ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 
<< 『大鴉の啼く冬』アン・クリーヴス | 『遠海事件』詠坂雄二 >>

『蟋蟀』栗田有起

蟋蟀(こおろぎ)
蟋蟀
栗田有起/筑摩書房
魅力が暴走している!?
生き物をテーマにした10の物語集。手を握ったひとの未来が見える占い師の身に起こったこととは?(サラブレッド) 優秀でかわいい秘書は、研究室に大きな水槽を持ち込んだ(あほろーとる)。夫の出世で住むことになった社宅には不思議なサークル活動が(猫語教室)。などなど、面白さてんこ盛りの栗田有起ワールド。
泣いて、笑って、びっくりして、しみじみして、夢中になって、幸せになる。
ああ、栗田さんの世界だ。このへんてこりんでユニークな世界に今回も魅了されました。突き放されそうで、でもすぅ〜と寄り添いぴたりと肌に吸いつく感覚がとても心地良い。
ずっと漂っていたい気分。

何となくね、川上弘美さんの『神様』を思い起こさせて、『神様』が大好きでたまらない私なので同じ匂いのする『蟋蟀』はこれまでの栗田作品のナンバーワンになる、かも。
ああ、でも『オテルモル』も好きだしなぁ、『ハミザベス』の「豆姉妹」も最高だしなぁ、順位なんてやっぱり決められないけどまぁ1番好き!って言えちゃうくらい好き、ってことです。つまりは。

どれもこれも好きなんですが、表題作の「蟋蟀」は秀逸!素晴らしい!
だって主人公の好きな女がね、そうとは思わなかったし、この女性がねとっても素敵な人でその背中は哀しみすら感じるのだけど、でも強い。強烈に惹かれます。
そして「ユニコーン」。私だったらこの体にどんな生き物(あるいは物とか)が宿っているのだろう。それはどんな様子でいるのだろう。なんてつい思ってしまった。
彼女の中に宿る馬、あるいは突如登場したあの美しい生き物、ハッとさせられる登場シーンが神々しくて魅せられる。

そうして他に虜になったものは「アリクイ」「猫語教室」「鮫島婦人」、そして「サラブレッド」の馬絵さん(笑)
馬絵さん可愛いなぁ。馬絵さんが登場したあたりから一気に栗田ワールドに染まりだして「おおっ!こ、これぞ!!」と興奮してしまったほど。
馬絵さんの人生を思うとすごく悲しいのだけど、でもいつかいつか願いが叶うといいね。

読了日:2009年1月20日
かりさ | 著者別か行(栗田有起) | comments(2) | trackbacks(2) | 

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | - | 

COMMENTS

Posted by トラキチ  at 2009/03/11 9:05 PM
リサさん、こんばんは♪
遅ればせながらやっと感想書きましたよ。
なかなか発想の楽しい作品集でしたよね。
実は栗田さんは二冊目なんだけど、『ハミザベス』よりもかなり違った作品集だと思いました。
リサさんもおっしゃっているように川上さんにテイストが似てるのかなという気がしました。
栗田さんの方がユニークかな(笑)
TBさせていただきました。これからもよろしくお願いします。
Posted by リサ  at 2009/03/15 2:22 PM
★トラキチさんへ
トラキチさん、こんにちは!お返事遅れてしまいました…。
感想お待ちしておりましたよ〜(*^-^*)
栗田さんらしい不思議な発想ですごく楽しめました。
そうですね、『ハミザベス』とはまた違った作風だったかもしれません。
短編もいいですよね〜♪

こちらこそこれからもどうぞよろしくお願いいたします!
またコメント&TBお待ちしていますね♪

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

粋な提案  at 2009/02/09 1:29 AM
蟋蟀 栗田有起
装画・装幀は池田進吾(67)。生き物をモチーフにしたり、題名だけだったりの短編集。 不思議な力や奇妙な出来事を、淡々と描きます。 人生...
続 活字中毒日記  at 2009/03/11 8:47 PM
『蟋蟀』 栗田有起 (筑摩書房) ≪リサさんオススメ≫
その“端正な文章”で読むものを魅了するリサさんのオススメ本。“オススメ本リストはこちら <発想の豊かな作家の心地よい短編集。> 動物をモチーフとした奇妙な香りの漂う10編からなる短編集。 栗田さんの作品は5年前『ハミザベス』を読んだことがある。
Trackback url: