ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 
<< 『新釈 走れメロス 他四篇』森見登美彦 | 『剣客商売7 隠れ蓑』池波正太郎 >>

『月光スイッチ』橋本紡

月光スイッチ
月光スイッチ
橋本紡/角川書店
例えば月の明かりを灯すように、世界を少しだけ変えるスイッチがある
セイちゃんの奥さんが子供を産むために実家に帰っている一ヶ月半、新婚生活(仮)が始まる。待ち望んでいた、二人だけの穏やかな日々、なのに。例えば月を灯すような、何かを変えるスイッチを探す、一夏の物語。
自分の愚かさなんて自分が一番良く分かっている。セイちゃんに奥さんがいること、その奥さんのお腹にはセイちゃんとの赤ちゃんが宿っていること、全部全部ちゃんとわかっている。私とセイちゃんの関係が世間では決して認められないことだって、ちゃんと。
…でも。どうしようもない時がある。セイちゃんが好きという気持ち。抱きしめられている時の幸福感。全部全部私にとっての命そのもの。これがなくなってしまったら…。
そんな刹那の中で生きる主人公香織の一途なまでのセイちゃんへの思いがひしひしと伝わる。けれどもこの愛は実を結ぶことがない。だって、セイちゃんは奥さんもちゃんと愛しているんだもの。赤ちゃんだって奥さんのお腹の中ですくすく育っているんだもの。
…でも。そうなのだ、でも。分かっているんだけど、抗えない気持ちの大きさはもうどうしようもない。
そんなともするとドロ沼の話しが橋本さんの優しい穏やかな文章で綴られていく。この陽だまりの中にいるような温かみはなんだろう。題材が変わっても橋本さんという人の文章は読み手をくるんと包んでほこほことさせてくれるのだ。

この二人の関係、二人が仮の新婚生活を送る「山崎第七ビル」の住人たち、ひょんなことから出会って知り合う姉弟、二人を取り巻く人物達のストーリーが実は香織とセイちゃんよりも秀逸で素敵である。と、書いてしまうのはどうかと思うけれど、これは本音。中でも母子家庭の吉田さんハナちゃん母娘の話には個人的にある思いが伴ってぐずぐずと涙してしまった。ハハハ、こういう何気ない描写に自分の思いだったり、人生だったりを重ねてしまうのは年とった証拠だよなぁ。でも、仕方がない。こういうものはふいにやってきて知らずにグッときて、はらはら涙流しちゃうんだから。気がついたら、ってやつである。しかも橋本さんの文章がこれまた優しくて切なくて、もうダメ。まるで普段優しくされていないような言い方だが、そうそう人って優しさの中で包まって生きてはいないでしょう。時たまそんな優しさに触れるとやっぱりこうあったかくなってしまうんだなぁ。
…とこの作品の話しに関係のないところでしみじみしている私なのであった。

セイちゃんへの思いを香織はどうしていくのかな。何となくだが香織は折り合いをつけられずにいってしまうんだろうな、彼女の性格を考えてふと思う。
それもまた彼女の人生。何が正しくて、何が悪いのか、などと誰がどう決められるものか。所詮は自分が決めること。そこで不幸になろうが、キッパリ新しく踏み出すか誰が決めるではない。自分のことなんだから。
そしてどんな状況でいたってマイナスになることはない。ほんの数ミリだって成長しているはずなのだから。
香織の見つめる景色だったり、風景だったりが次第に明るく輝いて見えるようになるのは決して錯覚ではあるまい。彼女の中で揺れるものが少しずつだけど定まっていくようで、心配ながらもきっと大丈夫かも、とも思えるのである。

「月光スイッチ」というタイトルの言葉。「世界を少しだけ変えるスイッチ」。目立たないけれど確実に変えてくれるスイッチが、誰の手にもある。

読了日:2007年5月22日

料理上手な橋本さんの描く料理は今回も作りたくなってしまうようなものばかり。特に「どら焼き」。どら焼きなんて買うばかりで作ったことはないけど、このレシピだったら自分にも作れそう!と思わせてくれるのだから不思議。このどら焼きは甘さ控えめの豆本来の味が感じられるあんこが詰まった、まるでこの作品のようでもあります。甘いようで妙にリアルさが感じられるこの作品に。それでも橋本さんの目差しはやわらかく温かい。どこまでも包んでくれるような安堵感があるのです。
かりさ | 著者別は行(橋本紡) | comments(14) | trackbacks(6) | 

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | - | 

COMMENTS

Posted by しんちゃん  at 2007/05/22 5:14 PM
ははっ(笑)。あの姉弟について同じことを感じました。
良かったよねー、あの二人。
Posted by acco  at 2007/05/23 10:15 PM
こんばんは、はじめまして。
橋本紡さんは気になっていて、ますます読んでみたくなりました☆

ところで、最近本の感想を中心にしたブログを始めたのですが、
『ひなたでゆるり』のデザインがとても参考になりました。
よろしければ、リンクをさせていただいてもいいですか??
Posted by リサ  at 2007/05/24 2:25 PM
★しんちゃんへ
うんうん。あの姉弟、すっごく良かったですー。
あの姉弟の出会いが香織にとって幸せなことだったんだな〜って。
ハナちゃんも可愛かったです。
Posted by リサ  at 2007/05/24 2:29 PM
★accoさんへ
はじめまして!こんにちは♪
ご訪問とコメントをありがとうございます!嬉しいです。

橋本紡さん、気になる作家さんなのですね。是非読まれてみてください。
素敵ですよ〜。文章が限りなく優しくて読んでいて心地良いです。

リンクの件、ありがとうございます。是非こちらからもお願いいたします。
accoさんのブログにもお伺いしたいので、良かったらURL教えて下さいませ。
このブログデザイン、シンプルで素敵ですよね。とても気に入っています♪
Posted by acco  at 2007/05/24 7:47 PM
お返事ありがとうございました!
私もシンプルを目指しているのですが、始めたばかりでいろいろアイコン
など使ってみたくなるのです・・・。
徐々にシンプルにしていきたいです☆
こちらこそよろしくお願いします。
http://dekigoto34.blog103.fc2.com/
Posted by リサ  at 2007/05/24 9:32 PM
★accoさんへ
こんばんは!
こちらこそコメント嬉しいです♪
うんうん、わかりますっ。始めはいろいろと試してみたくてうずうずするんですよね。
そのうちスッキリシンプルもいいな〜ってなって、またお飾りしたくなって。
その繰り返しです。私も。
accoさんのブログ拝見しました。とても見やすくて素敵です!
これからまたお伺いしますね。
リンクもありがとうございました。こちらからもリンクいたしました。
これからどうぞよろしくお願いいたします♪
Posted by やぎっちょ  at 2007/06/03 12:23 AM
リサさんこんばんは♪
そういえば、料理描写が詳細でしたよね。前も豆料理があったような・・・いや、あれって瀬尾まいこさんだったかな。いや橋本さんだったような。。。うちのマンションの前にオーガニックカフェができたのでうれしい中です★
Posted by リサ  at 2007/06/04 9:12 AM
★やぎっちょさんへ
こんにちは!
橋本さんのっていつも美味しそうな料理が出てくるんですよね〜。
豆料理はきっと宮下奈都さんの「日をつなぐ」のことかしら??
神戸は美味しそうなお店が沢山ありそうで羨ましいーっ。
オーガニックカフェってのも良さげですね。
またレポを楽しみにしています♪
Posted by june  at 2007/06/17 9:29 PM
泥沼で修羅場もあるというのに、不思議と優しくあたたかな雰囲気でした。
山崎第7ビルの人たちや、弥生さんと睦月くんの姉弟と出会えたこと、
彼らとの出会いが香織を変えていったこと、うれしかったです。
でも、恋って思うに任せませんね・・。愚かだとわかっていてもしてしまうんですよね。
Posted by リサ  at 2007/06/23 10:56 AM
★juneさんへ
こんにちは!
お返事遅くなってしまってごめんなさい。
こういうテーマで橋本さんはどんな風に描くのかしら?と
ドキドキしながら紐解きましたが、やっぱり橋本さんは橋本さんでした。
とっても優しく温かな雰囲気でホッとしました。
みんな素敵な人でしたね。ハナちゃんには思わずうるうるでした。
恋するとそれが真っ只中にあるとなかなか思うようにいかなくて。
香織も分かっているんだろうけど…なんですよねぇ。
Posted by 藍色  at 2007/07/03 3:12 AM
リサさん、こんばんは。
ごぶさたしちゃいました〜。
香織の“分かっているんだけど、抗えない気持ちの大きさ”伝わってきましたね。
こんな風な物語なのに橋本さんの温かな雰囲気で新鮮でした。
あの姉弟、とっても良かったですよね。
香織のこれからは、きっと大丈夫って思います。
トラバさせていただきますね。
Posted by リサ  at 2007/07/04 11:42 PM
★藍色さんへ
こんばんは!こちらこそご無沙汰してしまいました〜。
このわかっているんだけど…っていうのが恋のやっかいなところですよね。
でもそこは橋本さん!とても温かいお話になさってました。
そうなんですー、あの姉弟が素敵!
香織はたぶん、きっと、大丈夫かな。私もそんな風に思いながら本を閉じました。
Posted by 藍色  at 2007/07/08 4:54 AM
こんばんは。
黙っているのがネチケットかもと思いましたが、
サイトが込み合っていたせいか、トラバが反映されていませんでした。
お手数ですが、再トラバいただけるとうれしいです(汗)。
Posted by リサ  at 2007/07/08 11:55 PM
★藍色さんへ
こんばんは!
いえいえ〜教えてくださってありがとうございます。
今見てきましたが、本当にTB反映されてませんでしたー。しかもコメントまで!
あれ?確かにコメントしたはずなのに、って。
ちゃんと投稿した後確認しないといけませんでしたね。
失礼しました。これから改めて伺いますね〜。
時々こちらからのトラバはじかれることがあるので、またそんなことがありましたら
是非教えてください。どんどんと!遠慮はなしですよ〜。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

しんちゃんの買い物帳  at 2007/05/22 5:09 PM
「月光スイッチ」橋本紡
月光スイッチ橋本 紡 (2007/03)角川書店 この商品の詳細を見る 香織には抱きしめあっているだけで幸せを感じる大好きな人がいる。 大好きなセイちゃんには奥さんがいるが、出産を控えて実家に帰ることになる。 奥さんの留守
-  at 2007/05/22 5:12 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
"やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!  at 2007/06/03 12:22 AM
月光スイッチ 橋本紡
月光スイッチ ■やぎっちょ書評 この本はリサさんが記事をUPしているのを見て「うおおお。橋本さん新刊出てるぅ」と気がつき、慌てて購入したものでした。 橋本さんの空気感がばっちりくりくり出ていましたよ。 のっけから不倫で、まぁ気持ちはわからなくもないんだ
本のある生活  at 2007/06/17 8:37 PM
「月光スイッチ」橋本紡
月光スイッチ 人間だからいつも正しいことができるわけじゃない。愚かだってわかっていても自分でどうにもならないことがある。特に恋をしているときは。恋は盲目という、平たく言えば不倫の話です。でも、これ、一見どろどろした不倫の話ですが、新しい人との出会い
粋な提案  at 2007/07/03 4:24 AM
月光スイッチ 橋本紡
カバー写真は百瀬裕子。ブックデザインは鈴木成一デザイン室。初出野性時代2006年10月号。 主人公で語り手のわたし、香織は三十歳前で小遣いを貰う愛人。本当に愛しているセイちゃん(山崎誠太郎)が帰ってしまう寂しさ
こんな夜だから本を読もう  at 2007/07/13 11:50 AM
[review][▲]橋本紡『月光スイッチ』
 ただ抱きしめあっているだけで感じられる幸せ。でも、大好きなセイちゃんには奥さんがいる。しかも、奥さんは出産を控えているのだ。奥さんが実家に帰っている間は、セイちゃんと一緒に暮らすことができる。二人だけの、仮の新婚生活の始まり・・・  橋本さん流の不
Trackback url: