ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 
<< 『チューバはうたう』瀬川深 | 『月ノ石』トンマーゾ・ランドルフィ >>

『セレモニー黒真珠』宮木あや子

セレモニー黒真珠 (ダ・ヴィンチブックス)
セレモニー黒真珠
宮木あや子/メディアファクトリー
生きてるうちに、言えればよかったのだけど…。町の葬儀屋「セレモニー黒真珠」を舞台に、アラサー女子・笹島、メガネ男子・木崎、謎の新人女子・妹尾が織り成す、ドラマティック+ハートウォーミングストーリー。

装丁イラストがとってもキュート。
そして宮木さんの描く葬儀屋「セレモニー黒真珠」の面々もこれまた一癖も二癖もありながらとても可愛らしくて微笑ましい。
ただ微笑ましいだけでなくそれぞれが抱える過去はなかなか壮絶なものがあります。

それにしてもラブコメといえど、宮木さんの描く男女の艶やかな情感が見事です。
男女だけでなく人間の感情の最も奥深いものを掬い取ってみせる、その展開がまた何とも言えずキュッと切ない。
ラストの「はじめてのお葬式」は格別に素晴らしい。
読後もしみじみさせてくれます。

読了日:2009年4月10日
かりさ | 著者別ま行(宮木あや子) | comments(0) | trackbacks(0) | 

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | - | 

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

Trackback url: