ひなたでゆるり

読書のコトとちょっぴり日々のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 
<< 「きんぎょ」 | 「テーブルのしたにはふしぎがいっぱい」 >>

『ペンギン・ハイウェイ』森見登美彦

ペンギン・ハイウェイ
ペンギン・ハイウェイ
森見登美彦/角川書店
小学四年生のぼくが住む郊外の町に突然ペンギンたちが現れた。この事件に歯科医院のお姉さんの不思議な力が関わっていることを知ったぼくは、その謎を研究することにした。未知と出会うことの驚きに満ちた長編小説。

わぁーこれは素敵でした!
少年が出会った不思議現象の研究…突然出現したペンギン、歯科医院のお姉さんと海の謎、ファンタジーかジュヴナイルSFか、新しい森見さんの世界に見事に魅せられました。
少年の好奇心いっぱいの(冒険とかおっぱいとか)キラキラした真っすぐさがもうそこここに広がっていて眩しい。
お姉さんに憧れる淡い恋心も背伸びしても叶わない切なさがもう泣きたくなるくらい素敵。
自分の恋を客観的に表現するセリフにうるうる。
父と息子の関係もとても良いのです。
読み終えた後の余韻が優しくじんわり沁みます。

読了日:2010年6月25日
かりさ | 著者別ま行(森見登美彦) | comments(6) | trackbacks(2) | 

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | - | 

COMMENTS

Posted by みこ  at 2010/07/08 10:21 PM
リサさん、こんばんは!
ああ〜、これすごく読んでみたいのです。でも図書館予約待ち。
新刊買いたいけど、今ちょっと古本屋さんにこってて、そちらにお金を使いたいので。
早く読みたいなあ☆ 読んだら感想書きにきますね!
Posted by リサ  at 2010/07/09 9:21 PM
★みこさんへ
みこさん〜こんにちは♪
『ペンギン・ハイウェイ』良かったですよ〜!
新しい森見さんの世界の確立!ぜひぜひみこさんも楽しんで下さいませ。
…でも順番はもう少し先かしら?
新刊本よりも古本って時ありますよね。これを逃したら手に入らない本との巡り合いが嬉しくて。
私は今は古本との良い出会いがないので、ちょっと寂しいです。

読まれたらぜひ感想聞かせて下さいね!お待ちしています♪
Posted by みこ  at 2010/08/05 10:00 PM
読みましたよ、かりささん!!
なんともファンタジーでしたね。ファンタジー大賞を獲った「太陽の塔」はあまりファンタジーではなかったけど、これはあの主人公と遠藤の少年時代のようで・・・
あのにおいに戻ってきたような作品でした。
小難しい思考回路の少年・・・・・一度しゃべってみたいもんです。
Posted by 苗坊  at 2010/08/10 9:10 AM
こんにちは。TBさせていただきました。
何だかたくさんカキコしてしまってスミマセン^^;お忙しいでしょうに。
でもついつい。

森見さんの作品は2冊目だったのですが、面白かったです。
先入観があまりなかったのが良かったのかも知れません。
少年少女が、多少大人びているとはいえ、研究したり探検したり。小学生らしい事を一生懸命しているのが微笑ましかったです。
アオヤマ君とお父さんとの関わりがとても好きでした。お父さんがアオヤマ君を1人の人としてみていて、子ども扱いしていないのがいいなとも思いました。
お姉さんとのことも良かったですよね〜
とても切なくて、うるっときました。
Posted by かりさ  at 2010/09/19 12:54 AM
★みこさんへ
みこさん〜こんばんは!
コメントいただいたのにお返事が遅くなってしまいました、ごめんなさい。
この夏は読書が出来ず、こちらにも書きこみが出来ず、何だかバタバタしていましたが、ようやく落ち着いてきました。
そろそろ秋の気配?も感じられて読書のほうも少しずつ再開しています。

みこさんの感想をお聞かせいただけて嬉しかったですー。
そう、ファンタジーはファンタジーでも『太陽の塔』とは少し雰囲気が違いましたね。
ああ!確かに少年はあの人の少年時代のような感じかもしれませんー。
いつも小難しいことを考える少年との会話、どんなことになるのか(私、ちょっと自信ありません(笑))怖いような、でも興味深いような(笑)

またいろいろとお話しましょうね〜。楽しみにしています♪
Posted by かりさ  at 2010/09/19 1:16 AM
★苗坊さんへ
こんばんは!いえいえ〜沢山書きこんで下さってすごく嬉しいです!
なのにお返事が遅くなってしまってはいけませんよね。
本当にすみません。

おお!森見作品2冊目だったのですね。
そう、先入観がないとずいぶんと楽しめるかもしれませんね。
よく考えたらすごく奇抜なお話なのに、ごく自然に読めたのが今思うと不思議。
小学生の頃ってずいぶんと背伸びして大人と同じ目線に立っていたように思ってましたけど、実はぜんぜん同じなんかじゃなくあくまでも子供は子供で。
それのくすぐったい気持が思い出されてキュン、と切なくなっちゃいました。
父と息子の関係がすごくいいですよね。
男同士の母親が入り込めない世界が羨ましくありました。
お姉さんへの恋も可愛く切なく。ああ、素敵なお話でしたね(*^-^*)

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

苗坊の徒然日記  at 2010/08/10 9:06 AM
ペンギン・ハイウェイ 森見登美彦
ペンギン・ハイウェイ著者:森見 登美彦販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)発売日:2010-05-29おすすめ度:クチコミを見る 主人公のアオヤマ君はとても賢くていつも多忙な少年。歯科医院に勤めるお姉さんがとても気になっている。よく「海辺のカフェ」でチ
笑う学生の生活  at 2012/02/10 11:35 PM
森見さんの新境地!
小説「ペンギン・ハイウェイ」を読みました。 著者は 森見 登美彦 本作は 今までの森見作品とはちょっと違くて 大学生もいなければ、京都が舞台でもない 今回は小学4年生が主人公という ちょっと児童文学的と思いつつも・・・ やはり おませなアオヤマ君のキャラや
Trackback url: