ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 
<< 【購入本】サイン本2冊&のだめ | 『剣客商売11 勝負』池波正太郎 >>

『わたくし率イン歯ー、または世界』川上未映子

わたくし率イン歯ー、または世界
わたくし率イン歯ー、または世界
川上未映子/講談社
デビューと同時に激しめに絶賛された文筆歌手が魅せまくる、かくも鮮やかな言葉の奔流!リズムの応酬!問いの炸裂!“わたし”と“私”と“歯”をめぐる疾風怒濤のなんやかや!とにかく衝撃の、処女作。第137回芥川賞候補作。

大阪弁がつるつると澱みなく流れていくのを心地よく感じながら、でもここにあるものは決して心地よいものではなく、むしろ恐怖。女の独白がどこに向かっているのかわからないまま、それを不安に感じながら、あ、でもこの文体めっちゃ気持ちいい、なんて矛盾した感情を隣合わせにしながら、そうして突き進んだ先のアレ。
それが一体どんな理由なのか次第に明かされるものを苦々しく思いながら、女の狂気を一瞬感じゾッとした気持ちが段々と切なさで苦しくなっていく。
揺さぶられた感情が少しずつトーンダウンし、しんと静まりかえったところに響く空しさがいっぱいに広がってぱんぱんになってはち切れそうで、苦しい。
圧倒的な筆力がぐんぐん迫ってくる感覚がクセになりそう。
…いや、もうどっぷりはまったかも。

-------------------------------------------------------------
えっと、読んですぐ忘れないようにとりあえずササッと書き留めた感想が上記。
いや〜書き留めておいて良かったかも。この作品読んだのが先々月?まだ猛暑厳しくて「暑い、暑い」を連呼していた頃。やっとここうして感想書けるようになりましたわ。

何たってこのタイトル。「なんじゃ?コレ?」なタイトルにだからこそ惹かれてしまったのだけど、読み始めて「なんじゃ?コレ?」がますます膨らんで、でもそれが妙に心地良くて読んでいくうちにすっかり著者の手中にはまってしまったというわけ。
まさかこういう結末に導かれていくとは思いもしなかったもの。そうして恐怖感が襲ってくるというか、鬱々したものに呑み込まれそうになるというか、自分だって本当のところはどうなんだろうか?とじわじわ不安になったりして。
あ。
今もう一回上記の感想読み返して思ったのだが、「切なさ」ってのはちょっと違う。切ないてのは安易すぎかも。切ないというよりも「哀れ」といったほうがしっくりくるかもしれない、この場合。哀れと思ってしまったらそれはもう同情になってしまうのかもしれないけれど、同情とはまたちょっと違ってここがどう表現すればいいのか難しいところ。
哀れで苦しいだなんてあまり感じるもんじゃないのだが、そんな新鮮な感情を呼び起こしてくれたところにもハッとさせられる要素があって、だからますますこの作品にどっぷり浸って魅せられてしまうのかもしれない。漠然とだけど。

文体が魅力的。文章にリズムがある。というか踊り狂っているというほうが的確か。最初はそのテンポに躊躇することなくついていけたのが、あるところを境に(真実が明かされ出した頃に)戸惑い、一瞬足を止め、この先を進むべきか迷い、やっぱり最後まで辿るべきと決め、辿りついた先のあのなんとも言えぬ妙な感覚。
ああ、これは病みつきになりそう。次作はどう出るか、今から楽しみなんである。

読了:2007年8月
かりさ | 著者別か行(川上未映子) | comments(6) | trackbacks(2) | 

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | - | 

COMMENTS

Posted by しんちゃん  at 2008/01/30 12:37 PM
こんにちはー。
麻酔なしで奥歯を抜くシーンで、そうだったのかとやっと腑に落ちました。
それまでずーっと、「なんじゃ?コレ?」と同じく思ってました。
それと、女性の猛烈な罵倒が快感でした。ひょっとしてM?
受賞作も読むのが楽しみですね!
Posted by リサ  at 2008/02/01 4:57 PM
★しんちゃんへ
こんにちは!
なかなかサラッとは読めない難解さなんですが、そこがまたはまりますよね。
「なんじゃ?コレ?」具合がたまらなく良かったです。
ああ、そうそう!女性のあの罵倒ぶり、あそこは圧巻ですね。
「乳と卵」早く読みたいですー。
Posted by rem  at 2008/03/07 11:47 AM
こんにちは。私も1週間前位に読みました。
リサさんの感想、すごくわかりますっ!!
このショックをなんて言っていいか分かんないですね。
あまりにも衝撃過ぎて友達に勧めようかどうか迷ってますから笑。

私も読書大好きなんですが、リサさんはすごいですね!この幅広さ!尊敬します!私は読む本に偏りがあって・・。森見登美彦さんが最近大好きで、「きつねのはなし」を読みたくて堪りません!!
リサさんのブログ、これから読む本の参考にさせて頂きます。では。
Posted by リサ  at 2008/03/08 12:09 AM
★remさんへ
remさん、こんばんは!コメントありがとうございます。嬉しいです♪
remさんもイン歯読まれたのですね。
そうそう、そうなんです衝撃が強くて上手く言葉にならなくて。もどかしい思いでした。
オススメ出来るかどうか迷いますね、コレは。
似た者同士ならばきっと気に入ると思うのですけど…remさんのお友達はどうかしら?

わぁ〜尊敬だなんて、照れます(*^-^*)
節操がないなぁ、と時々自分で思うのですけどそうおっしゃっていただけると嬉しいです。
好きなもの、読みたいものを読んでいけるって幸せなことですね。
わ!森見さん!いいですよね、大好きです。とは言いつつ「きつねのはなし」はまだ未読です。
いつかいつか読みたいです。

これからもどうぞいらしてくださいね。
そしてまた本のお話をさせてくださいね。
どうぞよろしくお願いいたします♪
Posted by みこ  at 2008/03/10 10:57 PM
こんにちは。みこと申します。
remさん、リサさん、「きつねのはなし」いいですよ〜!
「塔」「乙女」が大好きなのですが、「きつね」を読んで
『森見さんは天才だ・・・・』と感激しました。
大好きな作品だけど、表紙絵がこわくて買えません・・・くすん。
Posted by リサ  at 2008/03/11 11:18 AM
★みこさんへ
みこさん〜いつもありがとうございます(*^-^*)
「きつねのはなし」早く読みたい!
以前図書館で借りておきながら年末だったため読めずに返却…。
また機会をみて借りてきますー。
「有頂天家族」も未読なので早く追いつきたいです。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

しんちゃんの買い物帳  at 2008/01/30 12:30 PM
「わたくし率イン歯ー、または世界」川上未映子
わたくし率イン歯ー、または世界(2007/07)川上 未映子商品詳細を見る あははっと笑ってごまかすか、なんじゃこりゃーと困惑してみせるか、とに...
とんとん・にっき  at 2008/04/15 9:36 PM
川上未映子の「わたくし率イン歯―、または世界」を読んだ!
川上未映子の「わたくし率イン歯―、または世界」を読みました。1ヶ月ぐらい前に一度ざっとは読んでいたのですが、昨晩、もう一度読み直してみました。正直言って、最初読んだときはスイスイとは読めませんでしたが、二度目は思っていた以上にスラスラと読めました。「
Trackback url: