ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 
<< 『センセイの鞄』川上弘美 | 『ミミズクとオリーブ』芦原すなお >>

『パレード』川上弘美/絵・吉富貴子

4582829961
パレード
川上弘美/平凡社
夏の午後、畳に寝そべって、ツキコさんがセンセイに物語る、淡く切ない少女の頃の「昔のはなし」。「センセイの鞄」のふたりが過ごした、遠いこだまのような時間、もうひとつの物語。
『センセイの鞄』を読む前、『パレード』は『センセイの鞄』の続編だと思っていた。けれどもこれは"もうひとつの物語"だった。

これぞ川上さんの世界!と嬉しくなるくらい色んなイキモノが登場。中でも天狗は可愛い。そういえば私も子供のころ何かのイキモノがそばにいたことがあった。あれは夢だったか現実だったか。大概夢の世界にふわふわしていた少女だったので、未だにあの頃は現実世界だったのか、夢の世界だったか、はたまた空想上のものだったかわからずじまいである。川上さんの作品はこういう大人になって忘れてしまったことを思い起こさせてくれる名人なのである。

とにかくもセンセイとツキコさんの初夏の生活の一部。二人でそうめんをゆがいて薬味の用意をして…その薬味の彩りも美しい。食後にごろんとして眠り、まどろみながら昔の話をしてみる。センセイとツキコさんのこういう時間の流れも読むことが出来て何だかホッとした。
大人になってしまったけれどまた何かのイキモノが見えたりしないものだろうか…。

読了日:2002年12月4日
かりさ | 著者別か行(川上弘美) | comments(6) | trackbacks(4) | 

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | - | 

COMMENTS

Posted by やぎっちょ  at 2006/09/13 4:08 PM
リサさん
こんにちは〜。読みました!すんごく温かかったです。でもリサさんの感想とちょっと違ったかも。センセイとツキコさんというよりも、天狗にメロメロでした。
「センセイの鞄」の続きではなく、"もうひとつの物語"でよかったです。センセイとツキコでも楽しめるし、ツキコの子供の頃の話としても楽しめますもんね。
正直、天狗の話は他の主人公でも立派な物語として通用すると思うので、二つの楽しみ方を書いてくれた川上さんに感謝ですね。
紹介してくださってありがとうございました!
Posted by リサ  at 2006/09/14 10:33 AM
★やぎっちょさんへ
わぁ!読まれたのですね〜。うんうん温かくて本当に素敵ですよね。
そうなんです!天狗やイガイガ(でしたっけ?)のような生き物がとても愛らしいのですよね。
実はこの私の感想、以前その生き物について触れていたのですが、あまりにも妄想が激しく私の精神を疑われてしまうような恐れがあったので(笑)バッサリカットしちゃったのです。
今思えば残しておいても良かったかなーなんて。

『センセイと鞄』の番外ものってのが良いですね。
天狗がお気に入りになったやぎっちょさんには是非『神様』も読んで欲しいです。これまた素敵なんですよ♪
Posted by 雪芽  at 2006/12/17 1:13 PM
リサさん、こんにちは。
お腹が空いてきたので温かなそうめん(冬だから)が食べたくなってきています。
どうも本の中の食べ物には弱い(笑)
私もこの本を読んで、子どもの頃に持っていた世界があったことを思い出しました。
忘れてしまうんですよね。
センセイとツキコさんの話を読むと、はんなり温かな気持ちになります。
Posted by リサ  at 2006/12/17 8:13 PM
★雪芽さんへ
雪芽さん、こんばんは!
にゅうめんが恋しい季節ですよね♪
卵とじの優しいお味を好む私です。
本当に、剣客商売といい美味しそうな描写には
弱いです。ぐぅぐぅお腹鳴っちゃいます。

夢見がちな空想好きな少女でしたので、ああ、同じ世界だ
とすごく懐かしく読んだのを覚えています。
本当に大人になると忘れてしまいますね。

「はんなり温かな気持ち」…本当におっしゃるとおり!
何だかまたセンセイとツキコさんに会いたくなっています。
Posted by 弥勒  at 2007/01/12 12:23 AM
たまたま図書館で見つけて
センセイとツキコさんだったからビックリしました!!
川上ワールド全開で
読んでいて楽しかったデス(*´Д`)
リサさんも幼い頃そうだったんですね!!
忘れかけてた事を思い出させてくれるって
凄くいい表現ですよね♪
Posted by リサ  at 2007/01/12 9:22 AM
★弥勒さんへ
こんにちは!
コメントとTBありがとうございます♪
『パレード』…まさかセンセイとツキコさんのお話しだったなんて!
と当時私も驚き嬉しく懐かしく読みました。
川上さん独特のイキモノが出てきて楽しかったですよね。
ああそうえいば私にもそんなイキモノがそばにいたなぁ、
なんて(笑)
大人になるとどんどん忘れてしまうことを本によって
思い出す。だから読書って素晴らしいですよね♪

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

本を読む女。改訂版  at 2005/06/13 10:40 PM
「パレード」川上弘美
パレードposted with 簡単リンクくん at 2005. 6.13川上 弘美 / 川上 弘美著平凡社 (2002.5)通常2〜3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 「センセイの鞄」のツキコさんとセンセイとの、ある一日を描いた、絵本のような本。 図書館で借
"やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!  at 2006/09/13 4:05 PM
パレード 川上弘美
パレード この本は 「本のある生活」のjuneさん 「ひなたでゆるり」のリサさん に紹介していただきました。 ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 良かった。とても良かった。 最初の1ページめをめくったとき、センセイとツキコさんの会話で始まるの
コンパス・ローズ   at 2006/12/17 12:42 PM
「パレード」 川上弘美
パレード 川上 弘美 時間が通り過ぎていく。振り返ると懐かしい場所、懐かしい出来事、懐かしい人の顔が浮んでくる。それは本の中の人であっても同じこと。言葉が伝えようとする感情の襞をなぞり、同じ風景を見た。とっても近くいたように思えた。現世に在る人でも
徒然書店  at 2007/01/12 12:25 AM
パレード/川上弘美
パレード 起きぬけレビュー。 「パレード」/川上弘美 夏の午さがり、ツキコさんがセンセイに物語る、幼い日のできごと…。 「センセイの鞄」のふたりが過ごした、遠いこだまのような時間、もうひとつの物語。 「センセイの鞄」のサイドストーリー。 ―「B
Trackback url: