ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 
<< 『花宵道中』宮木あや子 | 『青年のための読書クラブ』桜庭一樹 >>

『卵の緒』瀬尾まいこ

卵の緒 (新潮文庫 せ 12-2)
卵の緒
瀬尾まいこ/新潮文庫
捨て子だと思っている小学校4年生の育生、妙ちきりんな母親、そのとぼけたボーイフレンド、不登校の同級生、血の繋がらない親子を軸に、「家族」を軽やかなタッチで描く。坊ちゃん文学賞大賞受賞作に書き下ろし1編を収録。
瀬尾さんのこれがデビュー作なんだ。と妙にしみじみとひたひたと感じ入ってしまった。瀬尾さんらしさというのがもうここから形成されていたのだなぁ、と。
瀬尾さんらしさってどんなん?って曖昧な表現に自分で書いて突っ込みたくなるけれど、う〜ん何というかな、瀬尾さんの描く家族ってすごく異質。良く考えたらあれ?と引っかかる部分満載なのだけれどでもそれが何の滞りもなくする〜と流れていくこの妙な感覚。異質な家族構成なんだけど何故か心地良く流れていて身を預けて読んでしまう。瀬尾さんの言葉、文章がひたすら温かく優しく包んでいるからなのだろうな、きっと。

表題作「卵の緒」はしかし実は私にとったら異質でもなんでもなかったりして。ちょこっとかぶるところがあってだからちょっぴり胸がきゅっとする部分があったのだけど、主人公・小学4年生の育生の母さんがね、すごく逞しい。そして育生への愛の深さに私はぐずぐず泣いてしまったよ。血の繋がりって何?そんなのが何?そんなんに負けないくらいの愛に繋がった家族だってちゃんと存在していて、その絆はどんな鋭利な鋏だって断ち切れない強さがあるんだ。そう大きな自信と誇りを持って。
母さんと育生に大きく関わっていく朝ちゃんもとても素敵。ああ、人を愛するって子や夫なんかの括りじゃなく人間を愛するというもっと大きな大きなものなのだなぁ。そしてどんなにあなたを愛しているかちゃんと折に触れ言葉で体で表現しなくてはいけないのだなぁ。愛を伝えるって黙っていたら絶対伝わらないもの。うん。

もう1編「7's blood」も家族の話だけれど、こちらもなかなかにつ〜んとくる素敵な作品だった。
七生がとてもいじらしくて。きっとそばにいたらぎゅっと抱きしめて離したくなくなってしまう。そんなくらいのいじらしい可愛らしさが七生にはあって。でもそれは生きるために身につけたもので。そこがまたそこはかとなく哀愁を帯びていてさらにさらに愛おしくなってしまうのだけど。
そんな七生の異母兄弟である七子は逆にそんな七生が鼻につきいじわるしてしまう。それでも一緒に寝起きし生活していくうちになくてはならない存在に変化していく。
「卵の緒」とはまた違ってここでは血の繋がりによってさまざまな軋轢に苦悩していく姿(とは言ってもそれほど苦悩する感じはないのだけど。これもサラリと描いてみせる瀬尾さんならでは)が見受けられてなかなかに複雑な感情が生まれる。徐々に心もつなぎ合わせていく頃、ある日突然やってくるのだ。それが。
それでも確固たる繋がりは何よりも強い。大丈夫、きっと大丈夫。誰に向けているのかわからないけれど私も確かな大きな頷きをひとつ、してみせる。
かりさ | 著者別さ行(瀬尾まいこ) | comments(12) | trackbacks(6) | 

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | - | 

COMMENTS

Posted by す〜さん  at 2007/07/24 8:41 PM
血の繋がりは確かにあって、
でも、繋がらなくても通じるものはあって、
そんな気持ちを持たせてくれる素敵な作品でした。
Posted by acco  at 2007/07/24 9:11 PM
こんばんは☆
瀬尾さんの本大好きです。
瀬尾さんの書く人間関係って、確かに異質ですね。
それでも優しく書いてしまうから素敵です。。
「卵の緒」のお母さんのようにきちんと子どもを愛していることを伝えられる
母親になりたい!と思いました。(結婚もまだですが・・・)
Posted by やぎっちょ  at 2007/07/24 10:05 PM
リサさんこんばんは〜♪
この本実は瀬尾さんで一番好きなんです。愛を見せつけられてむぐぐと来ました。リサさんも愛の人ですもんねぇ。なんかいいなぁそういうの。本心からあこがれます。(まだ持ってないから)いつの日か自分でも作れるように頑張ります。あー愛っていいなぁ♪♪
Posted by 苗坊  at 2007/07/25 12:20 AM
こんばんわ。
瀬尾さんの作品は、ちょっと変わっていて、でもあったかくて読みやすい。そんな印象です。
瀬尾さんのエッセイを読んで、想像通りの方で、ますます好きになりました。
この作品も好きです。
みんなとても素直で可愛いなぁと思いました。
七生は可愛いですよね!健気で。
ドラマも見ましたが、良かったですよ^^
Posted by リサ  at 2007/07/26 5:25 PM
★す〜さんへ
まさに!す〜さんのおっしゃるとおり。
血の繋がりだったり、そうでなかったりしても確実に繋がっているという
確信がこの作品から感じました。
瀬尾さんの紡ぐ世界、すごく好きです。
Posted by リサ  at 2007/07/26 5:28 PM
★accoさんへ
こんにちは!
瀬尾さんの世界って良く見ると「むむむ?」と引っかかりを感じる部分があるのに、
サラッと読めちゃう。温かく優しく包んでいますよね。
育生の母さんのようにこの愛をちゃんと伝えなきゃ!って思いました。
ちゃんと言葉で伝えているんですけど、まだまだきっと足りないわ(笑)
素敵な作品でした♪
Posted by リサ  at 2007/07/26 5:30 PM
★やぎっちょさんへ
こんにちは!
おお〜やぎっちょさんこの作品が瀬尾さんの中で一番お好きなんですね。
確かに愛に溢れた作品で思わずうるっときちゃいました。
うふふ、私も愛の人?
まだまだやぎっちょさんを羨ましがらせるエピソードいっぱいありますよ〜(笑)
やぎっちょさんの愛もきっとすぐそこです。きっと。
Posted by リサ  at 2007/07/26 5:32 PM
★苗坊さんへ
こんにちは!
瀬尾さんの作品ってするすると心地良く読めますよねぇ。
そういえばエッセイはまだ読んだことがありません。これは読まねば!
七生はかわいいです!とっても。
で!これドラマになったのですか??知りませんでした〜。
わぁー見たかったなぁ。
Posted by ia.  at 2007/07/30 11:16 PM
はじめまして。
まだ瀬尾さんの作品は読み始めたばかりですが、とっても素敵ですね。
「卵の緒」の母さんのように、言葉で伝えることの大切さを知っている人って、すごいですよね。
「7's blood」は、七子も七生も健気で、とても好きでした。
悲しい出来事も優しさで包んで描かれる、そんな瀬尾作品に惹かれています。
Posted by リサ  at 2007/07/31 1:38 PM
★ia.さんへ
はじめまして!ご訪問とコメントありがとうございます♪
瀬尾さんの作品、いいですよね。時にドキッとさせられることもありますが
それを優しく温かく包んでいくところとか、いつも素敵だなぁと思います。
「卵の緒」の母さんのようにどれだけの愛情を持っているかをちゃんと言葉で伝えられるって本当に素晴らしいのですよね。簡単なようで難しいことですもの。
どの作品も母の愛の深さを感じられて温かくなりました。
瀬尾作品、私もまだ未読がありますので少しずつ追いかけたいと思っています。
Posted by ちひろ  at 2009/05/19 7:43 PM
こんにちは。私は卵の緒を読み終えて3日が経ちましたが、いまだに頭から離れません。いいお話ですね。私はまだ中学生ですが、いつか君子さんのような愛情のあふれる素晴らしいお母さんになりたいと思いました。瀬尾まいこさんの言葉にも感動したので、瀬尾さんの作品をこれから、少しずつ読んでいきたいです。
Posted by リサ  at 2009/05/21 6:56 PM
★ちひろさんへ
こんにちは!コメントくださってありがとうございます♪嬉しいです(*^-^*)
瀬尾さんの作品はいつもじわ〜と沁みてくるものがあるのですが、
『卵の緒』は特にじわじわとくる作品で、私も未だに忘れ難いです。
ちひろさん、中学生なのですね(うちの次男と一緒です。彼は3年生です)。
とても良い作品を読まれているなぁ、と感動しております。
本当に私もこんな母さんになりたいな、と思いながらもう遅いかしら…なんて。

ぜひぜひ瀬尾さんの他の作品に触れてみて下さい。
そしてちひろさんの感じたことをまたお聞かせくださいね!
ちなみに今高校生の長男が中学生だった頃、瀬尾さんの『幸福な食卓』をオススメしました。私の大好きな作品です。

またぜひいらしてくださいね!お待ちしています(*^-^*)

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

My Favorite Books  at 2007/07/24 8:40 PM
卵の緒   〜瀬尾 まいこ〜
『卵の緒』と『7's blood』の2作品を収録。 自分のことに置き換えると 確かに『僕は捨て子なの?』って聞くと 『お前は橋の下から拾ってきた』と言われてたな。 でも、本当に捨て子だったらそんなことは言えず、 ただうろ
アサッテの人 芥川賞 諏訪哲史  at 2007/07/24 9:22 PM
アサッテの人 芥川賞 諏訪哲史
芥川賞受賞作品「アサッテの人」とは。作者の諏訪 哲史さんとは。
"やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!  at 2007/07/24 10:06 PM
卵の緒 瀬尾まいこ
卵の緒 この本は、「眠り猫の憂鬱」のせつらさんにオススメいただきました。ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 瀬尾まいこさんのデビュー作ですよね?たしか。 すんごく良かったです。瀬尾まいこさんはこれが3冊目。家族愛を書かせたら右に出るものは
苗坊の読書日記  at 2007/07/25 12:19 AM
卵の緒 瀬尾まいこ
卵の緒 オススメ! 「卵の緒」 僕は捨て子だ。なぜなら家にあるはずのへその緒がないんだから。 鈴江育生は母親と2人暮らし。育生は父親の顔を知らない。 僕は本当の子じゃないの?というと、祖父母は激しく動揺する。 母親はこういう。 「母さんは誰よりも育生
どくしょ。るーむ。  at 2007/07/30 11:05 PM
卵の緒
著者:瀬尾 まいこ 出版社:新潮文庫 紹介文: 「幸福な食卓」でも感じたことですが、瀬尾まいこさんは"一緒に食べる"ということを、とても大切にしている方のような気がします。 太宰治の本に「ただうつむいて、生きるためだけに飯を食う」というような表現があ
読書三昧  at 2007/08/21 8:27 PM
卵の緒
卵の緒 瀬尾 まいこ この小説は好きだな〜。 すごくあったかい空気が流れてる感じがして、ものすごく気分いい。 瀬尾サンの書くお話はだいたい好きなんだけど、コレものすごく好き。 2作品とも描かれているのは、ちょっと普通とは違う家庭。 言う人に言わ
Trackback url: