ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 
<< 買った借りた | 【メロメロ】雨雲デス >>

『私の男』桜庭一樹

私の男
私の男
桜庭一樹/文藝春秋
お父さんからは夜の匂いがした。
狂気にみちた愛のもとでは善と悪の境もない。暗い北の海から逃げてきた父と娘の過去を、美しく力強い筆致で抉りだす著者の真骨頂『私の男』。
凄かった。圧巻だった。読み進むごとに二人の過去を追ううちに言葉を失い沈みゆく。

見え隠れする大きな闇、あるいは怪物、その正体と謎が始めは曖昧にぼぅっと佇む。
次第にその正体が形相が暴かれていくうちに私の奥の何かがざわついて落ち着かなくなる。あり得ない、あり得ないけれどこの自然さは何だろう。ねっとりと絡みつくこの物体を見て静かに傍観している自分が怖かった。けれどここに在る女と男の営みはやがて明かされていく二人の過去によってその得体のしれない何かが怖さを増すというよりも哀しくて哀れな切ない気持ちでぎゅっと締め付けられる。何でだろう、何でなんだろう。否定よりも肯定している自分が不思議でならない。さっきから問い続けているけれど答えは闇に紛れていくばかりで、途方に暮れる。

ぽんっと始めに置かれる現在の花と淳悟の、娘と義父のそれは何やら秘密めいていて気持ちをざわつかせる。それは花と淳悟を取り囲む人たちも不安にさせる。この二人に関わったらまるで二人から漂ってくる闇をかぶってしまうかのように。
その心をざわつかせる原因であるだろう、二人の秘密だったりぽつんぽつんと置かれていく謎だったりが章を変えて、一人称で語られる。それは花の視点だったり、淳悟だったり、小町だったり。それぞれの開き始める箱を見てはいけない、暴いてはいけない、と嫌な予感を感じながらも突き進むしかない強力な吸引力。禁忌なものはどこまでも人間を捕らえて離さない。嫌だ、とその足を止めようとしても一方で見届けねば、と強く引っ張る好奇心もむくりと起き上がる。
特に小町の視点で書かれた花と淳悟の慈しみあうさまが、それまで二人の世界に慣れてしまった読者を客観的に戻しハッと目覚めさせる。そうしてどこか歪んだ二人の世界が狂気のものとして映し出される。

冬のオホーツク海の描写が圧巻。凍てつく寒さが心臓をきゅっと縮めて息苦しくなる。それは花の、淳悟の、互いを思う切ない気持ちや時折襲うであろう罪の恐れがこちらにまで伝わるからだろうか。私があまりにもこの二人に感情を入れ込んでしまったからだろうか。

現在から過去へ。そうして明かされていく謎。この構成が素晴らしい。各章で語らせる人物の選択も巧みである。最終章を読み、そうしてまた冒頭へ戻ってみる。そうしてみて初めて時間という抗いようのない切なさ、哀しみがひたひたと押し寄せてくる。
朽ちていくもの、奪うものを失った虚無感。それが所在無くそこに留まって澱となる。

読了日:2007年12月8日


桜庭さん作品のもしかしたら今まで読んだ中で、一番衝撃的なものであり、好きな作品かもしれません。かもしれません、と曖昧に書くのは「好き」と言ってしまうほどじゃぁ好きかと自分に問うてみると果たして声高らかに「好き!」と言ってしまっていいんだろうか、という戸惑いがあるからです。でも一番、です(今のところね)。
それほどまでに凄まじく狂気に満ちた愛がここにありました。狂おしく欲し、奪い合う愛。
私の男、と花は言います。私のおとうさん、と続けて言います。そこには決して越えてはならないものがあるはずで、でも彼らは軽々と何の疑問も躊躇もなく越えてしまいます。その自然さは何だろうか、と違和感を常に感じながら読んでいくと答えがぽつぽつと見え始めて「ああ、そうか。そうだったんだ」とこれは納得してはいけないのでしょうけど、納得してしまう、それだけの深い繋がりがぐっと迫ってきます。読み手は冷静に客観的に読んでいると思いながらも、知らずにこの狂気に満ちたものに魅せられてしまうのかもしれません。
桜庭さんの紡ぐ言葉ひとつひとつ、冬のオホーツク海の圧倒的な存在感、奥尻島の一夜、場面場面の描写に渾身がこめられてそれこそ桜庭さんの血の滲むような跡が感じられて、だからこそ凄みがひしひしと伝わってくるのかもしれない、と思うのです。
最終章はとにかく辛くて、胸が詰まって、花の憎しみが痛々しい。やがてそれを救った淳悟の絶対的な存在として君臨していく様は物凄いものがありました。

桜庭さんが『桜庭一樹読書日記』の中でこの作品を執筆している様子を書かれていますが、その様子を読んで一体どんな作品を、これほどまでの思いをして書かれているのだろうか、とずっと気になっていたのですが…なるほど、と思いました。
それだけの思いが込められた作品、この濃密な世界は強い印象を残していつまでも薄れることはないかもしれません。
JUGEMテーマ:読書


かりさ | 著者別さ行(桜庭一樹) | comments(32) | trackbacks(19) | 

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | - | 

COMMENTS

Posted by ジュンコ☆  at 2007/12/09 8:16 PM
初めまして。ブログ村から飛んできました。
先日、新聞の本紹介の欄で「私の男」を見かけて、気になっていました。
レビューを読ませていただき、読む気満々になりました。
ちなみに、島本さんの『あなたの呼吸が止まるまで』も気になる今日この頃です。
Posted by リサ  at 2007/12/09 10:24 PM
★ジュンコ☆さんへ
初めまして!ご訪問とコメントありがとうございます(*^-^*)
『私の男』、是非読まれてみてください。
私の感想できっかけになってくれたらとても嬉しいです。
ジュンコ☆さんがどんな感想を持たれるか楽しみです。

島本さんの『あなたの呼吸が止まるまで』は私もずっと気になっていたのです。
この作品もなかなか評価高いのですよね、楽しみです!
あれこれ読みたい本があるのは幸せですね。
Posted by やぎっちょ  at 2007/12/10 2:12 AM
リサさんこんばんは♪
TB飛びませんでしたかぁ。記事に直リンク貼りましたのでご安心ください。
確かにこの作品は桜庭さんの中で一等リサさんごのみっぽいなぁ。
「桜庭一樹読書日記」なるものがあったのですね。ちょっと覗いてみましたが、残念ながらあまり好みではありませんでした。ブログの方は宣伝ぽくってこれも性に合わない感じ。。。ま、いいんですけどね〜★
Posted by 藍色  at 2007/12/10 2:26 PM
こんにちは。
あぁ〜、リサさんのスケールの大きなレビュー、久しぶりに読めてうれしいです。
圧倒されるような迫力でしたね。引きずり込まれたような感じでした。
他者の視点を加えるのは「少女七竈〜」と同じで、
恋愛ものの続きのような気もしました。
読後呆然として…思わず最初の一行に戻っていました。
『桜庭一樹読書日記』、『あなたの呼吸が止まるまで』
レビュー楽しみにしています。
島本さんは『クローバー』も楽しくてよかったですよ。
Posted by リサ  at 2007/12/14 4:19 PM
★やぎっちょさんへ
やぎっちょさん〜コメント頂いたのにお返事遅くなってごめんなさい。
TBの件、ありがとうございますー。
この作品のトーンがなかなか好きでした。いつもと感じの違う作風にも新鮮さを感じたのかもしれません。
『桜庭一樹読書日記』はここに登場する本、まぁ桜庭さんが読まれる本ですが、これがまぁ自分の好みにピッタリで(カーが好きとか)私の中では読本になっているほどです。やぎっちょさんにはちょっと合わなかったかな。
桜庭さんの男っぷりに惚れ惚れな私なのでした(笑)
Posted by リサ  at 2007/12/14 4:22 PM
★藍色さんへ
藍色さん〜お返事が遅くなってしまってごめんなさい。
わぁ、そんな嬉しいお言葉に感激しています(*^-^*)
そうです!まさに引きずり込まれた感じでした。なんでしょうね、この感覚。
引っ張り込まれたらもう抜け出せない、みたいな吸引力。凄かったです。
他の作品も読んだらまたTBさせてくださいね〜。
島本さんの『クローバー』も早く読みたいです!
Posted by shiba_moto  at 2007/12/19 10:36 AM
こんにちは。
圧倒的な力でぐんぐん引きずり込まれるのですが、どうしても好きになれませんでした。
やっぱり今までのような路線を期待していたので、ちょっと合わなかった感じです。
Posted by リサ  at 2007/12/22 9:28 AM
★shiba_motoさんへ
こんにちは〜♪
お返事が遅くなりました、ごめんなさい。

今までの桜庭作品とはすいぶんと作風を変えてきましよね。
それまでの雰囲気を期待したら見事に裏切られましたし。
そこが逆に私には魅力的で、惹かれてしまいました。
ぐんぐんと引っ張られる強力な吸引力も素晴らしかったです。
それにしてもいろんな引き出しを持っている方なんだな、と改めて感心しています。これからどんな作品を読ませてもらえるのかわくわくしているところです。
Posted by しんちゃん  at 2007/12/28 12:51 PM
おひさです。
これはすごかったですね。ほんと圧巻。
読んでいくと二人の過去が明らかになってゆく。
まさに構成の妙とはこのことを言うのでしょう。
すごいの一言です。
Posted by リサ  at 2007/12/30 6:35 PM
★しんちゃんへ
お久しぶりです〜!
うん、これはすごかった。圧巻でした。
作品の構成も絶妙でしたね。今年最後に素晴らしい本と出合えたなぁ、と。
最高でした!
Posted by まみみ  at 2008/01/09 3:30 PM
おひさです。そして遅ればせながら今年もよろしくお願いします!

心して読まねば、あちらの世界に取り込まれてしまうようで、本当に圧巻の言葉に尽きますね。去年中に読んでいたら、まちがいなく自分のベスト10に入ってたと思います。
わたしもこの話、好きなんですけど声を大にしてはいいにくくて…リサさんのとまどいがわかる気がします。読んでもらいたいけどお勧めしにくくて、なんかもどかしいです。
Posted by リサ  at 2008/01/09 8:45 PM
★まみみさんへ
こんにちは!こちらこそ今年もよろしくお願いいたします♪

強力な吸引力でぐいぐい引き付けられてしまいました。惹かれる、という言葉が合っているかも知れません。
そして紐解くごとに二人のことを知るごとにさらに深みにずぶずぶはまってしまいそうで…圧巻でした。
まみみさんも同じですか!オススメしてみたいもののこれは万人受けするのかなぁ、なんて思うとちょっと躊躇しちゃいますね。
何にしても傑作には違いありません。直木賞の行方はどうなるかドキドキしています。
Posted by なな  at 2008/01/18 11:32 PM
こんばんは。
過去に遡りながら結婚を控えた花の心の揺れがどこから来るのかとか、カメラとか、一つずつ明らかになっていく。そんな構成がすごいなって思いました。
『桜庭一樹読書日記』途中まで読んだのですが、あまりにも読みたい本ばかりで、追いかけてたら身がもたないと途中で本を閉じました(涙)
Posted by みこ  at 2008/01/19 2:36 PM
リサさん、こんにちは!
桜庭さんの直木賞受賞、良かったですね☆
私はこの方男性だと思っていました、すみません・・・
(以前に私が好きな作家として挙げていた佐々木丸美さんですが、
桜庭さんは佐々木さんの作品を意識して「赤朽葉家の伝説」を書かれた
そうなので、ちょっと興味はあったんです。)
文や内容が私には合わなかったので最後まで読んでないですが、
これからいろんな作品を書かれるでしょうから楽しみです。
Posted by リサ  at 2008/01/21 2:54 PM
★みこさんへ
みこさん〜こんにちは♪
本当に嬉しい受賞でした(*^-^*)
私も桜庭さんの作品を初めて読む前まで男性と思っていたんですよ〜。
あとがき読んで女性と知ってビックリしました。
「赤朽葉家の伝説」は佐々木丸美さんの作品を意識されていたんですか。
わぁ〜これは佐々木さん早く読まなきゃ。ってまだ未読なんです…。
「赤朽葉家の伝説」は積読なので、先に佐々木さんを読んで雰囲気を感じてから読むと楽しめるかなぁ、なんて勝手に自分で考えています。
みこさんは「私の男」合わなかったのですね。
桜庭さんこれを機にますますいろんな作風に挑戦されるんではないかと、今から楽しみです。
Posted by リサ  at 2008/01/21 3:19 PM
★ななさんへ
ななさん、こんにちは!
過去へ遡っていくごとにその時間は華やかに鮮やかに咲いていて、だからこそ現在の二人の色あせたさまがより濃く浮かび上がっていて、何だか虚しくなりました。
桜庭さんの新境地、ですね。
まぁ!『桜庭一樹読書日記』途中で閉じてしまったんですか!
確かにあの本はいけません(笑)おかげで何冊も買うはめになりました。
ああ、でも早く続編が出て欲しい、と今から願う私なのです。
Posted by みこ  at 2008/01/21 7:51 PM
リサさん、こんばんは。
佐々木さんの作品のおすすめとして、以前「雪の断章」を挙げましたが
(これ1冊で私の読書生活変わりました・・・)
同様に挙げていた「館シリーズ」もぜひ♪これは必ず順番に読んでくださいね。
「崖の館」「水に描かれた館」「夢館」
1話完結ですが続編なので・・・・・・
既刊の文庫版は表紙が美しく、「夢館」には発掘された未発表短編も。
そして2月末と4月に刊行予定の単行本版も
味戸さんの新作表紙なので楽しみ♪
ちなみに単行本版から文庫版へは当時多少改稿・加筆されていて、
復刊も同様になってます。
Posted by リサ  at 2008/01/22 11:35 PM
★みこさんへ
みこさん〜こんばんは!
『雪の断章』も気になっていますが、そうそう!館シリーズも読みたいのです。
文庫の表紙が本当に綺麗で…。
みこさんにとって『雪の断章』は大切な作品なのですね。
館シリーズ、順番どおり読みます!いつもアドバイス感謝です♪
いつ読めるかまだ定かではありませんが必ず読みますからね!
その時は感想読んでください。
Posted by みこ  at 2008/01/23 6:21 PM
リサさん、こんばんは!
あせらず、時間の余裕があるときにじっくり読んでくださいね。
いつか感想も楽しみにしています☆
といってもこの方、唯一無二の作風ですので、合わない可能性もあるかな。
そうだとしてもどうぞご遠慮なくね。
Posted by リサ  at 2008/01/24 2:39 PM
★みこさんへ
みこさん〜こんにちは♪いつもありがとう〜(*^-^*)
はい!焦らずにね。みこさんのそのお言葉心強いです。
そのときがきたら堪能しますね。また感想を読んでいただけたら嬉しいです。
そうですね、独創的みたいなので相性がいいかどうかわからないのですが、
相性良いといいな。みこさんと盛り上がれる日を楽しみにしています!
Posted by Rutile  at 2008/01/25 6:15 PM
こんばんは★
私も圧倒されました。
そして衝撃の作品でした。
でもこういうお話、好きです。
やるせない虚しさと深淵の果て…まさに狂おしい世界でしたね。

私も『桜庭一樹読書日記』先日読んだのですが、
この作品の執筆中の桜庭さんは、
爆発せんばかりのオーラに包まれていましたね。
しかし読書日記は…
あうう、こないだこの本のせい…もといおかげで、
かなり散財してしまいました…
Posted by リサ  at 2008/01/27 12:39 AM
★Rutileさんへ
こんばんは!コメント&TBありがとうございます♪
衝撃の作品でしたねー。もう圧巻!の一言です。
これまでの桜庭さんの作風とは違って、それがまた新たな発見で楽しめました。私も好きです。

『桜庭一樹読書日記』…そういえばまだ感想書いてませんでした。
これはもう今でも手元に置いてあれこれ読みたい本を物色しているんです。
ふふふ、私も読んだ直後にあれこれ買っちゃいました。
それらを読める日が楽しみです〜。ってまだ積んだまんまなのです(>_<)
Posted by tariko  at 2008/01/30 4:22 PM
リサさん、こんにちは!

>果たして声高らかに「好き!」と言ってしまっていいんだろうか、という戸惑いがある

そうそう、そうなんですよ!
困ります、こういう系統の作品って…一応子の親ですし。(笑)
でも、倫理観を揺さぶられる作品って、惹かれてしまうんですよねえ。
そして、『桜庭一樹読書日記』、面白そうで気になります!
Posted by リサ  at 2008/02/01 5:01 PM
★tarikoさんへ
tarikoさん〜こんにちは!
一緒、一緒〜(*^-^*)
私個人としてはたまらなく好き、って言えるのですけど、親というもう一人の自分から見たら「う〜ん」なこともあって、非常にめんどうですね(笑)
でもそうなんです、どうしても惹かれてしまいます。これはもう仕方ないですもん。
『桜庭一樹読書日記』は読むと本が読みたくなって、そして本が欲しくなって大変なことになります。ここに思いっきり感化された人がいますものー。
tarikoさんも楽しめると思います。是非!
Posted by masako  at 2008/04/25 11:52 PM
こんばんは。TBさせていただきました。
普通なら嫌悪される二人の関係が何故かとても純粋に思えてしまい、深く私の心に突き刺ささってきました。
不思議と二人の関係を納得してしまうんですよね。本当圧巻でしたね。見事です。
Posted by リサ  at 2008/05/08 12:25 AM
★masakoさんへ
masakoさん、こんばんは!
コメント&TBありがとうございます♪
お返事が遅れてしまいました。すみません…。

おっしゃるとおり、嫌悪されるべき関係なのですが何故かするっと自然に入り込んで何ら違和感なく読めてしまったことに驚いてました。
それがまた桜庭さんの圧倒的な筆力でぐいぐい引き寄せられてしまうのですよね。
未だ絡めとられたまま、です。
Posted by   at 2008/05/24 11:47 PM
リサさんこんばんは!
時を遡っていく構成が上手いですよね。古いのに新しい、真新しいのに色褪せている、そんな雰囲気が印象的でした。
そして独特の閉塞感にとても惹かれました。だから共感するより、リサさんがおっしゃるとおり「見届けなければ」という気持ちのほうが強くて、物語に引っ張られている気がします。
Posted by リサ  at 2008/06/03 8:50 PM
★爽さんへ
爽さんこんばんは!
お返事がだいぶ遅れてしまいました…ごめんなさい。

『私の男』、読んでから時を経てもまだ色濃く余韻が残っています。
爽さんのおっしゃる「独特な閉塞感」がいつまでも心に残って引っかかってじわじわ蝕むような。
拒む気持ちに反してぐっと惹かれてしまう桜庭さんの文章も圧巻でした。
Posted by 苗坊  at 2008/06/26 11:07 PM
こんばんわ。TBさせていただきました。
今更ながら読みました。
私も桜庭作品の中で1番衝撃的で、好きかもしれません。
2の歪んだ家族愛が、この2人だから許されるのかも…なんて思ってしまいます。
桜庭さんの作品は読み終えた後いつもずしっと心に残ります。
この作品が直木賞受賞は納得です。
Posted by リサ  at 2008/07/07 9:38 PM
★苗坊さんへ
苗坊さん、こんばんは!
こちらへのお返事遅くなってしまいました、すみません…。
桜庭作品の中でもかなり衝撃度の高い作品でしたよね。
受け入れ難い内容であるはずなのに、なぜか惹かれてしまいました。
未だに読み終えて感じた重さが残っています。
直木賞は本当に納得ですね!
Posted by Roko  at 2008/10/25 9:27 AM
リサさん☆おはようございます
すっかり出遅れてしまいましたが、ホントに凄いですね!
物語にズンズン引き込まれていく感じで、あっという間に読み終わってしまいました。
桜庭さんの他の作品も読んでみたくなりました。
Posted by リサ  at 2008/11/18 4:06 PM
★Rokoさんへ
Rokoさん、こんにちは!
お返事が遅くなってごめんなさい。
『私の男』読まれたのですね〜。
ね、凄いですよね。圧倒されます。
のめり込むように読んでしまう力強さがとてつもなくて、読み終えたときはぐったりでした。
そしてまた冒頭に戻ると感慨深いものがじんわりと沁みてくるんですよねぇ。
桜庭さんのほかの作品もぜひぜひ!
Rokoさんの感想楽しみにしていますね〜(*^-^*)

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

"やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!  at 2007/12/10 2:07 AM
私の男 桜庭一樹
私の男 ■やぎっちょ書評 「青年のための読書クラブ」からこの本が出るまでのスパンが短いですね。 そしてなんとなく表紙が桜庭さんらしくないという印象があるんですよねぇ。違う作家さんの本みたい。 本屋さんで平積みになっているのを見て、イマイチどーんと飛び
粋な提案  at 2007/12/10 2:26 PM
私の男 桜庭一樹
装幀は鈴木成一デザイン室。装画はMARLENE DUMAS Couples(Detail)。初出別冊文藝春秋。 震災孤児の竹中花・9歳は遠縁の腐野淳悟(くさりのじゅんご)・25歳の養子になり、一緒に暮らして15年、24歳と40歳。2008年6月、花の結婚
soramove  at 2007/12/13 8:05 AM
「私の男」娘と父親の愛の物語
「私の男」★★★★心から怖いと感じた 桜庭 一樹著、381ページ、1500円 北海道の小さな島、 津波で家族を失った少女は、 親戚の叔父に引き取られ、 二人はそれから彼女の結婚が決まるまで ずっと一緒に暮らして来た。 私はその少女で、 男は育てて暮れ
こんな夜だから本を読もう  at 2007/12/19 10:37 AM
[review]桜庭一樹『私の男』
 花にとって淳悟は遠縁であり、父であり、子どもであり、そして男であった。24歳になり、嫁いでいく花を待ち受けていたものは・・・震災孤児として引き取られた花と、彼女にして「最低だけど最高」と言わしめる淳悟の禁断の愛の物語。  狂気を秘めた深い愛。その圧倒
しんちゃんの買い物帳  at 2007/12/28 12:47 PM
「私の男」桜庭一樹
私の男桜庭 一樹 (2007/10)文藝春秋 この商品の詳細を見る 腐野淳悟は、わたしの養父だ。彼がわたしを引き取って育て始めたのは十五年も前のことで、わたしは小学四年生で、震災でとつ...
ぱんどらの本箱  at 2008/01/04 2:48 PM
桜庭一樹【私の男】
「けっこん、おめでとう。花」 「ありがとう、淳悟。……いま、傘をぬすんだでしょ」 手足の長い痩身を安物のスーツに包んだ40歳の腐野淳悟...
今日何読んだ?どうだった??  at 2008/01/09 3:24 PM
「私の男」 桜庭一樹
私の男桜庭 一樹 文藝春秋 2007-10売り上げランキング : 311Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容説明 優雅だが、どこかうらぶれた男。一見、おとなしそうな若い女。アパートの押入れから漂う、罪の異臭。家族の愛とはなにか。この世の裂け目に堕ちた父娘の過去を圧倒
それでも本を読む  at 2008/01/10 8:49 PM
私の男 桜庭一樹
私の男桜庭 一樹 (2007/10)文藝春秋この商品の詳細を見る <血の繋がりとは。禁断の愛に溺れる父と娘> レビューする本はたまりに溜まっているのに、この作品を書かざるにはいられない気分です。それほどすごかった。噂に
及川的大人のブログ  at 2008/01/17 12:30 AM
第138回芥川賞・直木賞の受賞作品と候補作品
第138回芥川賞・直木賞の受賞作品がそれぞれ決まりました。 芥川賞は「たくらみのある構成で女性としての身体論を前面に出し、 上手に構築されている」などと評価され、 川上未映子さんの「乳と卵」決まりました。 芥川賞受賞作「乳と卵」は、 30代の女性が大阪
ナナメモ  at 2008/01/18 11:27 PM
「私の男」桜庭一樹
私の男 桜庭 一樹 JUGEMテーマ:読書 私の男・腐野淳悟は、わたしの養父だ。十五年前、24歳の時に震災で家族を失った9歳の私を引き取った惇悟。それからずっと二人っきりでやってきた。八年前、東京に出てきた私達。24歳になった私は明日結婚する。 すごかっ
これであなたも読書通!話題の本をほぼ日刊でご紹介  at 2008/01/22 2:17 PM
私の男
好き、嫌いが分かれそう。 今回の直木賞受賞作品。私は好き。 主人公は腐野花。くさりのはな、と読む。 冒頭は花の結婚式から。 エリートサラリーマンの美郎と結婚するのだ。 花の結婚式に出席する親族はただ一人。 父親の淳悟だけである。 遅刻してきた父にすが
栞のさんぽみち  at 2008/01/25 6:10 PM
『私の男』桜庭一樹
シェアブログ1152に投稿 絆の強さにただただ圧倒される。 第138回直木賞受賞作。 タイミングよく図書館から回ってきました。 私の男文藝春...
GOKURAKU DAYS  at 2008/01/29 12:44 PM
桜庭 一樹 / 私の男
先日、第138回直木賞を受賞した作品です。 旬の話題作を読むなんて久しぶり!(笑) 私の男(2007/10)桜庭 一樹商品詳細を見る 狂気にみちた...
とんとん・にっき  at 2008/02/17 6:41 PM
桜庭一樹の直木賞受賞作「私の男」を読んだ!
第138回直木賞受賞作、桜庭一樹の「私の男」を読みました。もう1週間以上も前に読み終わっていたのですが、書くきっかけがつかめずに、ずるずると過ぎてしまいました。まったくの偶然ですが、今日ジムへ行って、バイクを漕ぐときに手に取った日本経済新聞の「文化欄」に
映画な日々。読書な日々。  at 2008/04/25 11:34 PM
桜庭一樹 『私の男』
私の男/桜庭 一樹 ¥1,550 Amazon.co.jp 【第138回直木賞受賞作品】 ずっと離さない、離れない、逃れられない。堕ちていく幸福―― 狂気にみちた愛のもとでは善と悪の境もない。暗い北の海から逃げてきた父と娘の過去を、美しく力強い筆致で抉りだす著
リトル・バイ・リトル  at 2008/05/24 11:33 AM
私の男 桜庭一樹
私の男(2007/10/30)桜庭 一樹商品詳細を見るおとうさんからは、いつも、雨の匂いがした…。家族を失った花は、親戚の腐野淳悟(くさりの・じゅん...
苗坊の読書日記  at 2008/06/26 11:08 PM
私の男 桜庭一樹
私の男 オススメ! 腐野花は明日、結婚する。 結婚すれば、今の生活から抜け出せると信じて――― 花は15年前に家族を地震によって亡くし、当時25歳だった腐野淳悟の養女として引き取られた。 8年前に紋別から東京へやってきた。逃げるように。 ずっと離さない、
Roko's Favorite Things  at 2008/10/25 9:28 AM
『私の男』 桜庭一樹
私の男posted with amazlet at 08.10.24 桜庭 一樹
デコ親父はいつも減量中  at 2009/03/15 2:40 AM
私の男<桜庭一樹>−(本:2009年36冊目)−
私の男クチコミを見る # 出版社: 文藝春秋 (2007/10/30) # ISBN-10: 4163264302 評価:70点 第138回直木賞受賞作。 問題作だと言われていたので興味はあったのだが、これまで読まずじまい。最近図書館で見つけて借りてきた。 明日が返却日なので、夜中に2時
Trackback url: