ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 
<< 『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』杉基イクラ | 「Story Seller」2008Spring >>

『サクリファイス』近藤史恵

サクリファイス
サクリファイス
近藤史恵/新潮社
ただ、あの人を勝たせるために走る。それが、僕のすべてだ。
勝つことを義務づけられた〈エース〉と、それをサポートする〈アシスト〉が、冷酷に分担された世界、自転車ロードレース。初めて抜擢された海外遠征で、僕は思いも寄らない悲劇に遭遇する。それは、単なる事故のはずだった――。二転三転する〈真相〉、リフレインの度に重きを増すテーマ、押し寄せる感動! 青春ミステリの逸品。

一体本当の真実はどこにあるのか。二転三転する真相に一向に見えてこないゴールにただただすがりつくように文字を追って、そうして…彼の本当の思いが分かった時、全ての真実が明かされたとき、止め処なく溢れるものを抑えられませんでした。

エースとアシスト。アシストはただエースを勝たせるために自分を犠牲にします。エースのために渾身の力を出して逃げます。その力はゴールに向けてあるのではなく、あくまでもエースのためのもの。このキッパリと役割の分かれた過酷なスポーツの世界にすっかり魅せられました。
本作はアシストをする、いわゆる裏方の役である人間が主人公。でも、読み終えて真の主人公は別にいたことを痛いほどに知らされます。
何故彼がそれほどまでに勝つことにこだわったのか、その思いに触れた時、そしてタイトルの意味を知ったとき、衝撃の大きさもありましたが、痛みと辛さも同時に襲いました。

自転車ロードレースものをミステリ作家の近藤さんが書く。このことに始めはピンとこなかったものの、中盤からの選手の深層心理を見事に使ってミステリ仕立てにしていく過程はたまらなく快感でありました。読者の予想をはるかに裏切り最後にドンッと真実を突きつける。その衝撃は息を呑むほどであり、と同時に感情を大きく揺さぶられて自身をコントロールすることが出来なくなりました。見事です。
そしてもうひとつ、自転車レースって戦略が面白い競技なのですね。その戦略をあれこれ推理しながら読む(もう見るという感覚でしたけど)。これが実に面白い。
実際にロードレース見たらもう絶対面白いでしょう。リアルで、いやリアルは無理だろうからせめて映像ででもレースを見てみたい!そんな思いを強くしています。

自転車ロードレース全くの初心者でもわかりやすく基礎知識を交え、レースの臨場感、選手個々の心理、チーム内の空気感、どれをとっても無駄なく美しく端正。

ああ、すごく好き。これ。好きっていうか大好き。いや好きって言葉じゃまだ足りないくらい。そのくらい好き。

読了日:2008年6月19日


雑誌「Story Seller」に『サクリファイス』の外伝「プロトンの中の孤独」が収録されています。『サクリファイス』を読み終えてすぐこちらも読みました。素敵でした〜。
かりさ | 著者別か行(近藤史恵) | comments(16) | trackbacks(6) | 

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | - | 

COMMENTS

Posted by みこ  at 2008/06/20 9:45 PM
リサさん、こんばんは!
もうなんともいえない読後感ですよね〜!!

彼のとった行動は賛成できないけど、ある女性の扱いにもちょっと不満はあるけど、私はこの作品の完成度に感心し感動しました。
だってこの長さでこの内容ですよ?こんなに揺さぶられるんですよ?
特に最初の1ページとラストの1ページが、無駄なものを排除した俳句や短歌のように、日本語として非常に美しいなとも思いました。
文章や会話の一つ一つが、伏線という意味でなく、この物語にすべて必要だったのだと、読み終えてすべてが自分の中に一気に流れ込んでくるようなそういう感覚・・・・・・・・・・
めったに味わえない感覚でした。

外伝があるのですね!?探します!!
情報ありがとうございます!
Posted by 苗坊  at 2008/06/21 12:18 AM
こんばんわ。TBさせていただきました。
この作品を読むまで、ロードレースの存在を知らなかったですね。
勉強にもなりましたし、引き込まれました。
実際のレースも観てみたいです。
人間関係は複雑でしたね…誓は、純粋にロードレースに生きてほしいと思いました。
Posted by Roko  at 2008/06/21 1:21 AM
リサさん☆こんばんは
ロードレースって、ヨーロッパではかなりメジャーなスポーツなんですよ〜!
7月になったら、いよいよツール・ド・フランスです!
外伝があるとは!わたしも探してみます。(*^^)v
Posted by みこ  at 2008/06/22 9:46 AM
リサさんのお返事をいただかないうちに再登場ですみません。
こんにちは!
この本先日購入したと書きましたが、毎日のように読み返しています。
彼の思いが全編に散りばめられてて、たまりません。
ミステリ系でこんなに読み返すのも久しぶりです。
ストーリーを知っていても再読してしまう、感心したり感動してしまう作品。
古くは「猫は知っていた」「そして誰もいなくなった」「七瀬ふたたび」
「崖の館」「マリオネットの罠」「十角館の殺人」「ジンギスカンの秘密」
「99%の誘拐」「秘密」「龍は眠る」「半身」・・・・
(リサさんのお気に入りは何ですか?)

最近は好みの作品に出会えずさみしかったのですが、「サクリファイス」いきなり歴代トップに躍り出そうな勢いです!
だってスポーツドラマものとしてもすごいんだもの♪
Posted by リサ  at 2008/06/22 12:40 PM
★みこさんへ
こんにちは!コメント嬉しいです〜(*^-^*)
もう最高でした!スポーツものとしても人間ドラマとしても。ミステリ要素もあってなお嬉しい。
そうなんですよね、この量でこれだけの完成度。
私もこれには感動でした!
だから言葉ひとつひとつ、文章の1行1行全てがなくてはならないものであり、必要なのですよね。

外伝も素敵でしたよ〜。嬉しいお話でした。
ぜひぜひ♪
Posted by リサ  at 2008/06/22 12:45 PM
★苗坊さんへ
こんにちは!コメントとTBありがとうございます♪
自転車ロードレース、日本ではメジャーなスポーツではないんですよね。私もこんな面白いスポーツがあったんだ!と初めてでした。
是非レースを見てみたいものです。
チカの成長をまた読みたいですよね。
本当に純粋な気持ちを持ち続けて欲しいです。
Posted by リサ  at 2008/06/22 12:48 PM
★Rokoさんへ
Rokoさん〜こんにちは!コメント&TBありがとうございます♪
そうなんですね!ヨーロッパではメジャーなのですね!
もう見たい見たい!とかなり惹かれています。
来月、ツール・ド・フランスですね♪
ど、どうしたら見られるのか…。

外伝、Rokoさんもぜひぜひ♪素敵でしたよ(*^-^*)
Posted by リサ  at 2008/06/22 1:02 PM
★みこさんへ
みこさん〜コメントありがとうです♪
お返事が遅くてごめんなさい。
もういつでもガンガン書いてね(*^-^*)

そうなんですよね〜気がついたらまた読み返していたりして。再読していろんな彼の思いを拾い集めてみたりして、しみじみしています。
「そして誰もいなくなった」「十角館の殺人」は私も大好きです。
「99%の誘拐」は岡嶋二人ですよね。ああ読もう読もうと思いながら今だ未読です。
「秘密」も積んだまんまなんですよー。ラスト知りたいようなでももう少し先延ばししたいような変な感情になっちゃいました(^-^;)

私のお気に入りは「ねじの回転」「歯と爪」「異邦の騎士」「斜め屋敷の犯罪」「上弦の月を喰べる獅子」「名探偵に薔薇を」「過ぎ行く風はみどり色」「凍える島」「寡黙な死骸みだらな弔い」などなどまだ書き足りません。

近藤さんは「凍える島」に加えて「サクリファイス」も大好きな本になりました♪
Posted by 雪芽  at 2008/06/22 6:58 PM
リサさん、お久しぶりです。
まったく未知のロードレースなのに、グイグイ引き込まれました。
二転三転する真実。どきどきです。
人間心理の複雑さ、真摯な情熱、レース展開の面白さ、すっかり堪能した作品でした。
雑誌は買いそびれてネットで注文しました。
外伝を読むのが楽しみです。
Posted by リサ  at 2008/06/23 5:07 PM
★雪芽さんへ
雪芽さん〜こんにちは!
ご無沙汰しておりました…コメント&TB嬉しかったです♪
初めて知るロードレースなのに私も引き込まれていました。衝撃でしたよね!
雑誌無事ゲットできましたか?
外伝良かったですよ〜。
雑誌も全部読みましたがこちらも堪能しました♪
Posted by みこ  at 2008/06/26 12:29 AM
リサさん、こちらでもこんばんは!
「ストーリー セラー」の外伝読んで、またサクリファイス少し読みました。
もうはまりまくってますわ☆

ところでさっき初めて気づいたんですが、WEB本の雑誌の「作家の読書道」第71回が近藤史恵さんだったんですね。
読んでて「佐々木丸美さんにはまって」という一文を見つけ感激!
サクリファイスを書いたきっかけもあってまた感激!!

この幸せ気分のまま眠りにつこうと思います。
おやすみなさ〜い☆


Posted by リサ  at 2008/06/28 4:47 PM
★みこさんへ
みこさん〜こちらにもありがとうございます♪
ふふふ、みこさん、はまっていますね。
というか愛していますね。

WEB本の雑誌の「作家の読書道」、佐々木さんのお名前があったんですね!それは嬉しかったことでしょう。
私も後で読んでみますね。
またいろいろと教えていただけるのを楽しみにしています♪
Posted by みこ  at 2008/06/30 10:45 PM
リサさん、前々回はお気に入りを教えていただいてありがとうございます♪
リサさんらしいタイトルが並んでいますね。
私には近寄りがたいタイトル群であります(笑)。

「異邦」は昔読んで楽しみました。
「凍える島」は実は文体からなじめず・・・・
これ読んだとき綾辻さんの「霧越邸」を思い出しました。全体的に(文体以外)雰囲気似てませんか?
(近藤さんは実は「ガーデン」も苦手です。。。)

リサさんに教えていただいたおかげで「story seller」読めました。
文芸雑誌関係はあまりチェックしないので、また面白いもの教えていただけると嬉しいです☆
Posted by リサ  at 2008/07/03 12:29 AM
★みこさんへ
みこさん〜こんばんは!
お気に入り、よく見たらミステリーばっかりですね。
今までどちらかというとミステリ寄りな読書が多かったので今いろいろと読めて勉強になっています。

「凍える島」なじめなかったのですね。文体が独特ですから好き嫌いがハッキリ分かれるかもしれませんね。私はすごく好きなのです。
「ガーデン」も面白そうで先日買いました。相性いいかしら?なんて楽しみです。
「異邦の騎士」は大好きです!

またみこさんの好きな本のこと、教えてくださいね♪
「Story Seller」みこさんに気に入ってもらえて嬉しいです(と何だか自分が作ったみたいな偉そうな言い方ですが)。あと毎号買っているのは「yomyom」です。こちらも読み応えあって好きです(*^-^*)
Posted by みこ  at 2008/07/06 8:07 PM
こんばんは!
私もミステリの中で好きなものを並べてました。
考えてみると1作家1作品ってかんじですね。
他のも読んでみるのですが、ミステリに関しては2作品以上好きな作家さんは無く・・・
岡島さん、綾辻さん、宮部さん、東野さんは大方楽しく読んだんですが、好きと言えるのは1作品ですねえ。
私はほんとに許容範囲が狭いので。。。。。。

あ、「猿丸幻視行」「配達あかずきん」も入れなきゃ♪
これらの中で「サクリファイス」がトップにきそうです☆


余談ですが、昨日「DIVE!」観に行って映画館で小雑誌をもらったんですが、その中で「七瀬ふたたび」ドラマ化撮影中の話題が!!!
またNHKで放送されるらしいです!知らなかった!
少年ドラマシリーズみたいになるんでしょうか、わくわく☆
10月放送開始が待ちきれません!
あのシリーズ大好きでした〜♪

「yomyom」表紙がかわいいですよね〜。たまに図書館で借りてるんです。雑誌までなかなか替えない〜。
Posted by リサ  at 2008/07/07 10:01 PM
★みこさんへ
みこさん〜こんばんは♪
私も良く考えると作家読みよりも作品読みしている傾向が強く、そうなると作家コンプリってしていないなぁと気がつきました。

「猿丸幻視行」!そういえば井沢さん作品は未読です。これも機会がなくて読めずにいるんですが、確か江戸川乱歩賞受賞作でしたよね?
「配達あかずきん」も面白かった!大崎さんは新作が出たんでしたっけ?

「DIVE!」観にいかれたのですね!
原作も読んでいないので映画も当然ながら観てません…。
「七瀬ふたたび」はドラマ化されるんですか〜。
それは放送前に原作読まなきゃ!
こうして書いていると私の読書傾向ってすごく偏っているなぁと実感しています。
もっともっと幅広く読まなくちゃ。

「yomyom」可愛いですよね(*^-^*)
図書館に入っているなんて羨ましいです。
田舎の図書館では思うようにいかなくて、ついつい買ってしまいます。金欠でいつもふぅふぅ言ってます(>_<)

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

苗坊の読書日記  at 2008/06/21 12:14 AM
サクリファイス 近藤史恵
サクリファイス かつて陸上のエースだった白石誓は、その座を捨てロードレースの選手となる。 チームメートには、エースとなる才能を持った伊庭がいる。 伊庭が勝てるよう、アシストするのが、自分の役割だと思っていた。 出場したレースで、誓は海外チームが日本人
Roko's Favorite Things  at 2008/06/21 1:02 AM
『サクリファイス』 近藤史恵
サクリファイスposted with amazlet on 07.11.17 近
ぱんどらの本箱  at 2008/06/22 9:08 AM
近藤史恵【サクリファイス】
自転車ロードレースの「チーム・オッジ」に所属する白石誓は、エースの石尾豪を支えるアシストとして、地味ながらも確実に仕事をこなす。 ...
蓮に鷺  at 2008/06/22 11:59 AM
『サクリファイス』近藤史恵
紳士のスポーツであり過酷なスポーツでもあるロードレース。日本ではほとんど注目されることのないスポーツだ。チーム・オッジの若手・白石誓は、エース・石尾から同期・伊庭と共にツール・ド・ジャポンに出場するように告げられた。さらに大会中には、海外チームの選手
コンパス・ローズ  compass rose  at 2008/06/22 6:51 PM
「サクリファイス」 近藤 史恵
   サクリファイス  近藤 史恵  新潮社 (2007/08)  単行本: 245ページ ツール・ド・フランスにならい北海道を一周するツール・ド・北海道が毎年行なわれているので、自転車のロードレースがあること自体を知らないわけではない。それでも競技を見た
とびっきり BOOK Navigator’s Blog  at 2008/07/11 4:32 PM
自転車に乗ってないなぁ・・・。『サクリファイス』
サクリファイス 新潮社 近藤史恵 ロードレースって面白そう! 楽しげに「ロードレース」を語る友人を思い出しながら、 グイグイとこの作品と、ロードレースというスポーツの世界とルールに引き込まれ、 今スグにでも、ロードレー
Trackback url: