ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 
<< 『まほろ駅前多田便利軒』三浦しをん | ようやく… >>

『ホルモー六景』万城目学

ホルモー六景
ホルモー六景
万城目学/角川書店
このごろ都にはやるもの、恋文、凡ちゃん、二人静。四神見える学舎の、威信を賭けます若人ら、負けて雄叫びなるものかと、今日も京にて狂になり、励むは御存知、是れ「ホルモー」。
「鴨川(小)ホルモー」「ローマ風の休日」「もっちゃん」「同志社大学黄竜陣」「丸の内サミット」「長持の恋」6編の連作短編集。

鴨川ホルモー』の続編、というか番外編な短編集。それもただの短編ではなく恋の短編集なのでありました。
『鴨川ホルモー』の如く抱腹絶倒なお話しばかりを予想していましたら、これが見事に裏切られまして。それはそれは素敵なお話しが詰まっていて、特にラストの「長持の恋」は泣かずにはおれず、しんみり泣くというどころではなく涙がボタボタ落ちて鼻水も垂れるというくらいのひどいありさま。うわー泣かされるとは思わなかった。不意打ちだ。ああ。

初っ端からあの高村(要注意人物!彼には注意せよ!さもなくばゲラゲラ笑いの刑に処せられる)が登場して「ううう、やばい」と身を引き締めるもゲラゲラほどではなくクスクスに留まってホッと安心したのも、次には別の章で泣かされるという、高村には本当に油断ならない。でも彼へのイメージは変なヤツ、から実は優しい素敵な人、に見事に変わってこれはもう素晴らしいくらいに華麗に私の中でイメージチェンジしたのでありました。

「鴨川(小)ホルモー」
オニが街中をわらわら歩く様子とか、ちんまり待機している姿とか、いちいち想像してうふうふしてみたり、「鴨川の等間隔カップル」って?とこっちは想像出来ずにポカン。
彰子と定子の決闘はさぞ迫力あっただろうな。鬼語のところ定子には悪いけど笑っちゃいました。でも二人静、カッコいい。

「ローマ風の休日」
凡ちゃんの才能とか(おお〜ここでも発揮されてましたか)数学のことを話す情熱さとか、裏話的に読めたのはすごく嬉しい。楠木ふみのファンとしては(笑)
不器用な凡ちゃんを同じバイトで働く年下の男の子(高校生)の視点から描かれています。その凡ちゃんが実に可愛い。『鴨川ホルモー』の裏話、うふうふと楽しませてもらいました。

「もっちゃん」
もっちゃんは切ないなぁ。最初もっちゃんなんて人いたかしら?なんてとんちんかんなこと考えてましたけど、ええ全然違う方です。あの方です。とっても有名な方。
安倍が出てくるのでちょっと錯覚してしまいました。
読んでいくうちにもっちゃんの作品を読みたくなってここにも登場する作品を久しぶりに再読。もっちゃんの小説は詩的で美しい。繊細な硝子細工のような。
そういえばもっちゃん(まだ読んでない方のために本人の名を伏せましょう。読めばわかりますが)のある作品の碑が三重県松阪市松阪城址にあるのですよね(←これで分かってしまうかも)。三重に在住していた時に行っておけば良かった、と今になって後悔。
何だかもっちゃんの話しで熱くなってしまった。
この「もっちゃん」はすごく上手い。大好き。

「同志社大学黄竜陣」
こちらもなかなか壮大なお話しでありました。ここでの主役・巴ちゃんの元彼が芦屋満!なんとまぁ面白いところに繋がってました。
同志社大学の開校にまつわる話しや、そこに眠る黄龍のこと、すっかり堪能していました。さあ、黄龍はよみがえるのかどうか!?

「長持の恋」
泣きました。ボロボロ泣きました。そんな、そんなことって。そうして素敵なラスト。思わずキュンとしてしまったではないか。なんと可愛いのを用意してくれていたんでしょうか。しかもこの「長持の恋」が最後のお話し。最後だから余韻に浸れてなお良し。
時空を超えた恋。そして衝撃の事実。感動のラスト。一番好きなお話し。

いやはや「ホルモーとは何ぞや?」な妙なお話からこんなキュンとさせてくれる恋物語も書けてしまうんだなぁ、万城目さんったら。
とにかくサラッと流れていくようでいてけれども実に緻密に物語の構成が成されていて、これはもう唸りっぱなし。それでこちらの感情も揺さぶられてしまうのだからホント、油断出来ません。素敵すぎてうっとりしてしまいます。
ということで、お気に入りは「ローマ風の休日」「もっちゃん」「長持の恋」。
かりさ | 著者別ま行(万城目学) | comments(10) | trackbacks(6) | 

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | - | 

COMMENTS

Posted by Roko  at 2008/03/26 11:32 PM
リサさん☆こんばんは
どの物語も、それぞれに楽しさがありましたね。
そして最後に「長持ちの恋」を持ってくるあたり、ステキとしか言えませんね。
わたしは、将門の首塚の話が気になっちゃってしょうがありません。(^^ゞ
Posted by   at 2008/03/27 3:35 PM
こんにちは〜♪
「鴨川の等間隔カップル」は森見作品でもちらちら出てきてて、もしかして京都では有名なのかなぁって思ったりしてます。一度お目にかかりたい(笑)
「鴨川ホルモー」とは違った視点から楽しめる、このバラエティ豊かな感じがとてもよかったですよね☆
でも個人的にはホルモーで戦っているシーンが好きだったので、そのシーンが少なかったのが残念です(>_<)
Posted by リサ  at 2008/03/27 4:48 PM
★Rokoさんへ
Rokoさん〜お久しぶりです!コメント&TB嬉しいです♪
どれもこれも良かったですよね(*^-^*)
そうなんです、「長持の恋」をラストに持ってくるところが、もう〜素敵でした。素晴らしい。
歴史に絡めた話も万城目さんならではで、堪能しました。
将門の首塚の話!気になります〜。

万城目さんの今後がますます楽しみになっています。
そういえばエッセイも出ましたね。
Posted by リサ  at 2008/03/27 4:53 PM
★爽さんへ
爽さん、こんにちは!コメント嬉しいです(*^-^*)
「鴨川の等間隔カップル」、見てみたいですよね(笑)
今回はホルモーよりも恋愛が散りばめられていてその意外性に逆に楽しめちゃいました。
戦闘のシーンが少なかったのは確かにちょびっと寂しかったかも。
またいつか読みたいです。
Posted by す〜さん  at 2008/03/27 9:26 PM
「もっちゃん」には危うく騙されそうになりました。
途中で「なんか変だなぁ〜」と思いつつ、
なるほどなオチに納得でした。
自分的には「丸の内サミット」(だっけ?)も
よかったです。
全国に広がれ!ホルモーみたいな感じでした。
Posted by リサ  at 2008/03/29 3:30 PM
★す〜さんへ
こんにちは!
「もっちゃん」は途中で「あれ?」って混乱しますよね。上手いなぁ。
「もっちゃん」すごく好きです。
あ!す〜さんのコメント読んで気がつきました。
「丸の内サミット」の感想が抜けている…。
後で追記しなくちゃ。
「丸の内サミット」も楽しいですね。
も、もしや?とにやにやしながら読みました(*^-^*)
Posted by じゅずじ  at 2008/03/29 10:11 PM
みんな青春してましたねぇ!

しかも、お江戸まで(笑

全国ホルモー大会、ぜひやって欲しい物です (^^ゞ
Posted by リサ  at 2008/04/02 12:43 AM
★じゅずじさんへ
こんばんは!
ホント!青春ですよね〜。羨ましかったです(笑)
そう!お江戸まで、ね。

>全国ホルモー大会
おお〜!それは面白いかもですね。
万城目さん書いてくれないかしら?
Posted by しんちゃん  at 2008/05/08 11:27 PM
こんばんは。
これを入れて二つほどTBさせてもらいました。
酒というオニの攻撃を受けて、もうふらふら。
こんなコメントで勘弁してください。ごめん。
今後は素面で伺うぞ!つうか、怪しい宣言です!?
Posted by リサ  at 2008/05/11 10:58 PM
★しんちゃんへ
こんばんは〜♪
もうここ最近更新もしていないのにいつも来てくれて嬉しいですー。
ありがとうです(*^-^*)
TBも嬉しい。めっちゃ嬉しい。

酒というオニはほどほどになさりませんと、とんでもない攻撃を受けますわね(笑)
けれどもついついとね、いけてしまうのですよねぇ。
ふらふらになりながらもコメント残してくれてもう感激でありますよ!
素面でも酔っ払いでもどんなんでもいつでも大歓迎ですので〜(*^-^*)
お待ちしています!

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

Roko's Favorite Things  at 2008/03/26 11:28 PM
『ホルモー六景』 万城目学
ホルモー六景posted with amazlet on 08.01.16 万城
リトル・バイ・リトル  at 2008/03/27 3:42 PM
ホルモー六景 万城目学
ホルモー六景(2007/11)万城目 学商品詳細を見る日本の古都・京都を舞台に繰り広げられる由緒正しき伝統競技「ホルモー」。しかしオニを操る勇猛...
My Favorite Books  at 2008/03/27 9:24 PM
ホルモー六景   〜万城目 学〜
期待しすぎると痛い目に合います・・・。 とはいっても 面白くないわけではないのでご安心を。 どちらかというと ホルモー番外編、も...
じゅずじの旦那  at 2008/03/29 10:09 PM
【ホルモー六景】 万城目学 著
名作「鴨川ホルモー」の続編… このごろ都にはやるもの、恋文、凡ちゃん、二人静。四神見える学舎の、威信を賭けます若人ら、負けて雄叫びなるものかと、今日も京にて狂になり、励むは御存知、是れ「ホルモー」。負けたら御存知、其れ「ホルモー」。このごろ都にはや
しんちゃんの買い物帳  at 2008/05/08 11:17 PM
「ホルモー六景」万城目学
ホルモー六景万城目 学 (2007/11)角川書店 この商品の詳細を見る ホルモーとは、京都大学青竜会、立命館大学白虎隊、京都産業大学玄武組、龍谷...
図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜  at 2008/05/11 2:03 PM
「ホルモー六景」万城目学
「ホルモー六景」万城目学(2007)☆☆☆★★ ※※[913]、国内、現代、小説、青春、ファンタジー、式神、鬼、京都、連作、短編 ※ネタバレ、あらすじあり、未読者は注意願います。 ホルモーが帰ってきた。かって期待もせず読み、これはすごいファンタジーだと評し
Trackback url: