシュストーリー」...
Monkey Walk  at 2009/12/14 7:13 PM
フィッシュストーリー
伊坂幸太郎さんの短編集。最近で一番読みたくなる作家さんの一人です。基本文庫化を待つのでこの本が文庫化されてかなり嬉しい一冊。(ちなみに今まで待ちきれなかったのはコレ!)この一冊に「動物園のエンジン」「サクリファイス」「フィッシュストーリー」「ポテチ」
デコ親父はいつも減量中  at 2010/10/02 12:42 AM
フィッシュストーリー<伊坂幸太郎>-本:2010-42-
フィッシュストーリークチコミを見る # 出版社: 新潮社 (2007/1/30) # ISBN-10: 4104596027 評価:89点 短編を4作品収録している。 最後の「ポテチ」は熱い話で胸に響くが、やはりできすぎ。 まあ、そこでホームラン打たなきゃどうにもなりませんがね。 最初の「動物
Trackback url: