ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 
<< 『此処彼処』川上弘美 | 図書館本とか >>

『阪急電車』有川浩

阪急電車
阪急電車
有川浩/幻冬舎
恋の始まり、別れの兆し、そして途中下車…。8駅から成る、片道わずか15分間の阪急電鉄今津線で、駅ごとに乗り降りする乗客の物語。電車は、人数分の人生を乗せて、どこまでもは続かない線路を走っていく―片道わずか15分。そのとき、物語が動き出す。
阪急電車というとチョコレート色のレトロでかわいい電車、というイメージ。
今や高校生、中学生に成長した息子たち、幼児の頃は電車オタク!というくらいの電車好きで毎日毎日飽きもせず電車ブックを眺めていて、当然のことながら付き合わされる私も自然に名前など詳しくなっていくわけですが(今はもうすっかり忘れちゃいましたけど)、新幹線好きな彼らをよそに私が惹かれたのが阪急電車のレトロな佇まい。
チョコレート色がかわいくて、またその写真の図がチョコ色電車と繊細に揺れるコスモスの組み合わせでこれがまぁなんとも素敵で良く眺めていたもんです。

その、阪急電車今津線に乗り合わせる面々の個々の恋愛を描いた『阪急電車』。
いや〜これがとっても素敵でした。読みながらドキドキ、キュンキュン、忙しく胸の鼓動を高鳴らせておりました。有川さん、いつもながらいい仕事してます。しかもこの構成が上手くて読んでいてこれほど心地良いとは。この本に費やす時間のなんと充実していることか。
ちょこちょこ読むつもりが見事に引き込まれてしまって一気読み、でした。
ローカルな(と書いちゃっていいの、かな?)今津線を舞台にしたことで乗客同士がよりぐっと接近して出会いの可能性も大きくする、この設定が実に上手い。

往路でポツポツ置かれた素材を折り返しから以降、復路でどう料理されていくのか、それが楽しみで楽しみで、それがまぁこちらの「こうなるといいな」という思い通りに進むものだから嬉しくて嬉しくてにやにやが止まらなくて、そうこうするうちにえっちゃんと彼氏のところで(復路の部分ね)何故だかぽろぽろ涙が出てきちゃって止まらなくなったり。アホな彼氏だけど優しいなぁ、こんな大事にされるってえっちゃん幸せだなぁ、なんて思ったらもうツボに入ってしまったんでしょう、止め処なく、でした。
ゴンちゃんの可愛らしさにも思わずくぅ〜っ!なんて可愛いんだ!と悶えたり。
他の登場人物にも思い入れあって、書きたいのだけどここはぐっとこらえて(笑)

有川さんはスイートだけでなく、ビターもちゃんと用意しています。中州に描かれた「生」という文字。私も「生」だったら「生ビール」と即座に思ってしまう人ですが、この「生」にはとある願い、祈りが込められていたのですね。

これからの私の人生で今津線に乗ることがあるかどうかわかりませんが、もしもそれが叶ったらこの片道15分窓からの風景を飽くことなく眺めてみたい。チョコレート色の電車がなじむ風景がどんなだか見てみたい。
そして気の向くまま駅に降り立って散歩してみてもいいかな。

読了日:2008年2月19日
かりさ | 著者別あ行(有川浩) | comments(22) | trackbacks(16) | 

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | - | 

COMMENTS

Posted by しんちゃん  at 2008/02/20 11:09 PM
こんばんはー。
運行中を見るだけで乗らない阪急電車。近くて遠いとは、正にこの事。
これはなんと言っても構成の妙に尽きると思いました。
前半での顔見せ、後半での成長。そしてリンク。
ありがたやー、有川センセー、と胴上げをしたくなるような内容に、大満足っす。
Posted by リサ  at 2008/02/21 8:36 AM
★しんちゃんへ
しんちゃん〜こんばんは!
そっか、しんちゃんはお近くだけど(かな?)乗ることはないのですね。
でも大概目的がない限りは乗らないものですものね。
目的無くぶらっと乗るにはのんびり出来ていい線なのかな、なんて読みながら思いました。
これ、本当に上手いです。折り返しからの流れも絶妙!それに加えてあのラブリーさ!悶えますよ(笑)
有川さん、やっぱええわぁ〜としみじみ実感したのでした(*^-^*)
Posted by みこ  at 2008/02/21 8:50 PM
リサさん、こんばんは!
これ、面白そうですね。
こういう感じはあまり進んで読まないのですが、
阪急電車は学生時代試合遠征や遊びでよく利用してたので、
思い出がいっぱいあります。
構成も良さそうですし楽しく読めそう。
近いうちに書店で探してみます☆
Posted by リサ  at 2008/02/22 2:01 PM
★みこさんへ
みこさん〜こんにちは!
面白いです!素敵です!キュンとなります!
ということで是非是非読んでみて下さい♪
みこさん、きっとお好きだと思います(*^-^*)
そして、みこさん阪急電車利用されていたことがあったのですね。
それは羨ましいです。
私も遠い先になりそうですが乗ってみたいなぁと思っています。
もしも読まれたら感想聞かせてくださいね。
Posted by す〜さん  at 2008/02/22 11:13 PM
すごく良かったです。
関西に行くと、阪急電車を利用するので
何か親近感わきました。
乗客のその後も気になりましたね。
続編とかあるとうれしいです。
Posted by リサ  at 2008/02/22 11:47 PM
★す〜さんへ
こんばんは!
本当に良かったですね〜。素敵でした。
す〜さんも利用されるのですね。ホント、利用される方には親近感があってより楽しめただろうなぁ、と思うと羨ましいです。
まだその後が気になる乗客がいましたね。
続編読みたいなぁ。切望です!
Posted by みこ  at 2008/02/23 8:04 PM
リサさん、読みましたよ!
今日まず図書館で予約(一人目!)できたので
安心して書店へ。
そしたら1冊だけあったので迷ったけど
つい買ってしまいました。

図書館のエピソードは昔憧れたシチュエーションでした。
自分と読書傾向の似た男性と知り合えると、
一緒に感想を言い合ったりして(けんかになるかもしれないけど)
盛り上がれそうだなあと思ったものです。

甘甘な表紙絵や会話に拒否反応もあったんですが、
(甘いのは私の苦手分野なので)
関西弁の面白さや登場人物の勇ましさに
関西生活していた頃を思い出しとても楽しめました。
ほんとに、関西で電車の中などで聞く会話は
ボケ突っ込み、突っ込み突っ込みなど、ノリが良くて
思わず聞き入ってしまいます。
以前、気分悪くてトイレの列についてたとき、
すぐ後ろに並んでた女子大生の会話がめちゃくちゃ面白くて威勢が良くて、
貧血気味だったのにすっと治ったくらいです。
(ありがたや〜☆)
だから今でも関西方面へ行くときは、
観光もだけど人々の会話が楽しみなのですよ。
Posted by 藍色  at 2008/02/24 1:58 AM
リサさん、こんばんは。
身近でどこかでありそうなお話、気持ちがよかったです。
折り返しは、どう収束させるのかずっとワクワクしてました。
えっちゃんとゴンちゃん、どちらかというと地味なキャラですけど
しっかり共感されてるリサさんのお人柄が、いいなぁって思いました。
そして私も「生」からの連想は「生ビール」でした(笑)。
Posted by リサ  at 2008/02/25 11:41 PM
★みこさんへ
みこさん〜こんばんは!
わぁ〜読まれたんですね。早くてびっくりです。
この装丁みたらつい買ってしまいたくなっちゃいますね。私も図書館で、と思ったのですが、ここの図書館はなかなか新刊が入らないので、待ちきれず、でした。
加えて可愛らしい表紙に、つい、と(笑)

自分と読書傾向の合う人との出会いって貴重なんですよね。
なかなか周りにいないし。私も憧れです〜。

甘いのは私も苦手でもう悶えながら読むのですが、有川さんはとても上手いし、読ませる力が強くて苦手〜と思いながらもついつい引き込まれてしまいます。今回もぐいぐい引っ張られてしまいました。
関西方面は会話が楽しいですよね。話し下手な私としてはただただ羨ましくて、会話にも引き込まれてしまいます。
Posted by リサ  at 2008/02/25 11:55 PM
★藍色さんへ
藍色さん、こんばんは!
本当にどこかで実際に起こっているのかも、って思わせる日常を切り取ったお話し、どれも素敵でした(*^-^*)
折り返し以降は秀逸揃いで!もうもう大満足です♪
同じ女として翔子の話は最も共感を持ってその後の彼女も気になったのですが、何故かえっちゃんやゴンちゃんにより共感してしまったんですよねぇ。
もう戻ってこない遠い昔を思ったのかもしれません(笑)
生ビール仲間ですね!どんだけ酒好きなんだ、って話しですけど…いいもんね(*^-^*)
Posted by リオン  at 2008/02/26 1:53 AM
リサさん、こんばんは!
すごくよかったですよね。
最高でした!
行きと帰りの展開もすばらしく、各主人公のリレーも最高。
今年一押しの作品ですよね。

……そんな恋をしてみたいです。
とくに後半のところとか、甘すぎますよ!
共感してくれる人がいてすごくうれしかったです。

一度乗ってみたいなぁ!
Posted by リサ  at 2008/02/28 11:36 AM
★リオンさんへ
リオンさん〜こんにちは!
コメントすごく嬉しいです♪
お返事が遅れてしまってごめんなさい。
「阪急電車」とっても良かったですね〜(*^-^*)
折り返し、という構成がまた素晴らしく、内容も文句なし!ってことで楽しめました。
有川さん、素敵だわぁ。
甘さ加減も良かったです(ちょうど身悶えるくらいが(笑))。
阪急電車、乗ってみたいですね。生で見てみたい!

リオンさんにも素敵な恋が訪れますように♪
Posted by   at 2008/03/07 11:49 AM
リサさんこんにちは〜☆
予約の順番がようやく回ってきて、やっと読めました〜。
すごく良かったですよね!さすが有川さん!
バラエティ豊かな恋愛を読ませてもらって、充実感でいっぱいです〜。
さらっとしてるけど、有川さんが本気でドロドロ系を書いたら容赦ないだろうな〜・・・と思わせる本でもありました。柴崎みたいなのがいっぱい出てきそうです(笑)
電車通学がいつもより楽しくなりそうです(*^_^*)
Posted by リサ  at 2008/03/08 12:14 AM
★爽さんへ
爽さん、こんばんは!コメントありがとうございます♪
やっと回ってきたのですね!
うんうん、さすが有川さん!と思わず叫びたくなるくらい素敵なお話しでした。
実は感想には書きませんでしたが翔子の話しが一番自分には好みでした。翔子が幸せになれるよう祈りたくなっちゃいますね。
有川さんのドロドロ系読みたいかもです。でもホント容赦ないでしょうから怖いけどきっと面白いはずです!
…と勝手に(笑)
私は今『図書館革命』読んでいます!ラブ全開さを堪能しております!
Posted by 板栗香  at 2008/03/22 6:48 PM
リサさん こんばんは♪ 私は阪急利用者だったので当時を思い出して懐かしくなっちゃいました。(今は結婚を機に愛知へ移りました。)
このチェーンストーリーの憎い演出にしてやられました〜有川さん上手いですよね〜唸ってしまいました。
私の一番のお気に入りは、討ち入りの祥子ちゃんのお話かなぁ?ドロドロした話なのにそんな感じは受けなくて、潔さやかっこよさの方が強く感じました。他の話もどれも良くて、何度も読み返してしまった本でした♪
Posted by リサ  at 2008/03/23 9:45 AM
★板栗香さんへ
板栗香さん、こんにちは!
わぁ〜板栗香さんは阪急電車利用されていたんですね。
今のお住まいが愛知とのこと、実は夫が愛知なので親近感です〜(*^-^*)

有川さんさすが!ってもうもう感動でした。
素晴らしいですよねぇ、この演出。
翔子の話はこんな濃いドロドロなのにスカッと出来たりしてこの辺も有川さんの潔い描き方のおかげなのかな、なんて。
私も大好きな1冊になりました♪
Posted by 苗坊  at 2008/05/05 10:39 PM
こんばんわ。TBさせていただきました。
この作品を読んでいたら、ふらっと途中下車していろんな町を観てみたいと思いました。
いろんな出会いがありましたよね。
素敵な作品でした。
翔子はかっこいい女性でした。
見ていて気持ち良いです。素敵な恋愛をしてほしいなとおもいますよね^^
私も大好きな1冊になりました。
Posted by リサ  at 2008/05/08 12:57 PM
★苗坊さんへ
こんにちは!コメント&TBありがとうございます♪
一度も乗ったことのない今津線。
いつか乗ってみたいと切望しています。
車窓の景色も行間から見えてきて、とても素敵でした。
なんたって登場人物たちの愛らしさといったら!
さすが有川さんキャラ作りは上手いですよね〜。
翔子、痛々しくもその強さに応援したくなります。
幸せになってほしいです。
Posted by   at 2010/06/20 5:51 PM
リサさん こんにちは。

リサさんは実際の阪急電車をご存じなんですね。
ぼくは見たことがないので、この表紙のイラストを見ても、「まさかこんな感じの電車ではないんだろうなあ」と思っていました。

とにかく、楽しい話でした。

ところで、「生」の字を「なま」と読むのは、実は翔子さんの話にもつながっているのかもしれないなあ、と男性の視点から想像してしまいました。
Posted by リサ  at 2010/06/22 11:57 PM
★touch3442さんへ
こんにちは!コメント&TBありがとうございます♪

阪急電車、生で見たことはないのですが、記事にも書いた通り本の写真で見ただけなのです。
でもあのレトロなチョコ色の電車はとても可愛らしくて印象に残っています。
未だ乗ってみたいなぁ、の願いは叶えられていませんがいつか乗ってみたいです〜(*^-^*)

本当に!素敵なお話たちでしたね。いつものドタバタではありませんでしたが、ひとつひとつの話がじんわり沁みわたる感覚でした。
ああ、恋っていいなぁ!と懐かしくもキュンとしちゃいます。
「生」の字、翔子さんの話につながっているというtouch3442さんの視点、なるほどなぁ!と思いました。
有川さん作品、ここ最近ご無沙汰なのでまたどっぷり浸りたいです。
Posted by monkeywalk  at 2010/08/09 2:38 PM
かりささん こんにちは。

有川さんの作品はこの阪急電車が初めてだったのですが、ほんと面白かったです。身近な路線がタイトルだったので思わず手に取った一冊でしたが、たまには勘に頼るのもありかなと嬉しくなりました。

今津へは一時期通っていたのですが、別の路線を使っていたので、ちょっと悔しくなりました 笑 でも、いつかこの本を手に阪急今津線へ乗ってみようと思います!

時江さんのような人に会えたらいいな。

TBさせていただきました。これからもよろしくお願いします。
Posted by かりさ  at 2010/09/19 1:11 AM
★monkeywalkさんへ
monkeywalkさん、こんばんは!
コメント下さったのに、お返事が遅くなってしまいました。ごめんなさい。
ようやくいろいろなことが落ち着いてこうしてPCに向かって書きこめるようになりました。

有川作品初!だったのですね(*^-^*)
思わず手に取った本がすごく相性良かったりすると嬉しくなりますね。
素敵な物語、堪能されたようで私もまたあの気分を味わいたく再読したくなりました。
わ〜今津線、monkeywalkの身近な路線なのですね。
あのレトロなチョコ色列車が見られるなんて、素敵。
私も一度生で見てみたい、いや実際に乗ってみたいです。
monkeywalkさんはその後乗ることが出来ましたか?
数分でも同じ空間で運ばれていく人々、決してその後交わることのないかもしれない人々との何気ない出会いがこんなにも素敵な物語になるなんて、改めて有川さんはすごいなぁ、と思うのでした。

こちらこそこれからもどうぞよろしくお願いいたします。
レスがこんなにも遅くなってしまって…こんなヤツですが、またコメント書きにいらしてくださいね♪

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

しんちゃんの買い物帳  at 2008/02/20 11:00 PM
「阪急電車」有川浩
阪急電車(2008/01)有川 浩商品詳細を見る ネタバレを注意しましたが、本人が気付かずにバラしているかも。 宝塚劇場で有名な宝塚駅から西宮北...
怪鳥の【ちょ〜『鈍速』飛行日誌】  at 2008/02/21 12:05 AM
「阪急電車<単行本>」を読む
『阪急電車』有川浩/著(幻冬舎刊)阪急電車本ブログ勝手に推奨作家、有川浩さんの新作です。この作品は「papyrus2007.4(Vol.11)」から「papyrus2008.2(Vol.16)」までに連載された作品に、書き下ろしが追加されて一冊にまとめられたものです。題名の通り「阪急電車
My Favorite Books  at 2008/02/22 11:11 PM
阪急電車   〜有川 浩〜
阪急電車・・・ 関西に出かけ、京都に行くときに利用します。 といっても数年に1回くらいしかないけど。 去年は11月に利用しました。 そしてこの作品は今津線の宝塚駅から西宮北口駅までの 片道たった15分の行程の中で、
粋な提案  at 2008/02/24 1:59 AM
阪急電車 有川浩
装画は徒花スクモ。装幀は平川彰。「パピルス」掲載に折り返し分書き下ろし。 8駅片道15分間の阪急電車今津線、折り返し16編の連作短編集。平凡だけど個性豊かな老若男女の乗客たちが織り成すドラマ。各駅ごとに変わる主人公た
リトル・バイ・リトル  at 2008/03/07 11:40 AM
阪急電車 有川浩
阪急電車(2008/01)有川 浩商品詳細を見る新しい恋の予感、訳アリの純白ドレスの美女、凛とした老婦人、無邪気な高校生、別れる決意をした女子大...
マロンカフェ 〜のんびり読書〜  at 2008/03/22 6:36 PM
有川浩  阪急電車
阪急電車 有川 浩 図書館シリーズは完結したし、本書は自衛隊モノでもないと聞いて、これはどんな作風なんだろう?と期待と不安が入り混じりながら読み始めたのですが、最初の図書館で目当ての本を好みのタイプである女性と取り合う話からすっかり引き込まれてし
それでも本を読む  at 2008/04/13 8:34 AM
阪急電車 有川 浩
阪急電車(2008/01)有川 浩商品詳細を見る <人数分の物語を乗せて、電車は走る> 読書ブログをやっておられる方の中で、結構、図書館シリー...
苗坊の読書日記  at 2008/05/05 9:37 PM
阪急電車 有川浩
阪急電車 オススメ! 恋の始まり、別れの兆し、そして途中下車…。8駅から成る、片道わずか15分間の阪急電鉄今津線で、駅ごとに乗り降りする乗客の物語。 電車は、人数分の人生を乗せて、どこまでもは続かない線路を走っていく―片道わずか15分。そのとき、物語
*モナミ*  at 2008/08/27 9:04 AM
『阪急電車』 有川浩
電車の中で、たまたま乗り合わせる人たち。 名前も年も知らず、ただその電車に乗っている間だけの関係。 もちろんその人にも、電車に乗る前、そして電車から降りた後にも、 それぞれ人生があって。 彼らのそれぞれの人生が少しずつ重なって、物語になっていく。
デコ親父はいつも減量中  at 2009/02/17 12:41 AM
阪急電車<有川浩>−(本:2009年24冊目)−
阪急電車クチコミを見る # 出版社: 幻冬舎 (2008/01) # ISBN-10: 4344014502 評価:85点 楽しかった。 関西ローカルな阪急電車。しかも今津線。なんとまあマイナーなところに目をつけてそれを小説なんぞにしたものだ。 前書きで著者は阪急電車のことを「鉄
椿的濃縮タマシイ  at 2009/03/12 6:14 PM
阪急電車〜普通の人々普通の人生〜
私は、大阪時代たぶんのべ15年位は「阪急沿線」に住んでいた。[画像]21歳で大阪に越したとき以来、一時的にJR沿線だった時代もあるけど、ほぼ大阪では阪急で生活していた。  それまでは神戸〜大阪間等も阪神電車の方がなじみがあって(なにしろ甲子園に住んでいた事
生きることにも心急き、感ずることも急がるる…  at 2010/06/20 5:53 PM
『阪急電車』有川浩著(幻冬舎)
 昨日、図書館で偶然見つけたので借りてきた。体調が悪いと言いながら、昨日のうちに読み終えてしまった。  これまた、面白かった!   阪急電車著者:有川 浩販売元:幻冬舎発売日:2008-01おすすめ度:クチコミを見る 【恋の始まり、別れの兆し、そして途中下車
京の昼寝〜♪  at 2010/07/10 8:51 AM
「阪急電車」/有川 浩
「阪急電車」/有川 浩(幻冬舎刊)       その本のタイトルから親近感があって読みたかった本。 やっと読めました これは阪急今津線の西宮北口駅〜宝塚駅の8つの駅のわずか所要時間14分足らずのミニ路線。 この区間の8つの駅に繰り広げられる1往
itchy1976の日記  at 2010/07/29 6:45 PM
有川浩『阪急電車』
阪急電車有川 浩幻冬舎このアイテムの詳細を見る 今回は、有川浩『阪急電車』を紹介します。阪急今津(北)線(宝塚駅ー西宮北口)沿線で起きる一駅ごとにエピソード(恋愛もの、親子ものなど)などをつなげていく連作短編の形式である。電車には乗客それぞれのドラマがあ
Monkey Walk  at 2010/08/09 2:40 PM
阪急電車 (幻冬舎文庫)
関西にある阪急電車。何気なく乗っているその電車でここまでの物語が生まれるなんて素敵すぎるでしょう。西宮北口から宝塚までを繋ぐ阪急今津線で起こる様々な出来事。一緒に腹を立てたり、思わぬ恋の始まりにほっこりしたりしている自分はすっかりはまってました。短編
こみち  at 2012/03/30 10:13 PM
有川浩 「阪急電車」
JUGEMテーマ:読書感想文&nbsp; &nbsp;  阪急宝塚駅から西宮北口駅までの往復のストーリー。 &nbsp;  人生、負けるが勝ちということもあります。 &nbsp;  彼を寝足られたOLの打ち入り後に出会った老婆の言葉は &nbsp
Trackback url: