ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 
<< 「カフェうらら」&「イルクーツク2」 | 【芥川賞&直木賞】お、おおおっ。 >>

『あなたの呼吸が止まるまで』島本理生

あなたの呼吸が止まるまで
あなたの呼吸が止まるまで
島本理生/新潮社
十二歳の野宮朔は、舞踏家の父と二人暮らし。夢は、物語を書く人になること。一風変わった父の仲間たちとふれ合い、けっこう面倒な学校生活を切り抜けながら、一歩一歩、大人に近づいていく。そんな彼女を襲った、突然の暴力。そして少女が最後に選んだ、たった一つの復讐のかたち――。

あなたの呼吸が止まるまで…タイトルの言葉の意味を知って愕然となる。少女のささやかな復讐。
ああ、私はいつも思うのだ。島本さんはすごい、と。してやられた、と。
12歳の少女の視点で物語は進む。丁寧な言葉遣いに繊細な純粋な少女の姿が微笑ましくてこの流れがこのまま続いていくのかな、なんて少し気持ちに余裕を持ちながら読んでいくと…それはやってくる。
ああ、くるな、くるな、と読み手は何となく感じ取っているのだけれど、それがごく自然にサラッと流されるように行われて、それが何とも不快で次第に憤りで気持ちがざわつく。完全にここに入り込んで感情を持っていかれていることに気がつかず、読み終えて我にかえって思うのだ。ああ、作者にしてやられた。
島本さんの作品はいつも冷静でいられなくなる。「こいつ最低だな」なんて登場人物に怒りを覚えて気持ちがそれに満ちて、ふるふる震えている自分は作者の思惑に完全にはまっているのだもの。

冷静に時間を置いて考えてみると作者の言いたかったこと、伝えたかったことが漠然とだが見えてくる。それはここの後半で少女の父が言葉にしている。
稚拙な大人によって振り回されたり、あるいは人生を狂わされたり、悲しみのただ中に突き落とされること。それを悪びれずにいられる大人の神経。私たちは子供をそんな目に遭わせてはいないか、大人の無神経な態度や行動に子供たちを傷つけてはいないか、それを振り返り、我が身に問いかけてみたりする。

島本さんの紡ぐ文章や言葉はとても美しい。その描写に読んでいてハッとする。その情景が自然に目の前に浮かんでしばし時間の流れがゆるやかになる。
その美しさと少女への残酷さのアンバランスが違和感となって気持ちに引っかかるのだけどそのアンバランスだったり、違和感だったりがきっとクセになってしまうのだろうな。そこに魅力を感じてしまうのだろうな。

少女の父がどれほど彼女を愛しているか、大事にしているか、じんと伝わる会話がある。
彼女がそれで救われただなんてそんな簡単なものじゃないけど、でも親に愛されているんだという絶対的なもの、それが彼女の毅然たる行動をさせたものだとしたらなんとそれは力強い愛だろうか。
父の言葉を受けて彼女が見た空と雲。
「振り返ると、広場の上に広がった青空をものすごい速度で流れていく雲が見えます。それは、千切れてはぐれた雲の子供が、その先のもっと大きい親雲を追いかけているようでした。」
彼女はまだ親を必要とする幼い子供でだからこそこの言葉にぐっときてしまった。と、同時に純真な子の心に土足で踏み込み汚していった大人の身勝手を許さない、と拳を握った。

読み終えてももやもやしたものは晴れず、わだかまりが残る。そんな読後感だが、ラストは物悲しくも美しい。

読了:2007年12月
かりさ | 著者別さ行(島本理生) | comments(6) | trackbacks(4) | 

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | - | 

COMMENTS

Posted by しんちゃん  at 2008/01/16 7:56 PM
こんばんは。
自分はお話だと割り切って読めましたが、嫌悪する人もいそうな作品でしたね。
大人の世界に慣れていようとも、子供は子供。とっても痛かったです。
最後はもうちょっと懲らしめても良いとは思いましたが、面白く読めました。
Posted by リサ  at 2008/01/17 7:44 PM
★しんちゃんへ
しんちゃん〜こんばんは!
そうなんですよねぇ。お話し、と割り切って読んでいたはずなのにいつの間にか気持ち持っていかれてました。
感情のコントロールが下手くそですね(笑)
大人の中にいるのがごく普通の環境でいても子供であることに変わりはなくて、大人もその辺の配慮が必要なときもあって、でも見落としがちだったりして。
思春期の子供は特にその境目が非常に難しい。
なんてね、しみじみ考えてしまいました。
あれが精一杯の行動だったんだよね。良くやったね、って思いましたわ。うんうん。
Posted by 藍色  at 2008/01/19 1:51 AM
こんばんは。
ナイーブな朔が思春期の入り口へと成長していく日々が健やかに描かれていた前半から、朔を襲う突然の暴力。
大人の身勝手さ、無責任さに怒りの気持ちでいっぱいでした。
朔なりの復讐に、頑張ったねって声をかけてあげたくなりました。
プラネタリウムのやり取りが支えになったみたいで、少し安堵できるラストでしたね。
新刊の『クローバー』は一転して明るいお話ですよ。
気分直しも含めて、おすすめさせて下さい。
Posted by リサ  at 2008/01/21 2:48 PM
★藍色さんへ
こんにちは♪
思春期の少女の健やかな成長、そんな様子がとても微笑ましくて島本さんにしては安心して読めるわ、なんて思っていたんですが…後半ガツンときて鬱々としてしまいました。と、同時に憤りが!
でも朔ちゃんの勇気、応援したくなりました。
『クローバー』是非読んでみます!こちらはキュートなお話しみたいですね♪
Posted by   at 2008/07/15 1:28 AM
リサさんお久しぶりです☆
恋愛のない島本作品は初めてだったのですが、ジャンルが変わっても島本ワールドは変わりませんね^^この独特の雰囲気、好きです。
ほんと、問題の場面はさらっと過ぎていって…それが妙なリアル感を出していたような気がします。あまりにも自然すぎて、被害にあっても言ってもいいのか悩んでしまうのかもしれないですね。それって怖いことだと思いました(>_<)
最後の朔の決意は、切ないし、やりきれなかったです。自分より年下の子が不幸な目にあっていると、すごく心が痛みます…。
Posted by リサ  at 2008/07/17 10:05 PM
★爽さんへ
爽さん〜こんばんは!
コメント&TBありがとうございます♪
島本さんらしいといえばらしい雰囲気なんですよねぇ。恋愛を描かなくてもしっかりと島本さんの世界を創り上げていてさすがでした。

あんな目にあってそれでもそれを自分だけの胸にしまいこんでそして芽生える感情がやりきれなかったですね。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

しんちゃんの買い物帳  at 2008/01/16 7:50 PM
「あなたの呼吸が止まるまで」島本理生
あなたの呼吸が止まるまで島本 理生 (2007/08)新潮社 この商品の詳細を見る どこまで内容に触れて良いのやら、すごく気遣いのいる作品だ。一応...
図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜  at 2008/01/18 4:43 PM
「あなたの呼吸が止まるまで」島本理生
「あなたの呼吸が止まるまで」島本理生(2007)☆☆☆★★ ※[913]、国内、現代、小説、少女、思春期、父子家庭、女流作家 女流作家の作品が基本的に苦手だということを何度か語ってきた。敢えて乱暴に分けてしまうならば、男性作家が事物を描くのであれば、女流作家
粋な提案  at 2008/01/19 1:53 AM
あなたの呼吸が止まるまで 島本理生
装幀は帆足英里子。プロデューサーは栗本知樹。初出「新潮」2007年3月号。 語り手の野宮朔は舞踏家の父と暮らす12歳の少女。鹿山さんの強さに憧れ、田島くんが気になる学校生活。父親や舞踏仲間の変わってる大人たち、瑞江
リトル・バイ・リトル  at 2008/07/15 1:46 AM
あなたの呼吸が止まるまで 島本理生
あなたの呼吸が止まるまで(2007/08)島本 理生商品詳細を見る「私はあなたを逃がさない」―父子家庭で育ち、母に捨てられたという傷を抱えながら...
Trackback url: