ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 
<< 【図書館本】古典部とホルモーとクレスト・ブックス | 『まほろ駅前多田便利軒』三浦しをん >>

『遠まわりする雛』米澤穂信

遠まわりする雛
遠まわりする雛
米澤穂信/角川書店
神山高校で噂される怪談話、放課後の教室に流れてきた奇妙な校内放送、魔耶花が里志のために作ったチョコの消失事件――〈省エネ少年〉折木奉太郎たち古典部のメンバーが遭遇する数々の謎。入部直後から春休みまで、古典部を過ぎゆく一年間を描いた短編集。
『氷菓』『愚者のエンドロール』『クドリャフカの順番』に続く古典部シリーズ4作目。
「やるべきことなら手短に」「大罪を犯す」「正体見たり」「心あたりのある者は」「あきましておめでとう」「手作りチョコレート事件」「遠まわりする雛」7編の連作短編集。

おお、待っておりましたよ。古典部シリーズ。新作は連作短編集。高校入学から翌年の春休みまでの1年間が時系列順に収録。時系列順は大変ありがたい。
時系列に流れていくことによって、この1年間で個々の心がどう変化していったか、その関係性がどう変化していったか、手に取るように分かってきます。1年という時が彼らにもたらしたもの、それがラストで鮮やかに描かれます。何というか、衝撃です。

「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に。」そんな省エネ主義者の折木奉太郎が、同じ部員である千反田えるの「気になります」発言によって不本意ながらも探偵役として活躍する(あくまでも本人は消極的に)古典部シリーズの短編はこれまた日常の謎を(主に高校で発端する謎を)堪能させてくれています。
1編1編はわりあいと地味なんですが、これが全体を通してみますと実に上手くまとまっています。読み進むうちに「あのあれがここにこう出てくるか!」てな具合にいちいち合点がいって気持ちの良いこと。米澤さんの上手さが引き立っていてさすが、と感動すらしてしまいます。
そして前3作ではここまでは見られなかったであろう登場人物面々の心情が明かされて実に興味深い。特に「手作りチョコレート事件」の福部里志の伊原摩耶花に対するものとかこの辺はチョコレートにかけてなかなかビターに、いやもっと苦いブラック並みに描かれていて読後の苦々しいったら。
そうして表題作「遠まわりする雛」のラストでは衝撃の展開でありますよ。まさか古典部シリーズでこんな雰囲気になるとは思わなかったので、しばしポカンとしてしまいました。
ややや、これはこの先どんな展開になっていくのか楽しみになってきましたぞ。

中でも「心あたりのある者は」「手作りチョコレート事件」「遠まわりする雛」がお気に入り。
「心あたりのある者は」は実にシンプルながらその推理の妄想っぷりが天晴れ。どんどん大仰になっていく推理ぶりにこっちは嘘か誠か果たしてその真相は!?ともう興味津々なのですけど、後日明かされる真実にこれはもうお見事!と気持ち良い結末。上手い。
「手作りチョコレート事件」は里志の気持ちがドーンと重たく突きつけられてそのブラックさにしばし思考を巡らせる。ふむ、そういうことだったか。ところでメッセージ「ふるえる哀をこめて」に笑ってしまいました。お姉さん最高!
もうひとつ好きなのが天文部。何やら楽しげでしたけど(笑)。あの、もうちょっと彼らのマニアックそうな会話を聞きたいんですけどー。
「遠まわりする雛」はタイトルだけ読んだら「はて?何のことか?」とこっからもう謎なんですが、雛って雛祭りの雛でしたか。しかも「生き雛祭り」。
この生き雛祭りって飛騨高山の一宮水無神社で実際に行われているのですね。米澤さんは岐阜出身でいらっしゃるからこの祭りも良くご存知なのでしょう(でしょう、って勝手に決め付けてますけど)。祭りの準備の様子などとてもリアルでした。あ、てことは舞台の神山市は岐阜高山市になるのでしょうか。

ここであのラストを描いたということはこれからはただの青春ミステリーでなくなるわけで。ここに愛や恋が交ざるということは物語はより色濃く光と影を作るのです。
これはますます興味深くなりました。
古典部の面々が今後どうなっていくのか…「気になります」。
かりさ | 著者別や・ら・わ行(米澤穂信) | comments(18) | trackbacks(11) | 

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | - | 

COMMENTS

Posted by 木曽のあばら屋  at 2008/03/23 9:49 AM
こんにちは。
「インシテミル」と続けて読んだので
あまりの落差にびっくりしました。
理想の高校生活を描いた「パラダイス小説」ですね。
今年の秋には「小市民シリーズ」の新作も出るのかな?
Posted by リサ  at 2008/03/23 11:05 AM
★木曽さんへ
こんにちは!お久しぶりですね(*^-^*)
「インシテミル」残念ながらまだ未読なんです…。
図書館に入ってなくてリクエストしようか迷い中。
でも古典部シリーズからデビューした米澤さん、今やほのぼのから
本格まで幅広く手がけられるようになりましたよね。

「パラダイス小説」!ああ〜確かに!理想だわ。
ホータローみたいな人がいてくれたら日常の謎もスッキリ解決するかなぁ。
「小市民シリーズ」新作、秋には出そうかしら?楽しみですね♪
Posted by なな  at 2008/03/23 9:36 PM
こんばんは。
「クドリャフカの順番」とこれ続けて読んだので
古典部の4人が自分の友達のような気持ちになりました。
生き雛祭りって実際にあるんですね。
>神山市は岐阜高山市
なるほど〜そうかもしれません。

古典部シリーズも楽しみだけど
小市民シリーズもありましたね。
秋季はモンブランだとか予想してから随分時間がたちました。
私、気になります。
Posted by まみみ  at 2008/03/23 9:57 PM
こんばんは。
「手作りチョコレート…」はとても興味深く読んだのですが、単純な思考回路なせいか半分くらいよくわかんなかったです^^;
とりあえず里志考え過ぎ?と思いました。

予想外の展開に今後も目が離せそうにないです。次がまちどおしいです!
Posted by 藍色  at 2008/03/24 2:08 AM
こんばんは。
それぞれの成長に信頼関係も素敵でした。
「あきましておめでとう」で里志の雑学に賭ける奉太郎が印象的でした。

>米澤さんは岐阜出身
>舞台の神山市は岐阜高山市
行った事はありませんが、ひとつ謎が解けたみたいで
気持ちがスッキリしました。
ありがとうございます。
「インシテミル」もお楽しみに。
Posted by リサ  at 2008/03/24 4:14 PM
★ななさんへ
ななさん、こんにちは!
シリーズものを続けて読むと妙に親近感が湧いてキャラへの愛着も増しますよね。
生き雛祭りに興味があって調べたら実際にあるんですよ〜。
しかも米澤さんご出身の岐阜に。
三重にいた時知っていたら見に行きたかったわ。

そうそう!待ちわびている小市民シリーズも!
今年の秋には出そうなそんな感じなんですが、どうかしら??
秋だからモンブラン?って思っていたら、仮タイトルには栗きんとんって。
あら?和風?(笑)
Posted by リサ  at 2008/03/24 4:17 PM
★まみみさんへ
まみみさん、こんにちは!
「手作りチョコレート〜」の里志は確かに考えすぎ?かもですね(笑)
里志らしくないというか、本当の気持ちが全く別のところにあったのを知って少し動揺しました。

本当に予想外の展開ですよね!
早く続きを〜って思います(*^-^*)
Posted by リサ  at 2008/03/24 4:20 PM
★藍色さんへ
藍色さん、こんにちは!
成長と共に信頼も固くなって、そんな様子を読めてよかったです。
「あきましておめでとう」も二人の信頼が感じられて好きです。おお、ここでこうなるか!ってある場面で感動しちゃいました。

高山には行ってみたいな、って三重にいた頃思いましたが、結局果たせず、でした。
「インシテミル」是非読みたいと思います!
楽しみ♪
Posted by june  at 2008/03/24 10:30 PM
リサさん、こんばんわ。
「遠まわりする雛」のラスト、私もまさか古典部シリーズでこの展開はないだろうと思ってたんで、「おおっ!」と驚きました。
これからどうなるんでしょうね。省エネで冷静なホータローがどんな風になるのか、私気になります♪

神山市=高山市、なるほどです。なんとなく地方といってもどのあたりか想像しにくかったんですが、岐阜はすんなりはまります。
Posted by リサ  at 2008/03/25 9:45 PM
★juneさんへ
juneさん、こんばんは!
ねぇ〜(*^-^*)やっぱり驚きますよね、あの展開。
驚いて、で、嬉しくなっちゃいました。
ホータローがどう成長していくのか、親のような気持ちで見守っております。

米澤さんが岐阜出身でいらっしゃるから、高山市なのかな、って「生き雛祭り」のこと知って思いました。
いい街ですよね、きっと。行ったことがないので想像するしかないのですけど。

米澤さんの新作、ますます楽しみですね♪
Posted by shiba_moto  at 2008/03/26 9:52 AM
お久しぶりです。
ミステリ云々としてどうというよりも、彼らの成長や心の移り変わりがわかっておもしろかったです。
生き雛祭り、本当にあるんですね。これは見てみたいなあ。
Posted by リサ  at 2008/03/26 9:36 PM
★shiba_motoさんへ
こんばんは!お久しぶりです。
コメント嬉しいです(*^-^*)
今回はミステリよりも彼らの成長に重点がおかれていましたね。
入学からの1年を堪能できました。
米澤さんは季節ものが上手いですよねぇ。
そうなんです、生き雛祭り実際にあるようなんです。
見てみたいですよね〜。さぞ華やかなことでしょう。
Posted by すの  at 2008/04/02 7:45 PM
ある意味、予想もしない衝撃のラスト。
いやぁ、小品ながらいい作品でした。
Posted by リサ  at 2008/04/04 9:55 AM
★すのさんへ
これは予想外の展開でしたよね。
何となくそっち方向に向いそうな予感はしたものの
まさか本当にこうなるとは!戸惑いながらも嬉しかったり。
すごく好きな作品です♪
Posted by 苗坊  at 2008/04/26 9:57 PM
こんばんわ。TBさせていただきました。
みなさん青春していますよね。
羨ましい限りです。
ホータローとえるちゃんはどうなっていくのでしょう。
まだまだ続編が続いてほしいですよね。
里志も、あんなに語るとは思わずびっくりです。
Posted by リサ  at 2008/05/08 12:37 AM
★苗坊さんへ
苗坊さん、こんばんは!
お返事が遅くなりました。ごめんなさい。
いいですよね〜まさに青春!うらやましいです。
このシリーズでこの結末がくるなんて想像もしていなかったのでかなり驚きましたが、いやはや素敵でした(*^-^*)
これからが楽しみですね。
続編早くも読みたくてうずうずしています♪
Posted by しんちゃん  at 2008/06/08 12:41 PM
こんにちは。
もっと四人がからんで欲しかったです。
そう思うことは欲張りでしょうか。
それにしても、まさかのラストでしたね。
似合わないようだけど、彼らは高校生だからありにしたい。
というか、続きが読みたーい!
Posted by リサ  at 2008/06/09 10:14 AM
★しんちゃんへ
こんにちは!
あ、そういえば4人それほど絡む場面はなかったかも。
『遠まわりする雛』はまだ出会った頃からの短編だから、今までのシリーズに比べるとその辺物足りなさもあるかもしれませんね。

やけに達観した彼らだってそんな気持ちはあるよね。と何だか安心しちゃいました。
これからどうなる!?とドキドキわくわくです♪

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

ナナメモ  at 2008/03/23 9:37 PM
「遠まわりする雛」米澤穂信
遠まわりする雛 米澤 穂信 ついこの間「クドリャフカの順番」を読んだばっかりなので、よく知ってる友人に会ったような気分。やっぱり「古典部」いいなぁ。 いつものようにえるの「気になります」に省エネホータローが引きずられる訳ですが、4月から次の3
今日何読んだ?どうだった??  at 2008/03/23 9:54 PM
「遠まわりする雛」 米澤穂信
遠まわりする雛米澤 穂信 角川書店 2007-10売り上げランキング : 734Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容説明 神山高校で噂される怪談話。放課後の教室に流れる奇妙な校内放送。摩耶花が作ったチョコの消失事件……。「省エネ少年」折木奉太郎たち古典部のメンバーが
粋な提案  at 2008/03/24 2:08 AM
遠まわりする雛 米澤穂信
装幀は岩郷重力+WONDER WARKZ。初出「野性時代」「ザ・スニーカー」+書き下ろし。古典部シリーズ四作目。連作短篇集。 省エネ主義の語り手、...
本のある生活  at 2008/03/24 10:30 PM
「遠まわりする雛」米澤穂信
遠まわりする雛 古典部シリーズ4作目は短編集でした。すごく楽しみにしてたんですが、やっぱり期待に違わずおもしろかったです。ホータローの「やらなくていいことはやらない。やらなければいけないことなら手短に」という省エネ主義、4人のかけあいは相変わらず。
こんな夜だから本を読もう  at 2008/03/26 9:54 AM
[review]米澤穂信『遠まわりする雛』
 神山高校に入学し、心ならずも古典部に入部してしまった折木奉太郎。「やらなくてもいいことなら、やらない。やるべきことなら手短に」をモットーとする省エネ主義者の奉太郎だが、福部里志、伊原摩耶花、そして千反田えるといった仲間たちは、彼に安息の時間を与え
図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜  at 2008/04/02 7:19 PM
「遠まわりする雛」米澤穂信
「遠まわりする雛」米澤穂信(2007)☆☆☆★★ ※[913]、国内、現代、小説、ミステリー、高校、古典部、ライトノベル、青春 ※ミステリーですが思いっきりネタバレあり。未読者は注意願います。 「氷菓」「愚者のエンドロール」「クドリャフカの順番 -「十文字
苗坊の読書日記  at 2008/04/26 9:47 PM
遠まわりする雛 米澤穂信
遠まわりする雛 「やるべきことなら手短に」 4月。里志から「神山高校にもあった七不思議 その二」音楽室に出た幽霊のを聞いた奉太郎。丁度そのとき、千反田がやってくる。嫌な予感がした奉太郎は千反田に一つ目の七不思議の話を持ち出す。 「大罪を犯す」 奉太郎
"やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!  at 2008/05/24 4:38 PM
遠まわりする雛 米澤穂信
遠まわりする雛 ■やぎっちょ読書感想文 える・・・L?・・・探偵か? ヒロイン(と言っていいのかな)の名前、千反田える。L?探偵か?と思ったら(いや、思ってないけど)主人公折木奉太郎が探偵でした。といっても探偵業ではなくて高校1年生。 いや、ちょっ
しんちゃんの買い物帳  at 2008/06/08 12:37 PM
「遠まわりする雛」米澤穂信
遠まわりする雛(2007/10)米澤 穂信商品詳細を見る やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に。この信条を堅く...
Prototypeシネマレビュー  at 2012/08/04 5:00 PM
『遠まわりする雛』著:米澤 穂信 ─ 日常の些細な事を突き詰める思考プロセスこそ重要 ─
─ 日常の些細な事を突き詰める思考プロセスこそ ─ 「氷菓」の古典部シリーズ第4弾『遠まわりする雛』も類に違わず読んでみました。古典部シリーズは脳内の何かを刺激される要素 ...
-  at 2012/10/27 2:25 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
Trackback url: