ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 
<< 『切羽へ』井上荒野 | 最近の読書 >>

『波打ち際の蛍』島本理生

波打ち際の蛍
波打ち際の蛍
島本理生/角川書店
川本麻由はかつての恋人によるDVで心に傷を負い、生きることに臆病になっていた。ある日通院先で植村蛍に出会い、次第に惹かれてゆくが…どこまでも不器用で痛く、眼が眩むほどスイートな恋愛小説!!

8月に読んで感想も書いてあったんですが、何やかやと今頃に…。
今でも印象に残っている作品です。

島本さんはまた痛くて苦しい恋を書いたのかな。と、少し心配しながら読んだら、やっぱり痛くて苦しい恋のお話しでした。でも、いつもと違うのはその痛さや苦しみに加えて切なさや愛しさがあったこと。

心が壊れてしまう寸前まで恋人にひどい仕打ちを受けた女性が、果たしてまた恋を出来るんだろうか。もしかしたらまた…という苦しみにもがきながらそれでも男性に惹かれ好きという気持ちが芽生える。好きになった人に触れたい、と思う。
好きな人からも触れて欲しい、抱きしめて欲しい、と願うけれど体や心の隅々まで刻まれてしまった怯えがその気持ちを拒んでしまう。それは激しく、猛烈に。
糸を手繰り寄せるように少しずつ傷ついた麻由を包んであげようとする蛍の優しさに甘えたいけれど、上手くいかない。そんなもどかしさが恋を波のように寄せたり引いたりしてしまう。その過程がとても痛々しいのだけど、切ないのだけど、愛おしい。
諦めず恋しようとする麻由がとてもとても愛らしい。
そんな麻由を取り巻く人々も魅力的。さとるや紗衣子や楠本さんとの会話の中で麻由が解されていくようすが伝わって安心する。

人を好きになるってその過程でさえも普通は辛さも苦しさも伴うものだけれど、恋愛で痛手を負って信じることが出来なくなってしまった場合それを乗り越えるだけでもかなりの消耗をする。けれども人を好きになるというのはこんなにも本能的なものなんだなぁ、とそんな麻由だからこそ感じる。
人を好きになるというのは安心感を得る、というよりも自分の世界にないものを2人で見つけたい、っていう希望が好きを衝き動かすのだろうなぁ。見たことのない世界を希望をこの人と見たい、っていう気持ち。共有したい気持ち。その恋に苦労しても疲れてもそれでも惹かれる時ってそれを欲しているのだろうな。

島本さんの丁寧ながらたおやかに躍動する文章が、恋を諦めない麻由の懸命さと重なってとてもとても良かった。気持ちが良かった。

痛さと苦しみの物語は、でも、とても希望の光射す物語でもありました。

読了日:2008年8月18日
かりさ | 著者別さ行(島本理生) | comments(4) | trackbacks(3) | 

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | - | 

COMMENTS

Posted by 苗坊  at 2008/11/24 10:45 PM
こんばんわ。TBさせていただきました。
島本さんらしい作品だなぁというのが正直な感想でした。
2人の関係がとってももどかしかったのですが、ゆっくり歩んでいってほしいなぁと思いました。
でも、蛍の誕生日事件は納得できないです^^;
Posted by リサ  at 2008/11/26 5:43 PM
★苗坊さんへ
こんにちは!
コメントとTBありがとうございます♪
そうですね、島本さんらしいといえばらしいですよね。ああ、ちょっと辛いことになるのかなぁ、と身構えて読んだのですが、不器用ながらも光に向かって歩む姿に少しホッとしました。

蛍の誕生日事件!アレには憤ってしまいました!
でもこれを経たからこその2人なのかな、と強引に納得することにしちゃいました(^-^;)
Posted by 藍色  at 2008/11/27 12:59 PM
こんにちは。
TBさせていただきました。

遅れましたが、復帰&ご懐妊、おめでとうございます。
これからもご自分のペースで頑張られてくださいね。

誕生日メッセージもありがとうございました。書き込みが少なくて、目立ってますよ(笑)。

この作品、やっぱり痛かったですね。
でも愛することをあきらめない麻由の強さに、希望が感じられてよかったです。

それから既読記事待ち分では、
『書店はタイムマシーン―桜庭一樹読書日記』
『ガリレオの苦悩』『聖女の救済』『アイスクリン強し』記事あります。読まれたらどうぞ。

それと、
『百瀬』、『切羽へ』、『食堂かたつむり』
にもTBさせていただきました。

長くなっちゃって、ごめんなさい。
では、お待ちしています。
Posted by リサ  at 2008/12/01 12:44 PM
★藍色さんへ
藍色さん、こんにちは♪
コメント&TBありがとうございます。

そして嬉しいお言葉もありがとうございます(*^-^*)
すっかり元気になりましたので、また自分のペースでぼちぼちやっていきますね。
そして、誕生日メッセージ、その節は本当に失礼しました。覚えてくださっていてうれしかったです。
改めてお誕生日おめでとう♪

島本さんらしいといえばらしい作品で、痛々しさもありましたが、本当に希望の持てる物語にホッとしました。応援したくなりますね。

既読本の感想、まだ書けていませんが(前ほど書けなくなってしまいました…)書いたらコメント&TBさせていただきますね〜。
読書再開出来るようになって、本はやっぱり自分に必要!と改めて実感しているところです(*^-^*)

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

しんちゃんの買い物帳  at 2008/11/20 11:37 PM
「波打ち際の蛍」島本理生
波打ち際の蛍(2008/07/31)島本 理生商品詳細を見る かつての恋人によるDVで心に傷を負い、未だ覚めやらぬ悪夢に怯え続け、時に大声で泣き出しそう...
苗坊の読書日記  at 2008/11/24 10:40 PM
波打ち際の蛍 島本理生
波打ち際の蛍 川本麻由はある出来事をきっかけに仕事を辞め、カウンセラーの相談室に通うようになった。 そこでであった植村蛍という、一回り近く年上の男性に出会う。 かつて付き合っていた男性によって傷つけられた心を、蛍は少しずつ癒してくれた。 しかし、麻由
粋な提案  at 2008/11/27 1:00 PM
波打ち際の蛍 島本理生
波打ち際の蛍(2008/07/31)島本 理生商品詳細を見る 装画は日端奈々子。装幀は坂本志保。「野性時代」掲載に加筆修正。 私、川本麻由は別れた恋人...
Trackback url: