ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 
<< ここ最近の購入本(万城目本とか森見本とか) | 『鹿男あをによし』万城目学 >>

気になる作家:佐々木丸美

佐々木丸美さん。
今一番気になっている作家さんです。その昔『雪の断章』という映画があり、主演女優の斉藤由貴さんを当時好きだったこともあって(今でも大好きでありまする。ものすごーく余談であるけれど昨年放送されていた昼ドラ「吾輩は主婦である」の由貴さんはそりゃぁもう!
くぅ〜ってくらいかわゆい。私より年上なんだけどかわゆいっ、と思ってしまう。以上、余談話でした)そのタイトルは良く覚えていて。映画は観ていないのだけど、妙にこびりつく「雪の断章」というタイトルは忘れ去ることなくずっと記憶の中に留まっていたのです。

この度絶版状態だった作品が復刊されたこともあって佐々木さんのお名前を良く見かけるようになって、そしてある日ふと著作品が気になって調べてみた先で見かけた『雪の断章』のタイトル。ここで初めてこの映画の原作が佐々木さんによって書かれたものだったのか、と知ったのでした。そうしたら妙に気になってしまって。
『雪の断章』も読んでみたいのだけど、私が今気になっているのは館シリーズと呼ばれる『崖の館』『水に描かれた館』『夢館』とその関連作品『橡家の伝説』と『榛家の伝説』。

近いうちの購入予定本としてここに覚書しときましょう。


崖の館 水に描かれた館 夢館 橡家の伝説 榛家の伝説
かりさ | 気になる本&作家 | comments(10) | trackbacks(0) | 

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | - | 

COMMENTS

Posted by すの  at 2007/05/01 1:51 PM
味戸ケイコさんのイラストが思い出深い作家さんですね。いっとき本人の意志もあり絶版で入手できなかったのが、最近復刊されたことは知っていました。余裕ができたら、ぼくもも一度読んでみたい懐かしい作品です。

Posted by リサ  at 2007/05/02 1:00 AM
★すのさんへ
あの『雪の断章』などのイラストを描かれている方、味戸ケイコさんと
おっしゃるのですね。そんなことすら知りませんでした。
さすが!すのさんはご存知だったんですね〜佐々木さんも味戸ケイコさんも。
作品ほとんど(全作だったかな?)復刊ということで私も読んでみたい!と
沸々気持ちを大きくしているところです。
すのさんもご一緒に読んでみましょう〜。
私もいつになるか分かりませんが、読んでみますわ!
Posted by ゆーらっぷ  at 2007/05/04 5:02 PM
お久しぶりです。
佐々木丸美に反応して出てきました。私もリアルタイムでは読んでいないのですが
10年ほど前 古本屋を探し回って集めたという友人に頼み込んで(笑)借りて数冊読んだので
今回の復刊、喜んでいます。
北海道出身の方なので こちらの地元紙には結構大きく扱われたのですが
昨年か一昨年にお亡くなりになられたんですよね。
復刊を望む根強いファンと遺族の話し合いで 復刊にこぎ着けたとか。
Posted by リサ  at 2007/05/06 4:59 PM
★ゆーらっぷさんへ
こんにちは!お久しぶりですね。
コメント下さって嬉しいです♪
ゆーらっぷさん、佐々木さんの作品読まれたことがあったんですね。
ああ、古本屋で探せば絶版本も入手出来るかもしれない、とコメント読んで
気がつきました。
近々購入して読んでみようと思っています。楽しみです。
お亡くなりになっていると知って、ああもう新しい作品は読めないのだな、と
寂しい思いもしましたがこうしてファンの熱い思いが実を結んで復刊になって
こうして佐々木さんを知らなかった私にも読める機会が出て。
とてもありがたいし、嬉しいことです。堪能したいと思います。
Posted by みこ  at 2008/02/21 10:00 PM
リサさん、こんにちは!
お勧めしていた丸美さん本ですが、
今月末に「崖の館」単行本版(ブッキング)が出るんです。
その表紙が味戸さんの美しい絵・・・・・涙出ます。
この物語にドンピシャの絵なのです。
(良かったら、復刊に尽力されたウイさんのブログ「雪のあしあと」で
ぜひご覧になってくださいませ♪)
文庫版表紙も象徴的なストーリーになってて感動しましたが
単行本版も大感動です。
同時刊行される「沙霧秘話」も独特のお話で私のベスト3に入ります。
機会があればぜひ一度試してみてくださいね♪
Posted by リサ  at 2008/02/22 2:06 PM
★みこさんへ
みこさん〜いつもコメント嬉しいです♪
ええ!?『崖の館』の単行本が出るのですか!
てことで、教えて頂いたブログ読みに行って見ました。
わぁ〜♪素敵です!こちらの装丁も美しいです!
うわうわ、どうしましょ。
先日すぐ近所の書店で館シリーズ、平積みされていたんです。まさか近所の田舎の書店ですぐ手に出来ると思っていなくて嬉しくて。
おこづかいが入ったら3冊一気に買うぞーなんて思っていましたけど、迷いますねぇ。これは。
でもとりあえず文庫で読んで単行本にいってもいいかもしれませんね。
館シリーズ他2冊も単行本化されるんですね。

そして「沙霧秘話」も楽しみです。
こちらもチェックしておきますね!
また情報是非教えて下さいませ。いつも感謝しています(*^-^*)
Posted by みこ  at 2008/02/22 10:08 PM
リサさん、
それはもうぜひぜひ文庫版3冊どお〜んと買ってやってくださいまし!
シリーズで読み終えると表紙の意味が分かります。
でももちろん「崖」だけでも完結した話なので
試しにこれだけ1冊でも。

単行本の「水」「夢」は4月末頃発売と思われます。
「雪の断章」に始まりこの「館」シリーズで終わるという、
ファンには永年の夢だった復刊がもうすぐ幕を閉じ、
新しいファンを獲得して長く残る本となっていって欲しいです☆
Posted by リサ  at 2008/02/22 11:44 PM
★みこさんへ
みこさん〜こんばんは!
そうですよね!どどーんと一気に3冊買ったほうがいいですね。
近々実現させます!そして3冊堪能したいです。
読み終えてからのお楽しみがまたあると思うとわくわくします。

単行本のほうも文庫読んでから考えることにします。
本当に長年のファンにとっては念願叶って、の復刊ですものね。
それまでの活動も長かったことと思います。
そのおかげで私は読むことが出来るのだなぁと思うとありがたいことです。
Posted by みこ  at 2008/02/23 8:36 PM
リサさん、暖かいお言葉ありがとうございます。
復刊に尽力してくださった色んな方々が喜んでくださると思います。

ちなみに文庫にはそれぞれ解説が付いてますので
そちらも興味深いかと。
Posted by リサ  at 2008/02/25 11:48 PM
★みこさんへ
いえいえ〜、そんな。
復刊の活動って見えない未来をそれでも実現させるために頑張って、頑張って。そういう姿を時々拝見するものですから、佐々木さんの復刊はどれほどの喜びであろうかと本当に思います。

そうそう、文庫には解説がついていますよね。それを読むのも楽しみです♪

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

Trackback url: